エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:53
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


<   2007年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧
第731話/生放送+カレー
2007年 06月 20日
最近、ラジオ出演が多くなってきているんだけど、
ラジオには「収録」と「生」の2種類がある。
ま、事前に録っておくか、ぶっつけ本番かの違いなわけだ。
エフエム横浜のある番組に生出演して、その足で、『五右衛門』の木村さんが
新しく始めた神奈川県中川の『ごえてん』に行ってきた。
木村さんに挨拶して黒カレーうどんを頼むと、
「いま、ラジオ出てました?」
と先制パンチ。
「ボクはきけなかったんだけど、うちの若い子がちょうど聞いてたみたいで」
厨房の奥でバイトの女の子がこっちを見てニコッとした。
ラジオの生放送ってのは、こういう展開があるから楽しい。
あいかわらずテレビからは逃げてばかりのボクですが、ラジオは大好きです。
(水野)

c0033210_8325399.jpg
by tokyocurry | 2007-06-20 23:27 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
第730話/影+カレー
2007年 06月 19日
ミッドタウンの『ニルヴァーナNY』にて、あえて、ケータイの影を入れてみました。
(水野)

c0033210_10574525.jpg
by tokyocurry | 2007-06-19 23:55 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
第729話/卵の疑問+カレー
2007年 06月 19日
ボクの記憶が確かならば……、
浜田山の『レモンの木』のたまごカレーは、
カレーソースのほうに生卵がのってたような気がする。
のに、ライスのほうにのっている。
あれ~?
こっちだっけ!?
(水野)

c0033210_8435141.jpg
by tokyocurry | 2007-06-19 07:41 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)
末永くお幸せに
2007年 06月 18日
気志團、翔やん團長の結婚パーティに3種類のHAPPY CURRYで
お祝い出張させていただきました。
幸せそうな團長、そして、「ザッツエンターテインメント」なステージ。
ボクたちは瞳をハートにして観てました。
末永く、お幸せに。
by tokyocurry | 2007-06-18 08:51 | Comments(5)
第728話/下北沢+カレー
2007年 06月 16日
小田原に用事があって、ロマンスカーで向かう。
車中のお供は昨日買ったばかりの本。
曽我部恵一さんの『虹を見たかい?』だ。
大学時代、サニーデイ・サービスはボクの暗室ソングだった。
写真部の暗室にこもり、永遠と何時間も写真を焼くとき、
たいていは、サニーデイ・サービスかフィッシュマンズをかけていた。
だから、いまでも曽我部さんの声を聴くと、
レッドランプを灯したあの暗い空間とツンとくる酢酸の匂いを思い出す。
先日番長で参戦したアウトドアフェス・ナチュラルハイ!で
曽我部さんのLIVEを観たこともあって、
タワレコにCDを買いに行ったらこのエッセイ本が目にとまった。
実は、来月頭に出版する予定のボクのNEW CURRY BOOK(!)の装丁と
同じタイプのビニールカバーを使っていて、ビビッときてしまったのだ。
小田原への片道で半分を読み終わり、
用事を終えて駅前の喫茶ケルンでドライカレーを食べた後、
帰りの小田急線で後半を読み始める。
読んでるうちに、曽我部さんが始めた下北沢の店「CITY COUNTRY CITY」へ
寄ってみたくなって途中下車。
ちょうど、エッセイも読み終えた。
下北沢といえば、大学時代に入り浸っていた街。
ボクの大学生活の大半はこの街で過ごしたといっていいほど、思い出深い場所だ。
でも、最近ではすっかり足が遠のいてしまっている。
改札を出る時にPASMOをピッとやる。
ピッって音がしたときにハッと気がついた。
小田急線と京王井の頭線が交差するこの駅で、ボクは、その昔、
なんどとなく、切符を間違えて買ったことがある。
明大前に住んでいたボクは井の頭線の切符を買わなければいけないのに、
急いでたりすると、たいてい小田急線の切符を買ってしまう。
あ~、またやっちゃった……。
でも、それがボクにとって下北沢が下北沢であるための大切な要素でもあった。
それが、いまは、ピッ。
絶対に間違えることはない。
ちょっとさびしい。
「CITY COUNTRY CITY」はたくさんのお客さんでにぎわっていて、
コーヒーでもと思ったんだけど、レコードだけを買って帰ることに。
マイルスのLIVE盤とロニー・スミスのインドなジャケのやつを選んでレジへ。
早々にお店を出て下北沢の街をブラブラする。
ボクが入り浸ってたころに比べると、数限りないマイナーチェンジが施されていて
初めて見る顔ぶれがたくさんある。
でも、全体的なイメージは昔と何も変わっていない。
学生時代は日々、古着屋を片っ端から物色し、
5万も6万もするコートに惚れこんで友達と奪い合ったり、
1000円前後の掘り出しもんジャンバーを見つけて嬉々としたりした。
『レコファン』の2階や『フラッシュディスクランチ』に足繁く通い、
当時から好きだったファンクのレコードを買い漁ったりした。
マミヤ6のカメラにモノクロフィルムを装着して撮り歩いたのもこの辺りだ。
『キッチン南海』でカツカレーを食べようと店の扉を開けると
「今日はもう売り切れちゃったんです」とのこと。
残念。
じゃあ、曽我部さんも気に入っている『茄子おやじ』に、とも思ったのだけど、
こういう日は無理に別のカレーを食べようとかしないほうがいい。
久しぶりに、と訪れた『モルジブ』でコーヒー豆を買って、
『フィクショネス』の藤谷さんに挨拶して彼の著書「下北沢」を買う。
学生時代に世界中のいろんな調味料や食材を学ばせてもらった『カルディ』では
昔と同じように入口で「本日のコーヒー」をサンプリングしている。
明日の番長イベントで使うブラックガルバンゾーを大量に買った。
どの店も東京カリ~番長なんてものをやるとは夢にも思ってなかった頃から
お世話になってたとこばかり
時間にして1時間ちょっと。
いつのまにかボクの両手はレコードやら何やらの買い物袋でふさがってしまった。
さ、ちょっと遠いけど、歩いて家まで帰ろうか。
すべては曽我部さんの『虹を見たかい?』がキッカケだった。
面白いから一気に読み切った。
そしてまさかボクにこんな素敵な金曜の夜のひと時をプレゼントしてくれるなんて。
感謝。
そう、ボクはたぶん、このブログをUPした後に、
曽我部さんに本の感想をメールすることだろう。
大学時代に憧れてただけだった人にそんな風にコンタクトがとれるなんて、
これは東京カリ~番長の活動のおかげなのであって、
ボクらが普段から言ってる「カレーコミュニケーション」って、
つまりはこういうことだったりもするのだ。
「CITY COUNTRY CITY」で番長イベント、やりたいな。
(水野)

c0033210_7281712.jpg
by tokyocurry | 2007-06-16 07:28 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(15)
第727話/脳みそ+カレー
2007年 06月 15日
西荻窪のとあるインド料理店でブレインマサラを食べた。
羊の脳みそのカレーだ。
むかしはいろんなお店にあったメニューだけれど、
最近は、輸入規制がきびしくなったせいなのか、
あまりみかけない。
そういえば、脳みそとカレーってことでいえば、
昔、『脳みそカレー味』というとんでもないタイトルのインド紀行本が出ていて、
結構おもしろかったのを思い出す。
脳みそカレー味……。
ボクの脳みそがカレー味になるのは、時間の問題のような気がしてならない。
(水野)

c0033210_748710.jpg
by tokyocurry | 2007-06-15 07:48 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(6)
喝采!家カレー・メイキング⑦
2007年 06月 14日
本作りには色校というものがあって、これで仕上がりの最終チェックをする。
そしてこの色校の紙の端をよく見ると「何度もおかわりしたくなるカレー」と書いてある。
そう、最初の本のタイトル案は「喝采……」ではなかったのだ。
カバー案は今の方向に決まるまでが数種、
そこからさらにちょっとずつデザインを変えたものをたくさん出してもらって検討した。
箔押しのサイズや形も色々やってみたし、
印刷会社からは金箔の色見本が5種類も6種類も出てきた。
(金色だけでこんなにあるのか……)
ボクが書籍というメディアが好きで好きでたまらないのは、
各分野のプロがセンスや技術、想いをぶつけあってひとつのモノ創りに打ち込んでいる
というプロセスを実感できるからだ。
これは独りで自由に好きなことを書き続けられるブログのようなものとは
全く別の魅力がある。
それと結果として出来上がったものが手元に重みや感触のあるものとして残るから
愛着がわきやすいというのも気に入っている。
これは流れたそばから消えてなくなるテレビ番組のようなものとは
また別の魅力がある。
要するにボクは本が好きなのだ。
だから「本を作りませんか?」って話があると、
他のあらゆることをひっこめてまで本作りを優先させてしまう。
我が愛する映画監督のウッディ・アレンはあるインタビューで
「ボクはクッキーを焼くように映画を作り続けたい」と話してた。
ボクも叶うことならクッキーを焼くように本を作り続けたいと思っている。
(水野)

c0033210_10532788.jpg
c0033210_10532784.jpg
by tokyocurry | 2007-06-14 07:53 | *番長からのお知らせなど | Comments(9)
喝采!家カレー・メイキング⑥
2007年 06月 13日
調理・撮影したものは全てポラロイド写真をおさえて
ページのイメージを作り上げていく。
空白だらけの白い紙に
次々とポラが貼られていくのは気持ちがいい。
デザインが済んで入稿し終えると
全ページ分のカラー出力が出てくる。
この紙を切り貼りして手作りの本を作ってパラパラと眺めるのが
楽しみのひとつだ。
仕上がりをイメージしながら何度も何度も読み返す。
ボクにとっては書籍製作で一番好きな瞬間かもしれない。
(水野)

水玉模様の皿の上には手作りチーズがのってるよん

c0033210_7462410.jpg
c0033210_7462487.jpg
by tokyocurry | 2007-06-13 07:46 | *番長からのお知らせなど | Comments(0)
感謝(驚) 『喝采!家カレー』 増刷決定!
2007年 06月 12日
おかげさまで発売1週間を待たずして、
『喝采!家カレー』の増刷(重版)が決定しました。
ご購入&ご支持頂いた方々、ありがとうございました。
増刷分の入荷は7月頭の予定。
それまでは書店によってはお待たせしてしまうかもしれませんが、
アマゾン購入などは問題ないはずです。
今後もよろしくお願いします。
(水野)
by tokyocurry | 2007-06-12 17:34 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(4)
喝采!家カレー・メイキング⑤
2007年 06月 12日
4日間の撮影をともに闘った鍋と木べらたち。
鍋はいわゆる普通の鍋よりも、中華鍋のような深めのフライパンのほうが
気に入っている。
カレーをつくるときは、「炒め~煮込み」の順をたどることが多いので、
フライパンのほうがひとつで最後まで行けて使いやすいのだ。
木べらはたくさん持っている。
ちょっとずつ全部サイズやカタチが違っていて、
用途に合わせて使い分ける。
それから、1日中撮影のときには、必ずBGMにレコードやCDをかけている。
ジャズ、ソウル、ロック……、そのときの気分次第でなんでもかけるけど、
『喝采!家カレー』の撮影のときには、
ティンパンアレー、ルースターズ、大滝詠一、細野晴臣、
ムーンライダース、サディスティックミカバンドなどなどをかけていた。
ただ、我が家のオーディオ環境にはちょっとだけ不満があって、
音を出しても、キッチンに立つと換気扇や調理の騒がしい音にかき消されて
音楽が聴こえにくい。
撮影やってるリビングにはちゃんと届いているんだけど。
こりゃ、改善しなきゃならん……。
(水野)

プロフィール写真では巨大な業務用木べらが登場。

c0033210_8395023.jpg
c0033210_83950100.jpg
by tokyocurry | 2007-06-12 08:39 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(3)




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.