パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーと3歳の息子プチモンスターと共に、パリの日常をお届けします。
東京・西荻窪のフランス雑貨店「ぼわっと」オーナー。
パリのガイドブックなど著書は13冊。雑誌やウェブメディアでもコラム連載中。
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 大丸福岡 ポップアップショップ
  • 11月25日(水)〜12月1日(火)まで
  •    
  • 上野マルイ ポップアップショップ
  • 12月1日(火)〜12月25日(金)まで
  •    
  • 「ぼわっと」通販サイトがオープン
  • shop@boite.tv から色々お買い物いただけるようになりました!

日本のコロナ水際対策、どうなっている?!



今週のほぼ日刊イトイ新聞のコラム「パリこれ!」のコラムには、今パリから東京に帰った時の飛行機の状況とか、空港でのPCR検査のことについて最新リポートしました。
日本に仕事のため帰った我が家のご主人様からの、実況中継を元に。
「係員に見守られながら、レモンの写真を見ながら唾液を出すレースで圧倒的に1位だった。」
とか、えっ?!っと思ってしまうようなとてもシュールな様子でした。
詳しくは↑ほぼ日のコラム、ぜひご覧ください。
ちょっと今の世界の国を行き来するという様子がわかるかもしれません。



日本のコロナ水際対策、どうなっている?!_c0024345_17315108.jpg






パリときどきバブーを応援…



そんなわけで、仕事で帰っている我が家のご主人様は、1人自主隔離期間をまじめにひっそり過ごしているようです。
2週間の自主隔離期間と言っても、フランスのマスク義務のように罰金があるわけでもないし、誰かに24時間見張られているわけでもないし、出かけようと思えば出かけられてしまう状態で、その人の良心に任せてという状況なので、実際どのくらいの人たちが守っているのかは疑問です。
すでに夏休み前後に帰った私の知人は、
「仕事あるし2週間なんて守れるわけないよー。普通に歩き回っていたよ。」
なんてとんでもないことを言っていたし。
フランスから日本へ一時帰国している他の知人は、
「フランスの携帯電話番号しか持っていないから、書類にそれ書いたけど、日本では電源onにしないし、連絡されようにもできないよね。」
と言っていたし。
こういうちょっと聞いたらギョッとする似たようなことを(↑)よく耳にするのです。
外国から日本に帰った時に約束を守っているかどうかは、どうやら人によりそうです。
私たちの身近な知人だけでもどんどんこんな話が出てくるくらいだから、かなりあやしいものだよなあ・・・。
(ちなみに、ぼわっと隊長こと我が家のご主人様は、お店で何かあってはいけないですしまじめに守っていますのでご安心くださいね・・・)



日本のコロナ水際対策、どうなっている?!_c0024345_17315035.jpg


こんな状況を知っているので、日本は、外国からの受入状態を少しずつ緩和する方向というニュースを最近よく目にしますが、けっこう心配しています。
コロナに対しては、そこまで神経質ではない方の私ですら、
ほんとに大丈夫なのかな?!
と、ニュースを読みながら思ってしまいます。
ちょっと心配だなああ・・・。
とにかくオリンピックをやりたいという目的も、経済的な問題もあるんだろうけど・・・。
せっかくあんなに日本の人たちがまじめに(まじめすぎるくらい)頑張ってきたのに。
やっぱりちょっと心配です。



日本のコロナ水際対策、どうなっている?!_c0024345_17315248.jpg


ちなみに、フランスはまた来週末から2週間のバカンスに入ります。
毎日1万人越えの新規感染者。
状況はどんどんひどくなるばかりなのに、みんな普通に田舎のおじいちゃん・おばあちゃんの家に子供たちを預ける。
とか。
クリスマスにはもっと状況がひどくなって移動制限とかあるかもしれないから、今のうちに絶対に会いたいと言われみんなでバカンスに出かけることにした。
とか、出かけることを自粛するという考えは相変わらずないみたいで、毎日聞くたびにびっくり。
移動制限も今のところは出てないし、みんなパリを離れてバカンスしちゃうのかなあ・・・。
そんな国から日本はどんどん受け入れを拡大していくなんて、さらに大丈夫かなあ・・・。
と、両方の国の状態を見ながら心配しています。



日本のコロナ水際対策、どうなっている?!_c0024345_17315326.jpg


フランスの新規感染者のもんのすごい数のニュースだけを見ていると、フランスはきっと恐ろしいことになっていると思われがちのようなのですが(毎日受け取る家族や友人からのメッセージがそう)、日常生活は案外淡々と普通です。
幼稚園も普通に、いつも通りに続いてます。
スポーツ関連のジムなんかも閉まってしまいましたが、それは大人たちに関して。
子供たちのスポーツ関連の習い事とかもそのまま続行中。
大人のものはどんどん閉鎖されているけれど、子供たちにはあまり影響なしという感じです。
(これは親としてはとてもありがたい)



日本のコロナ水際対策、どうなっている?!_c0024345_17315118.jpg


今日は「サン・フランソワ・グザヴィエ教会」の写真。
ここはもともと、観光客が押し寄せるような教会ではないのでいつも割と静かとはいえ、教会もどこも本当にひっそり静かです。
いつもよりずっと人が少ない。
さて、今日は雨模様のパリ。
週末の金曜日。
お迎えまでにやることリストを制覇するべくバタバタ動いてます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-10-09 18:09 | パリの生活 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.