エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:53
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


<   2007年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧
第842話/ダルマ取材
2007年 11月 12日
ダルマ会議ばかりとは限らない。
ダルマ取材という場合だってある。
編集者とカメラマンが来て取材を受けるパターンだ。
会議と取材ならボクは会議の方が好きだ。
取材は過去から現在の自分について、
または現在の自分のできることの範囲内で対応しなくちゃいけない。
でも、会議は無責任に未来の自分を過信して夢を語れる。
この前、一緒にお酒を飲んだ女性編集者が、
村上春樹さんのマラソンに関するエッセイ本の一節を見せてくれた。
そこには、村上さんが、過去の自分の作品がとても好きだと思っているということ、
と同時に、これからの自分がどんな作品を世に出すのだろうかと
自分でもわくわくしているということが、飾り気のない言葉で書かれている。
「番長も同じタイプな気がしたけど、どお?」と……。
いやいや、めっそうもない。
ボクは自分の過去をそこまで手放しで好きにはなれないなぁ。
大きな実績や長い歴史を培ってきた人でなければ、
そんな大胆で格好いい考え方は生まれないと思う。
自分の作品には愛着はある。
でも、世に出た瞬間からボクの頭の中では反省点ばかりがあれこれと駆け巡る。
「なんでこうしたんだろう?」
「次はこうしなくっちゃ」
これを連続して現在に至るのだ。
やれやれ……。
だから、過去を振り返ったり、現在の能力を自覚させられる取材というものには、
ときどき腰が引ける。
でも、村上さんの一節でいえば、後半部分に関して言えば、
恐れ多くも同じタイプと言い切ってしまってもいいのかも。
カレーに関する新しいアイデアやこれから自分がやりたいことなら
永遠に尽きる気がしないし、
自分はどんなことを思いつくんだろうと、いつもちょっぴりワクワクした気分でいる。
だから、そんなことを期待しながら挑める会議や打合せの方が楽しいのだ。
モノ創りのスタンスということで言えば、
村上春樹さんよりも、我が敬愛するウディ・アレンの考え方の方が
今のボクにはビビビッと響くものがある。
「『あの監督がついに3年ぶりに大作を発表した!』なんて言われたくない。
ボクはクッキーを焼くように映画を作り続けたいんだ」
『ウディ・オン・アレン』という本の中のインタビューで彼はそう答えていた。
ボクはこの言葉が大好きだ。
初めて読んだとき、「これだ!」と思った。
彼はその言葉どおり、毎年欠かさず新作を発表し続けている。
そう、ちょっと前に新作『スクープ』が封切りになった。
早く観に行かなくちゃ!
(水野)

第842話/ダルマ取材_c0033210_8575485.jpg
by tokyocurry | 2007-11-12 08:58 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
第841話/ダルマ会議2+カレー
2007年 11月 11日
また、ダルマサーガラで打合せする。
2日連続になることは珍しいことではない。
多いときは、1週間、毎日ランチタイムにダルマ会議のときだってあるのだ。
いったい誰と何を話してるんだ!?って言われそうだが、
カレーの話はとにかく話すことが尽きないのだ。
(水野)

第841話/ダルマ会議2+カレー_c0033210_8325447.jpg
by tokyocurry | 2007-11-11 23:30 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(0)
第840話/ダルマ会議1+カレー
2007年 11月 10日
東銀座のダルマサーガラでカレーの打合せをした。
最好本でも書いたけれど、普段銀座にいることが多いボクは
このお店でランチタイムに打合せすることがとにかく多いのだ。
(水野)

第840話/ダルマ会議1+カレー_c0033210_8283891.jpg
by tokyocurry | 2007-11-10 08:27 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(0)
第839話/働く男+カレー
2007年 11月 09日
カレーにまつわることで、
やるとは思っていなかったことをやり始めたというケースもある。
働く男のためのカレー活動である。
具体的には、幻冬社の雑誌「ゲーテ」の中で、
働く男のための残業カレー開発という短期連載をやっている。
放送作家の小山薫堂さんと一緒にカレーを開発し、
それをもって、首都高指令所やら、証券会社やらを巡る。
24時間、働き続ける男たちを勇気づけるべく、
カレーを振舞っているのだ(笑)。
そして、いまはまだ、具体的に発表できないが、
雑誌とは全く別の形で働く男女のためのカレープロジェクトに関わっている。
これは、来春にはここで発表できるはず。
このプロジェクトの方々と某大手商社の社食に潜入(?)し、
名物スープカレーを食べた。
働く男女もスープカレーを食べる時代である。
ふむふむ。
来春の発表をお楽しみに!
(水野)

第839話/働く男+カレー_c0033210_1195788.jpg
by tokyocurry | 2007-11-09 07:02 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
第838話/薬膳+カレー
2007年 11月 08日
カレーにまつわることで、
やりたいけれども「やれない」でいることは山ほどある。
同じく、
カレーにまつわることで、
やりたいけれども「やらない」でいることも山ほどある。
どちらもいつかはやりたいことだけれど、
後者のほうに属するものの一つに、「薬膳」という分野がある。
いわゆるスパイスの効能を生かした身体にいいカレーへの取組みだ。
この分野について、ボクがまだ手を出していないのは、
中途半端なカタチでやりたくないから。
だって、どんなスパイスにも少なからずいくつかの効能はあるわけだから、
全てのカレーは薬膳カレーだということになってしまう。
薬膳カレーと薬膳ではないカレーとの違いが不明確なのだ。
言ったもん勝ちの世界。
そんなのいやだ(笑)!
ボクはいつか、薬膳カレーに手を出すときには、
医学者なり薬学者と組んでマジメに取組みたいと思っている。
そのためには、ボク自身、もっと勉強しなくては……。
なぁんて話を、岩本町のシャプラで、医学業界に通じている人と話した。
薬膳カレーとは謳わないインドカレーを食べながら。
いつか、やります。
(水野)

第838話/薬膳+カレー_c0033210_1114156.jpg
by tokyocurry | 2007-11-08 23:53 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(6)
第837話/赤ら顔+カレー
2007年 11月 07日
真昼間からビールをゴキュゴキュ飲むのは気持ちがいい。
ゴクゴクじゃなくて、ゴキュゴキュ飲む。
それと同じように、夕暮れ時に赤ワインを飲むのも気持ちがいい。
こっちはゴキュゴキュとはいかないけれど。
フォーシーズンズホテル椿山荘のシーズンズビストロに夕方訪れて、
グラスワインの赤とビーフカレーを頼んでゆっくりする。
お客さんもまばらな時間帯。
静かな店内で完全に気を抜いてだら~っとしていたら、
「水野さんですか?」という声。
話しかけてきたのはレストランのスタッフの女性だった。
見覚えのない顔だ。
カレーを食べていて、「水野さんですか?」とか「番長ですか?」とか
声をかけられることはよくあることだから、
素直に「はい」と返事。
すると、「私、****の後輩です!」と意外な発言。
なんと、大学のときに所属していたサークルのOGだというのだ。
ボクよりも5~6年下の人だったんで、初めましてではあるのだけれど。
「いらっしゃったときに、もしかして、と思ったんですが、
カレーをご注文されたんで、間違いないだろうと(笑)」。
なんという素性のバレ方……。
カレーを食べてることが決め手になる人ってのは、そういないだろうなぁ。
お恥ずかしい。
赤ワイン飲んで赤ら顔になってる場合じゃないですな。
カレー食べるときは気を抜かないようにしよう……。
(水野)

第837話/赤ら顔+カレー_c0033210_1152942.jpg
by tokyocurry | 2007-11-07 11:09 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
第836話/タンドール+カレー
2007年 11月 06日
前にもこのブログで書いたかもしれないけれど、
自宅にタンドールを置こうと思っている。
千駄ヶ谷のヘンドリクスで使っているドラム缶を改造したタイプのやつだ。
日本ではこれを作れる人がひとりだけいる。
その方にお会いして打ち合わせした。
いつ、どんなふうに設置するのかという具体的な話もしたけれど、
それ以上に彼がタンドールを作り始めた経緯が非常に興味深い話だった。
ドラム缶タンドールの裏話。
何かの機会にお話ししたい。
あと、うちのタンドール設置計画のその後についても。
(水野)

第836話/タンドール+カレー_c0033210_7522357.jpg
by tokyocurry | 2007-11-06 07:52 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(6)
第835話/迷+最好カレー
2007年 11月 05日
最好本を書くときに、最後まで迷って迷って、掲載を断念したお店がある。
50軒ほど。
六本木のキッチンれんもそのひとつだ。
写真を見ると、また、食べに行きたくなってくる。
(水野)

第835話/迷+最好カレー_c0033210_7441910.jpg
by tokyocurry | 2007-11-05 22:42 | Comments(0)
タイ料理資料&カレー
2007年 11月 04日
今回のタイ訪問でも、いつものようにタイ料理に関する英文書籍を大量に買ってきた。
15冊ほど。
別に今回は、タイ料理を目的に訪問したわけではないけれど、
それでも、空いた時間で必ず本屋には立ち寄ることにしている。
日本やアマゾンでは手に入らない文献もたくさんあるからだ。
実際に現地で食体験をし、同時に英書の文献を読みこんで勉強する。
そうすれば、自分の限られた体験に基づくだけではない、
幅広い見識が得られるような気がして、
インドに行った時、その他の国を旅した時には、必ずこの作業を繰り返す。
そんなわけで、下左の写真は買った本の一部。
そして、うれしい見っけもんが下右の写真だ。
書店の床に置いてあった。
本棚の一番下を整理したりするときに書店員がこれに腰掛け、
移動しながら仕事をしていた。
見た瞬間、思わず、「欲しい……」と独り言。
店のスタッフに、どこで手に入るか聞いたところ、店の特注品だそう。
よし、誰かに頼んで作ってもらおう。
そしたら、うちの書斎に置くんだ。
うちの場合、棚の一番下はアナログレコードスペースだから、
レコードを探す時に腰かけると便利そうだ。
わくわくしてきたぞ。
どこで作ってもらおうかな~。
(水野)

タイ料理資料&カレー_c0033210_22335797.jpg
タイ料理資料&カレー_c0033210_22341013.jpg
by tokyocurry | 2007-11-04 22:34 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(2)
第834話/タイの朝食+カレー?
2007年 11月 03日
というわけで、10日間のタイ滞在から帰国しました。
今回のタイもディープな食体験の連続。
タイでカレーというのは、かなりマイナーな食べ物だ。
(そもそもCURRYという言葉は外国人向けにしかないわけだし)
だから、ブログカレーの記事として適切なわけではないけれど、
ま、毎朝食べたものをバババッとUP。
タイに行ったら朝食はホテルで食べないと決めている。
毎日屋台。
この方が断然うまい。
屋台をあちこち物色して、朝食を取り、そのあと、
ホテルに戻って、レストランでコーヒーだけ飲む。
それが王道のパターンだ。
で、で、恒例(?)のクイズ。
下の写真の中で、一枚だけ、ランチで食べたインド料理があります。
さて、どれでしょう?
(水野)

第834話/タイの朝食+カレー?_c0033210_233076.jpg
by tokyocurry | 2007-11-03 23:13 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(4)




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.