エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:53
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


2006年 08月 01日 ( 1 )
焼っき焼きっ+カレー
2006年 08月 01日
焼っき焼きっ+カレー_c0033210_0303471.jpg

不思議な出会いがあるもんだ。
大学でやっているカレーの講義の受講者から、
あるインド料理店の情報をもらった。
その方はA川さんという、某スパイスメーカーに最近まで勤務していた女性で、
なんでも会社の元同僚が始めたインド料理店が大学のすぐそばにあるのだという。
名前はシャヒダワット。
ふと思い立って、お店を訪れた。
「シャヒダワット、シャヒダワット……」。
道中、店の名前をつぶやきながら、「なんか聞き覚えのある響きだな」と思って歩く。
店に着き、ランチタイムのセットを注文してさくっと平らげた。
お勘定のときに、店主の女性に声をかける。
「U野さんですか?」
「はい」
「あの、水野と申しますが、A川さんの紹介で来ました、
大学でカレーの講義をやってるんですが、A川さんがそれを受講されていて……」
「A川さん! あ、じゃ、水野さんてあの水野さんですか?」
「え~と、その水野だと思います(笑)」
「K川さんからもお話を伺ってました!」
「K川くん!? あ、K川くんがお世話になったインド料理店ってここだったんですか!」
そんな具合に、ボクだけが一人で盛り上がる話の展開が続いた。
K川くんというのは僕の友人で、前にこのブログでも登場した、
静岡に斬新なコンセプトのインド料理店を立ち上げようとしている青年のこと。
彼が東京のインド料理店で短期間お世話になることになったから、
ぜひ一度来てほしいと話を聞いていたのが、このシャヒダワットだった。
偶然にも同じ店をカレー講義の受講者であるA川さんがボクに推薦してくれたのだ。
「K川」くんと「A川」さんに教えてもらったお店で
ボク「水野」は店主の「U野」さんと知り合った。
なんという偶然、そして、これまた偶然に登場人物の苗字が似ている(笑)。
こんなこともあるんですな。
帰宅して早速K川くんに報告。
するとK川くん。
「ビリヤニ食べました? あそこのビリヤニはタンドールで焼いていて味しいんです!」
え~、それ先に言ってよ~、普通にランチセットにしちゃったよ~。
ということで、再訪。
今度は写真にあるとおり、骨付きチキンのビリヤニを頼んだ。
ビリヤニというのは、インドの炊き込みご飯、もしくは、炒め煮ご飯、混ぜご飯、
のようなもの。
タンドールの釜で焼く手法は手間がかかるため、
日本のインド料理店ではほとんど用いられていない。
それだけにここシャヒダワットのビリヤニは貴重な存在なのだ。
そして、驚くほど美味しい。
「どんなふうに」ってことはこのブログではあえて触れないけれど、
ぜひ体験してみてほしいので、僕の中でのブログルールを初めて破って、
お店の情報を掲載しちゃいます!
(訪問店の詳細情報公開は、これが最初で最後です)

※シャヒ・ダワット/千代田区神田錦町2-2-11 田口ビルB1/03-3293-5897
チュカウニというスパイスで風味付けしたジャガイモのヨーグルトサラダを
別に注文して混ぜ合わせて食べると昇天します。
いやいや、偶然にして久しぶりにいい人&いい味との出会いでした。
(水野)
by tokyocurry | 2006-08-01 23:29 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(14)




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.