パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 有楽町・コニカミノルタプラネタリアTOKYO
  • 「フランス星めぐりの空で」 9月20日(金)〜11月18日(月)まで
  •    
  • 熊本・鶴屋百貨店「ぼわっと」フランス展
  • 10月2日(水)から10月7日(月)まで(最終日は16時まで)
  •    
  • 大阪・未来屋書店イオンモール四條畷店 「ぼわっとコーナー」
  • 10月8日(火)〜11月30日(土)まで

カテゴリ:フランスの旅( 393 )

c0024345_7163895.jpgアヌシー湖は、ヨーロッパで最も透明度が高い湖と知られているということ。
確かに運河は底まで見えるし、湖も真っ青。
青い空に真っ白な雲が浮かび、吸い込まれそうな深いブルーの湖が広がっていれば、遊覧船に乗らない手はない。
所要時間約1時間でぐるっとアヌシー湖を1周する。

c0024345_718719.jpg湖畔にはかわいらしい絵本から出てきたような小さな村々が点在し、湖には古城がたたずむ。
場所場所で、深いブルーの色が変わり、本当に美しい湖だった。
湖ではボートやヨットやモーターボートでバカンスを楽しむ人で一杯。
湖畔の小さな村々にはミニビーチで焼く人、水遊びをする子供達でいっぱい。

c0024345_7241913.jpgカラフルなパラソルとボートの色がとてもかわいらしくて、本当に絵本の中の一こまを見ているような気分になった。
ちなみにバブー君は、途中まで甲板で景色を楽しみ、後半は男の子のお友達が出来、すっかり気に入られる。
やたらとバブー君が気になるらしく、しょっちゅう見学に来ていた彼は、最後の方はしっぽや体をつかみ、全然離してくれず、もて遊ばれたバブー君。
すっかり水上観光どころではなくなったバブーなのでした・・・。
c0024345_7251052.jpg

c0024345_7253656.gif人気blogランキングへ★湖リゾートAnnecy!!
by tonomariko | 2005-07-24 23:10 | フランスの旅 | Comments(0)
c0024345_6482378.jpgフランスパス&スイスパスを持って10日間の旅行に出発。
(ユーレイルパスや各国パスはどこを周るかによってお得度がかなり違います!!今回は、A型の緻密な計算によって?!フランス&スイスパスを購入するよりも、別々に購入する方がお得ということが判明。よって2つのパスを持って出かけたのです。)
第1日目の目的地はパリからTGVで3時間40分、スイス国境近くのAnnecy(アヌシー)。
アルプスの山々を映す、白鳥の戯れる美しい湖と運河の街。
c0024345_649261.jpg大きな美しい湖から流れ出た水は、運河となって旧市街と流れていく。
旧市街を流れる運河の両側は、溢れんばかりの色とりどりの花で飾られて、「フランスのヴェニス」という名にふさわしい美しさだった。
運河沿いの通りや、アーケードにはびっしりとお店やカフェやおみやげ物屋が並び、にぎわっていた。
アヌシーで泊まったのは駅近くの大型ホテルチェーン、ベストウェスタンカールトン(★★★)。
1泊だけだし、なるべく駅の近いところでと探し、チェーンホテルなのであまり期待はしていたなかったものの、とっても素敵なところだった。
c0024345_704237.jpg角部屋でぐるりとバルコニーがついており、とっても快適でした。
個人旅行の時に、私はいつもホテル探しは真剣勝負をする。
ここでもまたA型根性を発揮して、値段・駅からの距離・写真・眺め・部屋の広さ・・・に至るまで表を作ってまで比較する♪
今回の旅行ももちろん、テスト前の大忙しの時に「そのくらい集中してやればテスト楽勝なのに・・・」と自分で突っ込みを入れたくなるほど気合を入れて探した。
というわけで、各地のホテルについてもちょっとずつ書いていこうと思う。
c0024345_6581535.jpg

c0024345_6584785.gif人気blogランキングへ★湖と運河の街、アヌシー
by tonomariko | 2005-07-23 23:34 | フランスの旅 | Comments(0)
c0024345_18543448.jpg今回のフランス旅行の3つの旅先、アミアン、ルーアン、オンフルール。
そのどの地でも利用したもの。
それは観光客用の馬車ツアーもしくはミニ電車ツアー。
パリにももちろんセーヌ川クルーズや2階建て観光バスなど色々あるが、なんといっても田舎の街は規模が小さいので、馬車やミニトレインでのツアーになる。
c0024345_1856971.jpgあまりにも「The 観・光・客」となってしまうからといって敬遠しがちだが、これがかなり使える。
数分おきに日本人に遭遇するおパリではちょっと恥ずかしいが、私はかなり好き。
到着したらまずは馬車か電車を探してしまうまでになっていた(笑)。
おそらく世界で1番優れているだろう日本のガイドブックを手にしていても、全く知らない街に降り立ったとき、名所を含む見所を押さえつつ、街を1周してくれるこの乗り物に乗ると、あっという間に全体をおさえられる。
c0024345_194942.jpg既に犬とウサギとラクダ友達を持っているバブー的には、新たに「ウマ」という友達が登場した。
「このでかい生き物はなんだ」と、見上げて固まっている。
一生懸命ウマ君たちにアピールするが、気品高い彼らがちっこいバブーに気づいてくれる様子はない。
c0024345_199471.jpg最初の2つの土地では馬車に、最終地ではミニトレインに乗って、バブー君も大満足。
一人前に1人分の席を占領してちょこんと座って外の景色を眺めるものの、馬車の振動で椅子からずり落ち、ミニトレインの振動で電車から投げ出されそうになり、結局は私のひざの上からご鑑賞。
そんな彼の様子に、観光をしている私達が、観光をしている人たちから観察された。
やっぱりバブーはどこに行っても大人気だ。

c0024345_19101145.jpg

c0024345_19112786.gif人気blogランキングへ★40分の旅は5~7ユーロ
by tonomariko | 2005-07-18 23:44 | フランスの旅 | Comments(0)
c0024345_2044668.jpgバブー率いる御一行様は、最終目的地、オンフルールへ。
セーヌ川の河口であるこの街は、直通電車がないのでバスで近くの駅から移動することになるような場所だが、ものすごく魅力的な港町。
週末は特ににぎわう人気の街と聞いていたが、バカンスを楽しむ家族連れが港中いっぱいだった。
c0024345_2092560.jpg昔は漁港として栄えていたオンフルールは、海の対岸にある土地、ル・アーヴルにその役目を譲ってからは、画家や詩人のお気に入りののどかな港町に。
ヨットが浮かぶ小さな港、花に彩られたノルマンディ様式の色とりどりの建物、丘へ向かう石畳のゆるやかな坂道の両側びっしり立ち並ぶかわいらしいお店・・・。

c0024345_2011181.jpgどこに行っても絵になる風情ある素敵な街だった。
ここは印象派の画家(モネ、セザンヌ、デュフィ・・・)や詩人(ボードレール・・・)達が活動の場とした街というだけあって、街のいたるところで画材屋さんや画廊を目にする。
ヨットが所狭しと並ぶ港を囲む広場には、これまた所狭しと魚介類専門のレストランやカフェバーが立ち並び、どこのテラスも大賑わい。
バブー君も海風に吹かれてすっかりかっこいい海の男になったのでした♪
c0024345_2015466.jpg


←このブログが気に入ったら応援クリックを!!
by tonomariko | 2005-07-17 22:57 | フランスの旅 | Comments(0)
c0024345_1927938.jpg一行は次なる土地、ルーアンへ。
パリから約140キロ、ノルマンディ地方の首都ルーアンは、モネの絵で知られる大聖堂など名所の数々が、趣のある旧市街に点在している。
この大聖堂のモネの連作は、30枚以上に及ぶらしい。
去年の夏も母と叔母ですでに訪れたこの土地は、ジャンヌダルクゆかりの地でもある。
c0024345_19273890.jpg叔母の洗礼名がジャンヌダルクであるために、今年もここルーアンにやってきたというわけだ。
救世主ジャンヌダルクが宗教裁判で火刑にあったという広場には、ジャンヌダルク像とジャンヌダルク教会がある。
現代的な建物のこの教会は、中に入ると壁一面に美しいステンドグラスが広がっている。
c0024345_19351219.jpgそんなジャンヌダルクにあやかって、町のいたるところに「ジャンヌダルク」の名のついたカフェやレストランや通りや橋や店がある。
叔母はもちろん、去年も大量にジャンヌダルクグッズを買い求めたお土産屋さんに入り、あれこれ迷っていた。
お土産屋さんの前に立つ、等身大ジャンヌ像とも記念撮影をして、今年も大満足のルーアン旅行だった・・・。
c0024345_19381286.jpg


←このブログが気に入ったら応援クリックを!!
by tonomariko | 2005-07-16 19:20 | フランスの旅 | Comments(0)
c0024345_7275250.jpg今日3泊のフランス国内プチ旅行から、バブーともども無事ご帰還。
まとめて日記をアップします。
モンサンミッシェルへの半日旅行が今までの1番の長旅だったバブー君。
電車に乗ってお泊り旅行は初めて。
旅行の準備をする私達の周りを連れて行ってもらえるのか、もらえないのかの運命の分かれ道。必死でアピールしまくっていたがもちろん一緒に電車でGO。
車窓からの景色を楽しんで、一向はピカルディー地方の首都、アミアンへ。
c0024345_7282395.jpgパリのノートルダム大聖堂の約2倍の大きさという、アミアンの大聖堂はフランス最大の規模を誇る世界遺産。
広場の一番後ろまで下がって、地上すれすれでカメラを構えても、レンズに収まりきらないほどの大きさは見事だった。
静かな町並みは花に彩られ、美しい運河の周りにはレストランやカフェが立ち並ぶ。
ビールにムール貝に・・・皆思い思いのものを楽しみながら、大聖堂と運河を眺めていた。
いつもとは違う匂いのする町に、バブーも犬の習性大発揮。
「匂いつけ」に夢中になり、全然おしっこが出てこないのに、そこら中で匂いつけ♪
犬を見つけるたびに走り出し、首輪につながれるバブーは走っても走っても進まない、ベルトコンベアーを逆送する人になっていた・・・。
c0024345_729448.jpg

c0024345_7294569.gif人気blogランキングへ★バブーはしゃぎすぎてホテルですぐ寝る
by tonomariko | 2005-07-15 23:18 | フランスの旅 | Comments(0)
c0024345_7234322.jpg街中のいたるところで屋台だけではなく、色々なイベントが催されている。
音楽隊、ダンス、あやつり人形、中世の料理の再現、鍛冶屋のパフォーマンス・・・。
そんなたくさんの珍しいものに、子供はもちろん大人たちも皆興味津々。
各国からのテレビ中継隊も、それぞれ中世の洋服に身を包んで準備ばんたん。
日本からの撮影隊は残念ながら普通の洋服だったけれど?!
この日の1番のイベントは午後のパレード。
c0024345_7271360.jpg中世の洋服を着た街の人々約2000人の大パレードは長さ約800メートル。
産まれたての赤ちゃんまでパレードに借り出されているし、おそらく長老?!と思われるおじいさんまで元気に闊歩する。
炎天下の中約1時間以上続くパレードで、見ているほうがハラハラした。
でも、おじいちゃんもおばあちゃんも1年で一番楽しみにしている行事なんだろうなあ・・・と思うくらいみんな楽しんでいた。
この街の人々の長生きの秘密はこのお祭りなのかもしれない。
今度行く時は、私もバブーも絶対変装していかなくちゃ。
c0024345_7281878.jpg

c0024345_7283541.gif人気blogランキングへ★目標:世界中のフェスティバル制覇!!
by tonomariko | 2005-06-13 07:14 | フランスの旅 | Comments(0)
c0024345_5312247.jpgパリの南東90kmの所にある町プロヴァン。
今日はそこで今週末開かれていた、中世祭に遊びに行った。
パリから電車に乗って約1時間半、そのプロヴァンという町は世界遺産に登録されている。
1日数本しかパリとの往復がない電車だが、今日はこのお祭りに行く人たちでいっぱい。
c0024345_5361568.jpgしかも中世の衣裳を着ていけば、入場料(8ユーロ)が無料に。
パリの東駅は不思議な格好をした人がいっぱいだった。
11世紀から13世紀にかけて、シャンパーニュ地方の商業の中心地として発展したこの町は、今でも当時の中世の街並みと、周りを取り囲む城壁が残されている。

c0024345_5425241.jpgかつての繁栄ぶりをそのまま伝える町並みを利用して、ここでは1年中色々なイベントが催されているそうだ。
その中でも大規模なのが今日の中世祭。
町中に屋台や当時の様子を再現したコーナーが設けられ、まるで映画のセットの中に迷い込んだ気分だった。
本当に原始人のような?!焼き方で焼かれたお肉を、大きな釜で焼いたピタパンに挟んでほおばったり、おいしいものもいっぱい!!(明日へつづく・・・)
c0024345_5383125.jpg

c0024345_5384936.gif人気blogランキングへ★プロヴァンの中世祭
by tonomariko | 2005-06-12 23:28 | フランスの旅 | Comments(2)

フランスで最も美しい村

今回の旅、パリからトゥールーズへ飛行機で飛び、その後は行程に沿ってバスで東へ移動、帰りはモンペリエからパリに戻った。
そのバスでの移動もひとつの楽しみだった。
自分ではなかなか行く事の出来ないフランスの田舎町をたくさん通り過ぎたし、なんといっても「フランスで最も美しい村」のひとつに立ち寄れたのが素敵だった!
現在「フランスで最も美しい村」に認定されているのは148あるようだ。
まさに先日母親から、「フランスの美しい村を訪ねて」というこの148の中の26箇所が紹介された本が届いたばかりだったのだが、それによると、認定されるには厳しい条件がある。
例えば、人口が2000人未満である事。
史跡建造物の認定を受けた建物があること。
電線を地価埋め込みにし、花や植物などの装飾などで村全体の美化の努力がなされている事・・・。などだ。
今回立ち寄ったのはOlargues(オラルグ)という村で、本当に小さな小さな村だけど、本当にきれいなかわいらしい場所だった。
私もこの148の村、こちらにいる間に行ける限り訪ねてみたいと思った。
c0024345_830516.jpg

c0024345_8311587.gif人気blogランキングへ★人もみんなあたたかい
by tonomariko | 2005-04-15 23:20 | フランスの旅 | Comments(0)

お持ち帰りたい看板

c0024345_2285349.jpgフランスの田舎町は、おとぎ話に出てきそうなかわいい町がいっぱい。
石畳のほそ~い道にひしめき合うように、家や店が立ち並ぶ。
こういう町を歩いていると、「天空の城ラピュタ」に出てきていた場面が思い浮かぶ。
その中でも大好きなのが、ひときわ目を引くオシャレでかわいい看板たち。
見上げると、どこの店にも絵本の中の挿絵が飛び出たような看板だらけ。
c0024345_2332723.jpg今回のモンサンミッシェルとサンマロへの小旅行でも、お持ち帰りしたくなる看板が山のようにあった。
撮っても撮っても撮り切れず、バブーと食べ物と看板の写真でメモリがいっぱい・・・。
この看板たちと、町との調和がなんともいえない。
阿佐ヶ谷の七夕まつりの時、あの商店街を見上げて歩くように、オシャレな看板を見上げながら海辺の町を歩くのも最高♪
目の高さ数十センチのバブーにはもちろん見えない世界だった。
c0024345_2335080.jpg

c0024345_2341061.gifお持ち帰りしたい看板があった人はクリック
by tonomariko | 2005-02-11 19:24 | フランスの旅 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.