エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:53
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


第529話/第5の人生+カレー
2006年 09月 12日
車を運転していて道端に「北インド高原カリー」と書かれた看板を発見。
(最近、看板のカレーをよく発見するな……)
数時間後に自転車を飛ばして改めてお店まで行ってみた。
店の名は「Cafe Calm」。
19時頃だったけれど、ラストオーダー間際の時間帯でお客さんはもう誰もいない。
オリジナルホットチキンカリー(¥1000)しか残っていなかったが、
それが目当てだったので注文。
渋い初老の店主が優しそうに声をかけてくれる。
「明日の仕込みの最中なんで、ちょっとニンニク臭いかもしれませんが」
「大丈夫です、仕込みは慣れてますんで」
とワケのわからない返事をしながらカレーを食べる。
メニューの説明書きを見ると、
北インド高原というのは、ヒマチャルプラディッシュという場所のことを指すらしい。
「軽井沢に似た爽やかな高原地帯」だそう。
そこで、店主に聞いてみた。
「ヒマチャルプラディッシュというのは、旅行で行かれた場所なんですか?」
すると、意外な答えが。
「登山隊にいましてね、何ヶ月もいた地域なんですよ」
「へえ!登山隊、ですか!?」
「引退してここを始めたんですよ、第2の、あ、いや、第4第5の人生ってとこかな……」
それから登山の話をしばらくして、お店を出た。
カレー屋さんをやるキッカケで素敵な話があるもんだな。
なんか、数年前にそんな話を山ほど取材して一冊の本を書き上げた
『神様カレー』(文藝春秋)のことを思い出したりした。
あの本のときは、
「カレーのガイド本じゃなくて、カレー人生のインタビュー本を書きたいんです」
って話で編集者と大いに盛り上がったことをよく覚えている。
自転車に乗って帰る道すがら、
彼が「第2の…」と言い掛けて「第4第5の…」と言いなおした事が
なんとなく印象的だと思った。
カレー店を始めたことはリタイアした彼が次に選んだ道だから
世の中的には「第2の人生」ということになるんだろう。
でも、彼にとっては、それまでの人生を「第1」と一括りしてしまうのをためらうくらい、
あまりに色んなことがたくさんあって充実した過去だったんだろうな~、と。
また『神様カレー』のときのように全国のカレー店を訪ね歩きたくなってきた。
さて、ボクは今、第1の人生すら踏み出してもいない状況だ。
世の中的には第1の人生の最中ということになるのかな。
仮にボクがリタイア(?)を迎える歳まで色んなことをしたとして、
第5の人生にカレー店の店主をするという未来はありえるんだろうか……?
いや~、ないな~~~~~。
第5の人生で突然、登山を始める。
こっちの方が確率は高そうだ。
それも、ヨボヨボになった東京カリ~番長メンバー4人でね。
ぷぷぷ。
(水野)

第529話/第5の人生+カレー_c0033210_031629.jpg
by tokyocurry | 2006-09-12 00:31 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(8)
Commented by mayumi_sakura at 2006-09-12 01:48 x
よく?判らないけど・・・・人生いろいろ。PS。酔っていま~す。。。。。。父に怒られました~
Commented by ぴよぴよ at 2006-09-12 09:43 x
水野さんは第一段階で既にかなりカレーな日々を送っていらっしゃるので、第二段階では是非違うことを。そして第三段階でその二つをあわせてまたカレー界に戻ってきてください。ずっと見守ってますから(笑)
Commented by ちょこ at 2006-09-12 19:01 x
いいお話を聞かせていただきました☆
胸がじぃ~んと熱くなりました~!!
Commented by かめぞ~ at 2006-09-12 23:09 x
第5の人生って言えるご主人の生き方がうらやましいですね。
そういう生き方をしたいですね♪カレーを食べつつ(^^)
Commented by やぎ at 2006-09-12 23:15 x
いいですね。
実にすてきなお話ですね。
神様カレー、読みたくなっちゃいました(って読んでないことが・・・)。

Commented by eu店主 at 2006-09-13 13:34 x
いい話です、自分なら
第二の人生は何やってるのだろうかと
カレーを食べつつかんがえさせられました。
Commented by まめ at 2006-09-14 00:18 x
神様カレーの2巻が読みたいです。今度は写真があるといいなあ。
そして1巻(っていうのかしら)のお店で移転/閉店した情報を記載して欲しいのです。
神様カレーを買った2年前、私は喜び勇んで自由が丘に行きました。そう、MURAを目指して。
しかしMURAがあるはずの場所には廃墟しかなく、いくら歩き回っても目的の店は見つかりませんでした。
そこで私はつらい現実をやっと認めたのです。MURAは潰れたのだと。
崩れ落ちそうになる自分をなんとか奮い立たせ、別のカレー屋「スパイス・ポート」を目指した私を更なる悲劇が襲いました。
そう、スパイス・ポートも潰れていたのです。
天を仰ぎ、私は自由が丘を呪いました。隕石でも落ちてこの街なくなんないかなーと本気で思いました。
でもサンガワはおいしかったよ!

最近ビンディでも同じ目にあいました……
Commented by tokyocurry at 2006-09-14 10:20
>mayumi_sakura さん
父に怒られたらカレーを食べて立ち直ってください(笑)。

>ぴよぴよさん
ありがとうございます。
じゃあカレーからできるだけ遠い世界がいいですね。
考えてみます。

>ちょこさん
ボクも、お店で同じ気持ちになりましたよ。
こういう体験をすると、料理って味だけじゃないな、と改めて実感するんです。

>かめぞ~さん
いいですね、カレーを食べつつ・・・って。

>やぎさん
神様カレーにも「実にいい話」がもっとたくさんあるんです。
カレー店の数だけ物語がありますからね~。

>eu店主さん
お!
またもカレーを食べつつ・・・。
い~ですね~(笑)。

>まめさん
確かにそうですね。
神様カレーの時に150人の話を聞きましたが、
あの時点ですでにもうあと150人くらい話を聞きたい人がいましたから。
それにしても自由が丘のMURAは本当に本当に本当にいいお店でした。
店主の今を知りたいです。
<< 【 押忍!カレ~部 】 第528話/BOBOS+カレー >>




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.