パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーと3歳の息子プチモンスターと共に、パリの日常をお届けします。
東京・西荻窪のフランス雑貨店「ぼわっと」オーナー。
パリのガイドブックなど著書は13冊。雑誌やウェブメディアでもコラム連載中。
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 日本橋三越 本館1階【贈るweek】
  • 2月17日(水)〜3月2日(火)まで14日間
  •    
  • 松屋銀座 8階イベントスクエア【プティマルシェGINZA】
  • 2月23日(火)〜3月3日(水)まで9日間
  •    
  • 西宮阪急 【恋するフランス2021】
  • 2月24日(水)〜3月2日(火)まで7日間
  •    
  • 「ぼわっと」通販サイトがオープン
  • shop@boite.tv から色々お買い物いただけるようになりました!

タグ:レストラン ( 65 ) タグの人気記事



この夏、待ちに待ったビストロがパリに1軒オープンしました。
私がこの夏久しぶりにパリに帰ってきた翌日、挨拶がてらお昼ご飯を食べに行ったらそのまま手伝うことになってしまったとブログに書いた、あのお店です(笑)。



パリ「リヨン駅」にできたおすすめビストロ「Aux 2 Saveurs」_c0024345_18295273.jpg






パリときどきバブーを応援…



大切な友人でもあり、大好きなシェフがついに念願の自分のお店をオープンしたレストラン「Aux 2 Saveurs」(オ・ドゥ・サヴール)。
ず〜っと長いことお店をオープンするための物件を探していて(パリではお店を開くときに多額の権利金が必要になってくるので日本のように賃貸物件を見つけて家賃を払えばいいというわけではなくてとても大変)、そろそろ見つかるかもしれないというときにコロナでパリがロックダウンし全てがストップし、そしてレストランの再開はまだ先になるかもなんて言われていた頃、急にパリのレストランの営業許可がおり、滞っていた話も一気に進みすぐにオープン!
と、おおざっぱに言えばこんな流れがあったので、決まってからは一気に色々なことが進んだお店。



パリ「リヨン駅」にできたおすすめビストロ「Aux 2 Saveurs」_c0024345_18295213.jpg



日本とフランスでメッセージやりとりして、テレビ電話で話しては、逐一進捗状況を聞いてはいたけれど。
肝心のオープン前後は私たちが日本にいて、何も手伝えない・・・。
という不甲斐ない思いをしましたが、めでたくオープン!
なんともにっくきコロナのせいで、世界中を自由に旅することができない今。
しばらくは日本からのお客様をアテンドでお連れしてということもお預けになっていますが(年末までのアテンドの予定は全てなくなりそうかな・・・泣)、パリ好きのみなさん。
美味しいもの大好きなみなさん。
また素敵なオススメのお店が増えているので楽しみにしていてくださいね!



パリ「リヨン駅」にできたおすすめビストロ「Aux 2 Saveurs」_c0024345_18295330.jpg



1枚目の写真は、フォアグラのりんごタタン風。
これは↑、タコのカルパッチョと子牛のタルタル。
これは↓、メインの仔羊。



パリ「リヨン駅」にできたおすすめビストロ「Aux 2 Saveurs」_c0024345_18295304.jpg



私は、ちょっとクセのある仔羊とか、ジビエ(フランス秋冬名物の野生鳥獣料理)とか、かなり苦手な方だったのですが、本当に上手な人が調理したものは全然くさみもないし、いやなクセもないんだなと知ったのが何人かの料理上手のおかげ。
その筆頭にあがるのがこのレストランのシェフ、シンくんなのです。
自分からは絶対に頼まなかった仔羊とか、ジビエ料理を頼むようになったのは彼の料理への絶大な信頼があるから。

ちなみに、プロではないけど、もう1人私においしさを教えてくれたのが、このブログにもよく登場するプチ天使家のパパ・ジェロームです。
ジェロームが作るのはフランス家庭料理のオーブン焼きとか煮込みとかだけど、私に仔羊のおいしさを教えてくれたすごい人。



パリ「リヨン駅」にできたおすすめビストロ「Aux 2 Saveurs」_c0024345_18295302.jpg


この日は半年ぶりに会う仕事仲間とのおしゃべり、そしておいしいごはん食べるのに夢中で、お店の写真もシェフの写真もないので・・・。
また改めて昼間明るいときに取材に行って、コラムとかでも紹介しようと思ってます♪
ビストロのある「リヨン駅」は、フランス地方へのTGV(フランス版新幹線)が発着する大きな駅。
旅の前後のごはんに困ったときにも便利なアドレスになりそうです。

「Aux 2 Saveurs」(オ・ドゥ・サヴール)
住所:6 rue Emile Gilbert 75012 Paris
電話:01 4606 4648




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2020-09-14 19:04 | パリのおいしいもの | Comments(0)

パリに帰ってきた次の日。
久しぶりのパリの様子も見なくては。
と、プチモンスターを連れてお出かけ。
その前に、私たちが日本にいる間に、ずっと念願だった自分のお店をオープンさせた友人夫婦のレストランに挨拶に行こうと。
メトロでリヨン駅に。
物件探しに苦労して、ビザのことで苦労して、契約のことで苦労して、停滞したり進んだり。
そして突然、急展開でお店オープンが決まった友人のお店。


パリに帰ってきた半日後、レストランで働くことに?!_c0024345_16182274.jpg






パリときどきバブーを応援…




ずっと近くで話を聞いて応援していたけれど、結局オープンの時は私たちが日本にいる時。
いちばんお手伝いが必要そうな時に、遠くから見ていることしかできなくて。
何度でも食べに行って応援したいオープン直後に、遠くから見ていることしかできずもどかしくて。
なんだか肝心な時にいれない自分が全く役に立てず申し訳ない気持ちでいっぱいだったので、帰ってきたその足で、おめでとうだけでも言いに!
と行ってみた。

「夏休みに入ってからは暇だよ〜。」
と、聞いていて。
1週間の夏休みに入るちょうど前の日、営業最後の日だったので。
よ〜し。
暇ならプチモンスターいてもビストロご飯できちゃうか?!
私が余った食材、なんでも食べるぞ!
と、張り切って行ったら、なんとなんとお店、ランチのお客さんでいっぱい。
しかもサービスのバイトさん2人いると聞いていたのにいない。
奥さんの方が1人で全部のテーブル担当していて、てんやわんやになっている?!



パリに帰ってきた半日後、レストランで働くことに?!_c0024345_16182264.jpg


そんなわけで、食べに行ったお客さん役は中止。
急遽、サービススタッフになってみることに(笑)。
なんと、お店に着く直前、プチモンスターがお昼寝を始めたという奇跡も合わさって。
端っこで寝ていてもらってzzz
私はいきなりサービスの人になって働いてみました。
まさかの展開に、パリに帰ってきた半日後に私は一体何をしているんだろうと吹き出しそうになりながら。
お皿下げたり、洗ったり。
予想外の忙しさに、半分死にそうな顔になってる友人夫婦だったけど、思わぬ形ですごく近くで久しぶりの友人達の姿を見れて楽しかった。
私が余っている食材いただく予定だったけど?!
暇よりも忙しくて目が回りそうになっているくらいで万々歳じゃないか♪
楽しみにしていた美味しいフレンチは、夏休み後にお預けとなりました。



パリに帰ってきた半日後、レストランで働くことに?!_c0024345_16182373.jpg


プチモンスターは、最後のお客様が帰って、めでたしめでたし…となってから起きて。
これまたナイスタイミングでなかなかよくできた子じゃ。
いい子にしていたご褒美に。
チュイルリー公園の夏の遊園地に。
観光客もいないから、ガラガラかなと思って行ったら、案外若者たちでいっぱい。



パリに帰ってきた半日後、レストランで働くことに?!_c0024345_16182258.jpg


日差しがすごい、暑い暑い日だったけど、久しぶりの美しいパリの公園。
歩いているだけで気持ちが良かった。
去年はちょっぴり高低差があるところを進む車の乗り物にビビって、せっかく買った回数券を使い切れずにいたけれど。
余っていたチケットを1年越しに使って。
怖がっていたのが嘘のように楽しそうに乗っているプチモンスターの姿。
なんだか乗り物に対しての体の大きさがずいぶん大きくなっていて切ない気分に。
どんどん大きくなってしまうなあ。



パリに帰ってきた半日後、レストランで働くことに?!_c0024345_16182328.jpg



パリは、公共の室内や公共の乗り物の他に、人がたくさん集まるところや商店がたくさん並ぶところは全てマスクが義務化されたのですが(今週土曜日からまた義務化される範囲が広がることに)、こんな遊園地でもマスク率が低すぎてちょっぴりビビる。
ほとんどの人がしていない。
食べ物屋のスタンドの人達ですら、マスクを顎の下にずらしている人が多くてビビる。
そして、公園の入り口でチェックする警備員の人たち自体がマスクを誰もしてないし…。
マスク腕にはめてるし…。
それでめっちゃべちゃくちゃお喋りしているし。
予想はしていたけれど、そうだよねえ…。この国。
と思いながら久しぶりのパリを観察しました。



パリに帰ってきた半日後、レストランで働くことに?!_c0024345_16182386.jpg


我が家は時差ボケに負けないように、帰ってきてからは毎日昼間あちこちで活動して。
幼稚園に備えて夜早く寝て、朝早く起きるという習慣づけに向けて。
まあまあうまく行っている4日目の朝。
今日もいいお天気なので別の公園に行ってきまーす。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2020-08-15 16:56 | パリの観光・公園 | Comments(0)


どうやら2ヶ月近く、コメントページを見ていなかったらしく、たくさんコメントがたまっていたことを発見!
いま全部にお返事をしましたが、タイムリーにお返事ができなかったみなさん、本当に申し訳ありませんでした。
お許しを・・・。
今日も36度予報のパリ。
明日はもっと!
超むしむししているし、朝からすでに30度。
例年の10度以上超えだって。ひょえええ・・・。
保育園に向かうバスの中は蒸し風呂。
でもみんな汗をダラダラふき出しながらひたすら耐えていて、やっぱりクーラーのない場所に住んでいると、暑さに強くなっているに違いないと確信していたところです。



さて、先日珍しくかなり贅沢なランチ会をしてしまいました。
臨月でもうすぐ生まれる友達のリクエストで、16区の超高級ホテルシャングリラでみんなで中華ランチ。
最後のいちばん妊婦生活を楽しめる時期に、切迫早産で1ヶ月寝たきり安静になってしまった友達。
もう産まれちゃっても大丈夫だからという月に突入して、願いに願っていたという外ごはんへ。



シャングリラホテルで中華ランチ_c0024345_17232989.jpg


妊娠中の食べてはいけないもの制限。フレンチだと食べられるものがものすごく限られるのでこういう時はやっぱりアジアですね♪
ミシュランの星付きレストラン。
よくみんなが行っているのうらやましいなあ・・・と見てはいたのだけど、私もこんな機会じゃないとたぶん行かないし。
話に夢中になりすぎて、結局前半戦しか写真を撮っていませんでした・・・。



シャングリラホテルで中華ランチ_c0024345_17232939.jpg


私たちの予定では・・・。
デザートを食べているころに「生まれるっ!」ってなってもらって。
なんとシャングリラホテルでめでたく出産。
「この子が大人になるまで、無料で宿泊していただきます。」
というスペシャルプレゼントをシャングリラホテルからプレゼントされ。
一緒にいた私たちにもなぜか同じ権利がプレゼントされる・・・♪

という妄想を繰り広げていたのですが(笑)、全然そんな気配なし。



シャングリラホテルで中華ランチ_c0024345_17232961.jpg


あれから10日以上たつけれど、いまだ気配なし。
友達はすっかり「産む産む詐欺」だと言われ(笑)。
みんなで心待ちにしている今日この頃です。



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2018-07-26 17:41 | パリのおいしいもの | Comments(0)


我が家が外食する時、いちばんの確率で注文するものの一つが「牛肉のタルタル」。
生の牛肉。
つまりフランス版のユッケ的なものです。
フランス語がわからない観光客の人が、牛肉ならたぶん間違いはないだろうと注文してみてなんと生だった!
ということでがび〜んとなるので有名なメニュー。


たぶんがび〜んとなる観光客の人達があまりにも多いのか、最近はタルタルを頼むと
「これ、生だよ」
ってわざわざ確認を入れてくれるお店の人がすごい多い気がします。

生肉をこの量ひとりでか・・・。
というところでひっかかる人は多いと思うのですが、フランスでは人気の定番メニューだけあって、生の肉さえ食べられればかなりおいしいのです。
脂分はすくないフランスの牛肉。
思った以上にあっさり。

味付けのケッパー、ピクルス、パセリ、エシャロット、ケチャップ、タバスコ、ソース類などは別添えでくるところと、最初から混ぜてくるところと2つのパターンがあり。
どっちがいいか聞いてくれるところもたまにあります。
お店によって牛肉の細かさ(ミンチ状のところからかなり大きめのぶつ切りのところまで)が全然違うし、味付けも全然違うのが面白い。
食べ比べをするとけっこうはまるのです。



フランスの定番メニュー「牛肉のタルタル」_c0024345_08564312.jpg


さて、パリは雨ばかり。
どうにかならないかなあ・・・この雨。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-01-22 09:05 | パリのおいしいもの | Comments(0)


イタリアンカフェでお昼ごはん。
パリでパスタを食べるときは、「おいしい」「本格的」ってわかっているところにしか行ってはいけません。
「アルデンテ」という言葉がフランスにはないから。
お隣の国なのに。
不思議です。



パリでイタリアンは「アルデンテ」とは限らない注意報_c0024345_21241680.jpg





パリときどきバブーを応援…


給食で出てきたスパゲッティを思い出すような茹で茹で麺。
フランス家庭でパスタを作るのを見ていても、茹でたあとしばらく長い間放置するパターンがとっても多いから。
ちょっと芯が残っているくらいのアルデンテがおいしいという考えはないものね・・・。
だからイタリアンを食べに行くときは絶対にわかっているところへ。



パリでイタリアンは「アルデンテ」とは限らない注意報_c0024345_21241647.jpg


ジェノベーゼはやっぱり手作りだと格段に違うおいしさ。
フードプロセッサーにかけるのが面倒くさくて、家でもついつい瓶入りジェノベーゼなんかを買ってきて作ったりしてしまうけれど。
面倒くさがってはいけないな。
と今回も手作りパスタに手作りジェノベーゼソースのおいしいパスタを噛み締めながら思いました。



パリでイタリアンは「アルデンテ」とは限らない注意報_c0024345_21241790.jpg



今日はちょこちょこ仕事が入っているので、ピクニックに出かけるのは諦めたけれど。
我が家は大掃除&大お洗濯デー。
洗濯機をフル回転させて、どんどんベランダに干していく。
暑いからどんどん乾いていく。
バブーもごろんと日向ぼっこの1日。
どうせならバブーも洗って、自然乾燥させちゃおうかな♪






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2017-04-09 21:40 | パリのおいしいもの | Comments(0)


ほぼ日でのタンピコバッグ発売に伴うボルドー方面取材の旅のレポート
いつもとはブログやほぼ日の連載とはまた全然違った感じで楽しんだと、あちこちから言っていただいてうれしいです。
みんなから続々届く、海のバカンスリゾート写真を見ながらキー!!なんて思いながら、私は取材旅行の時の写真を見返しながら素敵なバカンス妄想に浸ってます。



高級ビーチリゾートごはんを思い出しながら・・・_c0024345_21220870.jpg




パリときどきバブーを応援…



打ち合わせで連れていってもらった高級リゾートホテルのレストラン。
広い開放的なテラスに、真っ白の上下に身を包んだ全員モデル級のかっこいいサービス係。
テラスの向こうに広がるのはどこまでも続く真っ青な海と空。



高級ビーチリゾートごはんを思い出しながら・・・_c0024345_21220815.jpg


「ザ・憧れのバカンスリゾート」そのままの空気。
ここは本当にもう一度、プライベートで行ってみたい。
いや、行こうと決めました。
家族とかも連れて行ってあげたいなあ・・・。



高級ビーチリゾートごはんを思い出しながら・・・_c0024345_21220872.jpg


フランス夏の定番プレートのひとつといえば、「牛肉のカルパッチョ」。
まあ1年中あるものですが、やっぱり寒い時期よりも夏が似合う。
薄切りの生の牛肉に、ルッコラやパルメザンやケッパーを散らして、オリーブオイルと塩とレモンなどでいただく。
特大ピザが載るような超大皿一面に盛られてきますが、もちろんこれが1人前。



高級ビーチリゾートごはんを思い出しながら・・・_c0024345_21220807.jpg



この高級リゾートホテル、フィリップ・スタルクのデザインのもので、新しくモダンに生まれ変わったのだそう。
タンピコバッグの取材で私たちを案内してくれたニコルさんとディディエさんが気に入っている場所だそうで、しょっちゅうこのテラスにごはんを食べに来るんだそうで。
行きつけのレストランがここかあ〜。
なんて羨ましすぎる話を聞きながら過ごした取材旅行。



高級ビーチリゾートごはんを思い出しながら・・・_c0024345_21220814.jpg



ちなみに、肝心のタンピコバッグは今日から発売開始だったのですが、開始すぐ売り来てしまったそうです。
すごいなあ〜ほぼ日。



高級ビーチリゾートごはんを思い出しながら・・・_c0024345_21490027.jpg


パリの住宅街は、人がまばらで、スーパーもガラガラで。
でもパリいちおいしいバゲットのひとつに間違いないご近所のお気に入りパン屋さんは、なんとバカンスなしな上に周りのパン屋が軒並み休みになるので週休2日を週休1日にしてがんばるそうで。
パリ居残り組にとってはかなりうれしい出来事。
「えっ、ほんとに?ほんとに休みをむしろ減らして8月毎日営業するの?」
って3回くらいお店の人に聞いちゃいました。
そんなところもあるんだな〜♪



高級ビーチリゾートごはんを思い出しながら・・・_c0024345_21220817.jpg


バブーとのお散歩は、毎日そのパン屋さん方面になりそうです。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-08-05 21:58 | フランス地方の旅 | Comments(0)


書いた記事が消えたので、もう一度(泣)・・・。
最終日最中の「にっぽんの梅干し展」ですが、土曜日ということもありすごくたくさんの方がいらっしゃってました。
そんなわけでバタバタしすぎて立て続け更新ができなかった上に合間を縫って更新した記事は消えるという不運(泣)。
気を取り直して。
こちら(↓)コラボ企画レストラン「TOYO」さんによる「フォアグラの昆布じめ梅干し添え」という絶品。




エサからこだわりぬいている農家の特別なフォアグラをわざわざ昆布じめして作っているという「TOYO」のスペシャリテ。
フランスに来てからフォアグラはもちろん数多く食べているけれど、昆布じめしているものなんて初めて。
濃厚なフォアグラと梅干しの組み合わせは思っている以上にぴったりで、驚きの組み合わせでした。



「にっぽんの梅干し展」コラボ企画 「TOYO」_c0024345_23101092.jpg


TOYOのこの「昆布じめフォアグラ」は常連さんの間でもファンが多いようなのですが、この梅干しとの組み合わせはさらに好評のようで私も会期中何人もの方に「あのフォアグラには合うにちがいない!」とか「食べてきたけれどすっごいおいしかった」とか何度も言われました。



「にっぽんの梅干し展」コラボ企画 「TOYO」_c0024345_23101145.jpg


ちなみに、TOYOの中山シェフは、つい先日有明コロシアムで開催されていた(錦織くんのこととかたくさんニュースになっていましたよね♪)楽天ジャパンオープン期間中に運営されていたVIP向けレストランのオーナーシェフとして招かれていたのですよ。



「にっぽんの梅干し展」コラボ企画 「TOYO」_c0024345_23105035.jpg


締めにいただいた「海鮮パエリア」。
家でも作ってみたい(作れない、いやがんばってみよう)海鮮と秋の味覚たっぷりのパエリア。
日に日に寒くなっているパリでは毎日土鍋が大活躍する季節になっています。



「にっぽんの梅干し展」コラボ企画 「TOYO」_c0024345_23101103.jpg


急激に温度がさがって、なにしろ夜は4度とか6度とか表示が出ているたびにぎゅーっとコートの中で縮こまってしまいます。
例年でいうと2月並みの寒さということで、アパルトマンの中央暖房の温度もぐぐっと上げられているみたい。



「にっぽんの梅干し展」コラボ企画 「TOYO」_c0024345_23101178.jpg



というわけで、我が家は家の中だけはTシャツと短パンという真夏状態なほど温度があがっています。
アパルトマンにはお年寄りも多いからよけい温度を高くするのよね。



「にっぽんの梅干し展」コラボ企画 「TOYO」_c0024345_23101140.jpg


毎日会場で流れている「梅干し音頭」的なもので頭全部が支配されている私です・・・。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2015-10-18 04:11 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


後半戦の中の後半戦に突入しているイベント「にっぽんの梅干し展」。
ブログを見て梅干し食べに来てくださった方もたくさんいらして、また新しい出会いがたくさんあったりして大感動。
本当にありがとうございます。
パリはもちろんだけど、わざわざ新幹線でフランスの地方からいらしてくださった方もいたりして、大感動倍増です。
ブログやっててよかった・・・(泣)。




イベント期間中(イベントは、お知らせしているようにパリ10区の「Espace Japon」(エスパスジャポン)で今週17日(土)まで開催されます)、梅干しを使った前菜・メイン・デザートの何かをメニューの中に入れてくださるという梅干しコラボに参加してくださっているパリのビストロ&レストラン6軒ですが・・・。
このブログでも何度か紹介している(もちろんガイドブックでも!)「Le Concert de Cuisine」(ル・コンセール・ドゥ・キュイジーヌ)(14 Rue Nélaton, 75015 Paris)。



「にっぽんの梅干し展」コラボ企画 「Le Concert de Cuisine」_c0024345_01003309.jpg


フレンチでもあり、和のテイストもあり、鉄板焼きのパフォーマンスもありでフランス人にはもちろん、在仏の日本人にも大人気のお店のMasumotoシェフは、「何かひとつ梅干しを使ったものをやってほしい!」という梅干しコラボのお願いに、前菜・メイン・デザートはもちろん、バターから最後のカフェと一緒にいただくお茶菓子まですべてに梅干しを使って試してくださったりして、改めてシェフのすごさに大感動。



「にっぽんの梅干し展」コラボ企画 「Le Concert de Cuisine」_c0024345_01005842.jpg


↑この絶品「梅干し入りバター」は、「海藻バター」とか「柚子バター」があるあの有名バター屋さんに真似されちゃうのでは?!
と、一口食べて思ったくらいおいしかった・・・。
いつか商品化してほしいと思ってます。
Masumotoシェフと日本の梅干し会社のコラボバター、ほんとに作ってもらいたいな・・・。



「にっぽんの梅干し展」コラボ企画 「Le Concert de Cuisine」_c0024345_01003386.jpg


鉄板焼きというパフォーマンスが入る「和風テイスト入りフレンチ」は、梅干し展にやってくるフランス人の方々も興味津々で、「さっそく食べに行ってきたわよ」なんてわざわざ報告に来てくださるマダム達が何人かすでにいたりして、私たち日本人にはもちろん(おいしくないわけがないもん!)、フランス人にも大好評のようです。



「にっぽんの梅干し展」コラボ企画 「Le Concert de Cuisine」_c0024345_01003323.jpg



私が撮影に行った日に、試作で作ってくださっていたものと、さらに梅干し展が始まってからイベント企画者たちと食べに行った時と、1週間のうちにさらに種類が増えていたり進化していたりもして、シェフの料理に対する姿勢にもとっても感動したのでした。
今ももう食べたい・・・。



「にっぽんの梅干し展」コラボ企画 「Le Concert de Cuisine」_c0024345_01005878.jpg


いつもではないみたいですが、こちらのシェフはこのコラボ企画前から梅干しを使うこともすでにあったということなので、コラボ期間が終わってからも梅干し入り料理が食べれるかも♪

「梅干し展」はあと2日。
2週間朝から夜まで忙しかったけれど、なんだかんだあっという間にすぎそうです。
「ぼわっと」の催事イベントで、相当鍛えられている私。
全然よゆうだな♪ふふふ。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2015-10-16 04:18 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


「にっぽんの梅干し展」無事に始まりました。
パリ10区の「Espace Japon」(エスパスジャポン)で今日もお待ちしています。
ツイッターとかにはあげたけれど、なんと毎日、無料でいただける「梅干しチキン丼」なるものあって、かなり大盤振る舞いなイベントになってます。
フランス人も日本人も大喜び♪




からの荷物がいくつも無事に到着しない・・・。
というトラブルは、引き続き継続中で、メインの棚となる什器が届かないとか、てんやわんやではあるのですが、ここはフランス。
フランス流に少しずつ完成系に近づける感じで大丈夫だろうと私は見守っています♪



梅干しコラボビストロ「Les Enfants Rouges」(レ・ザンファン・ルージュ)_c0024345_18244495.jpg



梅干しとコラボしていただいている人気のパリのビストロ&レストランでの梅干し入りメニューも開始されて各店舗好評のようです。
昨日の「Philou」と同じく、カフェと雑貨が好きな人のためのパリのお散歩ガイド(翔泳社)の98ページで紹介しているお店「Les Enfants Rouges」(レ・ザンファン・ルージュ)。
(9 rue de Beauce 75003 Paris)



梅干しコラボビストロ「Les Enfants Rouges」(レ・ザンファン・ルージュ)_c0024345_18244457.jpg



本当にしょっちゅうしょっちゅう観光客の方に聞かれてちょっと困る質問。
「いちばんオススメのレストランはどこですか?」
ですが、日本からいらっしゃる方の希望のさらに細かいところを聞いてみると、
「おいしいフレンチが食べられて、気取りすぎていない地元の人が毎日集まるようなお店で、本格的だけど言葉が心配・・・。」
というちょっと難しいものですが、それをクリアして自信を持ってオススメできるのがこういう完全にフレンチなのに、日本人シェフが活躍するお店なのです♪
今日のこのお店はマレ地区という観光&ショッピングには欠かせないオシャレエリアにあり、さらにサービスの方も日本人なので言葉の心配もいらないので本格フレンチ地元っぽいビストロを体験したい方にはオススメです。



梅干しコラボビストロ「Les Enfants Rouges」(レ・ザンファン・ルージュ)_c0024345_18244435.jpg



そんなビストロのシェフ、ダイさんが梅干しコラボで作ってくれたのは、「梅干しパンナコッタ」。
甘くてとろっとしたパンナコッタに塩っぽい梅干しの風味が加わって、ちょっと表現は難しいけれど食べれば食べるほどあとを引く、癖になってしまうおいしさ♪
あ、もう食べたくなってきた・・・。



梅干しコラボビストロ「Les Enfants Rouges」(レ・ザンファン・ルージュ)_c0024345_18244492.jpg



ビストロ料理ながら繊細さが光る美しいプレートの数々も、いつ行っても感動で大好きなお店です。
ここはパリのレストランでは珍しく、定休日が日月でないというのもポイント。
(パリの多くのビストロ・レストランのお休みが日月)



梅干しコラボビストロ「Les Enfants Rouges」(レ・ザンファン・ルージュ)_c0024345_18244477.jpg



日月に困ったら、ここ!
みたいなルールができていて。
どちらかの曜日に食べに行くと、必ずシェフとか料理関係で働く知人に遭遇するお店です♪

さて、今日も梅干し展に行ってきます。
パリ在住のみなさん、ぜひ遊びにいらしてくださいね!






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2015-10-07 19:05 | パリのおいしいもの | Comments(0)


数日前にお知らせした、「にっぽんの梅干し展」。
パリ10区の「Espace Japon」(エスパスジャポン)で明日6日(火)から始まります。
とはいえ、さっそく日本からの荷物がいくつも無事に到着しない・・・。
というようなありがちな事件が起こっているらしく、明日の午後無事にスタートできているのかちょっと心配ですが・・・。
私はこの1週間、イベント期間中にパリの人気ビストロ&レストランのシェフたちに協力いただいて行うコラボイベント、「メニューの中に梅干し使ってみて!」の撮影にグルグル回っておりました。



こちら(↑)は生カモ(っていうのかな?!いわゆる生ハムのようにカモを1週間ほして作って薄切りに)と焼きネギ、そしてクスクス料理に使われる「タブレ」に梅肉とシソを合わせたところに、スープをかけていただく、「カモネギ」に「お茶漬け風」という日本要素を加えながらお洒落なフレンチの前菜に仕上がっていた一品。



梅干し展、コラボビストロ「Philou」(フィルー)_c0024345_06470939.jpg


大好きなフレンチビストロ「Philou」(フィルー)の前田シェフが作ってくれた梅干し料理です。
「Philou」はカフェと雑貨が好きな人のためのパリのお散歩ガイド(翔泳社)の88ページで紹介しているお店です。
(12 Avenue Richerand 75010 Paris)



梅干し展、コラボビストロ「Philou」(フィルー)_c0024345_06470986.jpg


「ザ・フレンチ」をいただける、「ザ・ビストロ」の雰囲気満点のお店は、夜は遅くまでテーブルが空くのを待っている人がいるくらい地元のフランス人たちにも人気。
ガイドブックで紹介してからは、そしてネットなどにも掲載されることが多くなってきてからはずいぶん日本人のお客様も増えているみたいですが、お客様もサービス係も雰囲気も完全にフランスなお店です。



梅干し展、コラボビストロ「Philou」(フィルー)_c0024345_06470992.jpg


常連さんも多く、ボリューム満点なのにどこかに繊細さのあるプレートのすべてを作っているのは実は日本人シェフだということは、きっとフランス人たち思ってもいないんだろうな!
と、「うん、すごくおいしいよ。」と感嘆の声をあげているフランス人たちを見るとちょっと自分のことのようにうれしくなってしまうお店です♪



梅干し展、コラボビストロ「Philou」(フィルー)_c0024345_06470922.jpg


いついっても、何を食べても、満足しなかったことはないシェフの料理ですが。
前田シェフが得なもののひとつが、王道フレンチには欠かせない、野生の鳥獣を使った料理「ジビエ」。
かなりくせがあったりもして、「苦手なものは基本一切なし!」の私もちょっと敬遠してしまったりするのですが、そんな私にジビエのおいしさを教えてくれたのは、まぎれもなくここのシェフ。



梅干し展、コラボビストロ「Philou」(フィルー)_c0024345_06470936.jpg


そろそろ通称「ジビエマニア」(?!)のシェフの実力が発揮される季節がやってきました♪

街を行き交う人々はコートの前をぎゅっと締め、縮こまりながら急ぎ足。
日はどんどん短くなって長くて暗い冬を迎えていくフランスですが、秋の味覚いっぱいで、「食」的には最高の季節を迎えます。



梅干し展、コラボビストロ「Philou」(フィルー)_c0024345_06470917.jpg


アトレ恵比寿、3階入り口(JR恵比寿駅東口改札左)ではじまった期間限定「ぼわっと」も、初日からものすご〜くたくさんの方が足をとめてくださったみたいです。
先日まで同じアトレ内の有隣堂書店さんに出張していた「ぼわっと」で初めて「ぼわっと」を知ってくださった方も、「あ、こないだの有隣堂にあったお店ですよね」と、すぐにわかって声をかけてくださる方もとても多かったみたいで、そんな1日に起こったエピソードを聞いているだけで感謝の気持ちでいっぱいです。
これから1週間、恵比寿駅を通るサラリーマンや主婦や学生さんや、いろんな方にワクワクを味わっていただけたらうれしいです。


梅干し展、コラボビストロ「Philou」(フィルー)_c0024345_04435644.jpg



私はパリで「にっぽんの梅干し展」。
日本チームは東京で「フランスの雑貨」。
なにやら不思議な気持ちですが、お互いの持ち場でそれぞれがんばります♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2015-10-06 07:33 | パリのおいしいもの | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.