パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 今年も「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • ジェイアール名古屋タカシマヤ「ぼわっと」フランス展
  • 8月28日(水)から9月3日(火)まで 10階 催事会場
  •    
  • 宝塚 ブックランドサンクス宝塚ソリオ店 「ぼわっとコーナー」
  • 9月20日まで延長されることになりました!

2013年 03月 11日 ( 2 )

失われてしまった海に浮かぶ美しい姿を取り戻そうという、世界遺産モンサンミッシェルの大プロジェクト。
工事は着々と進んでいます。
以前はモンサンミッシェルの麓にあった駐車場を撤去して、満潮時には海に浮かぶモンサンミッシェルの姿を再びということで、新しい橋がかけられるプロジェクト。
c0024345_2148145.jpg




パリときどきバブーを応援…


「着々と」といっても、さっすがおフランスという仕事の進め方っぽいです。
こんな大工事なのに、工事をする人の姿はほぼ見ない。
一体何人で工事をしているのか?!
という疑問を隠せない感じ(笑)。
何か橋の作業をしている工事用車も、たったの1台。
えっ。。。
その作業もっと何十台とかでやれば早く進むんでは…。
と思ってしまうのはやっぱり日本人だからかしら。
c0024345_21482311.jpg

モンサンミッシェルの目の前に、ずど〜んとクレーンが立ちはだかるため、到着すると「ザ・工事」の姿しか目に入りませんが、工事現場を通り越して、もうちょっとモンサンミッシェルに近づくか、きのうのブログでバブーが風に吹かれながら撮影していた場所、遠くから眺めれば工事の姿はあまり気になりません。
ただいまの撮影ポイントは、近くによるか遠くに行くかの2つ。
これから行くみなさんは参考に!
c0024345_21483955.jpg

この写真で(↑)、目の前をずど〜んと通る太い道が今までの道。
この手前の左側一帯が駐車場でした。
そして右下から左斜め上にずど〜んと通っている道が新しく出来る橋。
右上の方へ大きくカーブして、対岸の町とつながります。
両側が歩行者用のデッキ通路に、真ん中がナヴェットなどが走る走行通路になるようです。
2015年完成を目指してということですが、さてさて終わるのかな〜(笑)。
でも美しいモンサンミッシェルの姿、楽しみだな!
工事に伴い、車がモンサンミッシェルの麓まで行けなくなり。
専用ナヴェットでのアクセスに変わりましたが、それは以前に書いたコチラの記事でご確認くださいね。
c0024345_21485478.jpg

けっこう歩かなくてはいけないので、歩きやすい靴。
モンサンミッシェルの鉄則です♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-11 22:03 | フランスの旅 | Comments(4)
先日、日本から来ていた友人親子と一緒に、世界遺産モンサンミッシェル地方へ。
1泊のプチ旅行。
久しぶりに丸1日仕事を放ったらかして楽しんだプチバカンス。
ものすご〜く素敵な気分転換になりました。
c0024345_1132332.jpg




パリときどきバブーを応援…


朝6時すぎにパリを出て、10時ごろモンサンミッシェルに到着。
遥か遠くに見えてくる、神秘的な島にキャーキャー言いながら。
到着すると、もうビックリするほど日本人だらけ(笑)。
まだツアーのお客さんたちが到着していない時間だったのになぜ?!
と思ったけれど、どうやら朝一番でモンサンミッシェルにいるのは前日からの泊まり客の方々。
モンサンミッシェルを去る前に、朝のおさんぽを楽しんでいた人々でした。
c0024345_1135788.jpg

とにかく島に存在する9割どころじゃなく、9割9分がたぶん日本人(笑)。
どこにカメラを向けても、日本人なしでの写真は全く撮れない状態です。
ほんとに大げさじゃなくて!

島のメインストリートも。
おみやげ屋さんもどこもかも。
日本人でいっぱいです(笑)。
一緒に行った親子は
「なんか伊豆みたいやなああ。」
と言っておりましたが、う〜んよくわかる。
伊豆とか、江ノ島とか。
みんなよく表現するけれど、ここまで日本人だらけだとそうとしか思えなくなってきます。
c0024345_114287.jpg

日本人はとにかく早起きで観光を楽しんだり、パリからやってくるツアーの時間にも関係するから、たぶんそのうちに人口分布が変わるかもと思っていたら、その通り。
お昼前後になったら、前日からいた宿泊組みが島を去り、朝ゆっくり目の欧米組がやってきて、一気に島の日本人人口率が減っていきました(笑)。
なんだかちょっといつものモンサンミッシェルの姿。
やっとカメラを持ち写真を撮ろうかなという気持ちになる感じ(笑)。
ま、そんな私たちも100%日本人ですけどね(笑)。
c0024345_114498.jpg

その後、パリからTGVとバスを乗り継いでやってくる組が到着する時間になると、バスに乗っている100%近くが日本人で、これまた何度も驚くことになりました!
以前から日本人のモンサンミッシェル人気はすごかったけれど、こん
なに島中が日本人で埋め尽くされていたのは初めてで、正直びっくりでした。
とはいえ、ゆっくりダラダラとそんな朝から変化してく島の様子を観察したり。
もう何度も訪れている修道院はあえて行かず、裏道をゆっくりお散歩してみたり。
裏の裏の裏の方の道ばたに生える木に、ほんのりピンクの花が咲きかけて、春のおとずれを感じたり。
バブーとともにモンサンミッシェルを楽しみました。
c0024345_115815.jpg

「一度は行っておいた方がいい」
というほぼ全員が「一度は」をつけるモンサンミッシェル。
どうやら日本のテレビ番組や雑誌などで美化されすぎて、実際の姿と乖離がありすぎたりすると喜びも半減してしまうことがあるようです。
そんなわけで、この親子も私たちが1泊しかお相手できない行き先を、どこにしようかず〜っと最後まで迷っていましたが、「モンサンミッシェルにして本当によかった!!1回だけとかじゃなくて、絶対網1度来たい!!」と大興奮で。
一緒に行った私たちもとってもうれしいほっこりな心に。
来るたびに違う空の色、空の模様、空気の色、地面の色。
美化しすぎは問題だけど、でもやっぱり素敵な世界遺産です♪






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2013-03-11 11:26 | フランスの旅 | Comments(20)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.