パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 今年も「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • 伊勢丹新宿「ぼわっと」フランスウィーク連動企画 5階センターパーク
  • 4月10日(水)から4月23日(火)まで
  •    
  • 蔦屋書店(中目黒店)内 「ぼわっとコーナー」
  • 好評につきしばらく開催中

<   2012年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

南仏プロヴァンス・リュベロン地方の村でも最もちいさくこじんまりした村のひとつ「Lacoste」(ラコスト)。
住んでいる人がいるのかしらと心配になるくらいひっそりした村で、唯一村の入り口にあるカフェが営業していることだけが村が動いている証だったりして。
c0024345_2147288.jpg




パリときどきバブーを応援…


見晴らし台にもなっているテラス席でちょっと一休み。
この地方の名産物でもある「メロン」(カヴァイヨンのメロン)を食べておかなくてはと、大きなメロン1個分が1人前というまたまた豪勢な盛り方の「生ハムメロン」をペロリといただいて。
c0024345_21472813.jpg

ひっそりと静かな村に入っていく。
リュベロン地方の村々のほとんどが丘の上にある「鷲の巣村」と呼ばれるつくり。
だからどの村に行っても、たくさんの階段と坂道との戦いになるのです。
c0024345_21474740.jpg

「なんでこんなに元気なのかな〜。」
「元気だけが取り柄だよね〜。」
と、バブーはどんな坂道にもどんな石段にも負けることなく疲れる気配もなくひとりずんずんあがってゆく。
c0024345_2148450.jpg

リードでバブーに引っ張ってもらったりもしたけれど、それでもバブーの方が先を急ぐから、もう先にひとりで行ってもらうことにしたり。
さすがに急な坂で疲れてちょっと途中で休憩して立ち話しているカップルを気づかったりする余裕もあったりして。
c0024345_21482236.jpg

バブーだけはやたらと元気です。
ちなみに、元気なバブーといえば、この氷点下の毎日の今週パリにおいても、ひとり元気でコートなしで裸で歩きつづけてます。
肉球が凍る気配もなく。
人間は隠せない鼻の頭が真っ赤になって、顔がちぎれそうになっているのに、いつまでも家に帰りたがりません。
バブーの特技「やたらと丈夫なこと」に変えようかな。。。
c0024345_21484437.jpg

この村「ラコスト」は、「サディズム」という言葉の由来にもなっている「サド侯爵(マルキ・ド・サド)」がかつて領主を務めていたところ。
村のてっぺんにあるサド侯爵の城跡を目指してのお散歩になります。
のぼりがけっこうきつい場合、下りももちろんけっこうきつい。
そんなこともちろんバブーには関係ありません。
c0024345_2149367.jpg

「まったく、人間は遅いな〜。」
と呆れているのかな。。。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-04 22:10 | フランスの旅 | Comments(6)
欧米はもちろん、日本でも南仏プロヴァンスブームを起こした火付け役と言われるピーター・メイルの「南仏プロヴァンスの12か月」。
南仏のことを調べていると、やたらとこのピーター・メイルさんの話が出てくるので、私も去年の南仏プロヴァンス旅行の時には旅中に読む本のひとつに文庫本を持って行っていました。
c0024345_22391073.jpg




パリときどきバブーを応援…


日本でもNHKで番組が流れたりと南仏ブームがおこったとは聞いたり、文献で読んだりしていたけれど、その頃私はまだこども。
南仏に興味がいくようなお年頃ではなかったため、ピーター・メイルさんには興味をもったこともなかったけれど、旅のお供にはなかなか面白い本で、旅中暇さえあればこの本を開いていたのでした。
c0024345_2239316.jpg

「読んでみたけれどちょっとつまらなすぎて最初の数ページで挫折した。。。」なんて話をあちこちの友人たちから何度となく聞いていたのですが。
ふむふむ。
そんな意見もなんとなく分かる気が。
フランスで暮らしていて生活や習慣をよ〜く知っているか、もしくは相当な南仏好きとかでなければちょっとすんなり脳で理解していけなそうなのがよく分かる。
c0024345_22395294.jpg

とはいえ、旅をしながらともなれば、食べ物のこと、登場する村のこと、南仏の人間や暮らしのことなどがなんとなく実感しながら読みすすめられて、私はすっかり虜に。
つい先日も日本に帰っていた友人に続編を持って来てもらったところです。
c0024345_22475281.jpg

この村、「Bonnieux」(ボニュー)はまさに本に頻繁に登場する場所。
「南仏プロヴァンスの12か月」に登場する村々は、イギリス人など欧米人がこぞって押し寄せる人気の観光地になったということですが、ここにもやはりそうなのかなあ〜と思う観光客の姿がちらほらと。
それでもバスが次々に訪れる「ゴルド」や「ルシヨン」とは比べものにならないひっそり静かな村です。
c0024345_22481272.jpg

観光客を喜ばせるためのお店が建ち並んだりということはなく、小さな小さな観光案内所もお昼休みがすぎてもいつまでも開かないし。。。
バブー家が旅先で集めている「ピンズ」を売っていそうなお店はもちろんなく(笑)。
趣ある石段をのぼって、たまに道を横切る猫ちゃんに挨拶をして。
c0024345_22483158.jpg

頂上に立つ教会から眺める景色は格別でした。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-03 23:18 | フランスの旅 | Comments(10)
パリの人はもちろん、イギリスやドイツ、色々な国が移住したい場所の憧れの地のひとつ。
南仏プロヴァンス。
c0024345_820224.jpg




パリときどきバブーを応援…


「南仏に週末の家がある」
「両親は南仏に移住しているから夏はそこへ」
なんていう話を聞くと「あ〜♪♪」とうらやましいばかり。
c0024345_82171.jpg

一面に広がるオリーブ畑とぶどう畑。
青い空にプールつきの家。
c0024345_8214265.jpg

太陽をい〜っぱい浴びた野菜。
ラベンダーの香り。
c0024345_822430.jpg

きゃ〜。
思い出しただけで、写真を見ているだけで、あの空気感を思い出す。
c0024345_8225196.jpg

町中の、不動産屋さんのウィンドーに掲げられている素敵な家々のチラシをついついじっくり見てしまったりして(笑)。
桁が1つか2つ違っているのではないかしらと目をみはるばかりのお値段だけど。
「プールの形がいまいち!」
「う〜ん、ちょっと敷地のわりに、部屋が狭すぎるかな〜。」
「おっこれだったら友達たくさん呼べるね♪」
c0024345_824714.jpg

なんて、一人前に妄想だけ膨らませてみるのが案外楽しい♪
旅行では、南仏田舎生活のほんのひとかけらしかのぞくことはできないけれど、小さなシャンブルドットののんびりした暮らしとか、大自然の中のプチホテルの飼い主に負けないくらいゴージャスなイヌとか。
c0024345_8243265.jpg

人間とイヌの暮らしの観察がとても楽しいのです。
それにしても、大きな大きなイヌが普通に家の中で走り回れるサイズのおうちばかり。
だからワンコたちもビッグサイズが多いのです。
なんだかみんなノーブルだし。。。
南仏を歩いていると、バブーがみみっちくみえる?!
バブーったら南仏が似合わない?!
(な〜んてバブーに失礼か。。。)
c0024345_8245738.jpg

ボク、南仏あんまり似合わないかしら。。。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-03 08:25 | フランスの旅 | Comments(7)
赤茶色、オレンジ、黄色。
上を見上げた時の青い空以外は暖色オレンジの世界が広がる村「Roussillon」(ルシヨン)。
c0024345_0491989.jpg




パリときどきバブーを応援…


昨日の「Gordes」(ゴルド)と並び、南仏プロヴァンス・リュベロン地方の人気の観光地。
この地方は「フランスで最も美しい村」が一同に集まる場所でもあって、おとといの「Les Baux-de-Provence」(レ・ボー・ドゥ・プロヴァンス)、昨日の「Gordes」(ゴルド)、そして今日の「Roussillon」(ルシヨン)全て登録されています。
c0024345_0494465.jpg

村に入ってまず目にとまるのが、削り取られた崖のようなとこからのぞく赤茶色の景色(↓)。
c0024345_050258.jpg

これはかつてのオークルの採取場跡。
オークルとは顔料の原料となる赤土。
c0024345_05020100.jpg

村に並ぶ家々は、全て肌色っぽいものから濃い赤茶色まで同系色のグラデーションで並び、独特な雰囲気。
南仏の強い太陽のエネルギーを感じる村です。
c0024345_0503870.jpg

さて、パリは予報通り夜中から水たまりが凍ってしまう気温ですが、まさにピーカンの晴れのため、カラッとした見た目からは想像できない寒さ。
晴れている上に冬の低い位置の太陽が部屋にさしこむため、家の中では半袖でカーテンを閉めたりしないと暑いくらい。
そう思ってちょっと油断して外へ出ると、歩いて50mで冷たい風に耳がやられてしまう。
そんな感じです。
c0024345_0505560.jpg

外は冷蔵庫よりよっぽど冷える、天然の冷蔵庫。
夜用に、シュワシュワワインを出してみました。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-03 01:10 | フランスの旅 | Comments(2)
今日はとってもいい天気だったけれど、どんどん冷え込む天気予報は見事に当たり!
耳まですっぽりかぶれる帽子をかぶって出なかったことを1分で後悔して、5分歩けば鼻と耳が真っ赤になって顔が切れそうになる寒さ。
青空のエッフェル塔の足元の水たまりは小さなスケート場になっていて、零下だということを実感。
寒いから鍋をと、ベランダに置いておいた野菜や豆腐があっという間に凍ってしまいました。
さてさて、こうなったら明日以降のマイナス10度の世界がどんなに寒いかちょっと楽しみです。。。
c0024345_8424812.jpg




パリときどきバブーを応援…


さて、南仏プロヴァンスの旅は、小さな村々の中でも最も人気のある観光地のひとつ「Gordes」(ゴルド)。
何よりも有名なのは村全体を遠くから眺める姿(↑)。
c0024345_8431171.jpg

石造りの家々が青空に向かって連なる姿はこの地方の典型的な村の姿。
そして「ゴルド」はその中でも最もこの姿が美しい村だから人気があるみたい。
車がないとまわるのが難しいこの地方、何年も前、1日ツアーに参加してまわった村々のひとつで忘れられず、もう一回来てみたいな〜と思っていたのがこの場所です。
c0024345_8432931.jpg

相変わらず人気の観光地は、日帰りバスツアーなどで1日中ひっきりなしに観光客でいっぱいなので、カフェのお値段はちょっとビックリするほどですが。
やっぱりなかなかかわいい村です。
日本でのプロヴァンスブームもずいぶん長いこと続いているけれど、今はアジアの他の国で以前の日本のようなブームがあるようで、「ここはどこの国?!」と思ってしまうほどアジア人だらけでした。
c0024345_8434869.jpg

カフェのお値段と同じく、雑貨たちも他の村や町に比べてずいぶんお高めお値段なので、店先をひやかすだけだけど。
南仏プロヴァンスの香りたっぷりの素敵な雑貨屋さんに思わず立ち止まってしまいます。
c0024345_84464.jpg

明日は午前中の予報がマイナス10℃〜マイナス8℃。
想像もつかないな〜。
バブーが凍らないように気をつけないと。。。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-02 08:59 | フランスの旅 | Comments(4)
南仏プロヴァンス地方の観光地として最も人気のある場所のひとつでありながら、決して華やかではなく、ごつごつした岩と冷たい石畳というイメージの場所。
「Les Baux-de-Provence」(レ・ボー・ドゥ・プロヴァンス)。
c0024345_7285483.jpg




パリときどきバブーを応援…


ここは「フランスで最も美しい村」に登録されているひとつでもあり、観光地でもあるけれど、華やかな観光地というよりは「廃墟」とか「城壁跡」とかそんな言葉しか浮かばないような場所。
c0024345_7292473.jpg

この「岩ごつごつ感」が好きな人にはたまらないとてもいい雰囲気の村だったりします。
もちろ私も大好き。
人気の観光地でありつつ、人が来るのは昼間だけ。
夜になると、ただの小さな村となり「し〜ん」と静まりかえったオレンジ色の光の世界となる静かな小さな村です。
c0024345_7294431.jpg

村のいちばん上へ行けば城塞跡。
おもちゃのようでまじめな「爆弾飛ばし」(正しくは何と言うのでしょう?!)(笑)があって、時間毎にスペクタクルで実演しながら爆弾飛ばしを見せてくれます。
c0024345_730417.jpg

もちろん、本物を使うわけにはいかないので、大きな大きな水風船を使った爆弾飛ばし。
いわゆる、地方の安っぽい感じの劇混じりのショーなのですが、こういうところが欧米人はいいな〜と思ってしまうショー。
なんとなく安っぽいのは分かっているけれど、観客もちゃんと声援や拍手でこたえてあげて、両方で盛り上げてゆく素晴らしいパターン。
いつの間にかみんなで盛り上がっている楽しい余興です。
c0024345_7302131.jpg

城塞後からは、南仏プロヴァンスのごつごつした岩肌と、ワイン畑と、オリーブ畑とが360度パノラマで見渡せます。
c0024345_7304219.jpg

半日で寄ってさっと帰ってしまう人が多い場所だけど、バブー家はあえてこのちょっと静かで暗い雰囲気の漂う「レ・ボー・ドゥ・プロヴァンス」の村の中に2泊して。
ゆっくり退廃的な雰囲気を味わいゆっくり過ごしました。
c0024345_747176.jpg

プロヴァンス地方にはオリーブ畑があちこちに広がっているようにこの村の周りにもオリーブ農家がたくさん。
おいしいオリーブオイルを求めて、色々な農家をまわって味見をしたり。
バブー家の毎日の食卓に登場するおいしいサラダはこの南仏プロヴァンス旅行のオリーブオイルに支えられています♪
c0024345_73129.jpg






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-01 07:51 | フランスの旅 | Comments(6)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.