パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーと3歳の息子プチモンスターと共に、パリの日常をお届けします。
東京・西荻窪のフランス雑貨店「ぼわっと」オーナー。
パリのガイドブックなど著書は13冊。雑誌やウェブメディアでもコラム連載中。
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 上野マルイ 「ぼわっと」ポップアップショップ
  • 9月1日(火)〜9月30日(水)まで
  •    
  • 「ぼわっと」通販サイトがようやくオープン
  • shop@boite.tv から色々お買い物いただけるようになりました!
  •    
  • 地方での催事イベント中は通販業務が滞ることがあります
  • またお店の営業時間も変更になることが多いのでご確認ください!

<   2020年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧



昨日24日は、バブーの16歳の誕生日でした。
なんとバブーも16歳。
バブーを飼い始めたのがきっかけでこのブログを始めたから、ブログも16年。



バブーは16歳になりました。_c0024345_17563497.jpg






パリときどきバブーを応援…



フランスと日本を飛行機で行ったり来たり。
ちなみに、いつもどうやって?!
と心配されるのですが、バブーサイズは機内に袋に入ったまま一緒に入れるので貨物室預けになっているわけではなく、ずっと一緒なので安心です。
ただし機内に一緒に入れるのは日系の航空会社など一部NGなものはのぞくので、我が家はもっぱら一緒に乗り込めるエールフランスや外国系の航空会社を使います。



バブーは16歳になりました。_c0024345_17563557.jpg



バブー、一体何回フランスと日本を往復しているのでしょう?!
バブーのパスポートのハンコをカウントしてみたら、25回くらい??
とにかくいつも一緒に地球の裏側まで。
元気に行き来してくれて、感謝感謝です。
もう目はほとんど見えておらず、足腰もだいぶ弱っているのでほとんど昼寝しながらのんびり暮らしていますが、毛並みもほとんど変わってないし、じいさんになってもかわいい私のパートナー。
これからも元気で長生きしてほしいなと思っています。



バブーは16歳になりました。_c0024345_17563577.jpg


お誕生日前に、シャンプーしてすっきりまでは行ったのですが、モジャモジャヘアをカットするところまでは間に合わず。
今週中にスッキリさせてあげたいなあ・・・と思っているところ。
昨日はプチモンスターに、粘土でお誕生日ケーキを作ってもらい。
(バブー本人全く興味なし・・・ですが笑)
マルシェで買ってきた丸焼きチキンのお裾分けをたくさんもらって。
パクパクムシャムシャ。
美味しいご馳走をもらったバブーでした。



バブーは16歳になりました。_c0024345_17563596.jpg



すでにインスタやTwitterでたくさんお誕生日コメント頂いたのですが、いつも応援して見守ってくださっているみなさん、本当にどうもありがとうございます。
バブーともども、これからもどうぞよろしくお願いいたします♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-09-25 18:09 | 子犬っ子バブー | Comments(0)


先週末のイベントもうひとつ。
パリ郊外の農園で野菜とフルーツがり。
パリの郊外には、車でちょっと走るだけで、あちこちに好きな時に楽しめる農園があります。
例えば今回行った農園の所属グループだけでもパリ郊外に10箇所も。



パリ郊外の農場で野菜やフルーツを収穫しよう!_c0024345_23085638.jpg






パリときどきバブーを応援…



農業大国フランスを感じずにはいられないくらい、規模も大きい。
広大な土地にありとあらゆるものがあって、時期によって収穫できるものが変わってきます。
全部をぐるりと回るのは途中で疲れ果ててしまって無理なくらい広いのです。



パリ郊外の農場で野菜やフルーツを収穫しよう!_c0024345_23085609.jpg


標識にしたがって、お目当てのものを探すのも大変。
とりあえず、我が家は手当たり次第?!
見つけたものから収穫。
フランスは、自然いっぱいの野菜やフルーツを目にして手に入れることができる「マルシェ」というものが身近にあるので、スーパーでパックに入ったものではない、新鮮なものに日々触れる機会はあるものの。
やっぱりどうやってその野菜がなっているのか、どうやってとるとこうなるのかなんて見て触れるのは、子供にとってだけじゃなくて大人にとっても何もかもが新鮮な発見。



パリ郊外の農場で野菜やフルーツを収穫しよう!_c0024345_23085678.jpg


いつもマルシェで買っているサラダの葉っぱたち、こうやってなっていて、こうやって収穫するのかあ・・・。
なんて思いながら自分の手を泥だらけにして収穫したものにはなんだか並々ならぬ愛情が湧いてきます♪



パリ郊外の農場で野菜やフルーツを収穫しよう!_c0024345_23085559.jpg


プチモンスターも、収穫じたい、楽しんでいましたが、それよりももっと楽しんでいたのが働く車・・・。
遠くの畑に止まっているなんとかっていう働く車(私は全部の車の名前がわからん・・・)のところに行けとか、あっちからくるあの車に近づけとか。
もう夢中でした。
通りすぎる運転手のムッシューが気付いて手を振り返してくれるまで手を振る・・・。



パリ郊外の農場で野菜やフルーツを収穫しよう!_c0024345_23085549.jpg



農場に来ている人たちは、一体そんなに買って何を作るの?!
とインタビューして回りたくなるほど本気モードで超大量に収穫する人も多くて。
あとから回ろうなんて油断してると、あっという間に食べ頃そうな子たちは収穫されていきます。
トマトやナスやイチジクやフランボワーズやイチゴなんてもうほとんどなかったなあ・・・。
今年はコロナの影響で、定期的に日々収穫されていかなかった子たちも多くて、そのまま枯れていってしまったり、収穫時期をすぎてそのまま取り残されてしまったりしたものも多いようで、全体的に少し荒れた雰囲気も。


パリ郊外の農場で野菜やフルーツを収穫しよう!_c0024345_23085450.jpg


このカボチャさんたちも、収穫時期を外れたもう終わりエリアにただただ転がされて放置されているんだそうで、ちょっぴり寂しい。
一部はハロウィンの時の飾りように出回っていくそうですが。
色も形も綺麗でプチモンスターも大きな大きなカボチャに大興奮だったので、我らはちょっと早いけど、何個かハロウィン用のカボチャとして買わせてもらいました。



パリ郊外の農場で野菜やフルーツを収穫しよう!_c0024345_23085529.jpg



食べ物にそこまで執着がなく(こんな食いしん坊一家に生まれたのになんでだ?!)、ハンバーグとか見えないところに消えていないと野菜は食べてくれないプチモンスター。
食べてもいないのに、嫌いだと言い張るプチモンスター。
自分で収穫したら、もしかして少しは変わるんじゃないかと。
それが狙いだった農場ツアー。



パリ郊外の農場で野菜やフルーツを収穫しよう!_c0024345_23085439.jpg


カリフラワー、にんじん、じゃがいも、インゲン、玉ねぎをブイヨンで煮込んでミキサーにかけて、牛乳と生クリームでコックリポタージュにしてみたところ、なんとおかわりのコールが・・・泣。
まあ、野菜たちの姿は見えなくなっているスープだったからという噂もあるが・・・。
狙い通りの成果が出たってことで、私はひとり喜んでいます♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-09-23 23:37 | パリのおいしいもの | Comments(0)


週末、乗馬クラブのポニー体験イベントを発見。
というわけで、プチモンスター、ポニーに乗りに行きました。



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215208.jpg







パリときどきバブーを応援…



お休みの日は何かしら外で体を動かす時間を作ってあげないとだけど、公園に連れて行ってず〜っと遊んでいるのをひとり見守っているだけは母的にも退屈だったりして。
なので自分も一緒に楽しめる何か楽しそうなことを探すようにしてます。



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215104.jpg


パリ郊外にある乗馬クラブ。
パリでは乗馬はとても人気の習い事のひとつ。
他の習い事に比べたらやっぱりちょっと高いけど、習い事自体の料金が安いフランス。
だから乗馬もわりと身近な存在。



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215269.jpg


人気で申し込みの日にはあっという間にいっぱいになるというのを聞いたことが何度もありますが、実際周りにも子供の習い事の一つにしている人がたくさんいます。
まだまだもう少し大きくならないとムリかなあと思っていたら、ポニーちゃんなら案外チャンスがあるようで。
このイベントも18ヶ月から参加できるというちびっ子には嬉しいイベント。
乗馬クラブ所属の小学生から中学生くらいのお姉さん、お兄さんがサポートしてくれながら森のような公園を1周してきました。



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215142.jpg


プチモンスターが「この子がいい」と選んだポニーちゃん。
名前はパステル。
この子がちょっとしたいたずらっ子で。
すぐ寄り道をしたがる。
すぐ草を食べたがる。
食べられないように口輪をしているのだけど、地面にこすりつけて自力で外してしまって。
すぐ草をもぐもぐ食べ始める・・・。



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215268.jpg


集団の先頭で出発したはずなのに、いつの間にかいちばん後ろ。
小さなこんもり盛り上がった草がいっぱいあるところに登って、草をムシャムシャ。
引っ張っても反抗して全然きてくれない!
大人の力でもどうしようもないと焦っていたら、先導していた乗馬クラブのかわいい少女が助けに来てくれた♪
「ああ、またこの子ね。この子、いつもこうなのよ。」
ってなれた調子で引っ張っていってくれる。
まだ小学校高学年くらいなのに、かっこいい♪



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215115.jpg


結局パステルちゃんは、その後何度も口輪を外し、もぐもぐタイムをしようと、頑固に立ち止まっていたけれど。
お姉ちゃんに教えてもらった引っ張り方を真似て、なんとか最後に到着。
いたずらっ子のポニー、パステルちゃん、けっこうイヤイヤ暴れてたけど、その辺りはなぜかプチモンスター全くパニックにならず平然と乗っていて(私たちの方がパニック)、案外すごいじゃんと感心したポニー体験。
それにしても、親に手綱を持たせて、「じゃあ1周してきてくださ〜い。」って放置してくれる感じ、本当にフランスっぽい笑。
この自由さが好きです。



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215031.jpg


馬舎では、かっこいい乗馬服にブーツを履いたたくさんの少年少女たちがキビキビと馬のお世話をしていて。
みんなとっても素敵でした。
もう通年コースはやっぱり満席御礼だったけど、プチモンスターもバカンス中などの単発コースに通うことに。
新しいことにどんどんチャレンジして行こう!
プチモンスターと一緒にいろんなこと楽しんでいます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2020-09-22 17:38 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


昨日の日曜日はツールドフランス最終日。
今年はコロナの影響で6月末の開始日が8月末に延期されて開催中でした。
プチモンスターもいるし、子連れでツールドフランスなんて考えもしていなかったので予定なしでしたが、急に思い立って出かけたパリ郊外がまさにツールドフランスの通り道。
ものすご〜く久しぶり(何年ぶりだろう?!)に生のツールドフランスを見ることになりました。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143976.jpg







パリときどきバブーを応援…



日曜日。
プチモンスターを連れてどこにお出かけしようかなんて色々調べていたら。
乗馬クラブでのポニー体験を発見。
よし、ポニーに乗りにいこう!
と車で出かけたものの、パリに入ってくるツールドフランスの影響で、郊外に出ていく通り、どこもかしこも規制線がはられ通行止めばかり。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143650.jpg



これは今日は車はムリだ。
あきらめて、電車とトラムを乗り継いで行ってみよう。
と、行った先はまさにツールドフランスの通り道。
沿道に集まる観客たちの話を聞いてみると、どうやらもうすぐ通り過ぎる?!
というわけで私たちも楽しむことに。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143823.jpg



ツールドフランス。
選手たちが通る前に、スポンサー企業たちの宣伝カー(山車のようなもの)がパレードをします。
それぞれの企業の宣伝をかねて、山車からは色々なものが沿道に投げられ、みんなそれを楽しみにしているのです。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143775.jpg



エコバッグ、飴、ゴムブレスレッド、キャップ帽etc。
投げ込まれるものは本当色々。
みんな手をあげて「お〜い!!」ってしているのは(↓)。
「こっちに投げてくれ〜!」
とアピールしているからなのです。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143817.jpg


これ、沿道ギリギリのところをけっこうなスピードで通り過ぎていくのですが、ものすごい台数あるので、30分くらい永遠に宣伝カーが続きます。
(ちなみに、これ、事故とかあるよね、危なくない?と思うほどのスピードで大きな山車が目の前を通りますが実際に過去に子供が亡くなる事故もあったみたい・・・。私たちも半分はプチモンスターを抑えるのに必死です。)
郊外の沿道なので、何重にも重なるほど観客は多くないものの、沿道にはビッシリ人が並び。
けっこう本気でこの宣伝カーから投げられるものをゲットすることに夢中になっている人も。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143784.jpg



大リーグのホームランボールを奪い合うように?!
降ってくるもの取るのに激しい戦いなので、我が家は何も取れずだねなんて思っていたら。
最後の最後に目の前にたくさん落ちてきたものの1つをゲット!



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143795.jpg



木のスプーンが拾えたよ♪
「これでヨーグルト食べられるね。」と、プチモンスターものすごく大満足。
よかったよかった。

で、これが終わってすぐ自転車部隊がというわけではない。
だって、自転車とは思えないスピードでやってくるから間をあけなかったら宣伝カー部隊と自転車部隊がぶつかってしまいますもんね・・・。
なので実際1時間以上間隔があくのです。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143834.jpg



我が家は乗馬クラブのポニーに乗るという目的があったので、「帰り道にまた見れたらいいね。」なんて言いながら公園へ。
で、帰り道に見事またちょうどいい時間に遭遇したというわけなのでした。
自転車の方はもうほんとに一瞬の出来事。
目にも留まらぬ速さで、数十秒で一団が駆け抜けます。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143984.jpg



偶然だったけど、フランスの人気一大イベントを楽しめた日曜日。
あ〜楽しかった♪

帰り道、「箱根駅伝も無観客で開催が決定」なんていうニュースを目にして。
毎日1万人前後の感染者を出しているおフランスでこの盛り上がりっぷり。
そして毎日数百人(?)の感染者の日本ではずっと先の駅伝が無観客。
むむむ・・・なんて複雑な思いをしながら帰ってきたのでした。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-09-21 20:00 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)

怖い時。



怖い時。
顔を覆いつつ、そっと様子をうかがう。


怖い時。_c0024345_03401140.jpg






パリときどきバブーを応援…



椅子の後ろに隠れて、こっそり網目の間から見る。
私に助けを求めるわけでも、止めてくれと言うわけでもなく。
ふと気づくと怖いポーズからの怖いところが通り過ぎるのを待っているプチモンスター。



怖い時。_c0024345_03401165.jpg


たまらなくかわいくて、この姿を見ると「ふふふ」と幸せになって観察してしまう。
私に見られていたのがわかると、ちょっと気まずそうにするので。
気づいていないふりをしながら観察してます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-09-21 03:46 | パリで子育て | Comments(0)


夏休みの思い出のつづき。
ちょっと大きなお姉ちゃんが、ちびっ子たちのために用意してくれたスペシャルデザート。
メントスの噴水ポンチ?!


ショコラモンスターのメントスポンチ_c0024345_19203809.jpg






パリときどきバブーを応援…



炭酸飲料にメントスを入れて爆発させる遊び。
どうやら日本で流行っている??
らしい??
調べてみたら「メントス・コーラ」とかでたくさん出てきた。



ショコラモンスターのメントスポンチ_c0024345_19203845.jpg


真ん中においたサイダーの中にメントスを入れていくと一気に泡が吹き出して噴水のようになると言うもの。
本当はもっともっと思いっきり吹き出すはずなんだけどと、用意してくれたお姉ちゃんは言っていたけれど、子供達、十分大満足。
夏っぽくていいね♪いいね♪



ショコラモンスターのメントスポンチ_c0024345_19203822.jpg


この日はず〜っと会えていなかった友人2人のバースデーパーティーも兼ねていたので。
大きなケーキも2つ登場。
シャンパンの栓も「ポンッ」と夏空に飛んで。



ショコラモンスターのメントスポンチ_c0024345_19203988.jpg



みんなでハッピーバースデー祝いました。
何歳になっても。
誰の誕生日でも。
バースデーは楽しくてハッピーになりますね。
いまいち仕組みがわかっていないプチモンスターは、誰の誕生日であっても、自分がろうそくを消したがるから困ってしまうのですけどね・・・。



ショコラモンスターのメントスポンチ_c0024345_19203994.jpg



でもって、ショコラ魔のプチモンスターは、当然上にのっているチョコレートプレートが欲しいわけで。
優しいお姉ちゃんたちに譲ってもらって。
冗談でプチ天使パパが横取りしただけで大泣き。
まったく、どんだけショコラ魔なのか・・・。



ショコラモンスターのメントスポンチ_c0024345_19203900.jpg



朝起きた瞬間から「ショコラ食べたい〜。ご飯はいやだ〜。」
学校にお迎えに行けば「ショコラ持ってきた?」
家に帰ってくれば「ショコラある?」
そして給食で出たらしいショコラがTシャツにバッチリついている・・・。
この国でショコラを避けては通れない。
1、2歳児が集まる保育園でだってショコラが出てきちゃうんだものね・・・。
ショコラ魔になるのももうしょうがない・・・泣。
ここはきっぱりあきらめよう!




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2020-09-18 19:37 | パリのおいしいもの | Comments(0)


この夏の思い出。
みんなでお庭でバーベキュー。
おいしいものに夢中なみんなの横で、1人ジャルディナージュ(庭いじり)に夢中なプチモンスター。


バーベキューより庭いじり_c0024345_03221127.jpg






パリときどきバブーを応援…



焼き立てソーセージより庭いじり。
手や顔まわりが汚れることをあまり好まないプチモン。
だから土いじりとかもどちらかと言えば、全く興味がなかったけれど。
砂をさわったり、手に泥がついたり、けっこう嫌がっていたのに、いつの間にかむしろ大好きになってます。



バーベキューより庭いじり_c0024345_03221153.jpg


ここしばらく、働く車にハマっていて。
ショベルカーとかブルドーザーとか、とにかく見かけるたびに大興奮なくらい好きなので。
どうやらその働く車の延長で、自分の手を使ってブルドーザーごっこをしているのか、砂や土がいやじゃなくなったようです。



バーベキューより庭いじり_c0024345_03221119.jpg


せっかくこういうことが好きになってきたから。
本当は、アパートのバルコニーで色々な植物を育てたり。
自分で育てた野菜やフルーツを収穫したりしたいけれど。
我が家は日当たりが良すぎて、太陽が当たりすぎて全部枯れてしまうというジャルディナージュがなかなか難しい条件のところなので、なんだったらうまくいくかなあと作戦を練っているところ。
それまでは友人宅の庭いじりで我慢してもらおう。



バーベキューより庭いじり_c0024345_03221076.jpg



パリ近郊の農園の野菜&フルーツ狩りにでも行こうかなと思っている今日この頃。
パリは朝は長袖。
でも午後は暑くて半袖に麦わら帽子という毎日。
来週後半からは一気に気温も下がって秋になりそうなので、あと1週間。
パリの夏の残りを満喫しよう!




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-09-18 03:35 | パリで子育て | Comments(0)


この夏、待ちに待ったビストロがパリに1軒オープンしました。
私がこの夏久しぶりにパリに帰ってきた翌日、挨拶がてらお昼ご飯を食べに行ったらそのまま手伝うことになってしまったとブログに書いた、あのお店です(笑)。



パリ「リヨン駅」にできたおすすめビストロ「Aux 2 Saveurs」_c0024345_18295273.jpg






パリときどきバブーを応援…



大切な友人でもあり、大好きなシェフがついに念願の自分のお店をオープンしたレストラン「Aux 2 Saveurs」(オ・ドゥ・サヴール)。
ず〜っと長いことお店をオープンするための物件を探していて(パリではお店を開くときに多額の権利金が必要になってくるので日本のように賃貸物件を見つけて家賃を払えばいいというわけではなくてとても大変)、そろそろ見つかるかもしれないというときにコロナでパリがロックダウンし全てがストップし、そしてレストランの再開はまだ先になるかもなんて言われていた頃、急にパリのレストランの営業許可がおり、滞っていた話も一気に進みすぐにオープン!
と、おおざっぱに言えばこんな流れがあったので、決まってからは一気に色々なことが進んだお店。



パリ「リヨン駅」にできたおすすめビストロ「Aux 2 Saveurs」_c0024345_18295213.jpg



日本とフランスでメッセージやりとりして、テレビ電話で話しては、逐一進捗状況を聞いてはいたけれど。
肝心のオープン前後は私たちが日本にいて、何も手伝えない・・・。
という不甲斐ない思いをしましたが、めでたくオープン!
なんともにっくきコロナのせいで、世界中を自由に旅することができない今。
しばらくは日本からのお客様をアテンドでお連れしてということもお預けになっていますが(年末までのアテンドの予定は全てなくなりそうかな・・・泣)、パリ好きのみなさん。
美味しいもの大好きなみなさん。
また素敵なオススメのお店が増えているので楽しみにしていてくださいね!



パリ「リヨン駅」にできたおすすめビストロ「Aux 2 Saveurs」_c0024345_18295330.jpg



1枚目の写真は、フォアグラのりんごタタン風。
これは↑、タコのカルパッチョと子牛のタルタル。
これは↓、メインの仔羊。



パリ「リヨン駅」にできたおすすめビストロ「Aux 2 Saveurs」_c0024345_18295304.jpg



私は、ちょっとクセのある仔羊とか、ジビエ(フランス秋冬名物の野生鳥獣料理)とか、かなり苦手な方だったのですが、本当に上手な人が調理したものは全然くさみもないし、いやなクセもないんだなと知ったのが何人かの料理上手のおかげ。
その筆頭にあがるのがこのレストランのシェフ、シンくんなのです。
自分からは絶対に頼まなかった仔羊とか、ジビエ料理を頼むようになったのは彼の料理への絶大な信頼があるから。

ちなみに、プロではないけど、もう1人私においしさを教えてくれたのが、このブログにもよく登場するプチ天使家のパパ・ジェロームです。
ジェロームが作るのはフランス家庭料理のオーブン焼きとか煮込みとかだけど、私に仔羊のおいしさを教えてくれたすごい人。



パリ「リヨン駅」にできたおすすめビストロ「Aux 2 Saveurs」_c0024345_18295302.jpg


この日は半年ぶりに会う仕事仲間とのおしゃべり、そしておいしいごはん食べるのに夢中で、お店の写真もシェフの写真もないので・・・。
また改めて昼間明るいときに取材に行って、コラムとかでも紹介しようと思ってます♪
ビストロのある「リヨン駅」は、フランス地方へのTGV(フランス版新幹線)が発着する大きな駅。
旅の前後のごはんに困ったときにも便利なアドレスになりそうです。

「Aux 2 Saveurs」(オ・ドゥ・サヴール)
住所:6 rue Emile Gilbert 75012 Paris
電話:01 4606 4648




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2020-09-14 19:04 | パリのおいしいもの | Comments(0)

最近、幼稚園に送っていった後にたまにカフェで目を覚まして帰ってくるように。
朝のカフェがすっかり私の友に。
毎日同じ人がいてお客さん同士も顔馴染みになるし。
サービスのムッシューとも顔馴染みになって。
「今日はどうよ」
的な報告をしあう朝のカフェ。
昼以降よりも人が少なく、一人できている人が多いから自然にお互い会話する空気があるのかなと思いながら朝のカフェを観察しています。



カフェの「しぼりたてレモン」で頭をシャキッと!_c0024345_19484539.jpg






パリときどきバブーを応援…



今までの保育園は8時45分から9時半までに送り届ければよかったのでちょっとのんびりだったけど。
幼稚園は8時20分から30分までの10分間しか門が開かないので、寝坊気味だった我が家はすっかり早起きになりました。
帰り道に商店街で買い物をして帰ってくるのが日課だったけれど、8時半すぎはいまいちまだ早すぎて開いていないお店も多く。
お目当てのパンもまだ焼き上がってなかったり。
と言うわけでカフェで30分くらい時間をつぶしてから歩き始めると、目を覚ますという意味でも、お買い物という意味でも、ちょうどよかったりするのです。



カフェの「しぼりたてレモン」で頭をシャキッと!_c0024345_19484690.jpg


ちなみに、目を覚ましたい私がコーヒー以上に注文することが多いのが、「シトロン・プレッセ」。
「しぼりたてレモン」です。
本当にレモンをただしぼったものがコップに入ってきて(書いてるだけでも唾が出てくる・・・)、それと一緒に水と大量の砂糖が出てきます。
しぼりたてレモンに、砂糖を入れ好きな濃さに水でわるという飲み物。
レモンで頭がシャキーンとする感じ。
そして疲れもちょっと飛んでいく感じ。
パリのカフェには「オレンジ・プレッセ」(しぼりたてオレンジジュース)も必ずあるので、爽やかなおいしさが欲しい時はぜひ「レモン」か「オレンジ」のしぼりたてを♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-09-13 20:02 | パリのおいしいもの | Comments(0)

最近、パリの空が毎日劇的でとても美しい。
合成かって思うくらいまるで絵のような空。



アパートからのパリの空。おまけに給食メニュー_c0024345_18504030.jpg





パリときどきバブーを応援…




1日の中でもどんどん、どんどん表情を変えていく。
朝も、昼も、夜も。
ちょっと外を見たら「うわ〜!!」っていう美しさで、思わずバルコニーに飛び出してしまうことが多くて、その度にエネルギーがチャージされるような、そんな空です。



アパートからのパリの空。おまけに給食メニュー_c0024345_18504043.jpg


バルコニーから見えるのが、郊外の森や丘が遠くにのぞめる南西向きのパリ。
キッチンから見えるのが(↑)モンパルナスタワーがそびえる東向きのパリ。
同じ時間でも方向によって、片方はまだ昼間、片方はすでに夜に近づいていたり。
表情が違うのも日々のちょっとした楽しみです。



アパートからのパリの空。おまけに給食メニュー_c0024345_18504026.jpg


うちは家族3人+1匹には、かなり狭い。
(我が家にきたことない人と話していると「えっ」と、引かれることも多いくらい)
そして、子供は別のへやに寝かせるというのが当たり前のフランス人の常識的にはありえない小さな小さなアパートなのだけど・・・苦笑。
空と、パリの街並みの美しさが好きすぎて、引っ越すことが考えられない大好きなアパート。
朝起きた瞬間から、夜寝る時まで。
上を見上げる空ではなくて、目の前に広がる空が、視覚的にも気持ち的にもプラスのパワーをくれるような気がします。



アパートからのパリの空。おまけに給食メニュー_c0024345_18503916.jpg


今週から来週にかけては、パリの気温が上がり、また夏に戻っています。
お天気もず〜っと続きすぎているくらいで、空が少し空気がきれいでない時の色に変わりつつあります。
ちょっとくらい雨が途中で降るとちょうどいいのだけどな・・・。



アパートからのパリの空。おまけに給食メニュー_c0024345_18504016.jpg


今日で学校の1週間も終わり。
今ごろお昼ご飯を食べているところかな♪
今日の給食は、給食メニューを見てみると・・・。なになに??
「ブラジル風サラダ」(なんだ?!)、「サーモンのパイ包み」、「ニンジンのベシャメルソース風にオーガニック野菜のスムール和え」、「クリームチーズ」、「キャラメルのフラン」らしい。
まあ、なんと。
私が食べたいわ!





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-09-11 19:26 | パリの生活 | Comments(2)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.