パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーと3歳の息子プチモンスターと共に、パリの日常をお届けします。
東京・西荻窪のフランス雑貨店「ぼわっと」オーナー。
パリのガイドブックなど著書は13冊。雑誌やウェブメディアでもコラム連載中。
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 日本橋三越 【フランス展2021】
  • 9月29日(水)〜10月11日(月)まで2週間
  •    
  • 神戸阪急 【フランス展2021】
  • 10月20日(水)〜10月26日(火)まで1週間
  •    
  • 新刊「パリの小さなアパルトマンで楽しむおうち時間」(世界文化社)発売しました
  • センスいっぱいのフランス人のおうちもいっぱい登場します
  •    
  • 「ぼわっと」通販サイトがオープン
  • shop@boite.tv から色々お買い物いただけるようになりました!

年度末のパリはやることがたくさんあるのだ



パリは最高に気持ち良い天気が続いています。
午後になるとかなり暑くて日陰を探し求めなくてですが、太陽の下は猛暑、日陰に入るといきなり涼しくなると言うカラッとしたヨーロッパの夏そのもの。
おとといからレストランの中でも食事ができるようになり、さらに門限も23時にのびたので、パリ中に浮かれている雰囲気が漂って、みんなとてもとても楽しそう。



年度末のパリはやることがたくさんあるのだ_c0024345_17500432.jpg





パリときどきバブーを応援…



我が家はプチモンスターとの生活なので、夜出かけることもほとんどなくなったし、ご飯の時間も早いし、生活自体にはあまり変化はないけれど。
夜も窓を開けっぱなしにしておくと、遅くまでカフェやレストランの外で人々が飲み喋っている時の独特の喧騒が聞こえてくるようになって、その音を聞いているだけでウキウキワクワクしてきます。
ああ、これが夏のパリの音!



年度末のパリはやることがたくさんあるのだ_c0024345_17500440.jpg


6月はフランスの年度末。
とても忙しい。忙しかった・・・。いや、まだ忙しい。
とりあえず、税金の申告とかいちばん大切なことは終わったからホッと・・・。

あと3週間で学校も終わってしまうし、プチモンスターもフランスの年少さん終了。
そして1年で最も長い夏休みを迎えます。
夏休みはできるだけ、一緒に過ごしてあげるようにしよう。
なんて、結構のんきに考えていたけれど、なんと言っても2ヶ月の夏休み。
考えてみれば長すぎない???
ここ数週間、お母さん達が朝のお見送りのあとたまっては、
「夏のバカンスをどう過ごすか」
「夏のバカンス以外の時期の子供をどうするのか」
という話に夢中になっていたのをなんとな〜く聞いていたけれど、自分もしっかり考えておかなくちゃいけないことだったと遅すぎるここ数日気づいた!



年度末のパリはやることがたくさんあるのだ_c0024345_17500388.jpg


うちは日本人同士のファミリーだし。
フランス国内には親戚もいないし。
子供を預かってもらう先もないし。
(フランスでは2、3週間祖父母の家に送り込んだりが当たり前)
田舎のセカンドハウスもないからどこかにバカンスに行くにしてもそうそう長くは行けないし。
フランス人一家の夏休みとはちょっと違うしなんて右から左へ聞き流していたのだけど、
「2ヶ月学校がない間、子供をどうするか」
って問題は人ごとじゃないんだということに、なんで最近まで気づかなかったんだろう・・・汗。



年度末のパリはやることがたくさんあるのだ_c0024345_17500249.jpg


というわけで、慌てていろいろ作戦を考えています。
夏休みだけに限らず、バカンス中(フランスは6週間ごとに2週間のバカンスが挟まり学校が休みになる)は「stage」(スタージュ)という日本語に直訳すると「研修、講習、セミナー」と呼ばれるプログラムがどこにでもあって、つまりは習い事とかの集中講座みたいな?!
例えば小さい子のテニスなら午前中に1時間だけとかもあるし。
英語の学校の夏休みコースとか、子供用アトリエの夏休みコースとかで丸1日色々なプログラムを組んで預かってくれるものもあり。
親たちの仕事の都合などと合わせながら作戦を練ります。
何しろ小学生までは送り迎え必須だから、近いからといって「行ってらっしゃーい」じゃ済まないので結構綿密に作戦を練らないといけないのだ(笑)。



年度末のパリはやることがたくさんあるのだ_c0024345_17500378.jpg


でもって、当然のことながらかなり前からみなさんいろいろな作戦を立てて考えて申し込みをしているので、人気のところはすでにいっぱいというところが多く、私は撃沈。
フランスでの年間スケジュールの立て方が甘かったと大反省している今日この頃です(笑)。
特に多くの人がバカンスに出かける8月よりも、まだ出かけない人が多い7月の方が競争率が圧倒的に高いことも学習。
来年に生かします・・・(笑)。
というわけで、我が家はまだどうなるか決まっていませんが、今年の夏は日本には帰れない(帰らない)と決めたし(あの2週間自粛がある限り、やっぱりなかなか帰れないよね・・・)、フランスでの過ごし方を考えています。
いよいよ蚤の市・ブロカントなどもあちこちで始動し始めているので買い付けにもしょっちゅう行かなくてはいけないし、大忙しの夏になりそうです。



年度末のパリはやることがたくさんあるのだ_c0024345_17500411.jpg



ワクチン接種は我が家は1回目をすでに終え(2人ともほぼ何も副反応なし。腕が痛くて重かったくらい)、7月の頭には2回目も済ませる予定なのでちょっとのびのび夏休みを過ごせそう。
夏のバカンスを無事に過ごすために、必死でワクチンを早く接種しようとしていたフランス人たちの気持ちもとってもよくわかる♪

パリにも新しい書籍が無事に届きました。
引き続き、ちょこちょこ宣伝をさせていただいて。
みなさんに読んでいただけたらとてもとても嬉しいです。
「パリの小さなアパルトマンで楽しむおうち時間」(世界文化社)
どうぞよろしくお願いいたします♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2021-06-11 18:17 | パリの生活 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.