エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:53
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


第728話/下北沢+カレー
2007年 06月 16日
小田原に用事があって、ロマンスカーで向かう。
車中のお供は昨日買ったばかりの本。
曽我部恵一さんの『虹を見たかい?』だ。
大学時代、サニーデイ・サービスはボクの暗室ソングだった。
写真部の暗室にこもり、永遠と何時間も写真を焼くとき、
たいていは、サニーデイ・サービスかフィッシュマンズをかけていた。
だから、いまでも曽我部さんの声を聴くと、
レッドランプを灯したあの暗い空間とツンとくる酢酸の匂いを思い出す。
先日番長で参戦したアウトドアフェス・ナチュラルハイ!で
曽我部さんのLIVEを観たこともあって、
タワレコにCDを買いに行ったらこのエッセイ本が目にとまった。
実は、来月頭に出版する予定のボクのNEW CURRY BOOK(!)の装丁と
同じタイプのビニールカバーを使っていて、ビビッときてしまったのだ。
小田原への片道で半分を読み終わり、
用事を終えて駅前の喫茶ケルンでドライカレーを食べた後、
帰りの小田急線で後半を読み始める。
読んでるうちに、曽我部さんが始めた下北沢の店「CITY COUNTRY CITY」へ
寄ってみたくなって途中下車。
ちょうど、エッセイも読み終えた。
下北沢といえば、大学時代に入り浸っていた街。
ボクの大学生活の大半はこの街で過ごしたといっていいほど、思い出深い場所だ。
でも、最近ではすっかり足が遠のいてしまっている。
改札を出る時にPASMOをピッとやる。
ピッって音がしたときにハッと気がついた。
小田急線と京王井の頭線が交差するこの駅で、ボクは、その昔、
なんどとなく、切符を間違えて買ったことがある。
明大前に住んでいたボクは井の頭線の切符を買わなければいけないのに、
急いでたりすると、たいてい小田急線の切符を買ってしまう。
あ~、またやっちゃった……。
でも、それがボクにとって下北沢が下北沢であるための大切な要素でもあった。
それが、いまは、ピッ。
絶対に間違えることはない。
ちょっとさびしい。
「CITY COUNTRY CITY」はたくさんのお客さんでにぎわっていて、
コーヒーでもと思ったんだけど、レコードだけを買って帰ることに。
マイルスのLIVE盤とロニー・スミスのインドなジャケのやつを選んでレジへ。
早々にお店を出て下北沢の街をブラブラする。
ボクが入り浸ってたころに比べると、数限りないマイナーチェンジが施されていて
初めて見る顔ぶれがたくさんある。
でも、全体的なイメージは昔と何も変わっていない。
学生時代は日々、古着屋を片っ端から物色し、
5万も6万もするコートに惚れこんで友達と奪い合ったり、
1000円前後の掘り出しもんジャンバーを見つけて嬉々としたりした。
『レコファン』の2階や『フラッシュディスクランチ』に足繁く通い、
当時から好きだったファンクのレコードを買い漁ったりした。
マミヤ6のカメラにモノクロフィルムを装着して撮り歩いたのもこの辺りだ。
『キッチン南海』でカツカレーを食べようと店の扉を開けると
「今日はもう売り切れちゃったんです」とのこと。
残念。
じゃあ、曽我部さんも気に入っている『茄子おやじ』に、とも思ったのだけど、
こういう日は無理に別のカレーを食べようとかしないほうがいい。
久しぶりに、と訪れた『モルジブ』でコーヒー豆を買って、
『フィクショネス』の藤谷さんに挨拶して彼の著書「下北沢」を買う。
学生時代に世界中のいろんな調味料や食材を学ばせてもらった『カルディ』では
昔と同じように入口で「本日のコーヒー」をサンプリングしている。
明日の番長イベントで使うブラックガルバンゾーを大量に買った。
どの店も東京カリ~番長なんてものをやるとは夢にも思ってなかった頃から
お世話になってたとこばかり
時間にして1時間ちょっと。
いつのまにかボクの両手はレコードやら何やらの買い物袋でふさがってしまった。
さ、ちょっと遠いけど、歩いて家まで帰ろうか。
すべては曽我部さんの『虹を見たかい?』がキッカケだった。
面白いから一気に読み切った。
そしてまさかボクにこんな素敵な金曜の夜のひと時をプレゼントしてくれるなんて。
感謝。
そう、ボクはたぶん、このブログをUPした後に、
曽我部さんに本の感想をメールすることだろう。
大学時代に憧れてただけだった人にそんな風にコンタクトがとれるなんて、
これは東京カリ~番長の活動のおかげなのであって、
ボクらが普段から言ってる「カレーコミュニケーション」って、
つまりはこういうことだったりもするのだ。
「CITY COUNTRY CITY」で番長イベント、やりたいな。
(水野)

第728話/下北沢+カレー_c0033210_7281712.jpg
by tokyocurry | 2007-06-16 07:28 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(15)
Commented by むね at 2007-06-16 10:25 x
またまた本が出るんですね。買いますよーそれと来月、俺も下北にライブを見に行きますよーバンド名はヴォルケイノ!1番気に入ってるメタルバンドです!ヘビーメタルは最高です!炒め物にあいますよー
Commented by tokyocurry at 2007-06-16 11:51
>むねさん
そうなんですよ。
7月6日に発売。
今度は、レシピ本ではなく、ガイド本です。
ガイド本じゃないガイド本(笑)。
もう少し経ったらお知らせしますね。
ヘビメタとカレーイタメってなんか、いいかも。
Commented by とっこ at 2007-06-16 21:08 x
本って素敵な出会いがありますね。
私も昔ほんの作者の方にはがき書いたらお返事もらってそれを生業にしたこともありました。
憧れって重要なことですよね。
番長になって憧れの方に会えてよかったですね!
Commented by キティ* at 2007-06-17 01:25 x
下北沢は私にとっても思い出深い街。
番長メンバーに初めて会ったのが今は無きアフロレイキでした。
あのころは、←こんなにいっぱい本が出るなんて想像してなかったけど、
うん。私が惚れ込んだだけあるわ(爆)

Commented by BooBoo at 2007-06-17 01:28 x
いつも楽しくブログを楽しく拝見しております。私もカレーが大好きで、昼食にもいつもカレーばかり頼んでしまうので、部下は私と一緒に昼食取りたくないみたいですね(笑)
カレー食べさせられちゃうから(笑)
これからも応援しています。頑張ってください!!
Commented by tokyocurry at 2007-06-17 07:37
>とっこさん
本の出会いっていいですにょね。
あこがれの人、まだまだ山ほどいます。

>キティ*さん
アフロレイキ!
なつかしい!
本は、今年は、この2冊で打ち止めですよ。

>BooBooさん
ありがとうございます!
部下をローテーションで誘うのがいいと思います。
ボクはそのパターンです。
周囲はたまにカレー、僕は毎日カレー……。
Commented by いぐぽん at 2007-06-18 14:30 x
思えばサニーデイで意気投合したんでしたっけね。
懐かしいなあ。
いつもより文章に熱がこもってる気がするのは、気のせいでしょうか。笑
Commented by あげは at 2007-06-19 00:19 x
ナチュラルハイで、番長のカレーを食べ、曽我部さんのライブを観ました。
夜を越える道志に響く曽我部さんの「夜をこえて~」の声が今も聞こえます。
Commented by tokyocurry at 2007-06-19 08:40
>いぐぽんさん
そういえば、そうでしたっけ?
エコーズの話したことのほうがよくおぼえてるんだけど。
なつかしいですな~。

>あげはさん
よかったですよね、あのLIVE。
ボクもあのときは、カレーブースをほったらかして、
観にいってしまいました。
Commented by とりさかな at 2007-06-20 21:23 x
下北沢に住んでいたわけでもないのに
この文章でじ~んときてしまいました。
この気持ちを一生わすれないようにします。
Commented by tokyocurry at 2007-06-21 08:24
>とりさかなさん
ありがとうございます。
たまには時間をみつけて一人でふらふらと街を歩くのもいいな、
と思いました。
ここ1~2年、そんな時間がまったく取れずにいたので、
逆に新鮮でもありました。
Commented by こー at 2007-06-23 18:48 x
私がカルディで働いていたのは、ちょうどその頃かもしれません。
忙しすぎて、町をゆっくり散策することも少なかったけど、
下北沢!懐かしい~~~。
芝居に音楽に酒!愛してやまない町でした。
南口すぐの「HIRAMON」のカレー、よく食べました。
バングラディシュ人のマニークさんのつくる
カレーとナンは最高!
まかないのカレーを一緒に食べたり、
「お腹が痛い」といえば、ライスプディングを作ってくれたり、
・・・とってもやさしい味がしました。
今もあるのかな?
Commented by tokyocurry at 2007-06-25 08:38
>こーさん
そうなんですか!
じゃあ、カルディで会ってたかもしれませんね!
Commented by トダチーニョ at 2007-06-28 13:00 x
お久しぶりです!
古着で下北沢を歩く19、20の水野さんが目に浮かんできました。
私がサニーデイを聴いて過ごしたのは、地元での高校時代です。
自転車で学校まで通うとき、高校野球の応援のとき、そして
受験勉強の夜もサニーデイを聴いてすごしました。
まさに青春そのものです。
なので、サニーデイ解散後も、曽我部さんがソロバンドを立ち上げて、
いい意味で昔とは違う音で続けているのが、すごくいいですよね。
Commented by 水野 at 2008-01-26 02:03 x
>トダチーニョさん
19,20のボク。
あぁ、恥ずかしい。
サニーデイは本当に青春です。
そんな青春をいまでも続けている曾我部さんは、やっぱり素敵です。
<< 末永くお幸せに 第727話/脳みそ+カレー >>




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.