パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 今年も「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • ジェイアール名古屋タカシマヤ「ぼわっと」フランス展
  • 8月28日(水)から9月3日(火)まで 10階 催事会場
  •    
  • 宝塚 ブックランドサンクス宝塚ソリオ店 「ぼわっとコーナー」
  • 9月20日まで延長されることになりました!

<   2013年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

バブーとモジオ

ボクの新しいお友達♪
ちっこい小犬のモジオ。
「モジオ」だけど女の子です。。。
c0024345_8132957.jpg




パリときどきバブーを応援…


残念ながらボクんちの家族になったわけじゃないよ。
まりこちゃんのお友達が飼ったイヌ♪
ボクも一緒に見に行って、小犬たちと戯れていたペットショップ♪
その次の次の日にはもう家族になっていたよ。
c0024345_8134845.jpg

初めてのメトロに乗ってのおさんぽで、ボクんちに遊びにきてくれたんだ♪
ボクったら、後ろからひたすらつけまわしすぎて、「オタクくん」なんて呼ばれちゃってるけどさ。
一応ちゃんと遊んだりもできたよ。
ボク、大人だしさ。
c0024345_814227.jpg

でもなんにでも興味津々の赤ちゃん犬。
なかなかこれが手強いんだよね。
きつね狩りをするためにいたというジャックラッセル。
きつねの首をしとめるするどい牙と、なんときつねの首にひっかけて運んできたというしっぽ!!

と、話を聞いて勘違いしていたことが発覚!
↑ジャックラッセルのしっぽは、キツネの巣穴に潜ったジャックラッセルテリアのしっぽを掴んで引っ張り出すためらしいですよ~!
とのこと。
完全にかわいすぎて興奮して友達の話を聞いていた私でした。。。(笑)。

そんでもってボクに遊ぼう遊ぼうってがぶってくるからさ。
ボク、けっこうやられっぱなし。
c0024345_814162.jpg

やめてくれ〜!!

そんなボクたちコンビだけど、おしっこシートの仕方もちゃんと教えてあげてさ。
ボクも兄貴分を発揮してるわけ。
あと数ヶ月もしたら負けちゃいそうなんだけど…。
c0024345_8143189.jpg

バブーとモジオのからみ。
これからもよろしくね♪♪






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-18 08:24 | 子犬っ子バブー | Comments(8)
サンマロのお気に入りのカフェで。
まったりタイム。
パリにあってくれたら、毎日行くのに…。
でも案外パリにあったら人がいっぱいすぎて、こんなにまったりできないのかなとも思うから、遠くてなかなか行けないくらいがちょうどいいのかな。
c0024345_2193493.jpg




パリときどきバブーを応援…


去年ここに来た時に撮ったバブーの写真は、今年のバブーカレンダーの12月。
そしてポストカードにもなっていたお気に入りのもの。
お店のオーナーにプレゼントしたポストカードはさっそくカフェのカウンター後ろの棚の上に飾ってもらって。
c0024345_2195743.jpg

バブーもごちゃごちゃかわいいブロカントカフェの片隅にちょっと仲間入りさせてもらいました。

友人親子もとってもとってもとっても!
このカフェを気に入ったようで、カフェ1杯でみんなで究極のまったりタイムを楽しみ。

だらだらダラダラ。
会話をしたり、ぼ〜っとしたり。
携帯をいじったり、本を眺めたり。
c0024345_21101534.jpg

これぞ最高の贅沢な時間!
今回1泊のプチ旅行、モンサンミッシェルにも行ったし、カンカルでは牡蠣も食べたし、サンマロでもゆっくり散歩をしたし、おいしいものは昼とおやつと夜で満腹で動けなくなるまで食べて。
おみやげも買って、砂浜で遊んで。
帰り道には絵本から抜け出たような城壁の景色が残る町フージェールにも寄り道し(ここももちろんガイドブックで紹介している町)。
日本人らしく忙しく動き回ったけど、でもこんな風にムダにカフェでぼ〜っと1時間も2時間もダラダラしたり。
c0024345_21103152.jpg

緩急あるいい〜旅でした。

最後はサンマロの、これまたお気に入りで毎回必ずランチを食べに行く教会前のサロンドテへ。
c0024345_21104788.jpg

ここは町の中心の分かりやすいところにあるし、ガイドブックを見てずいぶんたくさんの方が行ってみてくれたみたいですが、おいしくて最高とみんなに大好評のサロンドテ。
地元の人にも大人気でサロンドテなのに予約必須な人気店です。
c0024345_2111689.jpg

イギリス紳士を彷彿とさせる、素敵なお兄さん達が給仕人で、相変わらず居心地はいいしおいしいし♪
仲良し親子は「思い残すことなし!!」と言いながら次の日日本に帰って行きました。
あ〜楽しかった!

週末のパリはまだまだ寒くいつまでも重苦しい真冬のかっこうが手放せませんが、あと2週間でサマータイムがやってきたら、楽しくて素敵なヨーロッパの春夏に向かうのみ。
もう少しの辛抱だ!!
c0024345_21112433.jpg

みなさん素敵な週末を…。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-16 21:37 | フランスの旅 | Comments(8)
思う存分走り回り、みんなでそれぞれのサンマロ海岸散策を楽しんで城壁の上から海岸を眺めると…。
c0024345_2232327.jpg




パリときどきバブーを応援…


そこにはみんなが遊びで残したいくつもの砂浜メッセージが。
「ハッピーバースデー」
とか
「愛しているよ」
とか。
c0024345_2235351.jpg

うわ〜!!
あんなのすればよかったね!!
絵書いてきてよ!!

とみんなが言うと、本当に海岸に走り戻って行った友人親子。
c0024345_224937.jpg

たった今、ひーひー言いながら海岸を歩き、階段をのぼって城壁の上まで来たのに。
しばらく悩んだあげく、おもむろに木の枝で絵を書き始めた女子高生まーちゃん。
(正確には女子高生と大学生の間の元女子高生かな?!)
c0024345_2242474.jpg

あの団子は…。
あっ、あたしだ。

というわけで、どうやら全員の似顔絵を書こうとしているらしい。
c0024345_2243887.jpg

海岸を散歩する人からも、城壁の上からも大注目の的。
あの子は一体何をしようとしているのかって(笑)。
c0024345_2245981.jpg

たまにお母さんの意見を求めながら、か細くて頼りない木の枝じゃ書きにくいと、自分の足を使って大胆に書き続けるまーちゃん。
買ったばかりのブーツ、完全にサンマロの砂浜の犠牲になっていますが、そんなことは気にしない。

「サンマロ♡ヤバイ」
と日付を入れて、完成っ!!
c0024345_2251579.jpg

っと喜ぶまーちゃん。

城壁の上からそんな絵を眺めてはおしゃべりに興じるこども達。
「あっネコだ!」
・・・。
c0024345_2252857.jpg

バブーがネコに見えるらしい。
た、たしかに…。

意気揚々と、城壁の上からどんな風に見えるか楽しみに戻って来たまーちゃんに、
「こ、こどもにネコって言われてたよ。。。しかもバブーの耳は垂れてるんだよね。。。」
と、小さな声でお伝えすると。
なんと、
「直さな!」
と言ってコートを脱ぎ捨てて戻っていった〜!!!
c0024345_2254737.jpg

ものすごいがんばりようです。
さすが若い…。
バブーの耳を垂れ耳に直し。
さらに遠くに落ちていた海草らしきワカメみたいな物体を拾って来て。
c0024345_226143.jpg

しかも細かくちぎり、バブーの鼻と目をつくりはじめるまーちゃん。
最後までやりとげました♪
サンマロの海岸の巨大アート。
このまま夕暮れのサンマロを散歩する人の目を楽しませ。
c0024345_2261789.jpg

そして次の日の朝には満ち潮に消し去られ。
真っ白な砂浜だけが残っていたのでした。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-15 22:27 | フランスの旅 | Comments(8)

サンマロの海岸

到着した場所は「海賊の町」とも呼ばれている「Saint-Malo」(サンマロ)。
1泊プチ旅行の宿泊場所はこの町サンマロです。
c0024345_1982247.jpg




パリときどきバブーを応援…


ホテルに荷物を置いたら、とりあえずまずは海へ!
たまにほんの少〜し霧雨のような雨が落ちるお天気の日。
でも急に明るくなってきたり、遠くの空は晴れていたり。
c0024345_1984621.jpg

不思議なお天気の、不思議な淡いブルーの景色の日。
海が大・大・大好きな友人親子。
そしてここにくると海岸を思いっきり走り回るのがバブーのお楽しみ。
c0024345_199392.jpg

砂だらけになって、ホテルに帰り次第そっこう大嫌いなシャワーというはめになるのだけど。
それよりも走り回れることがうれしい♪
c0024345_1991789.jpg

バブーがまだ4ヶ月くらいの小犬のころ、初めて走り回った海岸もここ。
覚えているのかな。
そのときの思い出。
c0024345_1993162.jpg

この日は友人親子もいて、あっちこっちから、
「バブー!バブー!」
と呼ばれ縦横無尽に走れるのがそうとう楽しそうなバブーでした♪
c0024345_1994555.jpg

しかしバブー、他のワンコ友達とおいしいものを見つけると、一目散にそちらの方向へダッシュする。。。
飼い主の言うこと聞かない。。。
という不得意な一面もありまして。。。
他のワンコの姿が遠くに見えるとささっと捕まえる私ですが、いつのまにか来てジャンプして遊んでいたシュナウザー君の姿を発見したのはバブーの方が早かった。。。
c0024345_1995986.jpg

走り回っていた方向をぐいっと変え、超高速スピードで彼のところにすっとんでいったのは言うまでもありません。
ああ。。。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-14 19:28 | フランスの旅 | Comments(2)
モンサンミッシェルでのある意味いちばんの名物、メール・プラールおばさんのオムレツ作りをちょっと見学して。
卵があんなにフワフワになるまで泡立てるなんて。
このお仕事も本当に大変!
そして大尊敬。
c0024345_2055284.jpg




パリときどきバブーを応援…


ムッシューは観卵をひたすら泡立てる場面を通り過ぎる私たち観光客に撮影されまくり、ちょっと辟易したお顔でしたが。
でも名物なんだからしょうがないもん♪
ちなみに、レストランはやっぱり9割り以上が日本人でいっぱいでした!

バブーツアーご一行様は、いつものお気に入りクレープ屋さんへ。
c0024345_2061022.jpg

モンサンミッシェルは100%観光客で成り立っているようなところだし、お店の全てがツーリスティックなのはしょうがないけれど、その中ではちょっと落ち着けるお店♪
お料理大好きな友人親子は、本場のガレットの焼き方に興味津々。
マダムが私たちの注文したガレットを焼き上げる姿をじっくり観察し。
c0024345_2062671.jpg

玉ねぎは先に炒めてるで!
すごいな〜すごいな〜。
この卵の白身と黄身の絶妙な火の通り加減。
家でやってもこうはいかないわ〜。
(全部関西弁 笑)

と本場の作り方見学に大はしゃぎでした。
c0024345_2064087.jpg

メール・プラールおばさんのお店はもちろんですが、このクレープ屋さんも「パリからの小さな旅」にも「パリを旅する本」のモンサンミッシェルの章にも紹介してありますのでぜひ参考に♪
デザートの塩バターキャラメル&りんごクレープも本当においしかった!
りんごがゴロゴロで甘酸っぱくて!

さて、モンサンミッシェルを後にし、次なる目的地への道中は、おいしい寄り道に。
美しい淡いブルーの海を眺めながら海岸線を走りぬけ。
c0024345_2065578.jpg

牡蠣大好きなバブー家のいつもの寄り道コース。
牡蠣スタンドへまっしぐら!
パリじゃ考えられないお値段で、その場であけてもらってその場でいただく牡蠣グルメ。
1ダース5.5ユーロの牡蠣をまずはペロリといただいて。
c0024345_2071066.jpg

そして写真でいうと上の段にあるのが天然の牡蠣。
驚きのペットボトルと同じ長さがあるほど大きな牡蠣が、なんと1個1ユーロ。
こんなに安い意味が分からなすぎて、逆に怖くて、最後まで悩んだあげく、やっぱりここまで来たら食べるしかないでしょうとみんなで一つずつ。
見たこともないほどのペットボトルサイズの牡蠣ですが、なんと全然大味ではなくて、ものすご〜くおいしかった!!
あまりの驚きに殻を持って帰った私たちです。
c0024345_207245.jpg

ここでの楽しみは、海岸に座って食べて、食べ終わった貝殻は海に向かってぽ〜いと投げる!
「レモンとプレートは終わったら持って来て。貝殻は海岸に捨てて。」
という指示があるのでみんな食べ終わった貝殻をポイポイ投げて行きます。
友人親子も念願の牡蠣スタンド&ポイ捨て♪
c0024345_2073886.jpg

え〜いっ!
と投げた貝殻にちょこっと残っていた貝柱をカモメがつっついたりする光景を眺めながら、おいしい寄り道楽しみました♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-13 20:28 | フランスの旅 | Comments(8)

小さな教会

今日は起きたら朝から雪!
けっこう積もり始めてます。
どこまで降るのだろう?!
春の訪れだと一瞬喜んだのは本当につかの間でした。。。
c0024345_18404420.jpg




パリときどきバブーを応援…


今週はこのまま寒いようです。。。
またがっつり冬服を着て上も下もヒートテックで出かけます。
ぶるぶる。
c0024345_1841356.jpg

モンサンミッシェル中腹にある小さなサンピエール教会。
けっこう気づかず素通りする人がほとんどですが、私はけっこうこの教会が好きです♪
時間によってステンドグラスの光がとてもきれいだったり、教会内の照らされ具合も毎回違うし(つまり電気がついていたり、一部しかついていなかったり、けっこう適当。。。)。
ついついゆっくり座ってぼ〜っとしてしまう場所です。
c0024345_18411839.jpg

今日はほぼ日の更新日
ぜひこちらもご覧下さい♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-12 18:52 | フランスの旅 | Comments(12)
失われてしまった海に浮かぶ美しい姿を取り戻そうという、世界遺産モンサンミッシェルの大プロジェクト。
工事は着々と進んでいます。
以前はモンサンミッシェルの麓にあった駐車場を撤去して、満潮時には海に浮かぶモンサンミッシェルの姿を再びということで、新しい橋がかけられるプロジェクト。
c0024345_2148145.jpg




パリときどきバブーを応援…


「着々と」といっても、さっすがおフランスという仕事の進め方っぽいです。
こんな大工事なのに、工事をする人の姿はほぼ見ない。
一体何人で工事をしているのか?!
という疑問を隠せない感じ(笑)。
何か橋の作業をしている工事用車も、たったの1台。
えっ。。。
その作業もっと何十台とかでやれば早く進むんでは…。
と思ってしまうのはやっぱり日本人だからかしら。
c0024345_21482311.jpg

モンサンミッシェルの目の前に、ずど〜んとクレーンが立ちはだかるため、到着すると「ザ・工事」の姿しか目に入りませんが、工事現場を通り越して、もうちょっとモンサンミッシェルに近づくか、きのうのブログでバブーが風に吹かれながら撮影していた場所、遠くから眺めれば工事の姿はあまり気になりません。
ただいまの撮影ポイントは、近くによるか遠くに行くかの2つ。
これから行くみなさんは参考に!
c0024345_21483955.jpg

この写真で(↑)、目の前をずど〜んと通る太い道が今までの道。
この手前の左側一帯が駐車場でした。
そして右下から左斜め上にずど〜んと通っている道が新しく出来る橋。
右上の方へ大きくカーブして、対岸の町とつながります。
両側が歩行者用のデッキ通路に、真ん中がナヴェットなどが走る走行通路になるようです。
2015年完成を目指してということですが、さてさて終わるのかな〜(笑)。
でも美しいモンサンミッシェルの姿、楽しみだな!
工事に伴い、車がモンサンミッシェルの麓まで行けなくなり。
専用ナヴェットでのアクセスに変わりましたが、それは以前に書いたコチラの記事でご確認くださいね。
c0024345_21485478.jpg

けっこう歩かなくてはいけないので、歩きやすい靴。
モンサンミッシェルの鉄則です♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-11 22:03 | フランスの旅 | Comments(4)
先日、日本から来ていた友人親子と一緒に、世界遺産モンサンミッシェル地方へ。
1泊のプチ旅行。
久しぶりに丸1日仕事を放ったらかして楽しんだプチバカンス。
ものすご〜く素敵な気分転換になりました。
c0024345_1132332.jpg




パリときどきバブーを応援…


朝6時すぎにパリを出て、10時ごろモンサンミッシェルに到着。
遥か遠くに見えてくる、神秘的な島にキャーキャー言いながら。
到着すると、もうビックリするほど日本人だらけ(笑)。
まだツアーのお客さんたちが到着していない時間だったのになぜ?!
と思ったけれど、どうやら朝一番でモンサンミッシェルにいるのは前日からの泊まり客の方々。
モンサンミッシェルを去る前に、朝のおさんぽを楽しんでいた人々でした。
c0024345_1135788.jpg

とにかく島に存在する9割どころじゃなく、9割9分がたぶん日本人(笑)。
どこにカメラを向けても、日本人なしでの写真は全く撮れない状態です。
ほんとに大げさじゃなくて!

島のメインストリートも。
おみやげ屋さんもどこもかも。
日本人でいっぱいです(笑)。
一緒に行った親子は
「なんか伊豆みたいやなああ。」
と言っておりましたが、う〜んよくわかる。
伊豆とか、江ノ島とか。
みんなよく表現するけれど、ここまで日本人だらけだとそうとしか思えなくなってきます。
c0024345_114287.jpg

日本人はとにかく早起きで観光を楽しんだり、パリからやってくるツアーの時間にも関係するから、たぶんそのうちに人口分布が変わるかもと思っていたら、その通り。
お昼前後になったら、前日からいた宿泊組みが島を去り、朝ゆっくり目の欧米組がやってきて、一気に島の日本人人口率が減っていきました(笑)。
なんだかちょっといつものモンサンミッシェルの姿。
やっとカメラを持ち写真を撮ろうかなという気持ちになる感じ(笑)。
ま、そんな私たちも100%日本人ですけどね(笑)。
c0024345_114498.jpg

その後、パリからTGVとバスを乗り継いでやってくる組が到着する時間になると、バスに乗っている100%近くが日本人で、これまた何度も驚くことになりました!
以前から日本人のモンサンミッシェル人気はすごかったけれど、こん
なに島中が日本人で埋め尽くされていたのは初めてで、正直びっくりでした。
とはいえ、ゆっくりダラダラとそんな朝から変化してく島の様子を観察したり。
もう何度も訪れている修道院はあえて行かず、裏道をゆっくりお散歩してみたり。
裏の裏の裏の方の道ばたに生える木に、ほんのりピンクの花が咲きかけて、春のおとずれを感じたり。
バブーとともにモンサンミッシェルを楽しみました。
c0024345_115815.jpg

「一度は行っておいた方がいい」
というほぼ全員が「一度は」をつけるモンサンミッシェル。
どうやら日本のテレビ番組や雑誌などで美化されすぎて、実際の姿と乖離がありすぎたりすると喜びも半減してしまうことがあるようです。
そんなわけで、この親子も私たちが1泊しかお相手できない行き先を、どこにしようかず〜っと最後まで迷っていましたが、「モンサンミッシェルにして本当によかった!!1回だけとかじゃなくて、絶対網1度来たい!!」と大興奮で。
一緒に行った私たちもとってもうれしいほっこりな心に。
来るたびに違う空の色、空の模様、空気の色、地面の色。
美化しすぎは問題だけど、でもやっぱり素敵な世界遺産です♪






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-11 11:26 | フランスの旅 | Comments(20)
トランクに詰めて、ペコ&ごんぞう一家が運んでくれた「金の延べ棒セット」ならぬ、「米の延べ棒セット」。
海外に住む私たちにとってはまさに「金の延べ棒」に等しい貴重なうれしいプレゼント。
うわ〜い!!
c0024345_21551623.jpg




パリときどきバブーを応援…


「米なんていらないかと思った。いるかどうか聞いてからにしようかと迷った。」
とペコママが言っていたが、何をおっしゃるうさぎさん!
こんなにうれしくて、重すぎるから誰にもお願い出来ないものも他にありませんのですのだ。
c0024345_2156739.jpg

たしかにパリは何でもある。
お金を出せばある程度のものはほぼ手に入ります。
でも、本物の日本米は高価すぎてバブー家はとても手が出せないものだし。
ふだんこちらで買っているのは商品名や見た目は日本語だけど、カリフォルニアとかで作られているもの。
もちろんこれで十分においしいのだけど、やっぱり比べてしまったら格段に違うふっくら具合、みずみずしさ具合、モチモチ具合。
c0024345_21562253.jpg

会社のお金でお引っ越しができる駐在員の友人が引っ越し荷物と一緒に大量のお米を送っていたり、パリにやってくる母親のトランクに新米をいっぱい詰め込んできてもらったり、
「きゃ〜!!うらやましい〜!!」
と思うものって日本のお米だったりするので、ほんと最高です♪
その他、言付けで預かってきていただいた日本のおいしいものも一緒に♪
c0024345_21563829.jpg

これはもったいなさすぎて、大事にしすぎて賞味期限が切れたらダメなパターンだと、昨日は思い切って封を開けちゃいました。
モチモチに真っ白に輝く日本からやってきたお米♪
そして先日友人親子が持って来てくれていた、保存料/添加物一切無しの最高においしい梅干しに、手作りのちりめん山椒。
役者はそろって、もう最高の白いごはんディナーになりました。
c0024345_21565573.jpg

うらやましそうに見上げるバブーにもね。
ちゃ〜んと素敵なおみやげが。
パッケージに肉球印がなかったら、間違いなく私が酒のおつまみにしていただいてしまっていただろう、見るからにおいしそうな酢豚にロールキャベツ。
最近なんだか、こういう日本から届いた素敵なおいしいものを食べた後、しばらく普通のご飯を食べたがらなかったり、残したりするバブー。。。
我が家のぼっちゃまもおいしいものを覚えてしまって大変だったり。。。
c0024345_21571276.jpg

あ〜でもバブーにもいい思いさせてあげんといけないしな〜。
いつ開けてしまおうか、悩む飼い主の心です。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-10 22:12 | バブー家の食卓 | Comments(2)
3月3日のひな祭り。
女の子の日は、バブー家では男子の日。
我が家の男子のお誕生日です。
c0024345_22123266.jpg




パリときどきバブーを応援…


今年は本当にごめんなさいでお誕生日プレゼントを用意する時間もなかったけれど。
友人と一緒に、ささやかなディナーパーティー♪
おいしいもの囲んで、たくさん飲んでの素敵なひな祭りの夜。
全部お手軽なものだけど、マルシェに行って新鮮な野菜を買って、おいしいお肉屋さんのお肉を買って。
素材がおいしければシンプルでおいしい♪
c0024345_22131046.jpg

スモークサーモンにはエシャロットソース。
エシャロットのみじん切りたっぷりに、オリーブオイルとヴィネガーと塩こしょう。
スモークサーモンの切り身がぐぐんとおいしくなるソース。

そして半分に切った芽キャベツは、オリーブオイル、ニンニク、ベーコンと一緒に炒めて、白ワインを少し入れてちょっとだけ蒸し焼きにして。
コリコリの食感を残したままのおいし〜い芽キャベツ炒め。
c0024345_22132557.jpg

お肉はフランス人の得意なオーブンに入れるだけ料理をということで。
豚肉の塊のオーブン焼き。
今回は、塩麹を全体にまぶして一晩つけたお肉を焼いてみました。
塩麹につけた以外はいつもの肉オーブン焼きと一緒。
180度〜190度でじっくり1時間15分。
たまにオーブンの中に霧吹きで水をかけ、後半はアルミホイルをかぶせて焼いてみました。
フランスサイズの巨大な塊肉に塩麹を使ったのは初めてだったけど、これが〜いいコクが出ておいしかった〜!!
ほんの少しの柚子胡椒をつけながら、みんなでぺろりと平らげました。
c0024345_22134030.jpg

デザートは、これまた最も簡単なもののひとつ。
「パリのおうちごはん」にも紹介した「ミルクティーゼリー」。
ゼリー嫌いのフランス人にも、ほんとこれはみんなに大好評のゼリー。
私もやっぱり大好き♪
どんなにお腹いっぱいでも、これだったらツルリといける♪
(もちろんデザートの前に、た〜っぷりの大量チーズも頂いています♪)
c0024345_22135584.jpg

と、いうわけで、炒めるだけ、オーブンに入れるだけ、混ぜるだけみたいな、フランスのママンお得意の簡単なのに豪華な食卓に変身してしまう術を最大限使ったひな祭り誕生日パーティー。
食材の豊かさ。
野菜のおいしさ。
バターとパンのおいしさ。
「高級」という意味ではなく、本当に食生活が「豊か」だな〜と思う瞬間です。
c0024345_2214843.jpg

だれかボクにそのお肉を一口ちょうだい。。。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-09 22:42 | バブー家の食卓 | Comments(8)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.