パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 今年も「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • 伊勢丹新宿「ぼわっと」フランスウィーク連動企画 5階センターパーク
  • 4月10日(水)から4月23日(火)まで
  •    
  • 蔦屋書店(中目黒店)内 「ぼわっとコーナー」
  • 好評につきしばらく開催中

<   2012年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

ぐわわあああ〜 あくび

ふわああああ〜。

気持ち良さそうすぎるバブーのあくび。
c0024345_7484573.jpg




パリときどきバブーを応援…


人前でこんなに思いっきりあくびをして様になるなんて。
おぬしやるのう。
あくびはやっぱ、控えめにじゃなくて、
「ぐわわわあああ〜。」
と大きな口を開けてしないとね♪
c0024345_7491447.jpg

えっ。なにか?





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-21 08:00 | 子犬っ子バブー | Comments(6)
寒〜い冬に欠かせないチーズと言えば「Mont d'Or」(モン・ドール)!
丸い木箱に入ったチーズ。
このまままるごと買って来て、熱々トロトロにして食べる。
c0024345_7373315.jpg




パリときどきバブーを応援…


冬になったらワインと一緒に必ず何度か登場する「モン・ドール」。
なぜかこの冬すっかり忘れていた!
たこ焼きをやりすぎていたせいだろうか…。
c0024345_7375837.jpg

「今の時期フランスに行ったら絶対に食べてくるように言われた」
と言う友人の言葉で思い出した。
大変大変。
もうすぐ冬が終わってしまう前に、食べておかないと。
ということで、みんなで「モン・ドール」。
オーブンに入れて焼いてトロトロになったところをスプーンですくって。
c0024345_7381461.jpg

バゲットに塗ったり、肉や野菜にかけたり。
そのままスプーンをパクッとしたり。
3人じゃ、食べきれないねえ〜。
と言っていた「モン・ドール」は、あまりのおいしさに案外ほとんど食べれてしまった。
カロリーのことは考えないことにしようっと。
あ〜これで冬を越したという感じ。
c0024345_7383164.jpg

あとは春を待つばかりだな♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-20 08:00 | パリの食 | Comments(8)

スキーバカンス

みなさん。さっそく大正解!!
すご〜い。スッキリ。ありがとうございました♪
「♪わ〜た〜しには〜♪」 
で分かって頂いて大変うれしいです(笑)。

フランスのこども達は、またバカンスに突入。
2週間のバカンス。
何度も言いますが、6週間学校に行ったら2週間のバカンス。
もちろん2ヶ月以上の夏休みはのぞいて。
まったくどんだけ休みやねん!
ってお国です。
c0024345_7543272.jpg




パリときどきバブーを応援…


「一体これはなんのバカンスなのか。」
とフランス人に聞くと、一番こたえが曖昧なのがこの2月のバカンスです。
他のは「イースターのバカンス」「クリスマスバカンス」とかちゃんと名称があるけれど、この2月のバカンスは総合すると「スキーバカンス」。
「スキーバカンス」って一体なんですか。。。
と最初聞いた時はビックリしたけれど、その名の通り「スキーバカンス」。
c0024345_7545315.jpg

ちなみに、「フランスはバカンス突入」と書いたけれど。
正確には「パリはバカンス突入」。
フランス全土でエリア毎に3つくらいにバカンス時期がずれていて、これは「スキー場の混雑を分散させるため」って聞いた時にはこれまた本当に驚きました。。。
バカンス時期がずれているのはちゃんと「1年カレンダー早見表」みたいのを見ると「A B C」で表示されてます。
c0024345_7551055.jpg

混雑緩和のためにも、このバカンスをずらすというのを日本でも取り入れようか取り入れまいかみたいなニュースをけっこう前に見たような気がするのですが。
きっと難しいんだろうなあ…。
東京のこどもと、北海道に住むいとこと、大阪に住むいとこがバカンスずれてしまっていたら、日本ではなんだか大問題になりそう?!
フランスだって、友達に聞いてみると親戚同士バカンスが合わないとかはもちろんあるけれど、自分のバカンスが何よりも大切だもの♪
全然気にならないらしいです。
c0024345_7552667.jpg

というわけで、パリのちびっ子達はバカンス真っ最中です。

加山雄三さん大正解のお礼コメントから、コメントお返しは来週半ばになってしまう予定です。どうぞお許しを!みなさん素敵な日曜日を。。。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-19 14:03 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(2)
エッフェル塔が見える大好きな6番線で。
曇り空のエッフェル塔を見ながら。
c0024345_659245.jpg




パリときどきバブーを応援…


大道芸人さんのアコーディオンを聴く。
あんまり上手とはいえない方ですが…。
しっとり大好きな音楽を奏でてくれていたから。
c0024345_6592640.jpg

思わずハミングして歌ってしまった。
後ろに座っていたおじさんも歌っていた♪
メトロで小銭稼ぎをする大道芸人さんは、ちゃんと正式なオーディションを通過して許可証を持っている人から、違法な人まで様々。
c0024345_6594426.jpg

みんな工夫に工夫した自分の道具を持って次々と車輛を変えて行きます。
パリのメトロは連結部分で違う車輛に行けないので、駅についたときに道具を持って走って次の車輛に乗り込む!
パリの風物詩。
加山雄三さんが歌っていたこの世界的に有名な歌の題名、なんていうんだっけな〜。。。
さっきから思い出せずに気持ち悪いのだ。。。
「♪わたしには〜あ〜いする〜うたが〜あ〜るから〜
信じた〜この道を〜わたしは〜ゆ〜く…♪」
みたいな歌。
c0024345_70176.jpg

よく父が歌っていたなあ〜。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-19 07:08 | パリ★まりこロワイヤル | Comments(22)
プチ天使ちゃんおばあちゃんの秘伝のケーク・サレ(塩味パウンドケーキ)を作っていたら、もうバブーがクンクンクンクンしつこいったらありゃしないのだ。
めちゃめちゃつきまとわれました。
足元。後ろ。いきなり前から。
c0024345_1203495.jpg




パリときどきバブーを応援…


チーズがたっぷり入っていて、部屋中チーズの匂いでいっぱいになっちゃうからしょうがないか…。
バブーよそんなにチーズが好きなのかい。
というほどクンクンしていました。
しつこくつきまといすぎたお陰で、バブーは何度かおやつをもらえることに。
しつこさも、ここまでくれば立派なものだ。
c0024345_1205219.jpg

あとは久しぶりにクリーミートマトスープ。
こちらはあまり興味をしめさない。
やっぱりチーズかあ…。
c0024345_121783.jpg

放置されすぎていてすっかり話題にも出さなくなったバブー家の「水漏れ工事」ですが、ここにきてちょっと進展がありそうで。。。
来週はかなり大掛かりに工事が何日間も続きそう。
忘れた頃に来ては複雑な話をして帰っていく管理組合とか理事会の人たち。
ま、大家さんも理事会の人たちも本当にいい人で、一生懸命に親切にしてくれるのは唯一の救いなのだけど、なにせこのスピードじゃねえ…。
c0024345_1212216.jpg

移動されている家具たちを、そろそろ元のところに戻したいな。
さてさて、来週どんなことになるのか。
「その後どうなりましたか〜。」
と、放置されすぎて忘れかけている私よりも周りのみなさんの方が心配してくださっていて。。。
また続きをご報告しま〜す。
c0024345_1213926.jpg

もう週末が来てしまった。
みなさんよい週末を!





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-18 01:44 | バブー家の食卓 | Comments(8)
久しぶり、ブラジルに行ってしまった「まこりちゃん」の近況です。
今日は幼稚園のカーニバルだったという「まこりちゃん」から送られて来た写真。
久しぶりに見たら、なんだかすらっと縦に伸びて、顔が少年っぽくなっている!
c0024345_2501816.jpg




パリときどきバブーを応援…


バレンタインの朝、「まりこちゃんに花束を持って行く!」とおおはりきりだったという「まこりちゃん」。
「ブラジルからは遠いから無理だよ。」
とママが言うと、拗ねてしまったそう…。
遠いところに行ってしまったはずなのに、ブラジルとフランスの距離感はやっぱり全然分かっていないのだろうか。
そんなところがやっぱり5歳。
なんだか少年のようになってしまった「まこりちゃん」に衝撃だったけれど、ちょっと安心したかわいいお話。
c0024345_2504155.jpg

そういえば、去年のバレンタインもサプライズでプレゼントを届けてくれたし。
私に唯一バレンタインを届けてくれる男子だったのに(笑)。
そんな彼は遠い国へ…。
でもブラジルから花束を届けに来るなんて言ってくれたのを聞いただけでもうメチャメチャハートウォーミングな物語じゃないの♥
c0024345_2505733.jpg

ホワイトデーにブラジルに行っちゃおうかな〜♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-17 02:59 | まこりちゃん | Comments(8)
先日まで続いていた南仏プロヴァンスの旅。
長い間おつきあいいただいてしまいましたが、終わりです。
今日はパリへの帰り道に1泊して立ち寄った「フランスで最も美しい村」のひとつ「Charroux」(シャルー)の写真を見ながら…。
c0024345_6534321.jpg




パリときどきバブーを応援…


パリから南仏プロヴァンスまでは約700kmちょっと。
広々とした大地を駆け抜けるフランスの高速道路はまっすぐで走りやすいので、バカンス中の大渋滞なんて時をのぞけば大体100km、1時間計算くらい。
c0024345_6545066.jpg

フランス人は、南仏へ、イタリアへ、スペインへ。
と700kmどころではない距離をバカンスのたびに車で走り抜けるので平気で1日で移動してしまう700kmという距離。
長距離移動がはじめてのバブー家は、行きはブルゴーニュ地方を経由して、何カ所かかわいい村などの観光地で休憩しながら1日で一気に南仏へ。
c0024345_65582.jpg

帰りは旅の疲れもたまっているだろうということで、フランス中心部オーベルニュ地方で1泊の休憩を入れてパリに戻ってきました。
その帰りの1泊で選んだのがこの村「シャルー」です。
c0024345_6552696.jpg

小さな村は緑が豊かで、通り名やお店の名前を示す案内表示がとってもかわいい♪
ほとんど人通りはなく、村唯一のパン屋さんが開いている時間だけ、近所の人が挨拶を交わしながらパン屋の扉をくぐっていく。

この村も、観光客である私にとってはとてつもなく魅力的なかわいらしい村だけど、過疎化は止まらないようで、歩けばあちこちで「売り」の看板が。
夢のような理想のお庭つきの一軒家でも「売り」が。
c0024345_6554469.jpg

私たちが泊まったシャンブルドットのオーナー夫妻は、そんな村の売り出された物件を買って、つい最近宿を始めたばかりだという。
あまりの「売り」の多さにビックリしたけれど、こうやって入って来る人もいるんだとちょっとホットしました。
ただ、マルシェは車で隣町までいかなくてはならないし、やっぱり不便なこともたくさんあるそう。
c0024345_656020.jpg

長距離を平気で移動してしまうフランス人の話に戻ると、
実家から片道3時間かかるプチ天使一家のおばあちゃんもおじいちゃんも、そういえばしょっちゅうパリに車を飛ばしてくる。
1人でも平気で。
日帰りとかしちゃったりもありで。
まるで1時間以内に住む親戚の家にちょっとお出かけする感覚?!
c0024345_6561773.jpg

「初めてパリからの南仏旅行に車でチャレンジしました。」
なんて話をすれば、
「あら、南仏なんてちょろいわよ。休憩なしだって平気よ。」
と一蹴されるし(笑)。

転勤でポルトガルのリスボンで生活する知人は、しょっちゅう車でパリに帰ってくるのだけど、なんと途中1泊もせずに帰って来るというし。
リスボンといえば、直線距離で1740kmですよ!!
さすがにこの旦那さまは、車の運転が大好きで、いくら運転しても苦にならないというタイプらしいのだけど。
それにしてもすごいでしょ!
助手席に乗っている奥さまもすごいと思ってしまうのだ。
c0024345_6563674.jpg

そんなわけで、フランス人に比べたら、まだまだ「あまちゃん」なバブー家。
今年はどこまで距離をのばせるかな?





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-16 07:26 | フランスの旅 | Comments(10)

バブーとバレンタイン

あったか窓際ひなたぼっこ。
ウトウトしすぎて目を開けていられないバブーzzz
見ているだけで気持ちよさそう。
このまま一緒に私もウトウトしたいzzz
c0024345_119407.jpg




パリときどきバブーを応援…


昨日はバレンタイン。
近所をウロウロしかしなかったけれど、いつもは淡〜いパリらしい色合いいっぱいの花屋さんはどこも真っ赤なバラがたくさん。
夕方、帰宅途中のフランス人男性はバゲットに赤いバラを1本持っている人があちこちに。
c0024345_111029.jpg

赤いバラを1本、はだかで持ちさっそうと家路に。
自然すぎてやっぱりいい!

夕方、友人たちからは、
「今日はバレンタインディナーに連れてってもらってきます♪」
「だんなからもらった花束♪」
など続々と報告(もちろんみな相手はフランス人)が…。
フランスはチョコバレンタインとはちょっと違うバレンタイン♥
c0024345_1110211.jpg

バブーは。
いつもより若干おやつが多かったというバレンタイン。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-15 11:22 | パリのイベント&エンタメ | Comments(4)
この間の、「Mojito もヒート」の記事を読んで、モヒートを作ってくれたやさしい友人。
「氷が足りないっ!」
って言いながら、氷の代わりにラムを大量に入れていて心配になったけど。。。(笑)
おいしかった。
c0024345_2016386.jpg




パリときどきバブーを応援…


そんな友人は、妻のバースデーのために苦手なキッチンに立って「ローストビーフ」を作っていたやさしい友人。
c0024345_2017080.jpg

「この日も久しぶりに一緒に飲もう!」
という「久しぶり」のためにおいしい食材を探しにボンマルシェまで行ってくれたり、朝から苦手なキッチンで悪戦苦闘してくれて。
c0024345_20173872.jpg

オシャレディナーを作ってくれました。
前菜は「マグロのタルタル」。
c0024345_2017539.jpg

メインはバブー家の旦那様がフランス中でこれだけを食べ歩いてベストを決めたいと常に言っている「鴨のコンフィ」。
この日も白熱した議論になったけれど、この表面の皮(↑)とかもどこまでカリカリに焼くのが好きかとかちょっと柔らかいくらいが好きだとか好みも分かれる。
c0024345_2018858.jpg

そんな白熱した議論はどうでもいいから、ボクにもお願いだから一口ちょうだいというバブー。
c0024345_20182320.jpg

やっぱり人に作っていただくご飯は最高にしあわせです♪
デザートだけは料理達者な奥さん作。
「超簡単だよ〜。」
と言いながら毎回プロのような出来映えの。
c0024345_20183722.jpg

あ〜。料理が上手なともだちがたくさんいてしあわせ。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-14 20:31 | バブー家の食卓 | Comments(2)
写真がふんだんに使われていて、カラーで紙質もよくて、素敵なデザインになっている日本のガイドブックには、ほとんど全ての現地の人も驚きと感動の声をあげるでき♪
フランスで売っているガイドブックなんて、白黒で文字ばかりで、写真はなくて辞書みたいな何がいいのか悪いのかも分からないいけていないガイドブックばかり…。
c0024345_642370.jpg




パリときどきバブーを応援…


そんなわけなので、事前に下調べをする時にはほとんど頼りにならないこちらのガイドブックなのだけど。
現地の人の情報は日本のすぐれたガイドブックよりも結局何倍も役に立つ。
c0024345_644437.jpg

この村「Oppède le Vieux」(オペド・ル・ビュー)も、チェックもしていなかった村の名前。
ところが泊まった全てのシャンブル・ドットのオーナーたちが真っ先に名を挙げたおすすめの場所だったりします。
なぜか日本のガイドブックには載っていなくて、「え〜ほんとかな〜。なんでこんなにみんなオススメするんだろう〜。」なんてちょっと疑心暗鬼で行ってみたりした場所なのですが。
c0024345_65141.jpg

当然ながら、住んでいる人たちの情報は正しいのだ。
車でしかたどりつけないような田舎にある昔の姿がそのまま残る中世の村。
到着すればパーキングにはかなりの車。
やっぱり知らないのは私たちだけ?!
という人気の観光地なのかなあという車の量。
c0024345_652222.jpg

とはいえ、こちらでいう「人気の観光地」とか「人が多い」というのはどこに行っても人があふれている日本から見たらのんびりした人通りのほとんどないのどかな場所なのですが…。
c0024345_654177.jpg

17世紀以降は人に捨てられ廃墟と化していたという村は、徐々にまた活気を取り戻しつつあるという場所。
それでも村のメイン広場にはカフェがあって多少の観光客で賑わっているものの、村の頂上の城跡や教会への道はただの山道だし。
c0024345_6603.jpg

廃墟のようなものがあちこちにあるし。
どの家族連れを見ても、元気にのぼっていくのはイヌたちだけ…。
というかなり険しい道です。
バブーももちろんいちばん元気…。
c0024345_662153.jpg

頂上にたどり着くと、教会前の見晴し台の石にみんなとりあえず座り込んでしまう感じ。
でもこの素晴らしい景色を見ればそんな疲れもあっという間に吹き飛んでしまいます。

地図を広げて、オススメの場所にチェックを入れてもらうと、こんな風に思いもよらなかった場所を「いちおし」の場所と言われることがけっこうあって。
今回の旅でも、時間が足りずに次回のお楽しみにとってあるところがけっこうあります。
c0024345_664227.jpg

例えば今日のこの「オペド・ル・ビュー」村も、地元住民はこぞっておすすめする場所だけど、現地で手に入れる南仏プロヴァンス地方の地図(見所マークなどがカテゴリ別に落ちている)にはただ地名しか落とされていないところだったりするのです。
ということは、見所マークがついているところで全くのノーチェックだった場所、日本的には全く有名でない場所というのはどんな場所なのだろう?!
とけっこう気になっています。
c0024345_67273.jpg

まだまだあまり知られていない素敵な場所をどんどん発掘していきたい!
そして地元の人のおじゃまにならないように、静かにそんな素敵なところをのぞかせてもらいたいな。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-02-14 06:43 | フランスの旅 | Comments(6)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.