ホーム | ブログトップ | サイトマップ
 

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
日本代表の敗因で【後編・..
from ガンバボーイ2号のGuerr..
リフティング
from toshio10
決勝トーナメント
from Fantasistaの日記
お疲れ様でした。
from PSYQUEST
『万物は流転する』
from 熱血かサバサバなレジスタのブログ
やったね、クローゼ!
from ルール地方からの便り
〜ドイツから 第2弾〜
from 「黙ってられないワールドカッ..
W杯(ワールドカップ)広..
from 東京のある風景@hanagi
6/22フットボール道場..
from フットボール道場blog b..
クロワチア戦
from Fantasistaの日記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「共に戦うブログ」はモバイルからも閲覧可能です。


ドイツに突如出現した日本村@ボン
昨日は旧西ドイツの首都、そしてベートーベンの生まれ故郷、そしてそして我らがサッカー日本代表のキャンプ地・ボンにやってきました。
市街の中心には日本人サポーター&取材陣のためのオープンスペース「G-JAMPS」があります。名称はGermany JApan national team Media Partners Supportersの略。だからJUMPSではなくJAMPSなのです。
日本でもテレビなどで報道されているようですが、ちょっとその様子をごく一部ですが紹介します。

ドイツに突如出現した日本村@ボン_f0103613_211416.jpg
これが外観。州立博物館の一棟を丸ごと借り切っています。

ドイツに突如出現した日本村@ボン_f0103613_12214138.jpg
ワールドカップのスケジュールや対戦表、開催地などが掲示されています。日本の欄に「○」が並ぶといいなぁ……。

ドイツに突如出現した日本村@ボン_f0103613_1222054.jpg
「挑戦」の2文字が書かれた代表ジャージーが飾られています。そう、ジーコ監督や宮本恒靖選手が首相官邸を訪問した際、小泉純一郎総理大臣が書いてくださったものです。

ドイツに突如出現した日本村@ボン_f0103613_12221976.jpg
地下1階のパートナーズエリアには、「共に戦うプロジェクト」がjaVanで全国を回った様子が、写真(もちろん撮影は僕!)で紹介されています。自分の写真がこんなところに展示されるなんて、恥ずかしいやらうれしいやら……。
なおパートナーズエリアは他にもさまざまなエキシビジョンがあります。インターネットも無料で利用でき、日本から訪れたサポーターが情報収集やメールチェックをしていました。

ドイツに突如出現した日本村@ボン_f0103613_12225652.jpg
そして何よりありがたいのが日本食レストラン! これは昼食に食べたイベリコ豚焼肉定食。ご飯と味噌汁、漬物が懐かしかった……。さらにお茶のペットボトルも販売していました。関係者やサポーターはもちろん、地元の人々も気軽に利用しているようです。


と「G-JAMPS」の様子はここまで。
16時30分から選手たちの練習が始まるということで、我々もボン市内にあるグラウンドへ移動しました。

ドイツに突如出現した日本村@ボン_f0103613_12232997.jpg
ユースケとユキはワールドカップの決勝球「+チームガイスト・ベルリン」を持参。すると地元の子供たちが勝負を挑んできました。
しかしドイツの子供たちはみんなテクニックがすごい! どっちが年上なのかわからない!!

ドイツに突如出現した日本村@ボン_f0103613_12234813.jpg
またまた食べ物の話題ですいません……。グラウンドは地元クラブのホームスタジアムですが、場内に軽食を出すお店があります。小腹が空いていたのでソーセージ(2ユーロ)を買いましたが、これがとにかく長くてうまい!

ドイツに突如出現した日本村@ボン_f0103613_1224982.jpg
先程ユースケ・ユキとともにサッカーを楽しんでいた子供たちが、ドイツのテレビ局から取材を受けていました。前日のドイツ代表×日本代表戦の結果を受け、ドイツでもボンに注目が集まっているようです。


そしてソーセージ片手にスタンドへ入ると……日本人よりドイツ人の方が多い! ドイツだから当然といえば当然ですが、サッカー雑誌などを片手にわざわざやってきたという感じの人がたくさんいました。
練習は前日に試合があったこともあって、軽めの調整といったところ。それでもドイツの人々は、ピッチへ熱い視線を送っていました。

ユースケとユキが座った席の後ろにも、ジャパンブルーの代表ジャージーを着た少年が。ユースケは「なんでドイツ人なのに日本の代表ジャージーを着てるんだろう」と思い、3代目ドライバー・ケーイチローを呼んで通訳してもらいました。
ドイツに突如出現した日本村@ボン_f0103613_12243373.jpg
ケーイチローの問いかけに、少年は「チームワークを重視しつつ、個人個人がテクニックを発揮する日本のプレースタイルが好き」と答えてくれました。彼は17歳。もともと日本のアニメやゲームが大好きで、東京に行ってみたいそうです。
そこで「昨日の試合はどっちを応援したの?」とちょっと意地悪な質問をすると、「もちろんドイツさ。でも日本も好きだから、2-2のドローは僕にはうれしい結果だね」。17歳とは思えないしっかりした答えが返ってきました。

そんな彼や、周囲にいたドイツ人たちのほとんどが持っていたのがこれ。
ドイツに突如出現した日本村@ボン_f0103613_1224599.jpg
ワールドカップに出場する32ヵ国の選手を紹介した本です。いや、我々は最初そう思っていたんですが、よく見ると写真に空欄があります。
実はこの本、買ったときは選手の名前とデータだけが印刷され、写真は空白になっています。写真を埋めるには、選手の顔写真シールが入った袋(5枚入り)を買わなければいけません。つまりシールを集めて、この本に貼っていくわけです。
日本でも同じようなカードがありますが、ドイツの特徴は大人も楽しんでいること。しかもみんなよく集めています。ドイツ人は本当にマジメです……。


そんなわけでキャンプ地訪問初日は終了。今朝まではレバークーゼン郊外に滞在していましたが、今日から宿泊先もボンに移り、本格的に選手たちを追いかけます。
とりあえず今日はボンで自由行動。僕は公衆のワイヤレスLANでこれを更新中です。ドイツは日本に比べるとインターネット事情はよくありませんが、公共の場所ではワイヤレスLANが普及しています。日本ではそんなものを使ったことがないだけに、ちょっと悪戦苦闘はしていますが……。


それから最後にちょっとお願いです。
ドイツ国内に居住もしくは滞在中で、「ユースケとユキに会いたい!」「応援メッセージを書きたい!」という方、いらっしゃいませんか? 我々は
7日まではボン
8~9日はフランクフルト
10~13日はカイザースラウテルン
14~19 or 20日はニュルンベルグ
21~24日はドルトムント
それ以降は予選リーグ1位通過ならドルトムントに延泊。2位通過ならカイザースラウテルンへ移動します(予選リーグ敗退はない!……と信じています)。
それぞれの滞在先近辺で「この日ならOK! ぜひ来て!!」という方がいれば、コメント欄に自己紹介と呼びたい場所(学校・職場・自宅など)と日時、連絡先(メールでも電話でも結構です)を書き込んでください。追ってご連絡いたします。
※注意:個人情報が含まれますので、コメントを投稿する際は「非公開」のチェックボックスをオンにしてください

上記日程はあくまで予定です。またすでに予定が埋まっている日もあります。リクエストをいただいても必ず訪問するとお約束はできませんが、なるべくならご期待に沿いたいと考えています。
なお訪問には条件がひとつ。10名以上の仲間を集められる方に限らせていただきます。サッカー日本代表への応援メッセージをいただける方なら、国籍は問いません。


Webサイトからもメッセージを送れます!あなたのメッセージはビッグジャージーに手書きで写され、ドイツで戦う選手へ届けられます!!まだ間に合う!今すぐメッセージを書こう!
by tomonitatakau | 2006-06-02 00:00 | ボン | Trackback(2) | Comments(7)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/tomonitatakau/tb/2375571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ジンライムとチョコレート at 2006-06-02 09:17
タイトル : 共に戦う!!
30日、ドイツと互角の良い試合を見てから、私のWCモードが一気に上がってきた。 現地に行きたい思いはあっても、お休みもチケットも無い私には、 こうして毎日、新聞やネットで、WC関係の記事をチェックするぐらい。 ネットってすごいなぁ。。と改めて思うのは、 マスコミを通じて送られてくる、ありきたりの記事、 サッカーなんかよくわからない、普段は野球担当だったりする記者が書いた、 WC関連の記事とか。。。 私の方がよっぽど気の利いた事、書けるって!!!と思ったりするこの時期。 意識してちゃ...... more
Tracked from カジオログ at 2006-06-07 00:01
タイトル : 加地さんがいない
加地ちゃんが歩いた。え、生後何ヶ月かでもう歩いたのか。いや、違う。 加地さんが歩いた 。とはいうもののこの記事は悲観的な書き方をしており、でも、加地さんが「大丈夫です」というなら大丈夫なのだ。加地さんの言葉を信じて待とう。 ところで、先日の...... more
Commented at 2006-06-02 01:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-06-02 08:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by herumi at 2006-06-02 13:10 x
i'm a big fan of JAPAN soccer team. delighted when japan led germany by 2 goals though end up with 2-2 draw at final whistle. good start for japan...GANBATTE !!!
Commented at 2006-06-02 14:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ナナ at 2006-06-02 16:53 x
フランクフルト在住です。
フランクフルトのどこに行けば会えますか?
具体的な予定などお知らせ願います。
Commented by tomonitatakau at 2006-06-05 20:23
皆さんコメントありがとうございます!
なかなかお返事できませんが、すべて目を通しています。
今後の予定はかなり流動的で、また日本のときのようにイベント的なことはあまり予定はしていません。ですので「どこに行けば会えますか?」というご質問には、現状なかなかお答えできないのですが……。
ただ決まったものがありましたら、随時記事上でお知らせいたします。

レポーター・タカシ
Commented by モンクレールダウンレディース at 2013-12-05 06:10 x
ドイツに突如出現した日本村@ボン : 共に戦うブログ
<< サッカー日本代表のキャンプ地は... ドイツ人サポーターに囲まれ……... >>

Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム