パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 京都高島屋 「ぼわっと」ポップアップショップ
  • 1階 12月4日(水)〜12月10日(火)まで
  •    
  • 北千住マルイ「ぼわっと」ポップアップショップ
  • 2階 正面入り口横 12月16日(月)〜12月26日(木))まで
  •    
  • 大阪・未来屋書店イオンモール四條畷店 「ぼわっとコーナー」
  • 10月8日(火)〜1月31日(金)までに延長

カテゴリ:フランスの旅( 393 )

フランス地方の小さな村



フランスの地方の小さな村。
5分、10分くらいでぐるりと回れてしまうような小さな静かな場所だったりするけれど。
昔からの建物がそのまま残っていて村や町ごとに趣が違うからお散歩が楽しい。
この村役場には右側と左側に建物が続いていて、それぞれに「小学校・女子」「小学校・男子」と書かれていました。



c0024345_15474272.jpg




パリときどきバブーを応援…



「昔は男子と女子に分かれていたからその名残だね〜。」
と村の人。
向かい側には同じく昔ながらのたたずまいの郵便局。
そういえば、平日なのに閉まっていたけど長いお昼休みだったのか?!
バカンス中だったから郵便局もバカンスだったのか?!
「生活している人たちは一体どこにいるんだろう・・・。」
と、動いている人をほとんど見かけないのも地方の小さな村あるある。



c0024345_15555859.jpg



この日はお約束していたシャンパン農家の村人には会ったけど、それ以外動いている人を見かけなかったなあ・・・。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-04-27 16:05 | フランスの旅 | Comments(2)


爽やかなシャンブル・ドットの朝。
真冬の閑散期で。
他のお客様な誰もいず。
外では嵐雨の始まりの暴風が吹き始めていて。
写真からはあまりわからないかもだけど、けっこう『荒れ果てた』雰囲気。


c0024345_05330292.jpg




パリときどきバブーを応援…


それでも暖かい「おもてなし」に迎えられてほっと一息つけるフランスのシャンブル・ドット。
いわゆる日本のペンション的なもので、自分たちが住んでいる家の中の部屋を宿泊者に提供するスタイル。
基本的にはトイレとかシャワーは部屋の中にあって、建物への入り口は共通(お部屋ごとに鍵)というのがほとんど。
たまに入り口自体独立していたりということもあります。



c0024345_05330171.jpg



自宅の一部を解放して旅客をおもてなすということなので、とてつもなくセンスのいいパターンもとっても多いし、「じぇじぇじぇ・・・」というとてつもないごってごてのセンスのお部屋という場合もあるし、単純に部屋が余っているからちょっとでも小銭稼ぎのためにということでやっているので清潔感が・・・という場合もあり。
個人経営がほとんどなので、大手のサイトに掲載されているものは少なく事前に仕入れられる情報も少なかったりして「いちかばちか」感もお楽しみのひとつ。
そしてちょっと豪華なラグジュアリータイプもあったりするのでお値段もピンキリなのですが、基本的にお安い。
たまにブログで登場する、国道沿いのただただ安さが自慢の「大人になって、泊まりたくな〜い!!」というチェーン系列のホテルよりは広さも清潔さも優しさもお値段もよしってことが多いので、我が家はなるべくこのパターンを探します。



c0024345_05330262.jpg



そんなシャンブル・ドットですが、先日バブー家が泊まったところは大正解。
バスクへの買い付けの旅からパリへの帰り道、約800km。
長距離旅行は慣れたので、行きは一直線で行くことがほとんどだけど、帰りは一泊休憩を挟んで帰ってくることが多いんです。



c0024345_05330289.jpg



で、そんな時にはもちろん泊まった翌朝、どこかで週末開かれる蚤の市を狙う。
というわけで、「フランスの田舎のマニアックな場所で開かれる蚤の市のそばの・・・」となるので泊まる場所も必然的にとってもとってもマニアックな場所になるのです。

「この後私達はいったい全体、夜ごはんにありつけるのか・・・」
という時間(冬の閑散期である上に、田舎すぎるとカフェorレストランの数も半径数km以内にあるかないかの上に、やっている確率が低い上に、閉店時間が異常に早い)ギリギリに到着した私たちに、この素敵なお宿のマダムは、
「ひとつだけギリギリ可能性があるところがあるわ。でも全然いけてないわよ。」
と、電話してくれたのが「駅カフェ」とという名前の、真横に廃線すぐそばの超ジモティーなカフェ。



c0024345_05330260.jpg



廃線横のこのカフェ以外、夜集まるところは一切ないという田舎で、超地元の人が数人夜のいっぱいを楽しんでいる場所。
もうキッチンを閉めようとしていたところにマダムが入れてくれた予約の電話。
いったい誰がくるんだろう?!
と好奇の目に飛び込んできたのは「なぜ、君たちがここに・・・?」という小さな犬を連れたアジア人2人(笑)。
みんな不思議な顔で見ていたな〜。
みなさんいい人たちで結果的においしくいただけたけれど(笑)。
こんな時代のフランスでも、ほんと〜にど田舎に行くと、すごく好奇の目でみんなにジロジロ見られるというちょっと面白い経験をすることができます。



c0024345_05330183.jpg



なんだかお部屋や建物全体が素敵だと思ったら、どうやらマダムは半分アーティスト。
特に今は照明に凝っているようで。
違うデザインの部屋や共用部分全ての照明がマダムの手作りだそうです。

夜遅く到着して1泊だけの宿泊ですが、朝起きればマダムの心のこもった朝ごはん。
シャンブル・ドットは、朝ごはんがつくのが基本というところもフランスのホテルとは違うところですが、これももちろんお宿によって違うので、当たり外れも。



c0024345_05330233.jpg


朝いちばん、村にひとつだけあると思われるパン屋さんでマダムが買ってきてくれたバゲットやクロワッサンはパリのお店に負けないおいしさで。
手作りクレープに丁寧に切られたオレンジ。
ドライフルーツ、生ハム、チーズ、ジャム・・・。
ブロカント(=骨董品)を上手に使ったインテリアの空間でいただく朝ごはん。
何もかもおいしかった♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-02-24 06:32 | フランスの旅 | Comments(0)


ちょっとご無沙汰になってしまったブログです。(大反省)
3月ですが、バブー家は再びちょっとだけ日本に帰ります。
3月9日(水)から15日(火)まで大阪の阪急うめだ本店で開催されるフランスフェアに参加するために!
私自身が期間中毎日、ブースに立つ予定です。
というわけで関西のみなさんにはまた3月にお会いできますね♪
そんなこともあり、パリの我が家はかわいい雑貨や蚤の市ブロカントの買い付けや発送作業などでも忙しくしている毎日です。
詳しい情報はまた追ってお知らせします。


c0024345_23481183.jpg




パリときどきバブーを応援…


さて、バスク地方の旅。
高級リゾート地、ビアリッツの海も「ザ・真冬の海!」って感じでした(↑)。
岬の先の岩の上に立つマリア様。
同じ場所が夏はこんな(↓)。


c0024345_23481164.jpg


橋を渡ってマリア様の立つ岩のところまでお散歩する人がいっぱいの場所だけど。



c0024345_23481122.jpg



波が高すぎて、もちろん冬の間は通行禁止。
マリア様もちょっと寒そうです。



c0024345_23481079.jpg


その岬のすぐ横の小さな湾では、海水浴を楽しむ人や、湾沿いのカフェのテラスでビール片手におしゃべりを楽しむ人でいっぱいの夏。(↓)



c0024345_23481133.jpg



その湾まで波が押し寄せて、砂浜の砂を積んで即席の防波堤も作られていました。(↓)



c0024345_23481034.jpg



季節によってこんなに姿が違うのも、なかなかおもしろいですよね。
入り江周りのカフェも、テラスのテーブルも椅子もパラソルも、ぜ〜んぶ激しくひっくり返って冬の間放置されて、早く夏が来るのを待っているようでした。



c0024345_23481194.jpg



急遽バスク地方に旅していたのは、もちろん撮り損ねていたプチバカンスの行き先として、いちばん大好きな地方を選んだのですが。
偶然にも来月の阪急うめだ本店で開催されるフランスフェアのテーマも「バスク」なのです♪
というわけで、3月はぼわっとでも「バスクフェア」を久しぶりに開催しようと(「ぼわっと」が1年に1回だったイベントの時以来!)かわいいもの探しに出かけていたのです。



c0024345_23481182.jpg


阪急うめだの「ぼわっと」にも、西荻窪の本店の「ぼわっと」にも、私たちが直接バスクで買ってきたかわいいバスクリネンなどがたくさん登場するので楽しみにしていてくださいね♪
たくさん買いすぎたので、一部は車に乗り切らず、お店から送ってもらっています。
ぶ、ぶ、無事に届きますように・・・。
もう前回のような荷物が全然届かない事件はいやだ〜!!!







↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-02-17 00:09 | フランスの旅 | Comments(8)


冬の海は夏の穏やかな海水浴場の雰囲気とは違って、冷たく荒々しい雰囲気。
時おり遠くにサーファーの姿が見えますが、寒そう!
というか、見ている方がちょっと心配になってしまいます。


海岸沿いの防波堤沿いの家々には、2階部分の入り口に向けて小さな橋がかかっています。
お揃いの赤い小橋がかわいい。


c0024345_19505516.jpg


今回は雨つづきのバスク旅行でしたが、バブーもレインコートを着て、歩き回っています。
パリに比べたら犬の落し物が圧倒的に少ない。
というかほとんどないのがやっぱり地方の町の特徴。
きれいできもちいいな〜♪



c0024345_19505609.jpg


何気なく期待せずに入るカフェにも、おつまみにうれしいものがあったり。



c0024345_19505520.jpg



そんな場所で頼むサーディンやパテも、パリとは比べものにならないくらい新鮮でおいしいものばかりだし。



c0024345_19505549.jpg



ちょっとしたことで喜び倍増♪



c0024345_19505522.jpg



今月までバカンスというお店などが多いけれど(夏の観光地は夏休みをとらない代わりに、冬の間ず〜っとお休みだったりします)、この南の地の人たちは一体どういうところに出かけていくのかしら?!
もっと南?!
スペインやイタリア?!
それともパリとかにいるのかな?!






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-02-12 20:06 | フランスの旅 | Comments(2)


閑散期のバスクは、バカンスを過ごす人で大にぎわいの時とは全然空気感が違うけれど、静かな街もまた素敵。
家々の赤い木枠組の色がどんよりした雲の中でも美しく浮かび上がっています。


おいしい匂いしかしないお店の前で、飼い主さんたちがお買い物を済ませるのをおりこうさんに待っているかしこい子。
どんどんどんどん前のめりになって、ちょっとずつ入って行って、最後はお尻しか外に出ていませんでしたが。
おりこうさんだな〜。



c0024345_18341687.jpg



バブーにこういうことはできない・・・。



c0024345_18341639.jpg



大雨に降られたり、ぴっか〜んと晴れてテラスごはんを楽しんだりしながらバスクの旅進めています。
犬連れ旅行の人も大量なので、バブーはお仲間探しに必死です。



c0024345_18341610.jpg


キョロキョロ。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-02-10 18:40 | フランスの旅 | Comments(0)


ず〜っと「行く行く」言って先延ばしになっていたバカンス、そして買い付けに、突然ですが旅に出ています。
パリを離れてほんとに1年くらい住んでみたいとずっと思っている「バスク地方」。
フランスとスペインの国境付近です。

決断しないといつまでもずるずるとのび続ける・・・ということで、出発前の日に決めました。
かなり綿密に旅の計画を立てるのが得意な小さな旅行代理店さんのような私が、行き当たりばったりのパターンと珍しいですが、こんなのもたまには面白いでしょう♪

バブーも砂浜をず〜っと歩き回って楽しそうでした。



c0024345_06031564.jpg


真冬のいちばんの閑散期ですが、荒々しい冬の大西洋の景色を楽しんでいます。
そして「ぼわっと」のためにかわいいバスク雑貨を探し求めてあちこち飛び回っています。
・・・が、出発前からの風邪っぽさが全然治る気配なく、全身の関節が痛くて頭がぼ〜っとしちゃっているかわいそうな私。。。
というわけで、書きたいことは山ほどですが、一刻も早くベッドに倒れこみたいので詳しいことはまた明日以降。

明日はまだ「ぼわっと」がイベントだった時代の「バスク祭り」をした時に大人気だった大好きなバスクリネンのお店に再訪してきます♪







↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-02-09 06:14 | フランスの旅 | Comments(0)


日本から来たお客様が、ナントに小旅行に行っています。
オススメとか色々おしゃべりしていて思い出しました。
私のナント旅行のブログ、途中で終わってそれっきりだったと。
というわけで、いきなりナントの話。


まさにちょうど約1年前。
2月の『スキーバカンス』のお休み(『冬休み』と『春休み』はわかるけど、『スキーバカンス』ってなんや〜といまだに思ってしまいますが・・・)でプチ天使ちゃん一家と小旅行に行ったのだった。


c0024345_00521520.jpg


近代的で綺麗な街並みのナントには街を流れるロワール川の中州にある『Les Machines de l'Ile』(レ・マシーン・ド・リル)。
かつて栄えていた造船所が閉鎖されて以来、すっかり寂れてしまっている場所を活性化させようと生まれた芸術プロジェクト。



c0024345_00521599.jpg


高さ12m、長さ21m、48.4トンの巨大な象が、50人を乗せて島の中を歩くアトラクション。
時速1kmから3kmの速さで、のっそのっそと島を一周します。
(乗り場は3箇所。1周の中が3つのパートに分かれています)



c0024345_00521570.jpg


その迫力に子供たちが大興奮なのは間違いないけれど、スチールと木で作られているという象は、建築物のようにかっこよくて大人たちも大興奮。
ナント名物になっていて、真冬の閑散期とはいえチケット売り場は大行列でした。



c0024345_00521516.jpg



ちなみに、この広大な工業跡地には、今の所この象のアトラクションと、遠くに見える(↑)2012年にできた海のメリーゴーラウンドとマシーンギャラリーがあるのですが、あとはちょっとショボメのカフェと小さなおみやげブティックがあるのみ。
寒くてあったかいものは飲みたいし、のっそりゆっくり歩く象さんが停留所にやってくるのにも時間がかかってお暇だし、どんどんお腹はすくし・・・。
「ここでココアとフライドポテトとホットワインとクレープがあったらみんなでそっこう買っちゃってたよね。」
な〜んて言いながらブルブル震えていたのですが、こういうところ全然がんばらないというか、商売っ気がないというのも「ザ・おフランスあるある」。



c0024345_00521556.jpg


「日本だったらサービスエリア並みに充実しちゃうだろうな〜。」
と思いつつ、そうでないからよかったりもするのだけど、本人たちはお腹ペコペコブルブルになって、ショボメなのに1軒しかないため大繁盛しちゃっている(笑)カフェで最後1つ残っていたパサパサのサンドイッチをわけわけしたのでした・・・。



c0024345_00521505.jpg


あの象ったら、ボクのこと見えてるのかな〜。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2016-02-07 01:26 | フランスの旅 | Comments(0)


昨日今日のバブー家は、1日中ひたすら日本へ発送する荷物の梱包作業中。
ちょっと家の中が面白いくらいすんごいことになっていますが、その様子はまた次にと置いておいて・・・。
現実とはかけ離れたのんびり素敵な田舎のホテル。




買い付けの旅、2泊目に泊まったフランスの田舎の大きな大きなお屋敷を改装したシャトーホテルです。
今も持ち主のムッシュー家族が住みながら、ホテルとしても経営している場所。



c0024345_08235412.jpg


買い付けに行くときは、地方の蚤の市イベントやブロカントを売るお店の情報を調べて、いかに効率良くまわって、短期間で車の後ろをいっぱいいっぱいにするかということを考えるので、次の日の朝一でまわる場所に近い安いところで宿泊先を探します。
安くて案外いいところもあるし、ずっと前ブログに登場したような、トイレに座るのも大変!
しゃがんでめちゃめちゃ注意深くシャワーを浴びても部屋に水漏れ・・・(泣)。
なんてはずれなお部屋も。



c0024345_08235578.jpg


さらに買い付け中のスケジュールはちょっとハードすぎて、夜ご飯をゆっくりなんていう元気もなくなるので、探すのはアパートタイプの簡易キッチン付きのお部屋か夜ご飯を出してもらえるペンションのような場所が多いのですが。
今回は、2日間ともうれしい当たりパターン♪



c0024345_08235530.jpg


1日目はアパート型ホテル。
日本から来たお客様にいただいたインスタント焼きそば「一平ちゃん」を持って。
期待しないで行った安いアパートホテルがこれが清潔で案外快適じゃないか♪
というわけで、初めて「一平ちゃん」明太子風味をいただきました。
日本のインスタントってなんてありがたいんだ〜。なんてすごいんだ〜。
バゲットサンドばかりのフランス人に教えてあげたい。
日本の素晴らしきインスタント。。。



c0024345_08235458.jpg


そして2日目は豪華邸宅を所有を所有するファミリーが経営するシャトーホテル。
ここも開催される蚤の市に合わせて、かなりマニアックな地方の小さな村のそばで探したホテル。
たまたま見つけたこのシャトーはちょうどギリギリセールで安くなっていて。
つかの間ものすごくリラックスした素敵な時間を過ごせました。
こんなシャトーの持ち主になってみたいなあ。



c0024345_08235576.jpg


空間が大きすぎて、バブーは全然似合いませんが(笑)。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2015-08-04 21:18 | フランスの旅 | Comments(0)


おとなのプチ遠足ツアーの締めくくりは、夕暮れ時のシャンボール城で。
世界遺産のゴージャスなお城を眺めながらカフェで冷たいものを♪





シャンボールの敷地内に入ってからも、しばらく車で走り続けないとお城にたどり着かないというくらい広い公園は、バブー達が走り回れるところだらけ。



c0024345_16124690.jpg


バブーもクララちゃんも、猛ダッシュで行ったり来たり。



c0024345_16124685.jpg


楽しそうにず〜っとず〜っと走り回っていました。



c0024345_16124729.jpg



さて、今日はウェディングのフォトツアー。
西荻窪のぼわっと作りの工事、「ブリコラージュ」(日曜大工)に立候補してくれたことでお知り合いになったブリコラージュ隊の女の子のウェディングです♪
私が日本に帰ると、打ち合わせにお店に遊びに来てくれていた花嫁さん。
会うたびにどんどんどんどん綺麗になっていくのがすごく素敵で。



c0024345_16124665.jpg


本番の今日もどんなキラキラオーラになっているか楽しみ♪
どこで撮影しようかな〜と、パリの地図を眺めながら妄想しています。



c0024345_16124642.jpg


バブーも。
タキシードを用意して、やる気満々。
それではお仕事に行ってきまーす。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2015-07-17 16:24 | フランスの旅 | Comments(0)


新宿マルイ本館1階で開催されている「ぼわっと」期間限定ショップですが、好評につき日程が17日(金)まで延長になりました。
開催中にも何度も送ったフランスからの荷物。
かわいいものが山盛りで出し切れていないものもたくさんあるくらいなので、最後までおてんこ盛りで楽しんでいただけると思います。
急遽決まったため、最後17日(金)は、ぼわっとスタッフが売り場に立てないのですが、マルイのイケメンズ社員のお2人が売り場を担当してくださるということで、ぼわっとには珍しく「メンズ」な雰囲気。
お時間ある方はぜひぜひ覗いてみてくださいね♪
私も行きたい。





さて、ずいぶん間が空きましたが、日本からやってきた犬のクララちゃんファミリーのアテンド。
1日大人のプチ遠足で行ったロワールの古城巡りですが、川の上に佇むお城と美しい庭が見事な「シュノンソー城」編です。



c0024345_07292322.jpg



こちらも犬連れOKというフランスらしい優しい観光名所。
バブーを飼い始めて、ワクチン接種が終わり外をお散歩していいよとなったあと、ドキドキしながら友人と出かけた思い出の場所がここ。
まだ走り方もおぼつかない脚の短かった小さな子犬のバブーが、お城へと続く並木道を一生懸命走っていた姿がいまだに忘れられません。



c0024345_07292366.jpg


ぼわっとのFacebookには、動画のシュノンソー城を載せてみました。
ご機嫌でお散歩するバブーとともに、ロワールのお城の世界をちょこっとだけお楽しみください♪



c0024345_07292324.jpg



さてさて、明日(今日)は超〜暑くなる予定。
今日ですでにぐったりだったけれど、明日は覚悟の1日。
今年のパリは日本に負けていない暑さのような気がします。
なにせ、クーラーないですから。
38度の中、温室状態になっているバスに乗る感じ、すごいですよ〜。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2015-07-16 07:59 | フランスの旅 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.