パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 有楽町・コニカミノルタプラネタリアTOKYO
  • 「フランス星めぐりの空で」 9月20日(金)〜11月18日(月)まで
  •    
  • 熊本・鶴屋百貨店「ぼわっと」フランス展
  • 10月2日(水)から10月7日(月)まで(最終日は16時まで)
  •    
  • 大阪・未来屋書店イオンモール四條畷店 「ぼわっとコーナー」
  • 10月8日(火)〜11月30日(土)まで

カテゴリ:パリのイベント&エンタメ( 179 )



今年度から、月曜日は保育園をお休みにして、習い事の「音楽&お絵かき」教室に通い始めたプチモンスター。
午前中だけで終わるので、お昼からは私と2人のデートタイム。
今日は博物館に動物の剥製を見に行こうかと思って、バス停でバスを待っていると、いつまでたってもバスがやってこない・・・。
みんななんだか困り果てている。
どうしたことかとアプリで調べてみると、今日もかなりたくさんの路線が「サービスなし」の表示。
「今日も」というのは、先日の大きなストライキに続いて、最近は大きなイベントのためにたくさんの路線がストップするとか、理由のわからないものも含めなんだかバスが動いていないということが多過ぎて、ちょっと辟易してました。



c0024345_03442597.jpg






パリときどきバブーを応援…




そして今日。
そうか、今日9月30日は26日に亡くなったジャック・シラク元大統領への追悼行事が国を挙げてあちこちでイベントが行われるとニュースに書いてあったか。
別れを告げようとシラクさんの棺が置かれたアンヴァリッドに多くの人が行列したとも書いてあったか。
今日はそれだったかあ・・・。
と、予定を変更。
博物館は諦めて、ちょうど数駅先まで動いている路線があって、アンヴァリッドまで歩いて20分くらいのところにつけるらしい。
というわけで、どうせバスも動いていないし、私もアンヴァリッドのそばまでお散歩がてら偵察に行こうと予定変更。
歩いているうちに、プチモンスターはお昼寝タイムzzz
さてさて、アンヴァリッドに近づいてみると、なにやら大きな大きな黒いテントのような建物が。
「おおすごい、さすが喪に服している感じだ。。。すごいの建ってるわ」
と目の前にやってくると、全然違う。
「CELINE」の文字。
なんだ、喪に服しているどころじゃない。
華やかなパリコレの会場の方だった・・・。



c0024345_03442527.jpg


あれれ、それじゃあぐるりと一周してみよう。
と、アンヴァリッドの周りと歩き回ってみるものの、いつもののどかな観光客がちらほらいる風景となんら変わりがない・・・。
あれ?
ジャック・シラク元大統領的な雰囲気はなし。
なんでだろう。
時間がずれ過ぎたのかなあ・・・。
あのニュースはなんだったんだろう。
と、諦めて帰ることに。
が、またまたバスがことごとく走っていない(泣)。
というわけで、もうしょうがないと歩いて帰ることに。
エッフェル塔を通り過ぎ。
私1時間半くらいベビーカーを押してひたすら歩いている・・・。
最後の最後、家に近づいたら、動いている路線で2駅分だけバスに乗って家の前まで行けるとわかって、来たバスに乗ることに。



c0024345_03442646.jpg


バスに乗った瞬間、教会の15時の鐘が3回鳴りました。
(毎時その時間の数だけ教会の音が鳴るので、時計を見なくても何時かわかります。鐘が鳴り始めると無意識に頭の中でカウントが始まるので必ず何時かわかるんです。便利!)
すると、突然、運転手さん。後ろを振り返って。
「乗客の皆さん、お静かに!ジャック・シラク元大統領の為に黙祷」
的なことを指示して、1分間黙祷?!
バスは走り出しません。
(乗客の皆さんは、突然のことで若干唖然としていました)
そして1分後。
「みなさんご協力ありがとう。」
といってバスが走り始めました。
なになに?そういうこと?になっていたんだ。今日?
というわけで、1時間半さまよい続けて、いまいちジャック・シラク元大統領を追悼する的な空気を感じられなかった私は、思わず最後の最後、バスの中で追悼の空気をがっつり感じて帰ってきたのでした。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-10-01 04:06 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


昨日14日はフランスの革命記念日。
シャンゼリゼ大通りでの軍事パレードが行われ、夜はエッフェル塔の花火大会。



c0024345_22083629.jpg






パリときどきバブーを応援…




我が家は毎年恒例のエッフェル塔が見える素敵な友人宅で花火を待ちながらパーティー。
今年の14日はかなり気温が低くてちょっと寒かった。
花火は日が落ちる23時から始まるのでかなり長い間待たなくてはいけないのでみんなあったかな格好を持ち寄って。
昨日はかなり秋に近いお天気でした。



c0024345_22083648.jpg


14日、革命記念日の日を境に、またまたグッとパリの人口が減りますが、残っている組はみんなどこかしらに集まってパーティーというパターンが多いのかな。
当然ながら、エッフェル塔の見えるお家は特等席。



c0024345_22083737.jpg


周りのお家もみんなホームパーティー。
夕方から楽しそうにおしゃべりする声が聞こえてきていました。



c0024345_22083638.jpg


今年は5ファミリーで集まったけれど、そのうち半分は日本に行ってしまっていたり、田舎のおばあちゃんの家に預かられていたり。
バカンスに入った途端、親元を離れ、親は仕事をしながらもいつもとは違うのんびりした子供なし生活を楽しむ。
子供は親のいないところで夏休みを楽しむ。
フランスの典型的なバカンスパターン。
すごいなあ・・・。



c0024345_22083790.jpg


というわけで、プチモンスターの相手をしてくれるのはお兄ちゃん1人でしたが・・・。
この2人のはしゃぎっぷりが・・・。
周りのどんなどんちゃん騒ぎをしているフランス人の家よりもうるさかっただろうなあ・・・。



c0024345_22083760.jpg


よっぽどはしゃいで楽しかったのか。
今日は保育園の入り口に到着するまで爆睡し続けていましたzzz



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-07-15 22:29 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


テニスの全英オープン「ウィンブルドン」がちょうど始まりましたが(大坂なおみちゃんは既に敗退してしまったけれど・・・泣)、私も先月パリで開催された全仏オープン「ローランギャロス」に行ってきました。



c0024345_21232034.jpg






パリときどきバブーを応援…




と、書いている途中に保育園からお電話。
また誰かに噛まれ、押されて落ちたらしい・・・。
毎週こんなのばっかり(苦笑)。
まだまだほとんどしゃべれない子供たちばかりだから(フランスの保育園は日本の区分の仕方とは違い、3歳になる年に入る幼稚園の前に行く場所というカテゴリーなので基本小さな子しかいない)毎日のように「噛まれた」「押されて倒れた」「ぶつけた」ばかりはしょうがない。
先生たちもすぐ冷やしてくれて、もうほとんど跡は残ってないけれどお迎えに来た時に驚かないようにというためのお電話なので大したことはないのですが、携帯に保育園の名前が表示されるたびに「あらまたか」と苦笑です。



c0024345_21232162.jpg



話はローランギャロスに戻して・・・。
妊娠&出産を経て、ちょっとご無沙汰していた「ローランギャロス」。
今年もまだまだ2歳のじっとしてないのを連れて行くわけにはいかないかと諦めていたのですが、日本からいらしたアテンドのお客様とご一緒するというありがたいチャンスに恵まれて。
久しぶりに赤土の「ローランギャロス」の雰囲気を楽しんできました。



c0024345_21232088.jpg


今日の「ほぼ日刊イトイ新聞」での連載コラム『パリこれ!』(364回)も、実は「ローランギャロス」ネタを書いたのでぜひそちらも合わせて読んでいただきたいのですが、今年は食事やシャンパンなど飲み物を1日中楽しめる特別な専用ラウンジが着いているVIPチケットでの入場といういつもとはちょっと違う「ローランギャロス」を知ることができました。



c0024345_21232032.jpg


「会社の接待で今日もまたローランギャロスに行く。別にもう行きたくないけどね。」
とか、一流企業に勤めているフランス人友達からたまに聞く羨ましすぎる話から、
「ローランギャロス」はパリの社交場のひとつであるのだろうことは想像していたのですが。
(上の方の席からいい席に座っている人たちの様子を観察しているだけでもあらかた想像はつく感じ)
やっぱりというか、予想以上に「ローランギャロス」は「社交界」でした。



c0024345_21232188.jpg



階級社会が残っているフランスって、日本の「貧富の差」とか「お金持ち」という言葉で表現するものとははるかに次元が違うレベルで、日々の色々なところでまざまざと「階級社会」を見せつけられるという場面に遭遇することが多いのですが、「ローランギャロス」のVIP会場も「階級が上」の方達特有の空気感が流れている場所もありました。
ただ試合を見るのとは違って、なかなか面白い興味深い今年の「ローランギャロス」。
かなり楽しかった・・・。



c0024345_21232076.jpg


今回アテンドさせていただいて一緒に行った方からは、
「テレビでウィンブルドン見ているけれど、ローランギャロスのような空席はなく、テニス選手に対する意識が全く違う」
とメッセージが来ましたが。
世界4大大会、国によってきっと色々雰囲気が違うんだろうなと。
いつかウィンブルドンにも行ってみたい!
あの白いウェアしか着てはいけないノーブルな感じの雰囲気を生で味わってみたいなあ・・・。



c0024345_21232089.jpg



今日はちょっと用事があって、ボンマルシェの中など観光地をウロウロしましたが、こんなにたくさん日本人観光客久しぶりに見た!
ってほどたくさんすれ違いました。
みなさんソルド(セール)を狙ってきているのかしら♪
パリに住んでいる日本人は、どんどん飛び立って日本に帰ってしまい始めた先週・今週。
ちょっとさみしいけれど、今月は日本から3組のお客様たちを迎える予定で楽しみもたくさんです♪




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-07-02 22:09 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


先日、パリの友人ファミリーの長女、白雪姫ちゃんのお誕生日記念にみんなでディズニーランドへ。


プチモンスターは初めてパリのディズニーランドに行ったのが8ヶ月の時。
とにかく音楽やショーやダンスが大好きなようなので、ちょこちょこ気軽にパレードを見に行けたらいいなと年間パスポートを買っているので今回で4回目。
赤ちゃんの頃は、何も訳がわからず乗っていたというアトラクションも、どうやらちょっとずつ「楽しい」とか「怖い」とか感情が芽生えてきて色々感じるようになったらしく、前よりもちょっと嫌がったり怖がったりするように。



c0024345_18201267.jpg


どうやら室内系はちょっぴり怖いと感じるようになったらしく、ずっと顔を下に向けて見ないようにしていたりします。

そして、とにかくすばしっこい。
手を離せばあっという間にどこかに走っていってしまうので(足がまあまあ早い上に歩くということがないからあっという間・・・)捕まえておくだけで大変です。
わがまま言っては大泣きしたり、もう白雪姫お姉ちゃんも「苦笑」って感じです。



c0024345_18201223.jpg


パリのディズニーランド、日本のように混んでいないとは言っても、やっぱりいい時期やバカンス中は混んでます。
今は夜遅くまで明るい最高に過ごしやすい季節だし、もう人々の頭の中は半分以上バカンスに突入している時期だし。
平日でもディズニーランドけっこうな人・人・人。
が、それでもとっても並ぶもので50-60分。
空いてるのは5-10分。
という感じで相変わらず楽チン。
パレードもパリにしてはかなり頑張って、みんなで30分くらい座って場所取りをしたけれど。
ゆっくりいちばん前で見れるから子供も大喜び♪



c0024345_18201374.jpg


ちなみに、私も白雪姫ちゃんのママも、日本にいた時代は数えきれないほどディズニーランドに通い詰めたまあまあのディズニーマスター。
(ちなみに、2人とも大学の卒論はディズニーランドなど日本のテーマパークビジネスについて書いていたという超偶然な共通点も・・・。)
一方、白雪姫ちゃんのパパは生まれて初めての「ディズニー」体験の日。
「ディズニー」なんて並ぶだけでしょ〜?!
ってちょっぴりなめていたっぽいけれど、一つ目に乗った「ピノキオ」のアトラクションから目に涙。
(まさか怖かったのか?!と思ったけどどうやら「感動」の涙だったらしい笑)
パレードだって白雪姫ちゃん以上にテンションが高かったのは間違いなく白雪姫ちゃんパパだ!
よかったよかった。
みんなで楽しめて♪



c0024345_18201255.jpg



白雪姫ちゃん、夢にまで見ていた夢の世界で本物の白雪姫やプリンセスたちを見て、テンションだだ上がりで最高のお誕生日だったのは言うまでもないけれど。
白雪姫ちゃんパパがめちゃめちゃ楽しそうにしている姿を見れたのも何より♪
よかったよかった。

夜のプロジェクションマッピング&花火ショーも見て帰りたいところだけど。
なんと日が長すぎてこの時期の夜のショーは23時から・・・。
ちびっこ連れではかなり難しいお時間なので諦めます。
日照時間が長い時と短い時と、あまりにも変わりすぎる国だと夜のショーの開始時間が違いすぎる・・・という問題があるんだなあ・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-19 18:55 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


いつも「ぼわっと」でブロカントやキッチン用品を選んでくださるお客様。
日本から超ハイテンションでやってきた楽しい5人組♪
本場の蚤の市・ブロカントを回ってみたいということでアテンドさせていただくことに。


昨日はこの時期フランス全土でお祭りが多いと書きましたが。
この時期は蚤の市やブロカントもめちゃめちゃ多い。
毎週のようにパリでも郊外でも。
あちこちで蚤の市だらけです。
かなり規模の大きい蚤の市に行って。
全員で宝物探し。



c0024345_18042279.jpg


「ぼわっと」で扱っているようなアンティーク&ブロカントたち。
95%以上はガラクタというかゴミというか・・・。
そういう中から本当にたまにあるお宝をかき集めに集めて、ああいうお店の形になっているんです。
って、毎回話してはいたのですが、実際ほとんどすべてガラクタという本場の蚤の市を見て私たちの苦労を少し実感していただけたみたいです(笑)。
でもちゃんとありますよ。宝物たちも!



c0024345_18042367.jpg


今回の戦利品は、昔の学校の教室に貼られていたポスターシリーズ。
交通ルールを描いたもの、植物や動物図鑑のようなもの、世界地図にフランス地図、各地の名産地図、人間の解剖図などなど・・・
お勉強に関わるありとあらゆるシリーズが厚紙のポスターになっていて、インテリアとしてめちゃめちゃ素敵で私も大好き。
我が家にもとっておきのお宝が飾ってあったり、いつか広い家に引っ越したらたくさん飾ろうとしまってあるのですが・・・。
何しろけっこう高くてなかなか手に入らなくて大きいので日本に持って帰るのが大変。
でも今回は5人チームにぴったりの図柄のポスターが何枚も見つかるという幸運が!
ノルマンディー&ブルターニュ地方の名産物を描いたポスターや。
鶏の卵や卵料理のポスター。
彼らのお店のインテリアに加わる予定ですが、さて、なんのお店をやっている方達でしょう〜♪
今度ブログでご紹介するのでどうぞお楽しみに♪



c0024345_18042256.jpg


蚤の市を端っこから端っこまで見て。
戦利品のポスターを抱きかかえて。
今度はみんなでパリ観光。
まずはモンマルトルの丘へ歩いていきます。
ムーランルージュを通り過ぎてサクレクール寺院の方へ。



c0024345_18042338.jpg


今回はバブー家全員でアテンドという休日だったので・・・。
プチモンスターというおまけも一緒ですが。
みんなに代わる代わる相手をしてもらって遊んでもらって。
超ご機嫌です。
お昼ご飯の腹ごしらえは。
外が最高に気持ちいいこの季節のパリっぽくということで。
サンドイッチを買って芝生ピクニックに決定!



c0024345_18042489.jpg


サクレクール寺院を見上げながら。
ふかふかの緑の絨毯の上に座って。
できたてのサンドイッチをいただきました。
レストランでゆっくりすぎるくらい時間を使ってしまうのはちょっともったいない。
そしてパリっ子スタイルを体験してみたい。
というときはこんなピクニックランチも最高に楽しくてサクッと終わっていいですよね♪



c0024345_18042331.jpg


お腹がいっぱいになったところで。
さあ、モンマルトルのお散歩の続きに出発!
大道芸人や観光客でいっぱいの階段を登って。
モンマルトルの丘の頂上からパリを見下ろして。
またまたみんなで大興奮なのでした。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-14 18:26 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


「ブルターニュ祭」の次は「中世祭」。
この時期、フランス中のあちこちで毎週末のようにお祭りが開催されますが、中でも圧倒的に数が多いのが「中世祭」。


何しろフランス中、中世のままが残る村とか町とか城とかが多いので、「中世」というテーマはフランスではかなり頻繁に登場するもの。
誕生会とかお祭りで男の子がする仮装といえば「中世」関係のものか、「海賊」かという2択なくらいだから「中世」は日常的に登場するとても馴染み深いテーマです。



c0024345_19572156.jpg


大小様々な「中世祭」があるけれど、どれも大抵、中世のコスチュームを着た人たちが中世の仕事風景とか料理風景とか生活を再現して。
ワシやタカのショーがあったり。
中世の騎士の馬のショーがあったり。
中世をテーマにしたマルシェが出たり。



c0024345_19572001.jpg


今回は友人たちと出かけたロワール地方の田舎町で「中世祭」に寄り道。
町中の人たちが一堂に集まるみんなが楽しみにしているイベント。



c0024345_19572146.jpg


今年初めての「猛暑」だったこの日、お祭りにはぴったりの太陽と青い空。
かっこいいムッシューたちの馬のショーや、地元の子供達の中世ゲームで盛り上がっていました。



c0024345_19572042.jpg


無線が壊れて、タカショーがいつまでたっても始まらない。
なんていうありがちなハプニングとかがあっても、みんなのんびりと待ちながら。
休日のお祭りを楽しんでいました。



c0024345_19572132.jpg



我が家のプチモンスターは・・・。
もちろん「中世」なんていうものはわかっていないけれど。
枝を振り回して「ひとり中世チャンバラごっこ」。



c0024345_19572119.jpg


馬のショーよりは、どちらかといえば、
「うーせん!」
「うーせん!」
と会場の片隅で売られているキャラクターたちの風船の方が気になるらしく・・・。
風船たちから遠ざけるのに一苦労でした・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-13 20:13 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)

パリのブルターニュ祭り



毎年この時期になると区役所前で開催される「ブルターニュ祭り」。
今年はタイミングよくお出かけ中にお祭りのパレードにも遭遇しました。


私たちが区役所で結婚式をしたのが2010年の6月。
ちょうど結婚式のとき、まだここまで大きくなっていなかった「ブルターニュ祭り」の楽しいダンスたちに遭遇したので毎年このお祭りを見ると
「ああ、また結婚記念日過ぎたなあ」
と、カレンダーを認識します。



c0024345_17133091.jpg


2年前、ちょうどプチモンスターが4ヶ月くらいだった時、フランス国内で唯一制覇していなかったフランスのブルターニュ地方をぐるりと一周し、その時に本場のブルターニュ祭りを見てからは、さらに興味が湧くように♪



c0024345_17133002.jpg


パリの「ブルターニュ祭り」にやってきていたのは数グループだったけれど、ブルターニュ地方の地域ごとにグループがり、衣装やダンスがちょっとずつ違う中踊りながら前夜祭の会場で踊ったり、町中をパレードをしたりするのが本場のお祭り。



c0024345_17133085.jpg


ちょっぴり阿波踊り的な感じ?!
と思いながらいつも各グループを眺めています。



c0024345_17133043.jpg



ミュージカル好きの私の影響と思われ、プチモンスターもダンスと歌が大好きなので、ステップを踏んで一緒に踊っておりました。
いつかどこかのグループに入って修行してもらおう。
阿波踊りもやってもらいたいと思っているのだけど。
日仏両方で。
伝統の踊りをマスターしてもらおう♪



c0024345_17133113.jpg



そういえば、ブルターニュ地方一周レポートもまだブログにアップしていないような気がしてきました・・・。
もう4年くらい、旅の様子もアテンドの様子も結婚式の様子も何もかもアップせずにたまりまくっている感じ。
今年の夏はちょっとずつ昔の写真を掘り起こしてみよう!



c0024345_17130648.jpg



曇り模様のパリは今日も肌寒く。
コートに首巻きにブーツに。
冬物の人多し。
たまに素足にサンダルの人を見かけると、こっちがブルブルッとしてしまうようなお天気です。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-12 17:30 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)

夕暮れのルーブル美術館



ルーブル美術館のつづきです。
世界一の芸術の町といっても過言ではないパリに暮らしているのに、どうも美術品などへの苦手意識がぬぐえないダメダメな私。
世界史が苦手だからなのか。
そもそもこういう美術館とかに興味を持てなかったから世界史が苦手になったのか・・・。
いまや真相はわからないけれど、少しずつだっていいのかな。
こういうことに遅すぎるとかはないのかな。
と最近は苦手なりに足を運ぶようにしています。



せっかくこんな近くにいるんだから。
ちょこっと短い時間にお散歩を楽しめばいいのだと。
夜まで開いている曜日にふらっと立ち寄ったり。



c0024345_19330475.jpg


特にやっぱり子供が生まれてからは、小さい頃からたくさんのものを見て、聞いて、触って、感じて。
あらゆる世界に触れていくことってきっと大切なんだろうなと思うので。
一緒に連れて行ったりしています。



c0024345_19330403.jpg


観光には必須の有名どころはあえて素通りしちゃったり。
いつもは見上げていないところで天井画の美しさを発見したり。

ちなみに、昨日登場した豪華絢爛な「ナポレオン3世の居室」は、ほとんど人がいかないところなのですが、バブー家の旦那様がルーブル美術館の中で実はいちばん好きな場所だということで。
私も自分のお気に入りのコーナーを探してみようかなと。



c0024345_19325834.jpg


ルーブル美術館以外にも、あちこち。
パリで暮らして15年目。
なんだか全部が当たり前になってきてしまったから。
新鮮な気持ちで改めてパリを再発見してみようと。
プチモンスターに色々なものを見せるという目的もできたし。



c0024345_19325866.jpg



フットワークの軽くない、けっこう引きこもりがちな私は色々反省しているわけなのです。
パリは今日もいい天気ですが、昨日くらいから一気に気温が下がり。
中央暖房の温度が上がったようです。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-10-23 19:54 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)

ルーブル美術館さんぽ



パリは一体どうしちゃったのだというくらいいいお天気が続いています。
しかも暖かい。
いつもならもう冬がやってきてしまったと悲しんでいる今頃。
まだまだテラスでビールにワインにご飯を楽しんでいるパリっ子がいっぱいです。



さて、今日はルーブル美術館。
写真はこの夏のものですが。
いとこの娘9歳がひとりでパリに来ていたこの夏も、ルーブル美術館にお散歩に行きました。



c0024345_22533303.jpg


まだまだ世界史なんてやっていない年齢。
ピンとくるもの、聞いたことあるものはごく僅かとはいえ、
「あ、これもしかして教科書で見たことあるかも?!」
「これもきっとそのうち教科書に絶対出てくるから!」
なんて言いながら超有名どころをサクッと楽しむコースに。



c0024345_22533354.jpg


9歳がいちばん好きだったのは、豪華絢爛な「ナポレオン3世の居室」だったそうです。
「めっちゃ広っ!」
「あ、でも私の友達の家もこういうシャンデリアある!その子の部屋も超豪華なんだよ。」
と言いながらはしゃぐ9歳。
比べるのはそこか・・・笑。
とおかしくなりながらも。



c0024345_22535874.jpg


興味を持って「ルーブル美術館」をそれなりに楽しめていることだけでもすごい。
限られたパリ滞在でどこに行きたいかというリクエストにも入っていたし。
彼女が自ら行きたいと言った場所。
わたしなんて、大人になってからもわからないことだらけで微妙な気持ちでいつも美術館見学をするくらいだから。
子供の時なんて美術館にもお寺にも全く興味がなかった。



c0024345_22535851.jpg


えらいぞ9歳。
好きと言っていた割に、家に帰って
「ねえねえ、あの豪華なお部屋、誰のお部屋なんだっけ?」
って確認したら
「誰だっけ〜。」
と言っていたが、許すぞ9歳。



c0024345_22535984.jpg


パリは今、再びバカンス中。
9月に新学期が始まったばかりだというのに、毎度のことですが、2週間の秋バカンス真っ最中です。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-10-21 23:37 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


パリの生活日記はすっかりご無沙汰になってしまっていますが。
夏休みの親戚のこども「はじめての海外旅行 in パリ しかもひとりで」のこともまだまだだし、南仏プロヴァンスの旅も途中で止まっているし、ブログに書きたいこと山ほど・・・。
少しずつでも更新していきます。



遠くに見える「モンマルトルの丘」と美しいパリの街並みを眺めたのは観覧車から。
チュイルリー公園にできる、夏休み限定の遊園地。
期間限定でこんなに本格的に遊園地作れちゃうのか!
と驚くレトロでかわいい「夏の遊園地」。
フランス人が作っていると思うと、ネジの1本や2本や3本取れていそうで他の意味でスリリング・・・な「夏の遊園地」。



c0024345_17422740.jpg


親戚のこども(9歳)とはフランスに来る前から電話でよくこの「夏の遊園地」の話をしていたので、彼女もワクワク楽しみにしていたみたい♪
この日はイケメン兄弟2人と合流して。
「夏の遊園地」デートを楽しみました。
ひたすら絶叫系が好きだという女子1人と。
とにかく穏やかなものがハッピーな男子3人と・・・。



c0024345_17422650.jpg


我が家のプチモンスターも、今年の夏乗り物デビューしてからはすっかり気に入ってしまい。
こういうものを見るたびに、指をさして「乗せてくれ」と訴えます。
ちょっと早くまわる乗り物だと恐怖で顔が引きつって、ちょっぴり泣いたりもするけれど。
終わるとケロリと忘れ、もう一度乗りたいと訴えます。



c0024345_17422773.jpg


かなり大きなトランポリンも。
まだ「ジャンプ」という行為をしらないこんなちびっこでも同じように楽しんじゃうことができるし。
さすが自己責任の国フランスだからこそ、色いろ体験できるなあと。
ただ走っているだけだったり。
転んでど〜んとぶつけたりしているけど。
もうどんどん体験させて。
たくましく強くなってます。



c0024345_17422757.jpg


会うたびにジャニーズに勝手に応募しちゃいたくなる、友達の息子。
イケメンお兄ちゃんは・・・。
こういうの、絶対に当たらないものだよね・・・。
というゲームで次々とヒットさせて、商品をゲット。
これは風で動き回る風船をライフルで狙って割るというゲームだったけど、ほぼほぼの割合で命中させていました。
惚れぼれ♪
というわけで夏休みの「夏の遊園地」デート。
これもいい思い出になったかな♪




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2018-09-08 18:33 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.