エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:53
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


2006年 03月 17日 ( 1 )
ファッション+ズブ卵+カレー
2006年 03月 17日
c0033210_2422820.jpg

南インド帰りの友人と南インド料理店へ。
色々と話し込み、閉店後の時間までダラリとしてしまってせいで、
帰るときには店内はオーナーとコックさん以外、誰もいない状態。
そのうえ、レジでまたオーナーと話し込んでしまった。
南インド・ケララ州出身の彼女がこのお店を立ち上げたのは去年のこと。
インド料理研究家として料理教室を開いていた延長で、お店を開くことになった。
南インド料理については故郷の味だけど、
日本での普及はそこそこ大変だと感じてるみたい。
「日本にたくさんある北インド宮廷料理のようにひと口目からインパクトのある味と違い、
南インド料理は、何度も食べるうちにだんだん美味しさに気づくタイプ」と
さすがは日本在住4年だけあって、日本人の味覚の嗜好をよく掴んでるな~と、
強く賛同してしまった。
で、なんで日本で南インド料理の普及に時間がかかりそうなのか、
についての彼女の意見が面白かった。
「最近、南インド料理を食べてくれるお客さんが増えているけれど、
少し流行ってるから、みんなファッションとして食べてるの。
ちゃんと味を好んで食べてくれてるんじゃない気がして、そこがちょっと不安」と。
さらに続けてこんなことも。
「私は日本にしばらく住んでいてお寿司が大好きだけれど、
インドから来たばかりの友人は、みんな日本でお寿司を食べることが
ファッショナブルなことだと思ってる。
本当に美味しいと思ってるわけじゃないからそれと同じ」と。
南インド料理を食べることがファッション……。
だとしたら、こりゃすんごい嬉しいことだと思うけどな~。
だって、オーナーが言うとおり、南インド料理は何度も食べるうちに徐々に
その本当の美味しさがわかってくるタイプの食べ物だと思うから、
ファッション感覚で何度か食べてる人は、そのうち、本気でうまいと思って
お店に足を運ぶようになるわけでしょ。
南インド料理の普及でこんなに美しい形はないと思うんだけどね。
……なぁんてことを力説しちゃいましたよ、思わず(笑)。
そういえば、この手の話は、その昔、際コーポレーションの中島社長と
食事をしたときに四川料理の普及について、
全く同じような話で盛上ったことがあったっけ。
やっぱりお店の経営という形で食の現場に毎日身を置く人は、
色んな期待や不安が常に頭の中をグルグルしてるんでしょうな。
大丈夫、南インド料理はゼッタイにうまくいく。
だって、美味いから。
南インド料理、ファッション、南インド料理、ファッション……。
いやぁ、いいフレーズ聞いたな~、今日は。
で、最後に卵のお話。
このカレーはケララ地方の卵のカレー。
手前に少しこんもりしてるのが、卵です。
でも、料理するときに一緒にソースと絡めるからトッピングという感覚と違って
卵がズブズブとカレーの中に埋もれていて、
しっかりとソースの味をしみこませているのであります。
この「ズブ卵」は昨日からの流れで言うと「ズブタマ」ということになります、はい。
※ケララタマゴロースト/¥1200/ニルヴァナム/港区虎ノ門3丁目
(水野)
by tokyocurry | 2006-03-17 02:42 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(7)




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.