エキサイトイズム エキサイト | イズム トップ | サイトマップ
Excite ismExcite
カレーと音楽を中心に「食」の新しい楽しみ方を提案し続けている料理ユニットのブログ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
メモ帳
東京カリ~番長公式ホームページ
東京スパイス番長のブログスパイス

東京カリ〜番長へのお問い合わせ
⇒ イベント出演依頼はこちらから
⇒ メディア取材依頼はこちらから

東京カリ〜番長のメンバー紹介
★リーダー 伊東盛
→ オモロさかりんトークは必聴!? 自家製
ピクルス・チャツネが各所で大好評。
★炊飯主任 おしょう。
→ 最強スマイルは必見。テーマに合わせて様々なお米を自由自在にブレンドする。
★クラフト主任 SHINGO/3LDK
→ カレー周辺のオサレグッズを量産。ホームセンターを拠点にクラフトワークする。
★調理主任 水野仁輔
→ 数々のカレー著書は必読。インド顔を駆使してあらゆるタイプの料理を作る。
★DJ主任 WARA
→ 食欲を煽るプレイは必聴。グラブイベント「朝焼け番長」を主宰するレスラーDJ。
★お祭り主任 ボンジュール・イシイ
→ 疲れを知らないお祭り男。みんなで盛り上がれるイベントの企画プロデュース力は抜群。
★貿易主任 Mr.ノグチ
→ インドに精通する貿易人。魔法のガラムマサラほか、数々の番長必携アイテムを直輸入。
ライフログ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:53
漢方薬ダイエット通販生活..
by 漢方薬ダイエット at 17:31
Premium coff..
by HowardOn at 05:30
ット|ケイトスペード ..
by ThomasGYMN at 17:02
ット|ケイトスペード ..
by GeorgeMup at 02:56
That has gr..
by Geralderap at 14:17
番長が禁断の包丁人味平「..
by sac longchamp at 05:13
そういえば、疲労物質の乳..
by Robertmomy at 23:57
まったくのボランテ人は山..
by MichaellIt at 22:46
有酸素トレーニングと筋ト..
by Anthonyon at 11:30
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
illustration by Shu-Thang Grafix


ずっと会いたかったシェフに、ようやく、
2009年 10月 16日
ずっと会いたかったシェフに、ようやく、_c0033210_23262581.jpg

会えた。
横浜「ラニ」のハリ・オムさんだ。
いや、ま、別にハリさんは普段お店にいるわけだから、
会おうと思えばいつでも会いに行けたわけなんだけど、
ボクにとって敬愛する人に会うというのは、とても特別な行為で、
一種の儀式みたいなところがあるから、
ただ顔と顔を合わせて挨拶するというだけでは、納得がいかない。
会うべくして会う必要があるのだ。
これを人は「縁」というんだろうか。
適切な表現が見つからないのだけれど、誤解を恐れずに言えば、
会いたいとおもっている相手にとって、自分が意味のある、会う価値のある、
もっと言えば、その後もしっかりと記憶に残る存在として
初対面の瞬間を迎えたい、ということなのかもしれない。
全く面倒くさい性格だ、と我ながら思う。
だからボクはまだ面識がない、でも一方的に敬愛しているすべての人に対して、
その瞬間が訪れるまでいつまでもじっと待つ。
周囲には親切な人がいて、
「そんなに好きなら会わせてあげようか?」とか、
「仲いいから紹介しますよ」とか、
言っていただくこともある。
でも、多くの場合、それはボクの考える「縁」とはちょっと違う。
だから敬愛する人であればあるほど、ボクは丁重にお断りする。
いつか、「縁」あって対面する日がきっとくる。
それまでは、ガマンしよう……と。
そんな風に面会のチャンスがあったにも関わらず、
それを放棄したケースは過去に何度もある。
たとえば、写真家の森山大道さんとか、プロ棋士の羽生善治さんとか、
音楽家の細野晴臣さんとか、画家の荒井良二さんとか……。
手を伸ばせば届くのに、グッとこらえた。
(でも、いつかお会いしたいです)
もちろん、ボクにだって、どんな手を使ってでも一目でいいから会いたい人はいる。
刑事コロンボのピーター・フォーク氏とか、映画監督のウディ・アレン氏とか……。
(誰か、なんとかしてくれませんか・笑)
ともかく、ボクは、ついに(ボクにとって正式な意味で)、ハリさんと会った。
来年から始まるあるプロジェクトを一緒にやっていくことになったから、
その打合せで「初めまして」の儀式を果たしたのだ。
ハリさんは、もしかしたらこれからの日本のインド料理文化を牽引していく
第一人者として相応しい人なんじゃないかとボクはおもっている。
だから、そんなハリさんと新しいことが待ってるなんて、ドキドキしてしまう。
楽しみだなぁ。
何をするかはいつか、ここでお知らせします。
by tokyocurry | 2009-10-16 00:06 | *水野仁輔の「プラスカレー」 | Comments(0)
<< 【“裏”10周年だよ!全員集合~!】 とってもいい加減な打合せのおか... >>




Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.