パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 今年も「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • 伊勢丹新宿「ぼわっと」フランスウィーク連動企画 5階センターパーク
  • 4月10日(水)から4月23日(火)まで
  •    
  • 蔦屋書店(中目黒店)内 「ぼわっとコーナー」
  • 好評につきしばらく開催中

2012年 05月 22日 ( 2 )

公衆電話とか郵便ポストを見ると、あ〜他の国に来たんだな〜と感じます。
ドーバー海峡を渡ればそこはもう違う国。
トンネルをくぐるまえまでは右側通行だったのに、地上に出たら今度は全く逆の左側通行。
正直かなり戸惑います。
な〜んの準備も、表示もないままいきなり左ですものね。
ま、運転するのは私じゃないけど♪
c0024345_20198100.jpg




パリときどきバブーを応援…


私はバブーとのんびりのんびり。
イギリスに来たら、とりあえず「フィッシュ&チップス」でしょう〜。
c0024345_20214610.jpg

と、ハイテンションなのは我が家の日本人男子。
私は何度食べても全然魅力を感じない(笑)。
でも彼いわく、とにかくおいしいフィッシュ&チップスは最高だし、店によって全然味が違うのだそう。
c0024345_2022219.jpg

大きな大きな揚げ物に、大量のフライドポテト。
そしてビネガー。
見てるだけで、イギリスに来たって感じ!
おばあちゃん達も朝からみんなこのボリュームプレートに向かっているんだから、すごいな〜。
c0024345_20195788.jpg

街のパン屋さんに並ぶお菓子も、違う国に来たなあと感じるもののひとつ。
ど〜ん。
で〜ん。
と。もちろんオシャレなパティスリーは別として、フランスのパン屋さんも「ど〜ん。」「で〜ん。」としてはいるのだけど、「どんでん感」がやっぱり国によって違うのだ。
c0024345_20211997.jpg

バブー家の男子は「フィッシュ&チップス」派ですが。
私はなんといっても「スコーン派」。
イギリスといったらスコーンでしょう〜♪
なんですぐお隣の国なのに、フランスにはこんなにスコーンがないんだろう。
日本のケンタッキーでも必ずスコーンを注文する「スコーン娘」♪
そういえばパリのケンタッキーにはスコーンなんてものないっ!
c0024345_20202647.jpg

今度おフランス人にスコーンについて問うてみよう。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-05-22 20:32 | イギリスの旅 | Comments(5)
突然ですが、フランスからイギリスへ、ドーバー海峡を超えて。
ユーロトンネルをくぐっての車ジャーニー。
今じゃありませんよ。
もうかれこれ去年の夏のお話。
c0024345_854651.jpg




パリときどきバブーを応援…


パリからはユーロスター(電車)でしか行ったことのなかったロンドン。
動物検疫に関しては超〜厳しい日本に負けないくらい厳しいイギリス。
残念ながら、ユーロスターのペット乗車は許されていないし、イギリスに降り立つ飛行機にはペットのキャビン持ち込み全て禁止ということで。。。
バブーを連れてとなると、車ごとユーロトンネルをくぐりぬけるという道に。
c0024345_8542852.jpg

初めての車ごとユーロトンネル。
私にはドキドキの大冒険。
私ったら、勝手に「ユーロトンネル」というイメージで、長〜いトンネルをひたすら運転して抜けるのだと思い込んでいたのだけど、車ごと運んでくれる専用列車に乗り込んで、列車に運んでもらうということだったのだ。
c0024345_8544324.jpg

車ごと、みんなどんどん乗り込んで行く〜!
でもって中はまるでディズニーランドのスターツアーズ♪
c0024345_8545890.jpg

ウィ〜ン。
ウィ〜ン。
ってスターウォーズ自分版みたいなテンションがあがってしまう初体験の車ごとユーロトンネルなのでした。
このまま車を停めて、電車が動き出して、地下にもぐって、そのまま車の中でおやつ食べながらくつろいでいると、20分ちょっとでもう地上にあがって、あっという間にイギリスに渡ってしまっているんだもん。
とっても不思議な体験でした。
c0024345_8551421.jpg

イギリスに行くときは毎度のことだけど、パスポートチェックも本当に厳しくて。
「友達の結婚式のために行くんだ。」
って言っているのに、パスポートだのビザだの、理由書だの、宿泊先だの本当に細かく書かされてチェックされて時間がかかったなあ〜。
でもって、犬の検疫だってちゃんと、車のチェックインの前に寄って。
イギリス到着の24時間以上48時間以内(私が行ったときはたしか。今はまた数字も変わっているみたいですが)にノミとダニの駆除を獣医さんでしてもらって…。
というちょっと面倒くさい書類の準備とかもして、当日チェックしてもらって…。
怪しそうだと睨まれた車はみんな荷物チェックもさせられて。
厳しい厳しい。
c0024345_8553068.jpg

そして今度、おフランスに帰るときは、人間のパスポートも、犬のパスポートも、どっちもな〜んにもチェックはありませんでしたさ。
さすが適当大王国おフランス。
パスポートチェックの人はベラベラベラベラおしゃべりしてて、パスポートを受け取ろうともしてくれない。
たった数十分のトンネルを隔てて、こんなにも対応が違うとビックリしてしまう。
そんなお国柄が分かるおフランスとイギリスをつなぐユーロトンネルのあっという間の旅なのです。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-05-22 09:16 | イギリスの旅 | Comments(6)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.