エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:53
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


2005年 06月 18日 ( 2 )
甘辛い味付けはなんにでも。
2005年 06月 18日
1年以上まえになるけど、カリ~番長で福岡遠征したことがありました。
そのとき、
連れて行ってもらったお店が、
福岡家庭料理の店「味の正福」
おいしかったです。


で、
最近福岡に出張に行ったのでよってきました。
(福岡での唯一の食事としてチョイスしたのです)

甘辛い味付けはなんにでも。_c0033210_16284633.jpg


サバみりん定食を食べたけど、おいしい。
あまからい味は、なんともご飯にあうし。

魚を好んで食べるようになったのは、ここ5年ぐらいですが
(それまでは、完全なるニク偏食でしたが)
魚そのものの味もすきですが、
こういった、甘辛いのは大大好き。


あと、こういう味付けのって、どうしても少しこげちゃうのだけど、
それもまたサイコーにおいしいのです。(ご飯のおかずには、100点)


まだちょっとどうもなのは、
甘いおしょうゆ。

一品で頼んだ、イカのお刺身(イカも大好物)をつける
おしょうゆが甘いのです。

九州(福岡だけなのかな?)の甘いおしょうゆは、

おさしみ⇒ワサビ⇒おしょうゆ(ちょいたっぷり)⇒
ご飯の上で一旦休憩⇒お口

っていうのが、食べ方なんだけど
最後ご飯の味付けとしてもちょっときになる甘さでした。

それはともあれ、おいしく頂いてきました。

魚といえば、「魚久」の粕漬けはよいですね。
並ばないとだけど、タイムセールスの半端ものの
詰め合わせ、あれほんよいいですよ。
ごはんにほんとよく合います。
(おしょう。)
by tokyocurry | 2005-06-18 16:43 | *番長からのお知らせなど | Comments(2)
活字発祥+カレー
2005年 06月 18日
活字発祥+カレー_c0033210_3453989.jpg

【ホタテカレー/¥850/RASA/中央区築地1丁目】
名刺を100部増刷した。
活版印刷で初めて作ってまだ1ヶ月も経たないというのに。
はしゃいでいろんな人に配りまくったせいで、もうなくなりそうだったのだ。
新しい名刺はほんのりと紫がかった黒色で印刷してもらった。
受け取りのときに、中村活字の方が、「今度来たらこれを見せてあげようと思って」
と1枚の地図を見せてくれた。
「ほら、これ、この近くなんですよ」と指差した場所には、「活字発祥の碑」という文字。
なんと活字は銀座で発祥したのだ!
「おお! すごい! こんなのがあるんですか!」と感嘆の声をあげるボク。
すると続いて「いまちょうど活字作ってるところだから見てくかい?」とやさしい一言。
そりゃもう二つ返事で印刷所の奥まで入り込んであれこれと教えてもらいましたよ~。
いやいや、楽しかった。
これが消え行く技術なんて……、切ない。
みんなもっと活版印刷で名刺を作るべきだ!
そんで、活字発祥に関する資料をもらってそれを読みながら、早速、「碑」見学へ。
いやいや、ありましたよ、そいつはそこに。
とあるビルの敷地の片隅にひっそりと。
「おお! ここで活字が生まれたか~!」と感心。
資料によると発祥の地に関してはこんな感じ。
「1873年、わが国鉛活字の創始者長崎製鉄所頭取本木昌造先生の高弟平野富二氏が、
この地に長崎新塾出張活版製造所(後東京築地活版製造所と改称)を興して
活字製造を創始し、以来、わが国印刷文化のため偉大なる足跡を残してきました」
なるほど。
で、感心ついでにそのビルの地下にあるカレー専門店へ(なぜ……)。
思わず活字資料を下に敷いてカレー写真撮っちゃった。
で、ここでふと思ったわけ。
このビルで働いてる人は、みんな活字発祥の碑の存在を知ってるんだろうか?と。
とりあえず、カウンターだけしかない狭いこのカレー専門店でバタバタと忙しく
働くお姉さんたちはどうなんだろう?と。
で、会計のときに対応してくれたお姉さんに資料をちらつかせながら白々しく質問。
「あのぉ、この辺にこの活字発祥の場所があるらしいんだけど、知ってます?」
「へえ! そうなんですか! 全然知らなかった~~~」
そりゃ知らないよね。
でも予想以上にいい反応。もしかして、こういうの結構興味あんのか?!
「ご存知ないですよね、ちょっと探してみます」
「じゃあ、見つかったらぜひ教えてくださいねっっっ!!!」
「……」
ってゆーかおい! いくらなんでもそんなに興味ないでしょーーー。
これ絶対営業トークだろ~。だって明らかに応対が不自然だもん。
ま、いいや、このお姉さんも毎日働いてたらいつか碑を目にする日も来るだろう。
それはそうと、このお店、「活字カレー」ってメニュー出せばいいのにな~。
うん、絶対やるべきだ。
(水野)
by tokyocurry | 2005-06-18 03:45 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(2)




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.