パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 西宮阪急フランス展 「ぼわっと」
  • 2階 コンコースからの入り口正面 2月19日(水)〜2月25日(火)まで
  •    
  • 阪急うめだ本店フランス展 「ぼわっと」
  • 祝祭広場  3月18日(水)〜3月24日(火)まで
  •    
  • 大阪・未来屋書店イオンモール四條畷店 「ぼわっとコーナー」
  • 10月8日(火)〜1月31日(金)までに延長

タグ:お菓子 ( 174 ) タグの人気記事

日本から届いた春

同時に友人2人から届いた郵便物。
ハイジの切手がお揃いで届いた封筒を見るだけでハッピー。
かわいい〜♪♪
日本からの郵便物がポストに入っていると本当にうれしくなります。
日本から届いた春_c0024345_733841.jpg




パリときどきバブーを応援…


そして中に入っていた日本からのサクラ便り。
毎年送ってくれる友人手作りのサクラクッキー。
日本のサクラがうらやましくてしょうがなかったけれど、友人のやさしさでパリまで春が届きました♪
長旅だったろうに、割れていたのは1枚くらい。
日本から届いた春_c0024345_7332774.jpg

うれしいな〜。
濃〜い緑茶と一緒に、デザートにいただきます。

それから、みなさんミニやけどのこと心配して頂いて、たくさんたくさんアドバイスいただいて本当にありがとうございました。
みなさんの経験いっぱいのアドバイス本当に参考になり感謝感謝です。
知らないことがたくさんでこれからもずっと役に立ちそう。
とりあえず今、パリの料理人たちが使っているという薬を教えてもらったのでさっそく買って来てヌリヌリしてみています。
日本から届いた春_c0024345_7334788.jpg

ビオのお店にラベンダーオイルも買いに行かなくちゃ。
できるだけ跡が消えますように。
みなさん本当にありがとうございます!





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-30 07:41 | 私のパリ生活 | Comments(3)

ブタのお店で待ち合わせ

先日、3月なのに大雪の降ったとある日。
ブタが目印のお店で、プチプチ天使ちゃんと待ち合わせてちょっとカフェデート。
ブタのお店で待ち合わせ_c0024345_69424.jpg




パリときどきバブーを応援…


バスが止まっていてもちょっと遠い駅まで歩いて、階段の上り下りばかりのメトロを乗り換えて、大雪のが積もる中でもベビーカーを押してどこまでもやってくる。
そんなたくましいプチ天使家のママはなかなか偉大です♪
ブタのお店で待ち合わせ_c0024345_61022.jpg

おじゃまだったらバブーに留守番してもらえばいいだけのひとり身軽な私が、団子ちゃんが3人もいるプチ天使ママと変わらぬ仲を続けられているのは、ひとえにこのママのたくましさのおかげかもと思い感謝した大雪の日のデート。
あったかいスープを飲んで。
みんなでブタのかわいいメレンゲ菓子もらってテンションがあがり。
ブタのお店で待ち合わせ_c0024345_610196.jpg

絶対にオススメだと言われた本日のデザート「リンゴタルト」が思わぬ甘酸っぱいおいしさでさらにご機嫌になり。
この雪の次の日日本に向けて一時帰国の出発だったプチ天使ママと日本へのおみやげを買いにマレ地区をウロウロし。
大雪の日で、だ〜れもいないガラガラのマレ地区。
店から店へは大変だけど、どこも並ばず買い物しやすかった♪
ブタのお店で待ち合わせ_c0024345_6103538.jpg

ブタちゃん。
「豚足」がスペシャリテのこのお店。
ドアの取手も豚足です♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-23 06:22 | パリの食 | Comments(6)
通りかかればもういつでも大行列の老舗サロンドテ「アンジェリーナ」(Angelina)。
もうこの行列は本当にビックリな状態で、、しかもヴェルサイユ宮殿内とか、リュクサンブール美術館内とか、どんどん店舗も増えていて、そのとどまる所を知らない人気ぶり。
「アンジェリーナ」のモンブラン_c0024345_1913432.jpg




パリときどきバブーを応援…


とにかく手前から奥まで広い店内が人いきれですごいことになっているサロンドテは観光客でいっぱいで、ちょっとどん引きすることは間違いなしですが、でもやっぱりモンブランはおいしいのだ♪
日本で食べたことのあった「モンブラン」のイメージをくつがえす、濃厚でマロンペーストたっぷりのフランスの色々なケーキ屋さんの「モンブラン」。
「アンジェリーナ」のモンブラン_c0024345_19133893.jpg

人によってもちろん色々好みがわかれます。
私はリキュールの香りがたっぷりとか、マロンだけじゃなくてフルーツ的なものを色々加えたというよりは、もう栗の和菓子に近いんじゃないかというほど濃厚な「マロン」系が大好きなので、アンジェリーナのモンブラン大好き♪
お持ち帰りではなく、久しぶりにサロンドテでいただいてしまいました。
1日歩きまわって仕事した体に、濃厚なマロンペーストがす〜っと入っていってしあわせ〜♪
「アンジェリーナ」のモンブラン_c0024345_19135450.jpg

ちなみに、「アンジェリーナ」と言えば、モンブランと同じくらい、濃厚なショコラショー(ココア)が有名で、ガイドブックには必ず2つセットで紹介されているので、ほとんどのアジア人女子が両方注文していますが、スイーツバイキングで塩系のものをはさまずいつまでも食べられる強者以外、絶対にムリなのでおすすめしません(笑)。
ショコラショーも、超〜〜〜濃厚で甘いです。
両方頼んで、その両方の濃厚具合にノックアウトされて大半を残してしまっている女子の顔があっちにもこっちにもなので。
ココアが好きで好きでたまらなくて、毎日飲みたい♪
くらいの方以外はモンブランだけに、もしくはどうしても両方お味見したかったら、ひとつずつ頼んで友人と分けるとかにした方がいいですよ!
「アンジェリーナ」のモンブラン_c0024345_1914832.jpg

でも今回、昔まだパリに来たばかりのころ、アンジェリーナのモンブランを持ち帰っては2日間にわけて食べていた頃と比べて、ずいぶん小さくなった?!
と実感。
私の勘違いかと思ったけれど、一緒に行ったスイーツ好きな友人も同じことを言っていたからきっと本当に小さくなっているかも。
器部分も前とは全然違うし、上にかかっていた雪みたいな粉砂糖はなく「アンジェリーナ」印のチョコがのっているし、同じ商品も色々変わって来ているのかな。
しかもお値段のあがりようったら、毎年思うけれどハンパない。
昔の値段を知っていて、さらにお持ち帰りよりぐんと値段のあがるサロンドテのお値段の合計にはちょっと驚く。
これがパリの老舗高級サロンドテのお値段なのだわと思わざるをえない感じ(笑)。
お高い超高級サロンドテなのに、ほぼ全て観光客でその半数はアジア人で、観光客相手専門という感じの接客だからちょっと違和感を感じてしまうのは否めない…。
「アンジェリーナ」のモンブラン_c0024345_19142373.jpg

モンブラン大好き♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-08 19:35 | パリのお菓子 | Comments(12)
2月、大好きな手芸屋さんのウィンドウはカーニバルになっていました。
カーニバルのクロスステッチに、カーニバルのお面に。
ヨーロッパのあちこちで行われているカーニバル。
今年は念願の南仏のカーニバルをまわりたかったけれど、仕事の調整がつかず断念…。
パッサージュ散歩と教会の鐘_c0024345_18464495.jpg




パリときどきバブーを応援…


来年こそは絶対に絶対に行ってみたい!
その代わり、仕事が落ち着いたらちょっとだけ自分だけの時間を楽しもうと、クロスステッチキットを購入♪
早く開けて、図面を広げてみたいけれど、一度封を開けてしまったら最後…(泣)。
と思い奥深くにしまってあります。
パッサージュ散歩と教会の鐘_c0024345_1847848.jpg

日本から来ている友人親子も連れて。
みんなで大興奮しながらクロスステッチを選んで。
大好きなパッサージュを歩いて。
パッサージュの中の素敵なサロンドテで休憩して。
パッサージュ散歩と教会の鐘_c0024345_18472539.jpg

並んでいるケーキを見ると、ついついモンブランを選んでしまう私ですが、いつもモンブランじゃいけないと、グレープフルーツの爽やかなケーキに。

さて、パリは11時の鐘がなっています。
教会が時間をつげるための鐘を鳴らすので(11時なら11回)、近所の教会(我が家は2カ所くらいから)聞こえて来る音で時間がわかります。
毎日のことなので、体が自然に鐘が鳴り始めるとカウントしているらしく、ぼ〜っとしてても何時だかちゃんと分かるのが不思議♪
でももうこの鐘がなるたびに、「もう何時じゃぞ〜!!何も進んでないぞ〜!!」と冷や汗をかくだけだったりして、最近ちょっと鐘が恐怖です。。。
パッサージュ散歩と教会の鐘_c0024345_18474236.jpg

そうそう、今日は「ほぼ日」のコラムの更新日。
こちらもお楽しみください!
では私は12時の鐘が鳴るまでに終わらせなくてはいけないことたちを…。
きゃ〜。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-05 19:04 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(8)
パリの冬の風物詩、マロンショー。
焼き栗。
プチ天使ちゃんたちと一緒に。
パリの冬の風物詩と、危険なスリのお話_c0024345_19101778.jpg




パリときどきバブーを応援…


熱々の焼き栗買って、晴れの日のリュクサンブール公園へ。
日本の焼き栗に比べたら、甘さも柔らかさも何もかもが…ですが(笑)。
やっぱりフランスの冬って感じで好きです。
ほっこりかわいい2人の写真とともに、話はちょっと深刻なフランスのスリの話。
パリの冬の風物詩と、危険なスリのお話_c0024345_19103739.jpg

つい先日見かけたいつものこども達のスリ集団。
住んでいる人は顔を見ればすぐに分かるのですが、昔のいかにもジプシーという格好ではなく、洋服も普通の格好になっていて、旅行客にはなかなか分からず、あっという間にスリにあってしまうという話、前も書きました。
そして最近目撃するスリたちは、さらに進化していて、なんとブランドの偽物バッグのようなものを持っている。
パリの冬の風物詩と、危険なスリのお話_c0024345_19105174.jpg

だから一見すると本当にただの観光客の一部。
もちろん目つきはするどく、顔つきはこどもとは思えない表情だけど、視界の隅にうつるのは偽物のブランドバッグを持ったただの乗客風という映像なので、「スリアンテナ」が感知しにくいという危険性が。

私も、なんでお決まりのスリ集団の顔の人なのに、こんなブランドバッグみたいの持っているんだろう…。
と、なんとなく不思議に思いながら、逆に、
「ああ、顔で判断したらやっぱりいけないな。。。差別になっちゃうから気をつけないと。」
と、思いながら観察していたら、やっぱりスリ。
5人グループぐらいがホームのあちこちにバラバラに立って、狙いをさだめている。
パリの冬の風物詩と、危険なスリのお話_c0024345_1911782.jpg

ホームには地図を広げて見入っている2人連れの日本人があっちにもこっちにも。
もうみんなが狙われていて、ドキドキ。
スリたちは電車に乗り込む寸前まで警戒されないように、どの人に狙いを定めるか決めないので、もしも同じ車輛に乗り込もうとしたら「気をつけて!」って声をかけようとスリ近くの日本人のところにいたら、さささ〜っと違う車輛に乗り込んで行ったスリの子供達。
とりあえず、ホームにいた日本人の人たちは無事だったけど、もうこれはキリがない。
ブランド風バッグで観光客風にという新たな手法も登場して、注意してもしきれなくなりそう。
パリの冬の風物詩と、危険なスリのお話_c0024345_19112036.jpg

春休みに入って、ますます観光客が増える季節。
私もこの2週間だけでも3組のお客さんが日本からやってくるくらい観光シーズン到来。
本当にみなさん気をつけて!





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-02-23 08:13 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(10)

日曜日のあさ

素敵な日曜日をおすごしですか?!
パリは日曜日の朝。
日曜日は近所のマルシェの時間に合わせて、スーパーが午前中で閉まってしまうので、寝坊気味のみんなが慌てて足りないものを買い物に出かける日。
日曜日のあさ_c0024345_191313.jpg




パリときどきバブーを応援…


ご近所さんがみんなバタバタエレベーターに乗って買い物に行っては帰って来る音が聞こえます。
ここ数日、いいお天気が続いていて、久しぶりに太陽の顔を見ている数日。
日曜日のあさ_c0024345_19133310.jpg

夕方の日の長くなりかたも、明らかに実感できるほどののびっぷりで、ああ、本当にもうすぐ春はすぐそこだ〜!!
と、夕焼けを見るたびにテンションがあがってます。
日曜日のあさ_c0024345_19134779.jpg

今日もいいお天気のパリ。
うっすら青い空に、輪郭のないぼんやりほわほわっとしたうす〜い白い雲が浮かんでいて。
おさんぽ日和の日曜日。
日曜日のあさ_c0024345_1914450.jpg

カメラを持って出かけるには最高の日曜日でわ〜い。
バブーもおさんぽ行きたくてさっきからそわそわ。
そわそわ。
やたらアピール。
でもね、今日の撮影には連れていけないのじゃよ。
日曜日のあさ_c0024345_19143771.jpg

残念ながらお留守番が待っているということに、バブーはまだ気づかない…。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-02-17 19:25 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(4)
この方とご一緒の撮影ほど難しいものはありません(苦笑)。
カメラマンのことなんて、一切考えてはくれない「島っ子りんちゃん」。
「島っ子りんちゃん」ラデュレまでの暴走_c0024345_7471224.jpg




パリときどきバブーを応援…


こんなちびっ子に大人の都合に合わせてもらうと考えることはできないのは分かってはいるので。
気ままなちびっ子を追いかけるのみなのだけど。。。
「島っ子りんちゃん」ラデュレまでの暴走_c0024345_7473063.jpg

いや〜、フレームの中に入っちゃ〜くれないのだ。
一時もじっとしてくれないとはまさにこのことじゃっ!
「島っ子りんちゃん」ラデュレまでの暴走_c0024345_7474490.jpg

気づくと違うところを飛び回ってる。
バブーを撮るよりよっぽど難しいんじゃないかしら。。。
「島っ子りんちゃん」ラデュレまでの暴走_c0024345_7475821.jpg

島っ子りんちゃん、バス停のセクシーお姉さんのポスターにすりすり。
「島っ子りんちゃん」ラデュレまでの暴走_c0024345_7481299.jpg

そして一時もおしゃべりが止まらないというのもこのことじゃっ!
あまりの彼女の達者なおしゃべりっぷりに、バスで一緒になったおばあちゃん達もビックリ。
97%が日本語で、たまにフランス語単語が混じるくらいだから、みんなに内容は分からないのだけど、わけの分からない言語的にみても、「こんな小さいのによ〜しゃべる子だ〜。」というのは分かるみたい(笑)。
「島っ子りんちゃん」ラデュレまでの暴走_c0024345_7483130.jpg

「まりこちゃ〜ん、おいしそうなマカロンがあるよ〜。」
走り回りすぎて、おやつが欲しい島っ子りんちゃんと、ラデュレのプチマカロンを買いに。。。
なんだかバレンタインバージョンのウィンドー、島っ子りんちゃんとコーディネートしたかのような色づかい。
素敵だわ。
「島っ子りんちゃん」ラデュレまでの暴走_c0024345_7484860.jpg

まあ、ラデュレのモデルには採用されそうもない、こ〜んな変顔ばかりですがね(笑)。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-02-11 08:00 | パリで出会ったかわいい子供 | Comments(6)

パリの春の兆し

まだまだ寒いパリ。
ほとんどがどんより曇り。
たまにざ〜っと降り。
そのあとぱ〜っと青空が広がり。
パリの春の兆し_c0024345_125415.jpg




パリときどきバブーを応援…


喜んでいるとふたたびどんより雲に覆われるの繰り返し。
すか〜っと晴れないかなあ。。。

でもほんのちょっとだけ日が長くなってきたし。
ケーキ屋さんには1月のガレットのお隣に、春らしいケーキも並んでいるし。
パリの春の兆し_c0024345_1252766.jpg

いつものさんぽ道には。
ちょっと気の早いバラも♪
この子はちょっと気が早すぎ?!
と思って他のを見てみたら、けっこうつぼみから色が見えている。
パリの春の兆し_c0024345_125439.jpg

ってことは春も近い?!





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-02-04 01:44 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(2)
2月2日はフランスで「クレープの日」。
というわけで今日のおやつはクレープです。
ほのかに甘くてモチモチしたクレープに、バナナを入れていただきます♪
2月2日は「クレープの日」_c0024345_23521445.jpg




パリときどきバブーを応援…


クリスマスから40日目にあたる2月2日の「クレープの日」は「Chandeleur」(シャンドゥルール)と呼ばれるキリスト教のお祝いの日、「聖燭祭」。
聖母マリアのお清めの儀式、そしてイエス・キリストの奉献のために、人々がキャンドル「Chandelle」を灯して行列してお祝いしたことに由来します。
この日にクレープを食べるようになったのは、キャンドルを灯す「光のミサ」とも呼ばれるこの光と太陽が結びついて、クレープの形や色が太陽の光のようだから食べる習慣になった。
とか。
長く厳しい冬が去り、少しずつ春の兆しが見え始める日と今年の豊作を願って、貴重な小麦粉を使ってクレープを焼いて食べるようになった。
とか。
ローマ法王がお腹をすかせていた巡礼者にクレープをふるまったから。
とか。
色々な説があります。
きっと色々なことがつながっているから全然別の説ではないのだろうけれど…。
今回も色んなフランス人に聞いてまわったけれど、み〜んな言うことはバラバラ。
「なんで2月2日はクレープの日なの?」
という質問に、上のような答えをしてくれる人はごくごくわずか。
いちばん多いのは
「だってクレープの日だもん。」
という…お答え(笑)。

そうなんです。
「だってクレープの日だもん。」
というわけで。
私もクレープを食べてみました。
ちなみに、左手にコインを持って右手でもったフライパンのクレープをうまくひっくり返せたらその年は繁栄の年になると言われていて、みんな一生懸命コインを持ってクレープをひっくり返します。
2月2日は「クレープの日」_c0024345_23523740.jpg

今日は手抜きで、フランスのスーパーではおなじみ、ちょっとあっためるだけのできあいクレープで。
これもちょっとフライパンであっためると、もうできたてみたいなおいしさで。
ほのかに甘くてモチモチ感がたまらない、フランス人も大好きなクレープなのです。
冷蔵庫に入っていると、ついついあっためてしまう危険な商品。。。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-02-03 00:29 | パリのお菓子 | Comments(6)

最後のガレットの週末?!

1月も終わり、1月の風物詩である伝統菓子「ガレット」も終わりに近づいてきていますが、まだまだ街中のパン屋さんにはガレットの姿が。
最後のガレットの週末?!_c0024345_8521599.jpg




パリときどきバブーを応援…


売場スペースはかなり小さくなったけど。
きっと今週末がいよいよ最後のガレットかな?!
最後のガレットの週末?!_c0024345_8523515.jpg

となると、いつも大好きなおいしいパン屋さんのガレットも、食べておかないとと思ったり。
ガレット太りで真剣に悩んだり…。
ガレットの中身。
たっぷりのアーモンドクリーム。
そしてバターたっぷりのパイ生地ですから、こりゃ〜太らないわけがないっ。
最後のガレットの週末?!_c0024345_8525117.jpg

日本の宅配ピザLサイズの4分の1くらいの大きさが1回の1人前ですし〜♪
2人家族でこれを買うとなると、その倍は食べるわけですし〜♪
かなり迷いますが。
お気に入りのパン屋は、なんと店の前、道路にオーブンを出してガレットを焼くという作戦に。
これがいい匂いがしないわけがないっ!
もうこの前を歩けば、焼きたてガレットの匂いがプンプンなわけですよ。
さあどうしましょう。
最後のガレットの週末?!_c0024345_853724.jpg

そして今日はもうひとつ、おいしいものを食べなくちゃいけないのですよ。
さてそれは何でしょう。
バブーダイヤリーを使っていただいている方は、今週ページの下でバブーがつぶやいていることをご覧くださいね♪






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-02-02 09:03 | パリのお菓子 | Comments(8)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.