パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーと3歳の息子プチモンスターと共に、パリの日常をお届けします。
東京・西荻窪のフランス雑貨店「ぼわっと」オーナー。
パリのガイドブックなど著書は13冊。雑誌やウェブメディアでもコラム連載中。
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 6月ぼわっとお休みの日
  • 6月1日(水)、2日(木)、5(日)、6(月)、10(金)、11(土)、22(水)
  •    
  • 8月はバブー2代目も日本に上陸予定?!
  • フェーヴイベントなども企画中です。お楽しみに♪
  •    
  • 新刊「パリの小さなアパルトマンで楽しむおうち時間」(世界文化社)発売しました
  • センスいっぱいのフランス人のおうちもいっぱい登場します
  •    
  • 「ぼわっと」通販サイトがオープン
  • shop@boite.tv から色々お買い物いただけるようになりました!

ミモザ・ミモザ・ミモザ!!


街を歩いていると、あちこちで黄色いミモザを見かける季節になったパリ。
いつも素敵なパリの花屋さんが、ミモザの黄色でより一層華やかに。
ミモザの前を通りかかるだけでパッと気持ちが明るくなるような気がします。



ミモザ・ミモザ・ミモザ!!_c0024345_17223133.jpg






パリときどきバブーを応援…



我が家は、週の半ばから再びプチモンスター&バブーの2人+1匹生活に。
隊長パパは日本へと旅立ち、無事にホテルでの隔離生活中。
もしものことがあっても大丈夫なようにと2週間以上見込んでいる隔離期間もあるので、我が家はまた2ヶ月半ほど、かなり長い期間ワンオペ生活に。
去年と同じく、4月のプチモンスターのお誕生日ギリギリに帰ってくることになるのかなあ・・・。
数えてみれば、年の半分近く離れ離れな生活を送っているため、私の方はもうけっこう慣れてしまいました。
ワンオペ生活。
それよりも毎日変化していくのが面白くて楽しい、プチモンスターの成長を近くで見れないのがかわいそう・・・。



ミモザ・ミモザ・ミモザ!!_c0024345_17223225.jpg



さてさて、フランスは新規感染者数50万人越えというニュースもちょっと前に流れたと思いますが。
「6万」とか「7万」とか、更新されていく数字を見ては驚いて騒いでいた頃が懐かしいくらい、「えっ??」という大きな数字が続いている最近です。
それはそれは見事に友達たちもコロナに感染していき、先週も「ついに我が家にも」というセリフをあちこちから聞いたので、もはや友人ファミリーでコロナに感染していない人、思いつく限り片手の指分あるだろうか・・・
というくらい、みんな感染しています。
(幸いなことにコロナが流行り出した初期の頃はのぞいて、その後はみな軽症でちょっとした風邪くらいで元気になっていますが)
そんな中でもなぜか回避し続けている我が家。
そろそろ一度はかかるのかな・・・。
なんて覚悟はしているのですが・・・。
そして幸いなことにプチモンスターのクラスもほぼみんな元気に登校中。
クラスメイトに陽性が出て全員検査になっても、他はみな陰性でOKという結果が続いてます。
学級閉鎖という話もあちこちから聞く中、学校に毎日通えているだけでありがたい。



ミモザ・ミモザ・ミモザ!!_c0024345_17223212.jpg



ちなみに、コロナルールは日々しょっちゅう変わっていくのですが、今は学校のクラスの中にコロナの陽性が出ても、濃厚接触のクラスメイトたちは検査をして陰性なら学校に行くことができるし、陽性が何人いても学級閉鎖にはなりません。
1人陽性が出たら閉鎖。
3人出たら閉鎖。
とか、今まで色々ルールが変わってきましたが、今は閉鎖なし。
ただ、コロナ予防対策として、違うクラス同士ができるだけ接触しないようにと学校の中で工夫されているため、先生がお休みになってしまったクラスの生徒たちを他のクラスに混ぜるということができないので・・・。
先生たちが感染してしまうと仕方なく学級閉鎖というのは出てしまうという現状です。



ミモザ・ミモザ・ミモザ!!_c0024345_17223154.jpg



今までもそうですが、人々の生活はいたって通常通り。
コロナに対しての過剰な反応は全くないので、とても暮らしやすいです。
例えばクラスメイトが誰か陽性になってしまっても、

「うちの子が陽性になっちゃったわ。学校にはすぐ連絡しておいた。みんなごめんね!」
「そうなの?!大丈夫??あなたはどうだった?」
「オッケーお大事にね。うちも検査してみるわ。」
「うちはすぐ検査したけど陰性だった。みんなの無事を祈るわ。」

みたいなことがクラスのグループメッセージで流れてきます。
事実を冷静に受け止めるし、いつ誰がどこでなってもおかしくない状況だから誰も責めたり責められたりということはないし、隠す必要もないし。
だから誰かが陽性になってしまっても、みんなで今までの経験とか情報を共有しあって、助けあったりするし。
オープンで生きやすい世界だなと感じてます。



ミモザ・ミモザ・ミモザ!!_c0024345_17223271.jpg


さてさて、美しいパリのミモザ。
見ているだけでワクワクしてくるミモザ、大好きなので、本場の南仏ミモザ街道に行くことが私の夢のひとつなのですが、何しろこの時期は毎年催事で日本に帰っていたり、今は隊長パパだけとはいえやっぱりいなかったり。
もうプチモンスターと2人で、電車で行ってみようかなあなんて考えている今日この頃。
車がなけりゃ、ミモザ街道は回れないけれど、南仏の街に行くだけでミモザいっぱいだったりするのかなあ・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2022-01-30 18:11 | パリの生活 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.