エキサイトアニメ
CALENDER
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

     
ポリマンガ2017 その2  
そんなわけでお、コンサートの雰囲気をお知らせ♪
モントルーストラビンスキーホールで歌ってきた!
e0146373_23524681.jpg
なんだか、この会場でアニソンを歌うのは僕が日本で、いや、世界で初めてだというようなことを言われ、少々緊張ぎみでしたが、
e0146373_23531320.jpg
スイスのみなさん、一緒に盛り上がってくれています♪
本当にうれしいです!!
e0146373_23520481.png
パッと見Zepp東京のステージかと思いますが、スイスです。
それくらい一緒に盛り上がってくれています!!
e0146373_23515787.jpg
公演前には、生放送ラジオにも出演してきた。
またみんなに会える日がくれば本当にうれしい。



# by tentenpine | 2017-04-16 00:06
ポリマンガ2017  
スイスで毎年行われているコンベンション「ポリマンガ2017」に出演してきた。
初めて行くスイス、しかも渡航日は4/14ということで、このような素敵な機会をいただけたことに本当に感謝です。
e0146373_22441490.jpg
イベントの概要はまた別便でお知らせするとして、まずホテルに到着してからの景色が映画を見ているかのような景色でびっくりです。なのでちょっとその雰囲気をお知らせしたい。ホテルからの眺め。会場は、モントルーというジャズで有名な観光都市にある、オーディトリアム・ストラヴィンスキーという大きなホール。レマン湖周辺はとても過ごしやすくおだやかな空気で、公演と湖とレマン湖の向かい側には、岩山がデーンとそびえており、その向こう側は、アルプスの山々が立ち並んでいます。この映画で見るような壮大な景観は、写真ではなかなか伝わりにくいんだけど、下の写真はよく撮れていると思うv左奥の真っ白なバスみたいな山はおそらくモンブランではないかと思われる。
e0146373_22441296.jpg
こちらは会場。このホールで数々の有名なアーティストがコンサートを開催しており、僕らのコンサートスタッフもそんな有名アーティストをたくさん手掛けたプロフェッショナルな方たちとのことです!この会場の真裏にはマイルスデイビスホールがあり、毎年この界隈で2週間にわたり、ジャズフェスティバルが開催されている。全然関係ないけど、高校の頃にモントルージャズフェスティバルの番組があり、ペトルチアーニのがA列車を弾いていて、衝撃を受けた記憶がある。そのイントロがカッコよすぎて、まねしたくて録画したビデオがノイズだらけになるまで何度も見たけど、絶対に弾けなかったなー(^^;。左手だけはいけるんだけどね。
ペトルチアーニ大変な障害を持ったからだでありながら、あの早いフレーズと、自分にはまず無理な信じられないようなコンビネーションを奏でていて、本当に素晴らしいのですが、もう見られないものかとググったら当時の動画が出てきたよ!!でよく調べたら、僕がテレビで見ていた映像はモントルージャズフェスティバルのものではなかった。きっとまー「そんなことは誰もわからないだろう」っていう体で放送していたんだろうな(^^;。
ただ、そんな音楽の歴史の深い地で、アニソンのライブがあるということが、本当にすばらしいと思うのです。そしてそんな記念すべき第一回目のライブ出演者として僕とNoBさんで歌ってきました。


# by tentenpine | 2017-04-15 22:42
弾き語りライブ「Heartfield 2017」  
4/7は弾き語りライブ「Heartfield 2017」
やはりこのライブのために昨年末から、いろいろと準備を進めてきたけど、無事に終わって何より。一安心だった。まずはそれに尽きるのです。
e0146373_17453805.jpg
去年の弾き語りの動画を見比べてみたら、手首の動きが若干だけどやわらかくなっている。自分でもかなりイメージに近い弾き方ができた曲も多かった♪
去年は弾き語りをやろうとしてピアノと向き合った時、「けっこういけるかも!」と思いこんでいて、改めて動画チェックするとすんげぇー力んでいて「えー!そんなにー?!」って逆にこっちがビックリしていた曲もあったわw
だから次回やるとしたら、またもう少しよい弾き語りになっているといいね♪
あいうえおや自分の名前すらうまく書けなかった時に比べると今の自分には本当にうれしくて感謝の気持ちでいっぱいです。
e0146373_17455105.jpg
今回は、今城くんが遊びにきてくれて、一緒に伴奏してくれたし。
e0146373_17460273.jpg
また来場してくれたみなさん、そしてこの日は、見にこれなかったけど、僕の誕生日をお祝いしてくれた皆さん、本当にありがとうございました!
e0146373_17461503.jpg
素敵なケーキ、そしてたくさんいただきて、自分が埋もれてしまうほどのプレゼント♪
うれしいです!超励みになります!でもみなさんくれぐれもムリのない範囲でお願いしますm(_ _)m
e0146373_17462941.jpg
このブログを書いているのは8月20日で、次回やるならもう、準備を進めなければならない段階に入ってきました!一年って早いよね。。そのうち何年後かにはアコギも復活すればもっといろいろ楽しいことができると思うので、治療の方も順調に進めていくよ!
e0146373_17462347.jpg
最後に、今回のライブについてのレポート記事を掲載してもらったので、改めてご紹介しておきます!
http://decolum.jp/?p=39892

―セットリスト―
『Overdrive』
『君にこの声が届きますように』
『見えない翼』
『Heart』
『ミステイク』
『高みの空へ』
『この街のどこかに』
『月光』
『アリの思い』
『のぼりかけの坂道』
『To be with you』
『獣拳戦隊ゲキレンジャー』
『愛戦士バビュー』
『ビュンビュントッキュウジャー』
『One vision』
『軌跡』
『Massage』



# by tentenpine | 2017-04-07 18:07
Let’s+Together!情報発信  
3月26日 香川県でのキャラクターイベント、Let’s+Together!情報発信
でNoBさんと一緒のステージです!
e0146373_17342939.jpg
この日は、NoBさんと90分近いステージでボリューム盛りだくさん。
四国各地、関西からも遊びに来てくれており感謝です。
しかも、そんな四国中国地方、九州からもいろんなキャラクターが集まってきてくれていた!
e0146373_17343339.jpg
香川といえば、やっぱさぬきうどん♪今回は一福というお店で、釜玉うどんをいただいたんだけど、生たまごができたてアツアツのうどんにからまり、こしのあるさぬきうどんにクリーミーな舌触りを見事に提供してくれておりました♪和製カルボナーラと呼ばれる所以。
e0146373_17342401.jpg
また香川に遊びにいきたいな!


# by tentenpine | 2017-03-26 17:31
アプリゲーム『プリキュアつながるぱずるん』  
アプリゲーム『プリキュアつながるぱずるん』の主題歌「ツナガレ!」を作詞・作曲・編曲担当!BGM・SEも全て担当しています。
遊んでね♪

# by tentenpine | 2017-02-23 00:38
キャラソンライブ2017  
足立区シアター1010で開催されたイベント「キャラソンライブ2017」
e0146373_23594204.jpg
この日は、自分も盛り上がり、お客さんともちょースーパー盛り上がり、楽屋でも楽しいおしゃべりの時間だったので、とっても印象に残っている。何よりも、この日のライブで初めて僕の事を知ってくれてCDを買ってくれたり、応援のメールを送ってくれたりと、うれしい気持ちをたくさんいただきました!!
e0146373_23595079.jpg
またお会いしましょう♪

# by tentenpine | 2017-02-11 00:19
谷本貴義 × JT STUDIO akihabara ~音楽談義~  
ツイッターでもご紹介させていただきましたが、JTスタジオさんでの僕のインタビュー記事が掲載されております。
http://jtstudio.jp/voice/426-2/
e0146373_23555530.jpg
みてね♪

# by tentenpine | 2017-02-07 23:55
アニソンスマッシュ  

2/5は鶯谷キネマ倶楽部で開催された「アニソンスマッシュ」というイベント
e0146373_23501798.jpg
男性チームの楽屋でのワンショット、新井正人さん、NoBさん、ハセガワダイスケさんとの一枚。かなりお気に入りです。


# by tentenpine | 2017-02-05 23:48
感謝祭2017  
次に、感謝祭の写真がでてきた。ち、ちがう写真をアップしろよ!しかしすみません、このあとのテキストの処理がおそらく半端ないので、ほどほどにやっていこうと思います。

さて、今年も武道館、このような大きなイベントに出演させていただき本当に感謝です!こうやって僕らが子供頃からずっと続いていく番組にかかわることができるのが、まずひとつうれしいのですが、この40年50年と続いていく超大作シリーズ、おそらくは100年後にもやはり続いていて、そして一つのコンテンツはやがてはひとつの文化として世界各国の教科書にも載っていくのではないかと思います。
そうなると、やはり自分はゲキレンジャーを推しますが。
e0146373_22492031.jpg
そんな超ラッキーな時間は、本番だけでなくリハーサルでも楽しい時間♪Z旗のAkuzawaさんに触らせていただいたフリューゲルホルン。
e0146373_22492319.jpg
とてもやわらかくてあたたかい音で感激だった。金管楽器って吹いている方と、聴いている方の音色の感じ方の温度差がいちばん大きい楽器なんじゃないかな。聴いている方は、ハデで大きな音で、甲高い感じがしますよね、構造上そのようになっているんだけど、トランペットでもトロンボーンでも逆に音を出している方は、いつもハートにジーンとくる感じです。うまく吹けるわけではないですが。
ぼくらがアンサンブルを作るときは、限られたダイナミクスの中でアンサンブルを編み込まなければならないので、全部の楽器がよく聞こえるように、どうしても楽器の豊かな特性のある部分の帯域というのは、削り取られてしまうことが多い。
だから楽器で実際に触ってみるまでホントの音を知らないことが多いよね。生楽器は自分で触れて自分で音を出してみるのがいちばん。

# by tentenpine | 2017-01-22 22:47
これから8か月間を遡っていこうと思う。  
やっと仕事が落ち着いたので、ブログをまとめて書こうと思ったら、オレって正月からさぼっていたのね。。。もはやログの役割を何もはたしていないということが発覚したので、ずいぶん反省しています。夏休みの宿題は8月30、31日に全部やっていました。30年以上経ちますが、作業に対する傾向は何もかわっていない。そう、自分の属性や指向なんて、カンタンには変えられないものです。ただ今回は本当に時間がなく。曲を作っているか、寝ているか、歌っているか、移動しているか、という期間を半年以上過ごさせていただき、さらにたまっていた事務作業を超っぱやで済ましてみたものの、ブログを書くまでにすっかりここまで時間がかかってしまった。

なもんで今日からはー、今日からはー、なるべく時系列に追いつくベくおさらいも兼ねて、毎日書き足していこうとおもう。予約投稿とかもできるみたいだし。

まずねひとつめ、ツイッターをおっかけてみたら、こんな画像が出てきたよぅ。
e0146373_22053119.jpg
ただ今、絶賛稼働中のプリキュアアプリゲーム、「つながるぱずるん♪」のレコーディング現場、五條さんにゲーム主題歌のコーラスや、ガヤを入れてもらったときの写真。
それからもうひとつ、驚きの再開があったんだよね!こちら
e0146373_22053607.jpg
アレンジャーの前島さん。デビュー前の制作の仕事でめちゃめちゃお世話になった方です。当時は歌手活動をしながら、サウンドクリエーターとしてゲームやBGMの制作の仕事をしながら、着メロやカラオケの制作をやっていたんだよね。当時の着メロの制作はとにかく制作の球数が多くて、毎週毎週納期に追われる日々だった。1曲40秒間とはいえ、一日に8曲~10曲以上かなりの精度で耳コピすること多かった。今ではホント考えられないんだけど、若いってすごいよね(^^;。JPOP、洋楽、クラブミュージック、ヘビメタ、ジャズ、クラシックに至るまで、もうどんなジャンルでも耳コピしまくっていた。しかしながら音楽的にはかなり高度な技術が必要で、たとえば限られた同時和音数しか発音しないから、主要な構成音を拾って、アレンジを成立させなきゃだし、音色はFM音源のパラメータをいじりたおし、FM音源で原曲に似た音色を作り出さなきゃならない、気に入らなきゃ自分でサンプリングして極限までその楽曲に近いイメージを作り上げていた。今のプラグイン世代の若者たちにはこの仕事をするのはおそらくムリでしょう。はい。

早くメジャーでたくさん仕事したいなーと思いながらも、なんだかんだ、この仕事にも誇りを持って楽しくやっていたなー。特に自分でいうのもあれなんだけど、チームでやっているときなんかは自分は仕事は異常に早かったので、「谷本はまじめにやっていないんじゃないか」ってよく注意されていたのも思い出す。当時から異次元空間で仕事をしていたようです。はい、ちょっと自慢入りましたが、今考えればこういった時期の自分があるからこそ、今の自分の仕事が成立しているんだなーと、つくづく思う。
ただ、ウチの会社は、この着メロバブルに乗っかって、社ビルを建てる予定だったんだけど、その夢は砕け散っています。

この今の自分のキャリアから見ると、社ビルのチャンスは実にいっぱいあったのに、20代の自分は20代なりの自分のスケールでしか物事を見ることができないから、いろんなチャンスに気が付かないんだよね。特に自分のようなクリエーターは作業に没頭すると、外の世界を見落としがちだからね。
しかしなんだかんだ言っても、こうやって紆余曲折してきた自分がいたから、今の自分があるわけで、そう考えると毎日全力だった自分に、「よくがんばったね!」っていってあげたい。そしてこれからも可能な限り全力でいこう。


# by tentenpine | 2017-01-09 21:46
PROFILE

谷本 貴義
   ■ 歌手・作詞・作曲・編曲
   ■ 4月14日生まれ
   ■ 広島県出身
MUSIC
炎神戦隊ゴーオンジャー主題歌
2008/03/19 Release
COCC-16071 ¥1,260(税込)
 
獣拳戦隊ゲキレンジャー主題歌
2007/03/07 Release
COCC-15958 ¥1,260(税込)
LINK
ブログの記事もツイッターへ

     
 
ブログジャンル
以前の記事
ファン
 

copyright © 2008-2015 谷本貴義 all rights reserved.
Copyright © 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム