パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 今年も「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • 伊勢丹新宿「ぼわっと」フランスウィーク連動企画 5階センターパーク
  • 4月10日(水)から4月23日(火)まで
  •    
  • 蔦屋書店(中目黒店)内 「ぼわっとコーナー」
  • 好評につきしばらく開催中

<   2019年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧



プチ天使ちゃんのお姉ちゃんと妹ちゃんが習い事「コメディー・ミュージカル」の発表会を見に行ってきました。
「コメディー・ミュージカル」、フランス語で「ミュージカル」のことです。
なぜかフランスでは「コメディー」を前につけないと「ミュージカル」になりません。


毎週3時間のクラスに通っている2人。
ミュージカル大好き。
ディズニー大好き。
と、めちゃめちゃ話が合う2人になってます♪
私がミュージカルやディズニー関係のちょっと「オタク」な一面を見せると、めっちゃ目を輝かせて喜ぶ2人の舞台。



c0024345_22200675.jpg


今年の演目は『レミゼラブル』。
歌って踊って練習しているのをこの1年見てきたので、まるで家族のように楽しみにしてました。
フランスの習い事は学校と学校のバカンスに合わせてあったり休みだったりするので、9月始まりで6月が年度末。
というわけで発表会などもこの6月にあるのです。



c0024345_22200672.jpg


私も実はフランスに来てから何度も何か習いに行きたいなあ〜。
と覗きに行ったことがある結構有名なダンスセンター。
そこの子供コースのミュージカルの習い事です。

敷地内にめちゃめちゃ可愛い小さな劇場があって。
6歳から12歳くらいまで年齢別のいくつかのクラス合同でされる演目。
『レミゼラブル』なんて難しい演目、有名な歌だけいいところどりしてやる感じかと思ったら、半分くらいに短縮されているとはいえ、がっつり1時間半『レミゼラブル』のお話通りになぞるミュージカルでした。



c0024345_22200723.jpg


歌が上手な人にって出会ったことのないおフランス。(失礼!)
(何しろ学校の音楽の授業では合唱とかはやらない。カラオケ文化もない。というわけでみんな結構歌は下手。日本人ってカラオケ行ってもなんとなくみんなまあまあ上手だったりしませんか?!あれは絶対に小さい頃からなんだかんだみんなで歌ったりハモったりする機会が多い賜物だと思われます。)

そして協調性を求められるチームプレイも苦手なおフランス(失礼!)
(これも学校で運動会があってみんなでラジオ体操だの行進だのダンスだの組体操だのをやらなくてはいけないという「協調性」を小さい頃から叩き込まれる日本ならではなのかもだけど、本当にフランス人苦手です)



c0024345_22200761.jpg


というわけで、そういう面ではやっぱり「グダグダ感」は否めない舞台でしたが・・・。
(パリの日本人幼稚園の先生をしているプチ天使ちゃんママが、「毎年幼稚園がやっている園児によるミュージカルの方がある意味上手だよね。」と感想をこぼしていましたが、一理ある・・・笑)
でも、子供たちがもう可愛すぎて完全に雰囲気が出るので見ごたえたっぷり。
衣装やメイクもさすがフランスと思うセンス。
なんだか「こどもミュージカル」じゃなくてちゃんと「アートな舞台」が出来上がっているのがすごい。
この「こどもこども」しないセンスというのは本当に日本とは正反対な文化なのでなんだか色々考えてしまいます。
それにしてもプチ天使ちゃんのお姉ちゃんと妹ちゃんは満足気でよかった♪
彼女たちは今、本気で大きくなったらミュージカルをやりたいと思っているようで、うん、うん、わかるよその気持ち♪
と思いながら私がこれからも陰ながら応援していこうっと♪



c0024345_22200780.jpg


いくらダンスに音楽大好きとはいえ、ちょっと無茶かなと思ったけれど、連れて行ってみた我が家のプチモンスター。
1時間半のうち、20分くらいを除いてめちゃめちゃ集中して見てました。
終わってからも、大人たちのダンスクラスをじ〜っとのぞいて。
たまにタップダンスの足のマネみたいのしちゃったりして。
私は「よしよし。」と思いながら見てました。
すぐにでも入れてみたいけど、習い事の始められる年齢が高いフランスではこんな小さなこの習い事というのは基本的にない。
このダンスセンターでも、最年少でも3歳。
そして3歳が入れるのは唯一『アフリカンダンス』。
『アフリカンダンス』?!
黒人の人たちがいっぱいいるこの国ならではの習い事かしら?!
面白そうじゃないの♪
来年からやってみるか?!プチモンスターよ(笑)。



c0024345_22200778.jpg


大きくなったプチ天使ちゃん弟(なんと9月からフランスでいう中学なんだって!)とも一緒に遊んでもらって。
ちょっとずつ大きくなってきて。
幼稚園のこととか、習い事とか、そして日本人だけに日本語のこともフランス語のことも。
そろそろ本格的に色々考えていく時期になってます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-24 22:50 | プチ天使ちゃん&弟くん | Comments(0)


おたくの息子さん、ちょっとなれなれしすぎないですかね。


ってカンガルーに言われているような気がした、「カンガルーパーク」。
若干引き気味のプチモンスターの小さな恋人、ポニョちゃん妹と一緒に行ってみました。



c0024345_18485571.jpg


広大な敷地に、ひたすらカンガルーが自由に遊びまわっている「カンガルーパーク」。
入り口でカリカリに乾燥したバゲットがたくさん入った缶を受け取って。
(フランスだからバゲットなの??カンガルーの食べ物はもともとバゲットなの?!)



c0024345_18485523.jpg


しょっぱなか近い近い。
生まれた時からバブーと暮らしているプチモンスター。
動物は全然怖くないようです。



c0024345_18485556.jpg


ポニョちゃん妹はちょっぴり怖いみたいでほんの少し遠巻きに。
バゲットをちょっと遠くから投げる。



c0024345_18485431.jpg



つぶらな瞳で見つめられながら。
美味しそうにカリカリとバゲットを食べるカンガルーたち。
癒されます♪



c0024345_18485488.jpg



白いお花を摘んではあげようとするプチモンスター。



c0024345_18485473.jpg



「花はいりませんよー」
と、カンガルーに拒否されていました。



c0024345_18485531.jpg



カンガルーなんて私も見たことあったかなあ・・・。
オーストラリアってこんな感じなのかなあ・・・。
なんて妄想しながら。
みんなでカンガルーパーク楽しみました。



c0024345_18485675.jpg


お姉ちゃんのことが好きすぎて。
しがみついて離れないプチモンスター。
2人が乗っているワニはもちろんニセモノです。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-22 18:59 | フランスの旅 | Comments(0)


2歳2ヶ月になったプチモンスター。
だいぶ人間らしくなり、言える単語が少しずつ増え、たまに2語文が出てくるようになったりと意思疎通がしやすくなってきました。
ちょっと年上のお姉ちゃんやお兄ちゃんが大好きで。
すぐ絡んでいきます・・・。


前から会うたびにお気に入りだったっぽい、ポニョちゃんファミリーの3人目の末っ子ちゃんのことなんか、もう大好きでしょうがなくて。
かなり積極的にアプローチ。



c0024345_19342133.jpg


幼稚園生のお姉ちゃんにおかし食べさせてもらったり。
ブランコ押してもらったり。
かなりご満悦な様子♪



c0024345_19342274.jpg


プチモンスター、誰にでもすぐ絡んでいく人懐こさはいいのだけど、若干しつこすぎるきらいがあり・・・。
お友達すきすきを表現しすぎて、抱きついて離れないとか・・・。
抱きつき度がしつこすぎてレスリングみたいになっちゃうとか・・・。
「お友達へのアムールがいっぱいいっぱいなのはいいけど、もうちょっと加減しときなさい。」
なんて保育園で先生に言われるプチモンスター。



c0024345_19342298.jpg


その辺のさじ加減、いくら言ってもまだ全然わからないようで。
「そ〜っとしときなさい。」
「あんまりしつこくしちゃダメだよ。」
とか毎日色々伝えてみるけど伝わらない。
目下の私の悩みです・・・。
年齢的なものだから、仕方ないからひたすらダメなことはダメと注意し続けるしかないからしょうがないのよ〜。
と、先生は言うけれど。



c0024345_19342255.jpg


小さな恋人にもちょっぴりしつこくしすぎて引かれ気味なプチモンスター。
頑張れ。
アムールは多すぎたら引かれるんだぞ!!




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-21 19:51 | ポニョちゃん | Comments(0)


バカンスに一緒に行ったり、事あるごとに集まる仲良し4ファミリーでプチバカンス。
今年の夏はパリに残るチームの我が家と、日本に帰るチームの3ファミリーとそれぞれみんなバラバラで。
一緒にバカンスに出かけられそうもないので。


3連休を利用してみんなでロワールのぶどう畑に囲まれたバカンスハウスを借りてのんびりした休日を。
私たちが日本の「ぼわっと」催事で毎日髪を振り乱してあたふたしている時に企画されたプチバカンス。



c0024345_17300941.jpg



泊まるところ候補だとか日程だとか毎日大量に送られてくるメッセージを読む暇もなく未読スルーしていたため、参加予定ではなかったのですが、みんなが借りた「ジット」と同じ敷地に、「シャンブルドット」のお部屋もあってたまたま1部屋空きがあったので一緒に行けることになりました。

「ジット」はキッチンがついていて一軒家丸々借りるような貸別荘。
そして「シャンブルドット」は英語でいう「B&B」のような朝食付きのお部屋(5部屋までの小規模なもの)。
「ジット」と「シャンブルドット」両方を経営している場所も多く、今回も超広大な敷地のぶどう畑を持つワイン生産者の経営者が同じ敷地内で両方やっていたのでラッキーでした♪



c0024345_17300931.jpg


リビングスペースの窓の外に超巨大なぶどう畑が見渡せる超巨大な家。
10人マックスというから後乗りの私たちは諦めて、シャンブルドットを借りたけど。
「はっきりいって30人は泊まれるよね・・・。」
とみんなで羨望の眼差しで見てしまった大きなお家でした。
これまた巨大なお庭には、トランポリンやブランコなどの遊具が置いてあって。
もちろんバーベキューコーナーもあって。



c0024345_17300994.jpg


もちろんプールもついています。
そしてフランス人たちは、すぐプールに入ります。
プールに入っては、日焼けして、ワインを飲んで、またプールに入って、おつまみを食べて、日焼けして・・・のループ。
完全にダラダラするモードのおフランス人典型的なバカンスの過ごし方です。
3日間いるんだから、2日目の日中ちょっと近くまで遊びにいってくるなんて言ってみたら「出たよ日本人。すぐ動きたがる。」的な目で見られて苦笑いされます。
もう慣れたけど・・・笑。



c0024345_17300956.jpg



バカンスでもパーティーでもこのメンバーで集まると、必ず繰り広げられるのが。
プチ天使ちゃんとポニョちゃん、女子2人のスペクタクル大会。
「もうちょっとでスペクタクルやるから、ちゃんと座って待っててよ。」
と言い残され、30分くらいどっかでごちょごちょ練習してきたと思ったら、よくわからない歌と踊りと芝居のパフォーマンスが始まります。



c0024345_17300977.jpg



男の子チーム、最初の3分くらい真面目に様子を見ていたけれど、あっという間にどこかに行ってしまいました。
家族たちはもう毎回、毎回この2人のスペクタクルに付き合わされすぎて、誰も真剣に見てくれないので(笑)。
わりとフレッシュな目で見てあげられる、我が家がターゲットになります♪



c0024345_17301034.jpg


さて、そんなこんなで日本から帰ってきてようやく久しぶりにみんなとゆっくり過ごせるはずだったプチバカンスなのですが・・・。
実は我が家みんなで次々と体調を崩し。
ほとんどの時間をシャンブルドットのベッドの上で寝て過ごすという悲しい結末に・・・。
ま、写真で見返せばそんなことはわからない楽しそうっぷりだからいいとしよう♪




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-20 17:59 | フランスの旅 | Comments(0)


先日、パリの友人ファミリーの長女、白雪姫ちゃんのお誕生日記念にみんなでディズニーランドへ。


プチモンスターは初めてパリのディズニーランドに行ったのが8ヶ月の時。
とにかく音楽やショーやダンスが大好きなようなので、ちょこちょこ気軽にパレードを見に行けたらいいなと年間パスポートを買っているので今回で4回目。
赤ちゃんの頃は、何も訳がわからず乗っていたというアトラクションも、どうやらちょっとずつ「楽しい」とか「怖い」とか感情が芽生えてきて色々感じるようになったらしく、前よりもちょっと嫌がったり怖がったりするように。



c0024345_18201267.jpg


どうやら室内系はちょっぴり怖いと感じるようになったらしく、ずっと顔を下に向けて見ないようにしていたりします。

そして、とにかくすばしっこい。
手を離せばあっという間にどこかに走っていってしまうので(足がまあまあ早い上に歩くということがないからあっという間・・・)捕まえておくだけで大変です。
わがまま言っては大泣きしたり、もう白雪姫お姉ちゃんも「苦笑」って感じです。



c0024345_18201223.jpg


パリのディズニーランド、日本のように混んでいないとは言っても、やっぱりいい時期やバカンス中は混んでます。
今は夜遅くまで明るい最高に過ごしやすい季節だし、もう人々の頭の中は半分以上バカンスに突入している時期だし。
平日でもディズニーランドけっこうな人・人・人。
が、それでもとっても並ぶもので50-60分。
空いてるのは5-10分。
という感じで相変わらず楽チン。
パレードもパリにしてはかなり頑張って、みんなで30分くらい座って場所取りをしたけれど。
ゆっくりいちばん前で見れるから子供も大喜び♪



c0024345_18201374.jpg


ちなみに、私も白雪姫ちゃんのママも、日本にいた時代は数えきれないほどディズニーランドに通い詰めたまあまあのディズニーマスター。
(ちなみに、2人とも大学の卒論はディズニーランドなど日本のテーマパークビジネスについて書いていたという超偶然な共通点も・・・。)
一方、白雪姫ちゃんのパパは生まれて初めての「ディズニー」体験の日。
「ディズニー」なんて並ぶだけでしょ〜?!
ってちょっぴりなめていたっぽいけれど、一つ目に乗った「ピノキオ」のアトラクションから目に涙。
(まさか怖かったのか?!と思ったけどどうやら「感動」の涙だったらしい笑)
パレードだって白雪姫ちゃん以上にテンションが高かったのは間違いなく白雪姫ちゃんパパだ!
よかったよかった。
みんなで楽しめて♪



c0024345_18201255.jpg



白雪姫ちゃん、夢にまで見ていた夢の世界で本物の白雪姫やプリンセスたちを見て、テンションだだ上がりで最高のお誕生日だったのは言うまでもないけれど。
白雪姫ちゃんパパがめちゃめちゃ楽しそうにしている姿を見れたのも何より♪
よかったよかった。

夜のプロジェクションマッピング&花火ショーも見て帰りたいところだけど。
なんと日が長すぎてこの時期の夜のショーは23時から・・・。
ちびっこ連れではかなり難しいお時間なので諦めます。
日照時間が長い時と短い時と、あまりにも変わりすぎる国だと夜のショーの開始時間が違いすぎる・・・という問題があるんだなあ・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-19 18:55 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


プチモンスターのパリ1日アテンドの続きです。
蚤の市巡りをして、モンマルトルの丘をぐるりと1周した後は、「お〜シャンゼリゼ〜♪」へ。


初めてのパリという人あり。
初めての海外旅行という人あり。
という初めてづくしが多いチームだったので、滞在中に絶対に見ておきたいパリをのんびりお散歩しつつできるだけ効率よくまわる「超お上りさんコース」♪



c0024345_22184214.jpg


最近のシャンゼリゼ大通り&凱旋門はテロなどの警戒が強まりまくっているため、シャンゼリゼ大通りの真ん中にはずらりと警察車両が並び、銃を持った武装チームがウロウロして、大きな馬に乗った警備チームもウロウロして。
厳重な警戒感がありつつもやっぱり世界中から観光客が集まってくる観光ストリート。

シャンゼリゼ大通りを堪能した後は、エッフェル塔に移動。



c0024345_22184389.jpg


エッフェル塔の欠かせないフォトスポットであるトロカデロ広場は、6番線の「トロカデロ」駅なので、凱旋門が立つ「シャルル・ド・ゴールエトワール」駅からメトロ6番線で数駅。
シャンゼリゼ通りとエッフェル塔を合わせる時は、シャンゼリゼ中程の駅で降りてシャンゼリゼ大通りを凱旋門に向かって歩いて、凱旋門がある場所から6番線に乗るととっても効率的に移動できます。



c0024345_22184213.jpg


トロカデロ広場で心ゆくまで全員でいろんなポーズで写真を撮って♪
トロカデロ広場を後にしてエッフェル塔に近づいていきながらのんびりお散歩。
セーヌ川を渡って、どんどんどんどんエッフェル塔が巨大に近づいていく様子も写真スポット的にgood。
色々な表情のエッフェル塔を撮ることができます。
そのままエッフェル塔を通り越して、今度は反対側のシャンドマルス公園へ。
こちらも芝生公園ごし、美しい並木道ごしのエッフェル塔というまた違う表情が撮影できる場所。



c0024345_22184312.jpg


結構な距離を歩くことになるけれど、美しい景色を見ながらのんびり緑の中をお散歩しながら。
そして疲れたら公園のベンチに座って一休みなんてしていたら歩いた距離を忘れるくらい。
プチモンスターも短い足でずーっと駆け足して皆さんをご案内。
途中途中、遊んでもらいながら。
どんどんお客様のことが大好きになっていった様子。



c0024345_22184361.jpg



大学生のお兄ちゃんのことなんて、顔が小さくて足が長くてスタイルいいからすっかり「NHKのおかあさんといっしょの体操のお兄さん」って思い込んでしまったらしく?!
「おにいしゃん、おにいしゃん」
と呼びながら追いかけ回しておりました。



c0024345_22184351.jpg



丸1日歩き回った後は、パリの美味しいビストロでザ・フレンチごはん。
キンキンに冷えた生ビールで乾杯して。
生ハムやパテの盛り合わせに。
アスパラガス、海鮮ソテー、ポークに牛肉にサーモンにマグロに・・・。
みんなで徹底的に美味しいものを食べまくって。



c0024345_22184310.jpg


楽しすぎた1日も終了〜。
ホームの向かい側の御一行様に手を振りながら。
再び日本に帰った時「ぼわっと」でしか会えないのかと思うと、なんだか切なく悲しくなってしまった夜。
アテンドは本当に心から楽しいと思う仕事なのだけど、毎回サヨナラの別れがあることがツライ・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-17 22:44 | パリの公園 | Comments(0)


モンマルトルの丘の散歩は、モンマルトル周辺をぐるりと一周するだけで見どころいっぱいの散歩。
このエリアは、超高級なオシャレな地区と、「ここはどこだ?!フランスか?!」という、ちょっと慣れない観光客の人が歩いたらギョッとするエリアとパキッと見事に分かれつつ混在していて、いいイメージを抱いて終わるか、怖くて悪いイメージしかなく終わるかはまさにその歩き方次第かもというくらいなエリアです。


モンマルトルの裏の超高級住宅街は、パリで最も高級な場所の一つで、どちらかといえばアーティスト系のお金持ちたち(映画監督etc)が暮らしている場所。
建物の外観からは想像もつかないような大豪邸が広がっているそう。
残念ながらこちら系の友人はいないので、ガイドの人に案内してもらったときに聞いたり、取材でお家やアトリエを案内してもらって見せてもらう機会に実感するくらいなのですが・・・。



c0024345_06141176.jpg



一方で、ちょっと雑多な感じの駅周辺に行けば、「ここがオシャレなおパリである」ということを忘れざるを得ないほど怪しく危険な匂いのするエリアになります。
モンマルトルの丘周辺を観光したことがある方なら、メトロのどの駅で降りたかによってこの印象が180度違う感じになるはず。



c0024345_06141026.jpg


パリに来て間もない頃。
そのとき通っていた学校の日本人の友達がフランス人とお付き合いしていて、ちょうどこのちょっと危険な香りのする駅が最寄りとなるところに2人で暮らしていたのですが、夜10時を過ぎたら必ず彼が駅まで迎えに来ると言っていました。
基本的に真夜中に一人で歩いていても何の危険も感じないエリアと。
そうでないエリアと。
日本の「危険」「危険ではない」の物差しとは次元が違うレベルでパリには色々なエリアがあるのです。



c0024345_06141044.jpg


そんなこんな。
ガイドブックに登場する素敵なモンマルトルの丘エリアと。
絶対に登場することのないダークな雰囲気の漂うエリアと。
その両方が混在するところがモンマルトルエリアの面白いところでもあり。
そして一緒に歩いているお客様たちに説明すると皆ガイドブックでは見られない本当のパリの姿に驚いたり納得したり。



c0024345_06141097.jpg



そうそう。
パリを歩いていると問題なのが「トイレ」なのですが・・・。
今回の面白いアテンドメンバー5人組はやる気と挑戦する気満々で(笑)?!
ギョッとするほど汚いところと、まあ入れるくらい綺麗なところとドアを開けてのぞいてみないとわからない、そして自動ドアの開け閉めがかなりドキドキするパリの公衆トイレを全員で順番に体験したり。
(パリの無料公衆トイレ、流すボタンがなく、自動ドアを開けて出て扉が閉まった後、中で自動清掃が始まるとか。だから扉が閉まらないうちに次の人が入ってしまうと、自分が中にいるのに水でザーッと流される清掃にやられてしまうとか。色々知らないとドキドキしすぎることがあるのです。だから私は基本パリの無料公衆トイレはめちゃめちゃ苦手・・・。開かないとわかっていても誰かが外から開くボタンを押して開いたらどうしようという恐怖感とか・・・笑)



c0024345_06141101.jpg



カフェで立ち飲みをしてトイレを借りるという技を覚えてもらったり。
みんなで色々なパリネタを話しながらパリのお散歩のコツを体験してもらったりしました♪
ちなみに、パリをお散歩していたら、カフェでトイレを借りるというのが最も簡単で見つかりやすくてまあまあ汚くないトイレに入れるという技なのですが。
カウンターで立ち飲みで注文するのが一番値段が安いので(カウンター値段と席に座って注文する値段が違う)、1ユーロ前後でカフェだけいただいてトイレを借りて・・・。
というのがパリっ子もよく使う手段です。

カウンターでサクッと1杯飲んで、サクッとトイレを借りて、サクッと次に移動する予定が・・・。
パリのトイレ話だけで盛り上がりまくり、いつまでもみんなでカウンターでワイワイおしゃべり。
そんなモンマルトルの丘散歩なのでした。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-16 15:55 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(0)


いつも「ぼわっと」でブロカントやキッチン用品を選んでくださるお客様。
日本から超ハイテンションでやってきた楽しい5人組♪
本場の蚤の市・ブロカントを回ってみたいということでアテンドさせていただくことに。


昨日はこの時期フランス全土でお祭りが多いと書きましたが。
この時期は蚤の市やブロカントもめちゃめちゃ多い。
毎週のようにパリでも郊外でも。
あちこちで蚤の市だらけです。
かなり規模の大きい蚤の市に行って。
全員で宝物探し。



c0024345_18042279.jpg


「ぼわっと」で扱っているようなアンティーク&ブロカントたち。
95%以上はガラクタというかゴミというか・・・。
そういう中から本当にたまにあるお宝をかき集めに集めて、ああいうお店の形になっているんです。
って、毎回話してはいたのですが、実際ほとんどすべてガラクタという本場の蚤の市を見て私たちの苦労を少し実感していただけたみたいです(笑)。
でもちゃんとありますよ。宝物たちも!



c0024345_18042367.jpg


今回の戦利品は、昔の学校の教室に貼られていたポスターシリーズ。
交通ルールを描いたもの、植物や動物図鑑のようなもの、世界地図にフランス地図、各地の名産地図、人間の解剖図などなど・・・
お勉強に関わるありとあらゆるシリーズが厚紙のポスターになっていて、インテリアとしてめちゃめちゃ素敵で私も大好き。
我が家にもとっておきのお宝が飾ってあったり、いつか広い家に引っ越したらたくさん飾ろうとしまってあるのですが・・・。
何しろけっこう高くてなかなか手に入らなくて大きいので日本に持って帰るのが大変。
でも今回は5人チームにぴったりの図柄のポスターが何枚も見つかるという幸運が!
ノルマンディー&ブルターニュ地方の名産物を描いたポスターや。
鶏の卵や卵料理のポスター。
彼らのお店のインテリアに加わる予定ですが、さて、なんのお店をやっている方達でしょう〜♪
今度ブログでご紹介するのでどうぞお楽しみに♪



c0024345_18042256.jpg


蚤の市を端っこから端っこまで見て。
戦利品のポスターを抱きかかえて。
今度はみんなでパリ観光。
まずはモンマルトルの丘へ歩いていきます。
ムーランルージュを通り過ぎてサクレクール寺院の方へ。



c0024345_18042338.jpg


今回はバブー家全員でアテンドという休日だったので・・・。
プチモンスターというおまけも一緒ですが。
みんなに代わる代わる相手をしてもらって遊んでもらって。
超ご機嫌です。
お昼ご飯の腹ごしらえは。
外が最高に気持ちいいこの季節のパリっぽくということで。
サンドイッチを買って芝生ピクニックに決定!



c0024345_18042489.jpg


サクレクール寺院を見上げながら。
ふかふかの緑の絨毯の上に座って。
できたてのサンドイッチをいただきました。
レストランでゆっくりすぎるくらい時間を使ってしまうのはちょっともったいない。
そしてパリっ子スタイルを体験してみたい。
というときはこんなピクニックランチも最高に楽しくてサクッと終わっていいですよね♪



c0024345_18042331.jpg


お腹がいっぱいになったところで。
さあ、モンマルトルのお散歩の続きに出発!
大道芸人や観光客でいっぱいの階段を登って。
モンマルトルの丘の頂上からパリを見下ろして。
またまたみんなで大興奮なのでした。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-14 18:26 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


「ブルターニュ祭」の次は「中世祭」。
この時期、フランス中のあちこちで毎週末のようにお祭りが開催されますが、中でも圧倒的に数が多いのが「中世祭」。


何しろフランス中、中世のままが残る村とか町とか城とかが多いので、「中世」というテーマはフランスではかなり頻繁に登場するもの。
誕生会とかお祭りで男の子がする仮装といえば「中世」関係のものか、「海賊」かという2択なくらいだから「中世」は日常的に登場するとても馴染み深いテーマです。



c0024345_19572156.jpg


大小様々な「中世祭」があるけれど、どれも大抵、中世のコスチュームを着た人たちが中世の仕事風景とか料理風景とか生活を再現して。
ワシやタカのショーがあったり。
中世の騎士の馬のショーがあったり。
中世をテーマにしたマルシェが出たり。



c0024345_19572001.jpg


今回は友人たちと出かけたロワール地方の田舎町で「中世祭」に寄り道。
町中の人たちが一堂に集まるみんなが楽しみにしているイベント。



c0024345_19572146.jpg


今年初めての「猛暑」だったこの日、お祭りにはぴったりの太陽と青い空。
かっこいいムッシューたちの馬のショーや、地元の子供達の中世ゲームで盛り上がっていました。



c0024345_19572042.jpg


無線が壊れて、タカショーがいつまでたっても始まらない。
なんていうありがちなハプニングとかがあっても、みんなのんびりと待ちながら。
休日のお祭りを楽しんでいました。



c0024345_19572132.jpg



我が家のプチモンスターは・・・。
もちろん「中世」なんていうものはわかっていないけれど。
枝を振り回して「ひとり中世チャンバラごっこ」。



c0024345_19572119.jpg


馬のショーよりは、どちらかといえば、
「うーせん!」
「うーせん!」
と会場の片隅で売られているキャラクターたちの風船の方が気になるらしく・・・。
風船たちから遠ざけるのに一苦労でした・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-13 20:13 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)

パリのブルターニュ祭り



毎年この時期になると区役所前で開催される「ブルターニュ祭り」。
今年はタイミングよくお出かけ中にお祭りのパレードにも遭遇しました。


私たちが区役所で結婚式をしたのが2010年の6月。
ちょうど結婚式のとき、まだここまで大きくなっていなかった「ブルターニュ祭り」の楽しいダンスたちに遭遇したので毎年このお祭りを見ると
「ああ、また結婚記念日過ぎたなあ」
と、カレンダーを認識します。



c0024345_17133091.jpg


2年前、ちょうどプチモンスターが4ヶ月くらいだった時、フランス国内で唯一制覇していなかったフランスのブルターニュ地方をぐるりと一周し、その時に本場のブルターニュ祭りを見てからは、さらに興味が湧くように♪



c0024345_17133002.jpg


パリの「ブルターニュ祭り」にやってきていたのは数グループだったけれど、ブルターニュ地方の地域ごとにグループがり、衣装やダンスがちょっとずつ違う中踊りながら前夜祭の会場で踊ったり、町中をパレードをしたりするのが本場のお祭り。



c0024345_17133085.jpg


ちょっぴり阿波踊り的な感じ?!
と思いながらいつも各グループを眺めています。



c0024345_17133043.jpg



ミュージカル好きの私の影響と思われ、プチモンスターもダンスと歌が大好きなので、ステップを踏んで一緒に踊っておりました。
いつかどこかのグループに入って修行してもらおう。
阿波踊りもやってもらいたいと思っているのだけど。
日仏両方で。
伝統の踊りをマスターしてもらおう♪



c0024345_17133113.jpg



そういえば、ブルターニュ地方一周レポートもまだブログにアップしていないような気がしてきました・・・。
もう4年くらい、旅の様子もアテンドの様子も結婚式の様子も何もかもアップせずにたまりまくっている感じ。
今年の夏はちょっとずつ昔の写真を掘り起こしてみよう!



c0024345_17130648.jpg



曇り模様のパリは今日も肌寒く。
コートに首巻きにブーツに。
冬物の人多し。
たまに素足にサンダルの人を見かけると、こっちがブルブルッとしてしまうようなお天気です。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-12 17:30 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.