The John's Guerrilla OFFICIAL BLOG 「Seize The Time」
Leo(vo,g)、Ryoji(g)、Kaname(b)、Junichi(ds)

2004年結成、2007年、渋谷を中心に始動。現代のUK、USインディロックシーンや、60's / 70'sの多様なカルチャーやアートからインスパイアされ、独自のデフォルメを加えながら辿り着いたサイケデリックなサウンドアプローチは、都内ライヴハウス、クラブシーンにおいて圧倒的な支持を獲得中。ファッション、アート界をも巻き込み、MySpaceや口コミでFM各局関係者や各メジャーメーカーが殺到。現在盛り上がりをみせている、海外インディロックの影響直撃の若手バンド勢にして最右翼と評されており、メロコア、パンク以外では成し得ていない英詞ロックシーンを確立すべく、2008年6月25日についに初の音源をCRUXレーベルよりリリースした。


RELEASE INFORMATION
The John's Guerrilla
on sale
1st. Double A Side Single
「Shoot the radio/  Shadow disco」

1.Shoot the radio
2.Shadow disco
3.Jewel(LIVE)
※Shoot the radio PV収録
RTC-005 / ¥799(tax in)
本日発売の「UNITED DIAMOND」への黄昏と想い
れおです。

皆様お久しぶりです。

最近はずっーとツイッターでひたすら、Speakし過ぎて、なかなかブログ書けなかったよー。。。

MIXIは毛嫌いして、やらなかったが、ツイッターはハマってしまった。。。

だって、スピードが堪らないんですよ。。。

あと悪い責任感がないぶん、


自分勝手に出来るから

媚びる必要もないし、

好き勝手に表現できるから
僕は気に入ってます。




そんで本題の話だ!(少しながいよ)


早いところは本日から我々の作品が発売されます。


今回は、凄くEASYに出来た部分と、

凄くストレス高い部分があったりと、なんだか非常にまた思い出深い景色がたくさんあるなー。


今回は、ひたすらスピードを大切にしました(BPMではない)。


直ぐに貴方たちの感性に、届くように非常に鋭利的な形を目指したんです。



だって、殺したいくらい好きになっちゃったり、

わからないなら、もう死んでくれ って気持ちあるでしょ?

このスピード感というか

こういう感情や思想って超個人的な考えだけど、

ある意味 事実というか 真実な 気がしたんですよ、


これを大切にしたかった。
スピード。


まさに、GO GO HEAVENですよ




そして
もはや懐かしい気持ちだが、

音源を録る段階で、

みなでtakeを聞いてる時、

僕は、メンバーにというか、

音楽に、本当に 本当に

この人たちは素晴らしい音楽をやってるなー

と、実感できたわけです。

変な話、


それが全てです。



色んな素晴らしい環境や、人が協力してくれました。

だけど、僕が 一番 伝えたいのは、



純粋に、23年間生きてきた僕が、素晴らしいと感じたこの実感 だけなんです。


だから、できるだけ


するどく



危なくて



やさしくて




KISSみたいな



ナイフを




あなたの身体に





たっくさん、ぶっさしたいんです。




早く逝け。何回でも逝け。




今はこの気持ちでいっぱいです。


どうか素晴らしい1日になりますように。



愛をこめて


今村怜央



PEACE
by emm_tjg | 2010-07-20 03:45 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/theJohns/tb/14803386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マリナ at 2010-07-20 18:24 x
おめでとうございます♪
暑いですねぇーさいきん

ジョンズの音楽にはやく浸りたーい