パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 今年も「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • 伊勢丹新宿「ぼわっと」フランスウィーク連動企画 5階センターパーク
  • 4月10日(水)から4月23日(火)まで
  •    
  • 蔦屋書店(中目黒店)内 「ぼわっとコーナー」
  • 好評につきしばらく開催中

2019年 06月 24日 ( 1 )



プチ天使ちゃんのお姉ちゃんと妹ちゃんが習い事「コメディー・ミュージカル」の発表会を見に行ってきました。
「コメディー・ミュージカル」、フランス語で「ミュージカル」のことです。
なぜかフランスでは「コメディー」を前につけないと「ミュージカル」になりません。


毎週3時間のクラスに通っている2人。
ミュージカル大好き。
ディズニー大好き。
と、めちゃめちゃ話が合う2人になってます♪
私がミュージカルやディズニー関係のちょっと「オタク」な一面を見せると、めっちゃ目を輝かせて喜ぶ2人の舞台。



c0024345_22200675.jpg


今年の演目は『レミゼラブル』。
歌って踊って練習しているのをこの1年見てきたので、まるで家族のように楽しみにしてました。
フランスの習い事は学校と学校のバカンスに合わせてあったり休みだったりするので、9月始まりで6月が年度末。
というわけで発表会などもこの6月にあるのです。



c0024345_22200672.jpg


私も実はフランスに来てから何度も何か習いに行きたいなあ〜。
と覗きに行ったことがある結構有名なダンスセンター。
そこの子供コースのミュージカルの習い事です。

敷地内にめちゃめちゃ可愛い小さな劇場があって。
6歳から12歳くらいまで年齢別のいくつかのクラス合同でされる演目。
『レミゼラブル』なんて難しい演目、有名な歌だけいいところどりしてやる感じかと思ったら、半分くらいに短縮されているとはいえ、がっつり1時間半『レミゼラブル』のお話通りになぞるミュージカルでした。



c0024345_22200723.jpg


歌が上手な人にって出会ったことのないおフランス。(失礼!)
(何しろ学校の音楽の授業では合唱とかはやらない。カラオケ文化もない。というわけでみんな結構歌は下手。日本人ってカラオケ行ってもなんとなくみんなまあまあ上手だったりしませんか?!あれは絶対に小さい頃からなんだかんだみんなで歌ったりハモったりする機会が多い賜物だと思われます。)

そして協調性を求められるチームプレイも苦手なおフランス(失礼!)
(これも学校で運動会があってみんなでラジオ体操だの行進だのダンスだの組体操だのをやらなくてはいけないという「協調性」を小さい頃から叩き込まれる日本ならではなのかもだけど、本当にフランス人苦手です)



c0024345_22200761.jpg


というわけで、そういう面ではやっぱり「グダグダ感」は否めない舞台でしたが・・・。
(パリの日本人幼稚園の先生をしているプチ天使ちゃんママが、「毎年幼稚園がやっている園児によるミュージカルの方がある意味上手だよね。」と感想をこぼしていましたが、一理ある・・・笑)
でも、子供たちがもう可愛すぎて完全に雰囲気が出るので見ごたえたっぷり。
衣装やメイクもさすがフランスと思うセンス。
なんだか「こどもミュージカル」じゃなくてちゃんと「アートな舞台」が出来上がっているのがすごい。
この「こどもこども」しないセンスというのは本当に日本とは正反対な文化なのでなんだか色々考えてしまいます。
それにしてもプチ天使ちゃんのお姉ちゃんと妹ちゃんは満足気でよかった♪
彼女たちは今、本気で大きくなったらミュージカルをやりたいと思っているようで、うん、うん、わかるよその気持ち♪
と思いながら私がこれからも陰ながら応援していこうっと♪



c0024345_22200780.jpg


いくらダンスに音楽大好きとはいえ、ちょっと無茶かなと思ったけれど、連れて行ってみた我が家のプチモンスター。
1時間半のうち、20分くらいを除いてめちゃめちゃ集中して見てました。
終わってからも、大人たちのダンスクラスをじ〜っとのぞいて。
たまにタップダンスの足のマネみたいのしちゃったりして。
私は「よしよし。」と思いながら見てました。
すぐにでも入れてみたいけど、習い事の始められる年齢が高いフランスではこんな小さなこの習い事というのは基本的にない。
このダンスセンターでも、最年少でも3歳。
そして3歳が入れるのは唯一『アフリカンダンス』。
『アフリカンダンス』?!
黒人の人たちがいっぱいいるこの国ならではの習い事かしら?!
面白そうじゃないの♪
来年からやってみるか?!プチモンスターよ(笑)。



c0024345_22200778.jpg


大きくなったプチ天使ちゃん弟(なんと9月からフランスでいう中学なんだって!)とも一緒に遊んでもらって。
ちょっとずつ大きくなってきて。
幼稚園のこととか、習い事とか、そして日本人だけに日本語のこともフランス語のことも。
そろそろ本格的に色々考えていく時期になってます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-24 22:50 | プチ天使ちゃん&弟くん | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.