パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーと3歳の息子プチモンスターと共に、パリの日常をお届けします。
東京・西荻窪のフランス雑貨店「ぼわっと」オーナー。
パリのガイドブックなど著書は13冊。雑誌やウェブメディアでもコラム連載中。
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 大丸福岡 ポップアップショップ
  • 11月25日(水)〜12月1日(火)まで
  •    
  • 上野マルイ ポップアップショップ
  • 12月1日(火)〜12月25日(金)まで
  •    
  • 「ぼわっと」通販サイトがオープン
  • shop@boite.tv から色々お買い物いただけるようになりました!

カテゴリ:パリのイベント&エンタメ( 189 )



フランス、2回目のロックダウンが始まった週末。
そしてハロウィンの週末。
残念ながらプチモンスターがお友達たちと約束していたハロウィンパーティーは中止にになってしまったけれど。
気分はハロウィンパーティーで、ご近所のお散歩&お買い物へ。



ロックダウンの週末のハロウィン_c0024345_09481370.jpg







パリときどきバブーを応援…



そもそもフランスではそこまでハロウィンのイベント自体は大きくなく、スーパーのお菓子コーナーが少しハロウィンだったり、街角のパン屋さんやチョコレート屋さんにハロウィンのお菓子が登場したり。
八百屋に大量のカボチャが積まれたり(もちろん秋だから食べるようという意味もあるけれど飾りようみたいなものもたくさん)。
花屋さんの装飾がハロウィン仕様になったり。
そんなもの。



ロックダウンの週末のハロウィン_c0024345_09481262.jpg



ご近所さんとの距離が近い、パリ郊外などではけっこう本格的にハロウィンを楽しむ場所もあるらしく、今年は友人に誘われていたのですが、残念ながらロックダウンで自粛。
それは来年の楽しみに・・・。
ということで、ご近所のお散歩だけですが、プチモンスターは多分これだけで十分ハロウィン気分を楽しんでいた様子♪



ロックダウンの週末のハロウィン_c0024345_09481209.jpg


こんな時なのに、「仮装してきたらサプライズがあるよ」って表示している優しいお店もあったりして。
いつもすごくお店の人たちの感じが良いビオスーパー。
お店の奥に、いろんなお菓子が用意してあって、袋詰めにしてくれました。



ロックダウンの週末のハロウィン_c0024345_09481135.jpg


このお店の人たちも、ハロウィンコスチュームに包まれていたけれど。
パン屋の人たちとかスーパーのレジの人たちとか。
けっこうあちこちでハロウィンアイテムつけていたり、メイクしていたり。
ロックダウン始まっちゃったけど、できる限りのところで明るく楽しもうという空気を感じました。



ロックダウンの週末のハロウィン_c0024345_09481213.jpg



トゥッサンのバカンスも今日で終わり。
明日、月曜日からはまた学校の始まり。
今回、2回目のフランスロックダウンですが、学校は通常通り。
とにかくそれがよかった・・・。
至れり尽せりの優しくて楽しい感じの日本の幼稚園で過ごした2週間。
そして2週間ぶりにフランスの幼稚園。
さて、どうなるか・・・。
ちょっと心配してますが。



ロックダウンの週末のハロウィン_c0024345_09481150.jpg


「明日からレティシア(担任の先生)の幼稚園に行けるよ。お友達にもたくさん会えるね。」
って言ってみたら、
「ヴィクトールとか??」「アエルとか??」「ジャコモもリムもルカもいるね?!」「シャルロットもね。」
なんて発言が次々に飛び出していたから、案外すんなりまたフランス脳に?!
ロックダウン始まって、初めての登校。
とにかく学校が無事につづきますように・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2020-11-02 10:04 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


パリ管弦楽団の本拠地、「フィルハーモニー・ド・パリ」の子供アトリエに出かけてきました。
パリ19区(パリの地図で言うと一番右上の端)のラ・ヴィレット公園というパリ市内でいちばん大きな公園の中にある施設。
この公園には科学博物館とか、ドームシアターとかいろいろな施設がありますが、「シテ・ド・ラ・ミュージック」(音楽都市)と呼ばれる施設のひとつが「フィルファーモニー・ド・パリ」。



「フィルハーモニー・ド・パリ」の超人気アトリエ_c0024345_16350930.jpg







パリときどきバブーを応援…



たくさんのコンサートが行われる大ホールだけでなく、子供や大人のためのアトリエとか、美術館とかいろいろ勉強して本物に触れられる素晴らしい施設なんだけど、なにしろ19区の端っこで真反対に住む我が家からはメトロを2回乗り換えて1時間かけて行かなくては行けないのでちょっと遠くてなかなか足をのばせません・・・。
でも、プチモンスターとのお出かけを理由に、最近はできるだけ色々な機会を作って遊びにいくようにしています。



「フィルハーモニー・ド・パリ」の超人気アトリエ_c0024345_16350812.jpg


「音楽都市」のひとつとして、「パリ国立高等音楽・舞踏学校」もあって、何やら長ったらしくて難しい名前ですが、あの「のだめカンタービレ」でのだめちゃんが留学するコンセルバトワールです。
今回は、プチモンスターが大好きで毎日遊びたい、電話して呼んでくれとお願いしてくる「島っ子りんちゃん」家の次女もおまけで連れて♪



「フィルハーモニー・ド・パリ」の超人気アトリエ_c0024345_16350813.jpg



フィルハーモニー・ド・パリへゴー!
この建物の地上階部分に、様々なアトリエが開かれている小部屋がたくさんあります。
毎週定期的に通ってあらゆる音楽(楽器)に触れて学ぶことができる年齢別のコースとか。
0歳から本物の楽器に触れて楽しめるコースとか。
世界の様々な音楽を教えてもらうアトリエとか。
小さなものから大ホールで行われるものまで、年齢別の色々なコンサートとか。



「フィルハーモニー・ド・パリ」の超人気アトリエ_c0024345_16350881.jpg



こんな一流の「「ホンモノ」の場所で体験できるので、それはそれはもう人気で。
毎年申し込みの日にはパソコンにかじりついていてもすぐに売り切れてしまいます。
ローランギャロスのチケット取るのと同じくらい?
いや、それより大変かもという人気ぶりです。
サイトにアクセスするまでに1時間くらい待ったし。
今年も長時間かけて粘ったけれど、やっぱり毎週通うコースは満席で取れず(泣)。
でも3歳になって、去年までより参加できるプログラムが増えたので、単発アトリエを色々申し込んだのでした。



「フィルハーモニー・ド・パリ」の超人気アトリエ_c0024345_16350792.jpg



この日は「アフリカの民族音楽」を体験するアトリエ。
歌を覚えて、踊りも習って一緒に歌って踊って。
帰りのメトロの中でもみんなで歌いながら帰ってきました♪



「フィルハーモニー・ド・パリ」の超人気アトリエ_c0024345_16350947.jpg



我が家は再びワンオペ中。
ぼわっとイベントのため、パパが1ヶ月ちょっと日本に帰っています。
なにしろ日本に入国してから2週間の自宅待機があるので、仕事といってもかなり長く期間をとって帰らなくてはいけない状況。
プチモンスター、せっかく久しぶりにパパに会えて喜んだもの束の間。
またちょっぴり寂しい1ヶ月に突入しています。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-10-06 17:08 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


週末、乗馬クラブのポニー体験イベントを発見。
というわけで、プチモンスター、ポニーに乗りに行きました。



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215208.jpg







パリときどきバブーを応援…



お休みの日は何かしら外で体を動かす時間を作ってあげないとだけど、公園に連れて行ってず〜っと遊んでいるのをひとり見守っているだけは母的にも退屈だったりして。
なので自分も一緒に楽しめる何か楽しそうなことを探すようにしてます。



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215104.jpg


パリ郊外にある乗馬クラブ。
パリでは乗馬はとても人気の習い事のひとつ。
他の習い事に比べたらやっぱりちょっと高いけど、習い事自体の料金が安いフランス。
だから乗馬もわりと身近な存在。



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215269.jpg


人気で申し込みの日にはあっという間にいっぱいになるというのを聞いたことが何度もありますが、実際周りにも子供の習い事の一つにしている人がたくさんいます。
まだまだもう少し大きくならないとムリかなあと思っていたら、ポニーちゃんなら案外チャンスがあるようで。
このイベントも18ヶ月から参加できるというちびっ子には嬉しいイベント。
乗馬クラブ所属の小学生から中学生くらいのお姉さん、お兄さんがサポートしてくれながら森のような公園を1周してきました。



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215142.jpg


プチモンスターが「この子がいい」と選んだポニーちゃん。
名前はパステル。
この子がちょっとしたいたずらっ子で。
すぐ寄り道をしたがる。
すぐ草を食べたがる。
食べられないように口輪をしているのだけど、地面にこすりつけて自力で外してしまって。
すぐ草をもぐもぐ食べ始める・・・。



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215268.jpg


集団の先頭で出発したはずなのに、いつの間にかいちばん後ろ。
小さなこんもり盛り上がった草がいっぱいあるところに登って、草をムシャムシャ。
引っ張っても反抗して全然きてくれない!
大人の力でもどうしようもないと焦っていたら、先導していた乗馬クラブのかわいい少女が助けに来てくれた♪
「ああ、またこの子ね。この子、いつもこうなのよ。」
ってなれた調子で引っ張っていってくれる。
まだ小学校高学年くらいなのに、かっこいい♪



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215115.jpg


結局パステルちゃんは、その後何度も口輪を外し、もぐもぐタイムをしようと、頑固に立ち止まっていたけれど。
お姉ちゃんに教えてもらった引っ張り方を真似て、なんとか最後に到着。
いたずらっ子のポニー、パステルちゃん、けっこうイヤイヤ暴れてたけど、その辺りはなぜかプチモンスター全くパニックにならず平然と乗っていて(私たちの方がパニック)、案外すごいじゃんと感心したポニー体験。
それにしても、親に手綱を持たせて、「じゃあ1周してきてくださ〜い。」って放置してくれる感じ、本当にフランスっぽい笑。
この自由さが好きです。



乗馬クラブのちびっ子ポニー体験会_c0024345_17215031.jpg


馬舎では、かっこいい乗馬服にブーツを履いたたくさんの少年少女たちがキビキビと馬のお世話をしていて。
みんなとっても素敵でした。
もう通年コースはやっぱり満席御礼だったけど、プチモンスターもバカンス中などの単発コースに通うことに。
新しいことにどんどんチャレンジして行こう!
プチモンスターと一緒にいろんなこと楽しんでいます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2020-09-22 17:38 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


昨日の日曜日はツールドフランス最終日。
今年はコロナの影響で6月末の開始日が8月末に延期されて開催中でした。
プチモンスターもいるし、子連れでツールドフランスなんて考えもしていなかったので予定なしでしたが、急に思い立って出かけたパリ郊外がまさにツールドフランスの通り道。
ものすご〜く久しぶり(何年ぶりだろう?!)に生のツールドフランスを見ることになりました。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143976.jpg







パリときどきバブーを応援…



日曜日。
プチモンスターを連れてどこにお出かけしようかなんて色々調べていたら。
乗馬クラブでのポニー体験を発見。
よし、ポニーに乗りにいこう!
と車で出かけたものの、パリに入ってくるツールドフランスの影響で、郊外に出ていく通り、どこもかしこも規制線がはられ通行止めばかり。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143650.jpg



これは今日は車はムリだ。
あきらめて、電車とトラムを乗り継いで行ってみよう。
と、行った先はまさにツールドフランスの通り道。
沿道に集まる観客たちの話を聞いてみると、どうやらもうすぐ通り過ぎる?!
というわけで私たちも楽しむことに。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143823.jpg



ツールドフランス。
選手たちが通る前に、スポンサー企業たちの宣伝カー(山車のようなもの)がパレードをします。
それぞれの企業の宣伝をかねて、山車からは色々なものが沿道に投げられ、みんなそれを楽しみにしているのです。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143775.jpg



エコバッグ、飴、ゴムブレスレッド、キャップ帽etc。
投げ込まれるものは本当色々。
みんな手をあげて「お〜い!!」ってしているのは(↓)。
「こっちに投げてくれ〜!」
とアピールしているからなのです。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143817.jpg


これ、沿道ギリギリのところをけっこうなスピードで通り過ぎていくのですが、ものすごい台数あるので、30分くらい永遠に宣伝カーが続きます。
(ちなみに、これ、事故とかあるよね、危なくない?と思うほどのスピードで大きな山車が目の前を通りますが実際に過去に子供が亡くなる事故もあったみたい・・・。私たちも半分はプチモンスターを抑えるのに必死です。)
郊外の沿道なので、何重にも重なるほど観客は多くないものの、沿道にはビッシリ人が並び。
けっこう本気でこの宣伝カーから投げられるものをゲットすることに夢中になっている人も。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143784.jpg



大リーグのホームランボールを奪い合うように?!
降ってくるもの取るのに激しい戦いなので、我が家は何も取れずだねなんて思っていたら。
最後の最後に目の前にたくさん落ちてきたものの1つをゲット!



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143795.jpg



木のスプーンが拾えたよ♪
「これでヨーグルト食べられるね。」と、プチモンスターものすごく大満足。
よかったよかった。

で、これが終わってすぐ自転車部隊がというわけではない。
だって、自転車とは思えないスピードでやってくるから間をあけなかったら宣伝カー部隊と自転車部隊がぶつかってしまいますもんね・・・。
なので実際1時間以上間隔があくのです。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143834.jpg



我が家は乗馬クラブのポニーに乗るという目的があったので、「帰り道にまた見れたらいいね。」なんて言いながら公園へ。
で、帰り道に見事またちょうどいい時間に遭遇したというわけなのでした。
自転車の方はもうほんとに一瞬の出来事。
目にも留まらぬ速さで、数十秒で一団が駆け抜けます。



『ツールドフランス2020』最終日を観戦することに_c0024345_19143984.jpg



偶然だったけど、フランスの人気一大イベントを楽しめた日曜日。
あ〜楽しかった♪

帰り道、「箱根駅伝も無観客で開催が決定」なんていうニュースを目にして。
毎日1万人前後の感染者を出しているおフランスでこの盛り上がりっぷり。
そして毎日数百人(?)の感染者の日本ではずっと先の駅伝が無観客。
むむむ・・・なんて複雑な思いをしながら帰ってきたのでした。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-09-21 20:00 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)

今日も夏休みの思い出の一コマ。
パリのディズニーランド編。


コロナのパリのディズニーランド_c0024345_18081899.jpg







パリときどきバブーを応援…




パリのディズニーランド、東京に比べたら夢のように空いているとはいっても。
パリなりに混んでいる時期、いつもは避けたいなと思う8月。
でも今年は観光客がほとんどいないという状態で案外空いているかなと、友人ファミリー、そしてプチ天使ちゃんと行ってきました。
至る所でソーシャルディスタンスされているので、朝、入り口を入ると、ミッキーたちも上の方からお出迎えしてくれました。



コロナのパリのディズニーランド_c0024345_18081712.jpg


みんな年間パス所有者。
パリのディズニーランドも約4ヶ月も閉まっていたわけですが、閉園していた期間プラス1ヶ月、合計5ヶ月分。
年間パスの有効期をちゃんと伸ばしてくれていました。
優しいです。
ディズニーランド。



コロナのパリのディズニーランド_c0024345_18081842.jpg


ミュージカルとディズニーが大好きな、まるで私の若い頃と好きなものが同じなプチ天使ちゃん。
この秋から高校生になっているすっかりお姉ちゃん。
ベビーシッターのようによく面倒見てくれます♪
ちょっぴりのことでびびる小学2年生と、3歳のモンスター2人を相手に、大したものも乗れないのに、ず〜っとちびっ子たちに合わせてくれて、ニコニコ相手をしてくれて、本当に優しい。



コロナのパリのディズニーランド_c0024345_18081764.jpg


アトラクションの列はソーシャルディスタンスを守るために色々な指示が。
そしてキャラクターたちとも、一定の距離を保ってご対面。



コロナのパリのディズニーランド_c0024345_18081845.jpg



ロープや柵越しにしか会えないのだけど、プチモンスターたちはすぐそばによく知っているキャラクターがいるだけで大満足です。
観光客がほとんどいない分、8月とは思えない空きっぷり。
15分から20分くらい並ぶものがほとんどかなあという感じで、穏やかな気持ちで回れるちょうど良い混み具合でした。



コロナのパリのディズニーランド_c0024345_18081726.jpg


まだ1歳になる前から、けっこう色々なものに乗せられてきたプチモンスター。
赤ちゃんのころは、訳わからず乗せられていたという部分もありますが、最近は大きくなってきたからこそ怖がるものも。
室内系の乗り物を怖がるようになりました。
だからピーターパン、ピノキオ、白雪姫、カリブの海賊etcのような室内に入っていくものは拒否!
色々なことを理解できるようになったからこそ変わっていくのも成長の証。
その時楽しめるものを楽しもう♪



コロナのパリのディズニーランド_c0024345_18081950.jpg



帰りもミッキーたちは、上の高い方からお見送りでした。
すごく色々なところでちゃんとコロナ対策がなされているようで、
「ええっ、ここはこんな密でOKなわけ?!」
というちょっぴり不思議なディズニーランドのコロナ対策の様子は、つい先日コラム「PARIA mag パリマグ」でもご紹介しているので、ぜひ覗いてみてください。
ちょっぴり違う角度からのディズニーランドパリを♪



コロナのパリのディズニーランド_c0024345_18081659.jpg


今週から2週目に入ったパリの幼稚園。
今日もちょっと泣いてましたが、先週よりも泣きっぷり度が大幅に下がったから大丈夫そう。

コロナ感染者数がどんどん増えていて、先週だけですでに22の学校(フランス領のレユニオン島を含めなので島を含めないフランスだったら10校)が閉まったフランス。
まあ60000分の22なのでまだまだ多いというわけではありませんが。
ようやくようやく新学期が来たのに、あっという間に閉鎖なんてことにならないように、両親たちはビクビク。
閉まるなんてことありませんように・・・。



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2020-09-07 18:35 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)

先週末からパリはスキーバカンスで2週間学校がお休み。
周りはけっこうみんな山へスキーに出かけています。
だから今週は保育園もガラガラ。

そんなバカンス最初の週末。
パリでは柔道の世界大会「グランドスラム・パリ」が開催されました。
今回はご縁あってこの大会でアテンド通訳のお仕事。
今まではあまり触れたことのなかった柔道の世界へ。



パリで開かれた柔道の世界大会で_c0024345_20594705.jpg






パリときどきバブーを応援…




ほぼ日のコラムなどでも書いていますが、フランスでは柔道は大人気。
子どもの習い事の男子ナンバーワン人気は柔道。
女の子だってかなりの確率でやっていて、私の周りのちびっこ達も柔道やっている、もしくはやっていたという子だらけです。
この大会に行って、フランスでの柔道人気を目の当たりにしました。
上の方まで観客でびっしり。
会場の空気がうねるような盛り上がり。
そしてみんなとても楽しそう。

さて、私は裏での選手達の撮影のお手伝い。
これ、今年の東京オリンピックのための撮影なのですが、スポーツ大会とかでよく選手のデータなどの紹介とともにスクリーンやテレビに選手の写真が映りますよね。
そしてこれが最近はただのバストアップ写真とかではなく、ファイティングポーズをとったりする動画であることが多くなりましたよね。
それ用の撮影でした。



パリで開かれた柔道の世界大会で_c0024345_20594635.jpg


まだ、オリンピックの代表選手が決まってないパターンも多い状況で。
そして代表選手になったとしても、勝ち上がりその映像が使われるかわからないという状態で。
当然「もしも」の時に備えて可能性のある人の撮影は全部しておいて準備するということなのです。
国際試合中の緊張感ある中で、空いている時間を見つけてスタジオに来てくれる選手に、いくつかのパターンのポーズや動きをしていってもらいます。

そして細かいポーズの確認など以外に、オリンピックだから決められているという超〜細かいルールに乗っ取って、
例えば胸に国旗などのエンブレムが付いている場合はこの面積以下。
スポンサーの名前が入っていたらアウト。
袖やその他の場所に柔道着のメーカーの名前が入っている場合はこの面積以下。
etc 「こりゃ〜大変だ〜。」と感心してしまうたくさんの決まり事もあり、本当にみんな大変な思いをしてオリンピックという大きな行事の1つの競技が行われるんだなあ・・・。
素人が想像しきれないパターンの裏方作業があって、成り立つんだなあ・・・。
と、こういう世界をのぞき見れたことにとても感謝しました。



パリで開かれた柔道の世界大会で_c0024345_20594757.jpg


オリンピック出場がかかる緊張感ある国際試合で試合以外のことも対応して色々やらなくてはいけない選手はもちろん。
それを支え細かい仕事をする裏方も。
みなさん本当に頭が下がります。

試合の合間には、歴代のレジェンド達が一人一人紹介され、これまた大盛り上がり(↑)。
また新しい世界を見ることができて本当に楽しかった!


*ぼわっと春のイベントのお知らせ*

①西宮阪急「恋するフランス2020」 2階 コンコースからの入り口正面
2月19日(水)から2月25日(火)まで

②「ぼわっと蚤の市@小田原」
場所:「古民家 田園倶楽部」 神奈川県小田原市蓮正寺224ー5
日時:2020年2月29日(土)〜3月2日(月) 3日間 11:00~18:00

③阪急うめだ本店 フランスフェア 祝祭広場
3月18日(水)から3月24日(火)まで




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-02-10 21:28 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)

日本から来ていた10人のお客様たちが一気に帰ってしまって、賑やかだった毎日が静かになりちょっと寂しいパリの我が家。
みなさんが来ているときは、12月から始まっていた「無期限ストライキ」ががっつり続行中で、毎日メトロやバスの運行状況を調べて工夫して移動したり。
配車サービスアプリを駆使してもらったり。
いつもとは違うパリの状況でした。



パリの冬イベント「冬のサーカス」_c0024345_20492996.jpg






パリときどきバブーを応援…




ところがみなさんが帰った途端、なんだかしれっと何もなかったように交通機関が普通に戻っているパリです・・・。
あんなに大々的に、こんなに長い期間徹底的にやったんだから。
大きな声で宣言して元に戻してほしいわ・・・。
って思うくらいしれっと戻ってます。
ほとんど通常に。



パリの冬イベント「冬のサーカス」_c0024345_20492845.jpg


今回の日本からの10人御一行様「ぼわっとツアー」は、出張でパリに来た店長Junkoさんのパリ行きを知って、みなさんが「わたしも」「わたしも」とどんどん参加した感じ。
というわけで、パリ滞在の日程も少しずつずれていたり、短い人も長い人もいたりと色々でしたが。
全員、同じアパートタイプのホテルに滞在することにして。
バラバラに行動してもなんとなく一緒にいれる時間も多いというフリータイムが多いけど、みんな一緒だから心配もなしという旅でした。
そして、全員が重なる数少ない日程のうち、みんなで参加のイベントとして選んだのがパリの冬の名物「冬のサーカス」。



パリの冬イベント「冬のサーカス」_c0024345_20492982.jpg


ガイドブックやコラムなどにも何度も紹介している大好きなイベントですが、時期が合わなくては機会がないということと。
なんとなく「サーカス」って大人になってから、わざわざ海外旅行中に行く機会もないものなので、今回お客様全員が初体験でした。
サーカスって、最近はとても現代的にアレンジされたものが多くて、いわゆる昔ながらのサーカスが少なくなっていると思います。
(現代的なものは「サーカス」というよりは「エンターテインメント」の一つですね)
パリの「冬のサーカス」は、昔から変わらないノスタルジックなタイプのもの。



パリの冬イベント「冬のサーカス」_c0024345_20492922.jpg



真っ赤な椅子が円形のステージをぐるりと囲み。
生バンドが演奏してくれて。
動物もピエロもアクロバットも。
幕間には、これまたとってもレトロな昔ながらのロビーで、ポップコーンに綿あめにフェイスペインティングに量り売りのお菓子に♪



パリの冬イベント「冬のサーカス」_c0024345_20492915.jpg



日本では味わえない雰囲気に全員大興奮でした。

もちろん我が家のプチモンスターも。
今年で2回目となった「冬のサーカス」。
去年1歳で初めて見に行った時とはまた違う反応。
そしてサーカスに行った夜は夢を見たのか、目覚めたとたん「ラクダ」と口にしていました。



パリの冬イベント「冬のサーカス」_c0024345_20492834.jpg


2月は昨年に引き続き、西宮阪急でのフランスフェアでのかなり大きな規模の「ぼわっと」が登場します。
2月19日から1週間。
パリの我が家も参戦する予定。
ただいまパリでは新商品をたくさん集める作業真っ最中です。
他にも色々なイベントが続きますのでまたお知らせしますね。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-01-28 21:17 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)

パリの百貨店、ギャラリー・ラファイエットのクリスマスデコレーション。
毎年恒例の冬の風物詩のひとつになっているウィンドーディスプレイ。



ギャラリーラファイエットのクリスマスウィンドー_c0024345_23223570.jpg







パリときどきバブーを応援…




たくさんの観光客の間をかき分けながらじっくりみるのも大変なくらいの人混みで大にぎわい。
今年のテーマは「ハチ」だったみたい。
ウィンドウの目の前には子供用のお立ち台ができているから、ちびっこたちはこのお立ち台にのぼれば人がたくさんいてもじっくりみることができます。



ギャラリーラファイエットのクリスマスウィンドー_c0024345_23223557.jpg


毛糸の帽子をかぶって、マフラーをぐるぐる巻きにした真冬のかっこうのちびっ子たちが夢中になってウィンドーに張り付いている姿を見るだけでほっこりするこの場所。
親たちは自分の子供を振り向かせてなんとか素敵な写真を撮ろうとするのだけど、みんな夢中になって全く振り返らない。
もしくは変顔ばっかりしてママを困らせる(笑)。
そんな微笑ましいやりとりを見ているだけでも可愛い♪
「もううちの子ダメだわ。写真あきらめるわ。ふうっ。」
なんてお隣のママにため息交じりに話しかけられたりして。



ギャラリーラファイエットのクリスマスウィンドー_c0024345_23223516.jpg


とてもサクッとですが今回のバージョンも無事に見ることができました。
ストライキのせいで。
左岸の家からセーヌ川の向こう側。
右岸に渡るのがとてもとても大変で・・・。
特に子連れなんて混みすぎていてバスに乗れないのでプチモンスターを連れて行ってあげたいけれどそれは叶っていず。
もうそろそろ終わってしまうのかなあ・・・。



ギャラリーラファイエットのクリスマスウィンドー_c0024345_23223599.jpg



今日の朝は、ものすご〜く久しぶりに、ベビーカーごと乗れるバスがやってきて、ものすご〜く久しぶりに歩きではなくてバスで保育園に。
(ストライキでメトロがほとんどないので、皆がバスに集中して混雑すぎて乗れないことが多い)
あ〜なんか久しぶりだわ・・・。
と思ってチケットをピコンとやりに運転席の方に行ったら、運転手さんに
「機械が壊れてるからチケットピコンできないから」
と言われ、
「あら、そうなの??タダ乗りいいの?まさかそんな時に検札こないよね・・・。」
なんて思って戸惑っていたけれど
「セパグラーブ」(=大したことないさ)
っておフランス人お得意の決まり文句を言われ。
おフランス的な1日の幕開け。



ギャラリーラファイエットのクリスマスウィンドー_c0024345_23223603.jpg


プチモンスターは、クリスマスバカンスがよっぽど楽しすぎたのか、最近ちょっぴり保育園に行きたがりません。
困ったなあ・・・。
と思っていたら、保育園で何人も子供が大泣きしていて。
みんなバカンス明けはそうなのね。。。
どこに行ってもウキウキだらけのクリスマス、毎日楽しいことばっかりだったものね・・・。



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2020-01-07 23:46 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)

ストライキでパリ市内の移動ができなかかったため、すっかりクリスマス過ぎてしまったけれど。
ギャラリーラファイエットのクリスマス、みにいってきました。
今回バージョンもとっても見事。



ギャラリーラファイエットのクリスマスツリー_c0024345_20360213.jpg







パリときどきバブーを応援…




デパート前の大通り(いつも混んでいるけど、ストライキで車が増えている分混み具合が半端ない)の木々にもイルミネーションがついていて。
とても美しい♪
デパートは相変わらずもうすんごい観光客で、どこの国にいるのか全くわからなくなるほど・・・。



ギャラリーラファイエットのクリスマスツリー_c0024345_20351600.jpg


ストライキで例年の50%減とニュースでは言っていたけれど。
そんなことを感じさせないすごい人!
でもなんとか今年の(もう去年だわ)ツリーも拝めて。
きらびやかでした。



ギャラリーラファイエットのクリスマスツリー_c0024345_20351637.jpg



今回のは下に電飾のチロチロがついていたので。
実際に見ると、地上階から見上げるのがいちばん素敵だった気がします。
ちなみに↓ニョキッと横に出ているのは足元が透明になっているお立ち台。
順番に入れるようにして、間近まで行って記念撮影もできるようになってます。



ギャラリーラファイエットのクリスマスツリー_c0024345_20351668.jpg


もちろんこれも大行列だったので、遠くから見るだけにしましたが。
けっこうスリリングかも。



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-01-05 20:47 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)

世界最古のデパート、「ボン・マルシェ」。
クリスマスイルミネーションでキラキラに彩られ、ウィンドーも中の商品も売り場スペースも、みんなクリスマスに向けて盛り上がってます。



「ボン・マルシェ」のクリスマス_c0024345_23210441.jpg






パリときどきバブーを応援…




今年も天井からたくさんのクリスマスツリーが降っています♪
2つ前のブログ記事に載せた去年の写真と比べると、似ているけれど細かいところが結構違う。
今年は天井から降っているツリー自体にもキラキラがついて、さらにきらびやかどがアップしてました。



「ボン・マルシェ」のクリスマス_c0024345_23210465.jpg


土日はとにかくすごい人!
特に「黄色いベスト」のせいで封鎖されるメトロやエリアがたくさんあったため、自然と封鎖されていないところに人が集まり余計混んでいたような気も・・・。



「ボン・マルシェ」のクリスマス_c0024345_23210376.jpg



「ボン・マルシェ」のクリスマス仕様のウィンドーは他の百貨店に比べたら、派手さには欠けるけれど。
特に人形の動きとか音楽とか、全体的におとなしめではありますが、子供たちは嬉しそうにそれぞれのウィンドーに夢中になっていました。



「ボン・マルシェ」のクリスマス_c0024345_23210442.jpg



11月も中旬を過ぎて、パリはあちこちの通りに設置され準備万端だったイルミネーション、クリスマスマルシェなどが次々にオープンし始めました。
保育園にお迎えに行く頃には、もうすっかり暗くなり、公園も閉まってしまい(パリの公園は、日照時間に合わせて季節ごとに門が閉まる時間が全然違う)、帰り道に遊ぶところがなくて真っ暗な道をとぼとぼって感じのちょっと寂しい冬に突入しましたが、いつも歩く通りのイルミネーションがついているのを見つけて、とても心が華やいだ昨日。



「ボン・マルシェ」のクリスマス_c0024345_23210428.jpg


プチモンスターも、
「きらきら〜。」
といってベビーカーから身を乗り出して通りのはるか彼方まで続くキラキライルミネーションを楽しんでいました。
今週末くらいから、もみの木が並び始めるのかなあ・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2019-11-19 23:35 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.