パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーと3歳の息子プチモンスターと共に、パリの日常をお届けします。
東京・西荻窪のフランス雑貨店「ぼわっと」オーナー。
パリのガイドブックなど著書は13冊。雑誌やウェブメディアでもコラム連載中。
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 神戸阪急 フランスフェア
  • 10月21日(水)〜10月26日(月)まで
  •    
  • 「ぼわっと」通販サイトがようやくオープン
  • shop@boite.tv から色々お買い物いただけるようになりました!
  •    
  • 大丸福岡ポップアップショップ「ぼわっと」
  • 11月25日(水)〜12月1日(火)まで

カテゴリ:パリで子育て( 24 )



フランスは冬時間になり、日本との時差が8時間。
あっという間にバカンス1週目が終わりました。
そして我が家のパパが頑張る日本側でも神戸阪急フランスフェア「ぼわっと」、月曜日で最終日を迎えます。
なんだか何もかもがあっという間・・・。
この10月は、丸々パパがいないことがわかっていたので、バカンスだからとどこかへ遠出もできないし。
パパがいなくて寂しく、ワンオペでおそらくイライラする私とだけど色々楽しい毎日過ごしてもらえたらいいなと思って、けっこうたくさんのイベントを入れていたので私のガソリンが切れてきた。
今日はちょっぴりヘトヘトです。



プチ天使お姉ちゃんたちとお出かけ♪_c0024345_03321823.jpg







パリときどきバブーを応援…



毎日、
「きょうはいったいだれがパーティーにやってくるの??」
「はやくカボチャケーキをよういしなくては!おきゃくさまがくるのにまにあわなくなる。」
という、なんのセリフだっていう質問をしてくるプチモンスター。
私たちは『不思議の国のアリス』の「誕生日じゃない日おめでとう」の毎日パーティーの人たちか!
って思ったりしつつ・・・。

週末はプチ天使ちゃん姉&妹とお出かけ。
お姉ちゃんとかお兄ちゃんとか、年上大好きなプチモンスター的に、サイコーに楽しそうで嬉しそうで。
朝から
「おねえちゃんたちがパーティーにやってくるからはやくよういをしなくてはっ!!」
と騒いでいました。



プチ天使お姉ちゃんたちとお出かけ♪_c0024345_03325961.jpg


まるで親戚のように見守って、一緒に育ててきているつもりのプチ天使ちゃんファミリーがすっかり大きくなって。
プチモンスターの面倒を見てくれるなんて、本当に感慨深い・・・。
プチ天使ちゃんなんて、なんとフランスの高校生ですから!
(日本ではまだ中学生だけど)



プチ天使お姉ちゃんたちとお出かけ♪_c0024345_03325953.jpg



プチ天使ちゃん妹に、自慢げに「アンパンマン」のグミを配布するプチモンスター。
付き合ってくれてありがとう・・・泣。
優しいのよね。
このファミリー。
本当に。

プチ天使ちゃんには本を読んでもらって。



プチ天使お姉ちゃんたちとお出かけ♪_c0024345_03325919.jpg


あまりにも可愛い光景だから、こっそり覗いていたら、
「みないで。ママ、あっちいって。」
と言われました・・・。



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-10-26 03:47 | パリで子育て | Comments(0)


フランスは、今日からトゥッサンのバカンス、2週間突入。
せっかく幼稚園も楽しく慣れてきたところだっったのになあ・・・。
また2週間も行かなくなったら元に戻ってしまうじゃないか・・・。
と、今までも人の子供の学校生活を見ながら思っていましたが、自分のことになるとさらに思います。
トゥッサンはご先祖様に対して祈る祝日。
なくなった方たちへのお祈りをしましょうとノートに貼って帰ってきました。



バカンスごとに幼稚園から持って帰ってくるファイル_c0024345_19001490.jpg







パリときどきバブーを応援…



すでに昨日の学校の後の習い事ではいつもの半分以下しか生徒が来ていないクラスばかりだったので、もうみなさんどこかに出発してしまったのね・・・。と思いながら見てました。
パリ(その他も全国で8都市)では夜9時いこう朝6時までの外出制限になりますが、その前にみんなどこかに旅立ってしまった感じ。
もちろん我が家のようにパリに残る組もたくさんいるけれど!
幼稚園は、バカンスごとに毎日学校でやっていることの成果が見れるファイルを持って帰ってくると保護者会で説明されていたのですが、今回は初めて中身を見ることに。



バカンスごとに幼稚園から持って帰ってくるファイル_c0024345_19004482.jpg


そこまですごいことをやっているわけじゃないけど、日々ちょっとずつその子成長具合をチェックしてくれているようで。
「多い・少ないがわかるか」
「数がどこまで数えられるか」
「まる・さんかく・しかくの識別」
「自分の名前のイニシャルがわかるか」
「10ピースのパズルができるか」
などの項目ごとに「理解している」とか言葉が書かれていました。
その中でも楽しみにしていたのが「Bonhomme」(ボンノム=人物像)を毎月書かせて、1年間でその進化が見えるというもの。



バカンスごとに幼稚園から持って帰ってくるファイル_c0024345_19001358.jpg


けっこう面白いから楽しみにしていてねと保護者会で先生が言っていた通り、すでに9月と10月の変化だけでも面白い♪
上が(↑)9月幼稚園が始まった頃描いたもの。
下が(↓)10月になってから描いたもの。
らしい。
これはこの1年がちょっと楽しみです。



バカンスごとに幼稚園から持って帰ってくるファイル_c0024345_19001372.jpg



ちなみに、フランス語に関しては「彼はまだフランス語は話さない」と書かれていて。
「バカンスで一番楽しかった思い出の絵を描く」
という課題ではニョロニョロよくわからない線画が書いてあって、どうやら「にんじん」と説明したらしい(笑)。
というわけで、フランス語に関しては全てこれからですが、この1ヶ月だけでも一人遊びをしている時のかけ声「みんないくぞ〜!」とか「待って!」とか「注意しろ!」とかがフランス語になっているのでプチモンスターの中ではかなりレボリューションな感じ。
いろんな変化が楽しみです。




バカンスごとに幼稚園から持って帰ってくるファイル_c0024345_19001312.jpg


至れり尽せりのお客様扱いしてもらっているような?!
ジャポンスタイルの幼稚園とはかなり違って、ずいぶんサバっとしてるなあ・・・。
ドライやなあ・・・。
と思うことも多いフランスの幼稚園ですが、良いところ、悪いところそれぞれで。
違いを観察しているだけで私も楽しい毎日。
辞書を片手にファイルをじっくり読んで(この1年で何をさせたいからこれをしているとか色々教育的なことの説明を貼ってくれているのだけど、コピーが真っ黒すぎて解読不可能だったりとにかく読みにくい・・・至る所でテキトーすぎるおフランスが出ていて面白い)私もバカンス中にお勉強しよう。



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-10-17 19:58 | パリで子育て | Comments(0)


昨日のプチモンスターの幼稚園の様子を見て、後ろに飾ってある作品が、日本とはずいぶん違う感じで面白いねというメッセージをもらったりしたのですが、本当に私も毎回そう思います。
初日は何も貼られていず、殺風景だった教室に。
毎日ちょっとずつ子供たちが作った作品が張り出されたりしています。



フランスの幼稚園の作品たち_c0024345_21505301.jpg






パリときどきバブーを応援…



どうやら、今、毎日「色」の勉強をしているので、その「色」のお勉強の一環で、この絵も増えていっているよう。
「赤」「青」それぞれの見本になっている画家の絵のチョイスが、もうさすが芸術の国フランスって感じずにはいられません。
幼稚園の年少さん(しかも始まりが9月なので、全体的に日本の幼稚園の年少さんよりもさらに小さな子たち)のクラスとは思えないようなチョイスです。



フランスの幼稚園の作品たち_c0024345_21505355.jpg


今週はさらに「黒」が加わっていました。
「色の歌」というのも何やら家で歌うもの、フランス語がまだ日本語のようには全然出てこないプチモンスターが歌う歌だから、もう全然わからなくて。
「どうやら、これは幼稚園で色の歌を歌っているっぽいな。」
と想像するくらいしかできないので。
担任の先生にどの歌なのかを聞いて、youtubeで検索してようやく発見!



フランスの幼稚園の作品たち_c0024345_21505320.jpg


「黒、それは夜の色・・・♪」
という歌詞らしく。
最近、電気を消して寝ようとすると
「夜だから全部が黒だねえ。外もみんな黒だねえ。」
と言っていたわけが分かり納得。



フランスの幼稚園の作品たち_c0024345_21505495.jpg


プチモンスターが、毎日フランス語の世界を知って、覚えていっているように、私も同じように日々勉強。
幼稚園の世界で登場する言葉は、今まで私が触れてきていなかったものもいっぱい。
発見ばかりで色々おもしろく、楽しんでいます。

ここがプチモンスターの給食室。
幼稚園生と小学生が時間をずらして食べるそう。
毎日「何食べてきたの?」と聞くのですが、たまに返ってくる答え、学校から発表されている給食表を見て確認すると、もう見事に違う。



フランスの幼稚園の作品たち_c0024345_21505477.jpg


「魚とにんじんとパン」
とかいう日に
「ハンバーグとフルーツヨーグルトとパスタ」
とか書いてあったりして。
おいおいっ!
まだ1度たりとも答えが合ったことはない。
あ、いや、大好きな「ショコラ」だけは一度だけ答えが合ったんだ。
「ショコラ」と言って嬉しそうに言いながら、確かにTシャツがチョコレートで汚れていたから確認してみたら、「ショコラのムース」だったんだ。
でもそれだけ・・・。
今日は、「キノコ入りパテ、チキンウィング、ラタトゥイユとクスクス、トムチーズ、木苺のクルクルロールクッキー」なのですが。
さて、なんて答えが返ってくるんでしょうか・・・。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-10-01 22:14 | パリで子育て | Comments(0)


プチモンスターの幼稚園。
1ヶ月が経過して、ようやくようやく、「幼稚園行きたくない」とも言わずに笑顔でバイバイできるように。
毎日それなりに楽しそうで、お迎えの時には笑顔いっぱいだけど、朝はなんとなくグズグズだったプチモンスター。
先週くらいからとてもいい感じになっていたけれど、調子よくいく時とそうでない時があってちょっと波があったり。



1ヶ月たったプチモンスターの幼稚園_c0024345_17470641.jpg






パリときどきバブーを応援…



でも、ついに?!
どうやら朝一から楽しく行けるようになったみたい。
仲良しができてきたおかげで、幼稚園の楽しさ100倍くらいになった模様。
朝、クラスで再開すると、友達同士お互い手を取り合って、みんなパパとママの元を去っていくように。



1ヶ月たったプチモンスターの幼稚園_c0024345_17470768.jpg


最近は、バイバイしているのに、全然気づかずお友達との遊びに夢中になっている姿を見て、苦笑するパパとママの姿を見かけるようになりました。
よかったよかった。
1ヶ月でずいぶんみんな成長したようで。
我が家のプチモンスターも最後の最後まで泣き虫グループで(↓)毎日窓越しにこんな感じでしたが。



1ヶ月たったプチモンスターの幼稚園_c0024345_17470605.jpg


今じゃ窓越しにバイバイすることも忘れてしまう日が出てきたみたいで。
何より何より。
1学年1クラスしかない小さな学校。
例年は1クラスだいたい30人弱くらいなのですが、今年の年少さんはなんと18人だけ。
コロナの影響もあって、パリを離れて地方に引っ越したりして学校を変えざるを得なかった家族も多いよう(兄弟が多くて大家族という家ほどパリを出て行った人が多いと親や先生たちからの情報)。
学校の経営的にはあまり少なくなってしまうのもよくないんでしょうが、親たちにとってはアットホームなクラスがさらにアットホームな感じになっていてよく見てもらえるのでありがたいばかり。



1ヶ月たったプチモンスターの幼稚園_c0024345_17470790.jpg



私も、半分以上は生徒の名前と顔が一致し始め、覚えるのに必死。
ただでさえ、プチモンスターが何を説明しているか分からないのに、人の名前がわかっていなかったら余計分からないということで頑張ってます。
世界史も苦手だったけど、横文字の名前、覚えるのが本当に大変・・・。
外国の慣れない名前は、男子の名前か女子の名前かが分からないとかも多いし・・・。



1ヶ月たったプチモンスターの幼稚園_c0024345_17470751.jpg


パリは雨マークばかり続く天気予報。
そして朝晩はとても寒い・・・。
アパートの中央暖房がつくまではおそらく10月中旬ごろまで待たなくてはいけないので、今がいちばん家の中が寒い季節です。
個別の暖房の友人たちは、もうすでに暖房をつけたと言っています。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-09-29 18:18 | パリで子育て | Comments(0)

怖い時。



怖い時。
顔を覆いつつ、そっと様子をうかがう。


怖い時。_c0024345_03401140.jpg






パリときどきバブーを応援…



椅子の後ろに隠れて、こっそり網目の間から見る。
私に助けを求めるわけでも、止めてくれと言うわけでもなく。
ふと気づくと怖いポーズからの怖いところが通り過ぎるのを待っているプチモンスター。



怖い時。_c0024345_03401165.jpg


たまらなくかわいくて、この姿を見ると「ふふふ」と幸せになって観察してしまう。
私に見られていたのがわかると、ちょっと気まずそうにするので。
気づいていないふりをしながら観察してます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-09-21 03:46 | パリで子育て | Comments(0)


この夏の思い出。
みんなでお庭でバーベキュー。
おいしいものに夢中なみんなの横で、1人ジャルディナージュ(庭いじり)に夢中なプチモンスター。


バーベキューより庭いじり_c0024345_03221127.jpg






パリときどきバブーを応援…



焼き立てソーセージより庭いじり。
手や顔まわりが汚れることをあまり好まないプチモン。
だから土いじりとかもどちらかと言えば、全く興味がなかったけれど。
砂をさわったり、手に泥がついたり、けっこう嫌がっていたのに、いつの間にかむしろ大好きになってます。



バーベキューより庭いじり_c0024345_03221153.jpg


ここしばらく、働く車にハマっていて。
ショベルカーとかブルドーザーとか、とにかく見かけるたびに大興奮なくらい好きなので。
どうやらその働く車の延長で、自分の手を使ってブルドーザーごっこをしているのか、砂や土がいやじゃなくなったようです。



バーベキューより庭いじり_c0024345_03221119.jpg


せっかくこういうことが好きになってきたから。
本当は、アパートのバルコニーで色々な植物を育てたり。
自分で育てた野菜やフルーツを収穫したりしたいけれど。
我が家は日当たりが良すぎて、太陽が当たりすぎて全部枯れてしまうというジャルディナージュがなかなか難しい条件のところなので、なんだったらうまくいくかなあと作戦を練っているところ。
それまでは友人宅の庭いじりで我慢してもらおう。



バーベキューより庭いじり_c0024345_03221076.jpg



パリ近郊の農園の野菜&フルーツ狩りにでも行こうかなと思っている今日この頃。
パリは朝は長袖。
でも午後は暑くて半袖に麦わら帽子という毎日。
来週後半からは一気に気温も下がって秋になりそうなので、あと1週間。
パリの夏の残りを満喫しよう!




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-09-18 03:35 | パリで子育て | Comments(0)

プチモンスターの幼稚園、先週から始まりました。
フランスでは3歳になる年に幼稚園に入園。
つまり今年だったら2017年の1月1日から12月31日に生まれた子供たちが幼稚園生になったということになります。
9月以降に生まれている子はまだ2歳。
けっこうちびっ子な状態でエコール(=学校)と呼ばれる幼稚園が始まります。



フランスの学校、幼稚園に通い始めて1週間がたちました_c0024345_21420817.jpg





パリときどきバブーを応援…




今まで行っていた保育園(フランスでは幼稚園に入るまでいく場所)と違う幼稚園に行くんだということをうまく説明しとかなくちゃと思って、始まる1週間くらい前から
「エコール」ってとこに行くんだよ。
とか、
「幼稚園に行く」的な内容の絵本を読んであげたり。
私なりに説明していたのですが、わかってるのかわかってなかったのかよくわかりませんが、逆に前もって伝えすぎたのか初日はかなりナーバスに・・・汗。
明け方から起きて夜泣きみたいなことになったり。
ベッドの上でうだうだ起きようとしなかったり。
いつもとは違う空気を敏感に感じてしまったらしくて、とてもブルーなプチモンスターを連れていくことになったのでした。
逆にほとんど情報を与えなかったほうが良かったのかなとかちょっと反省・・・。



フランスの学校、幼稚園に通い始めて1週間がたちました_c0024345_21420747.jpg


とはいえ、どの家庭も同じようなもので、泣いている子だらけで特に問題はないようです。
ま、泣いて漏らしちゃってるだろうなあ・・・という想像は当たり。
初日から2回もお着替えして帰ってきましたが・・・汗。

でも2日目以降はトイレもバッチリ成功して着替えも持って帰ってこないので、まあ大丈夫そうだと気楽に考えることに♪
日本に帰った時に催事がある場所場所、日本各地で新しい保育園に行く時に泣いたり、バカンス明けの久しぶりの登校になると泣いたり、とりあえず朝離れるときは大泣きして、でも実はすぐケロッとして楽しんでいるというのが今までのパターンなので、だんだん慣れてくるでしょうと気長に様子を見ることにしました。
1週間たった今日も相変わらず泣いていましたが・・・。
先生に「いつもすぐ泣き止むじゃない!大丈夫よ。」って言われていたからやっぱりすぐ泣き止んでいるのかとちょっと安心。
ただただ好きなように遊んで、先生もただただ遊び相手のお姉さんみたいだった今までの保育園とはやっぱりちょっと違うから、本人も不安もいっぱいなのでしょう。

フランスはバカンスを挟んで約5ヶ月半もあいて本格的な新学期スタートということで(夏休み前、一瞬学校が再開しましたがそれも数日あったかないかだし)、ちびっ子幼稚園生どころか、1年生とかでも泣いていた子が何人もいたと同じ学校のお母さんが話してくれました。



フランスの学校、幼稚園に通い始めて1週間がたちました_c0024345_21420816.jpg


プチモンスターの学校は、一応カトリックの私立。
「一応」というのも、洗礼を受けている受けていないどころか、どんな宗教でも構わないという考えの学校なので、とても厳格なカトリックの学校ではありませんが、近くの教会の神父様がお話をしてくれて、みんなで聖歌を歌ってお祈りをするという聖歌朝礼がある日もあるようです。
毎日蝶ネクタイをして、校門で生徒一人一人に挨拶をする校長先生。
「レミゼラブル」の革命を起こす学生みたいなちょっとかっこいい校長先生を、私は勝手にマリウスと呼んでいます(笑)。

いきなりその校長先生がギターを持って静かに聖歌を歌い始め、びっくり。
校長先生、ギターが得意なそうで、よく子供たちに歌ってくれるんだそう。
しかも、子供たちが興奮しすぎないように、いつもとっても静かに穏やかに歌うんだそう。
おもしろいやないか〜。
というわけで、今後の学校の観察が色々楽しみ♪



フランスの学校、幼稚園に通い始めて1週間がたちました_c0024345_21420885.jpg



毎日、お迎えに行けば楽しそ〜に出てくるので、とりあえず良かった!
なのですが、色々甘えたい部分があるのか、いきなり「おしゃぶり」戻りという現象も?!
どうやらお昼寝の時間に、おしゃぶりを使う友達が多いからちょっと自分も使ってみようとなったようです。
赤ちゃんの時なんて、いくらくわえさせても「ペッ」と吐き出されて、諦めたのに・・・。
使うなら赤ちゃんの時に使って欲しかった・・・。
という母の気も知らず、「おしゃぶり」と「ドゥドゥ」(フランスの子供たちが肌身離さず持つお気に入りのぬいぐるみや毛布など)が安心材料になっているようです。



フランスの学校、幼稚園に通い始めて1週間がたちました_c0024345_22185679.jpg



ちなみに、プチモンスターのドゥドゥはミッキーとワンワン(NHKの「いないいないばあ」のキャラクター)。
おフランスっぽい素敵なかわいいぬいぐるみ、色々持っているのにさ。
なぜかミッキーとワンワン。
ワンワンよ、君はフランスの学校に通っているんだぞ〜。
なかなか貴重な経験だぞ〜(笑)。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-09-10 22:22 | パリで子育て | Comments(0)

3歳になったよ



プチモンスター、今日3歳になりました。


3歳になったよ_c0024345_21144666.jpg





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-04-10 21:16 | パリで子育て | Comments(0)

先日、とある学校のクリスマスマルシェに遊びに行ってきました。
まるでハリーポッターの世界に紛れ込んだのかと思ってしまうような学校。



ストで気づかされた幼稚園の選び方?!_c0024345_00282718.jpg






パリときどきバブーを応援…




広大な敷地の中にとってもとっても素敵な可愛い建物が色々建っていて。
そこら中が子供達が遊べるアスレチック公園みたいになっていて。
素敵だったなあ・・・。



ストで気づかされた幼稚園の選び方?!_c0024345_00265917.jpg


来年の9月から我が家のプチモンスターは幼稚園。
フランスでは3歳になる歳から学校(幼稚園)が始まりますが、幼稚園から義務教育化されたのでみんなが通う場所。
今までもパリに住んで16年。
友人たちのたくさんの子供達が通うフランスの学校の事情とか様子を見聞きしてきてとても興味のある世界でしたが、今度は自分の子供が通い始めると思うと今まで以上に興味があって積極的に色々な学校を見ています。



ストで気づかされた幼稚園の選び方?!_c0024345_00265968.jpg


ここは完全にパリ郊外なので、残念ながら通うのは難しいけれど一度見てみたかったので遊びに♪
というか、今のようなストがあったら無理。



ストで気づかされた幼稚園の選び方?!_c0024345_00265946.jpg



フランスも公立と私立という選択肢があって。
それぞれの良いところとか悪いところがあって。
フランス人も、フランスで子育てをする日本人も、日仏カップルも、本当に見事に「公立派」「私立派」の人たちがいてとっても興味深く、一言では言い表せないくらい色々あるのですが。
その細かいことは今日はさておき。



ストで気づかされた幼稚園の選び方?!_c0024345_00265950.jpg



ほぼ全員が口を揃えて言うのが
「小さいうちは特に、出来るだけ近い学校の方がいいよ。」
「小学校まで送り迎えがあるし、だってこの国ストがあるから。歩いていけなくちゃダメでしょ。」
と言うこと。



ストで気づかされた幼稚園の選び方?!_c0024345_00265947.jpg



そしてみんなが口を揃えて言うことを、まさに体感させてくれるためにストがあったのかと思うほど、今心の底からそれを感じてます(苦笑)。
そうよ。
この国。
いつ何時こんな風にストライキでメトロもバスもない!
それが何日間も続く。
ってことが起こるかわからないんだもの。
それでも学校にはなんとかたどり着かないといけないんだもの。
そりゃ「近いところ」はとても重要な要素なんだ。
ということを実感。
「もうほんとにみんなの言う通りだね。」
って、昨日も来年からの幼稚園選びについて色々悩むママ友達たちとえっさえっさとひたすら歩いて帰ってきました。



ストで気づかされた幼稚園の選び方?!_c0024345_00265921.jpg


さて、そんな今日もこれからお迎えの往復。
毎日少なくとも15000歩から20000歩の万歩計。
年末年始、たらふく飲んで食べるだろうから、今頃ダイエットをしておきなさいってことなのかな・・・。
と思いながら今日もテクテク歩きます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-12-20 00:50 | パリで子育て | Comments(0)


今日はメトロやバスが軒並みストライキのパリ。
不便なことこの上ないけれど、まだお散歩していて気持ち良い、ちょっと気温の上がった週末でよかった。
でもこんな時に。
なぜこんな時に。
我が家は保育園のベビーカー置き場(もちろん鍵付きの特別な部屋)からベビーカーがなくなる(おそらく盗まれたのだろうけれど、まだ誰かが間違って持って帰ってしまったとかもわからないから一部の望みをかけてます)事件に巻き込まれ。



ストライキのパリでベビーカーのない我が家はひたすら歩く!_c0024345_23084296.jpg





パリときどきバブーを応援…




まさにベビーカーが救世主となるはずのこんなストライキの日に。
わんぱくすぎる2歳児の手を引いて、2km弱の道のりを歩いて登園。
これからまた迎えに行って、長い道のりをとぼとぼ帰ってこよう・・・。

メトロもバスも全く動いていないか、超間引き運転すぎて、期待できません。
たまに来るバスはあまりにもすごい人で押し合いへし合いでバスの争奪戦が行われていて、危険を感じてやめておきました。



ストライキのパリでベビーカーのない我が家はひたすら歩く!_c0024345_23084293.jpg


でも、案外がんばって歩く子なんだと発見したり。
ちょっと前までは絶対に手を繋いでおとなしくなんて歩かなかったけれど、前より言うこと聞くようになっていたりとちょっと嬉しい発見があった悲しいベビーカー紛失事件。
自分のベビーカーがなくなってしまったと言うのは理解しているらしく、泣き顔していたから、なんとなく事情をわかってちゃんと歩いてくれているのかな・・・。
いずれにせよ、このストライキがお願いだから長く続きませんように・・・。
奇跡が起きてベビーカーが出てきますように・・・。
誰か返して・・・。



ストライキのパリでベビーカーのない我が家はひたすら歩く!_c0024345_23084209.jpg



今日は大ストライキでパリ市内はもちろん、パリの郊外に住んでいる人も大変で。
先生も歩いて帰る覚悟で早く保育園を出たいようで、時間ぴったりくらいに迎えにきてくれたら嬉しいわと言っていました。
というわけで、これからまた、お迎えに行ってきます。
パリの可愛いお菓子屋さんの写真と、エッフェル塔の写真を見ながら。
気分を上げてみました(泣笑)




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-09-13 23:27 | パリで子育て | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.