エキサイトアニメ
CALENDER
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

     
<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧  
第17回「吾妻祭」  
山形女子短期大学、山形大学工学部の文化祭「吾妻祭」の
ライブステージに出演してきました。
今回、影山ヒロノブさん、高橋洋樹さんと一緒でした!

e0146373_5315599.jpg


今回の吾妻祭のテーマが「ビース」とのこと。
アニソンライブはきっと小さなピースからおおきなピースまで、
つなぐことができるから
今回呼んでいただけたことはとても意義深く、うれしいい。

とそんな中ですねー。
e0146373_5315836.jpg

MCでも出てきてました、牛肉どまん中!
か~な~り、おいしいご当地お弁当。

このおべんとう選びからしてそうですが、
学園際を運営されている実行委員会の学生たちの
まごころこもったおもてなしをいただき、
一生懸命運営されている姿が、本当に感激しました。

自分が学生だったころを思い出し、そういえば自分も文化祭実行委員で
徹夜でみんなで協力していろんなものを作り上げたり、企画したりしてたなぁ。

自分のときはこんなだったかなぁ。いやゼンゼン周りがみえてなかったよなぁ。
でも自分が企画したやつ、当日全部雨で流れたよなぁ。
とかいろいろ思い出したり(^^
e0146373_5315735.jpg


こんなすばらしい若い世代の人たちが、これからの日本を支えてくれるのかと思うと、
ほんと安心だわ!って俺がいうのもおかしな話で。。

e0146373_532035.jpg

影山さん、高橋さんとのコラボステージ。

自分の学生時代っていうのは、ジャンプを買うお金もなく、パン一枚買うのも必死で
それでも音楽だけは好きで続けて、結局学校も途中でやめちゃったけど、
こんなステキな日が来るということ。当時の自分に、おしえてあげたかったなぁ。

情熱と信念をもって少しづつでも、休みながらでも、進められるなばら、
きっとどんなことでも成し得ることができると思う。

学生の皆さん、今後の活躍を!!
そして今回のイベントライブに足を運んでくれた皆さん、ありがとうっ!!
きっとまたお会いしましょう(^^
by tentenpine | 2011-10-09 06:44
北京  
先日の10月1日、2日は中国北京にて
アニメ・漫画ゲームカーニバルに出演してきました。
オフィシャルサイト中国动漫游戏城
e0146373_453275.jpg

今回は米倉千尋さんと一緒でした。
サイン会と2回の公演で、中国のゲームファン、アニソンファンの方たちと
たくさん触れ合えることができました。
e0146373_4532184.jpg

中国では、以前よりたくさんの日本アニメが認知されていて
子供たちから僕らの世代まで広く日本アニメが愛されています。

イベントはコンベンションイベントの中のステージで行われたもので、
控え室にいる間、いろいろとブースを回ってみましたが、
オーソドックスなものから思考錯誤されたものまで立ち並んでいました。
コスプレも大人気のようで、衣装を展示していたり、大会が開かれていたり。

チッヒーさんと話していたんだけど、
中国の文化をモチーフにしたアニメやゲームって多いよね!
封神演義、ドラゴンボール、らんま、三国志、ゲキレンジャーも!
いずれは日本のアニソン歌手と中国のアニソン歌手との共演
とかできるとうれしいねっ!

中国ではアニメ文化の架け橋となるイベントは、
まだまだこれからどんどん発展していく模様。
e0146373_4532390.jpg

中国のスタッフの方たちも日本のアニメ、アニソンを
もっとたくさんのアジアの人たちに知ってもらおうと
日夜、がんばっていただいていますっ!
というわけで、チッヒーさん、スタッフのみなさんと!!


僕たちが居た週は中華人民共和国の国慶節でとても大きな祝日でした。
一週間ぐらいの休みだそう。ゴールデンウィークみたいなものかも。
e0146373_4532513.jpg

写真では伝わらない天安門とその周辺のデカさっ!!

この周辺は国の機関が立ち並び、写真の走っている幹線は12車線(^^;
それプラスすんげぇ広い歩道にすんげぇ人!!

北京の街中は活気があり、明るい雰囲気。
テレビや学校の勉強では物事が一元的にしか見えないから、
現在の発達している状況や、文化的な面において
一般的に日本人が想像している中国とは、大きな隔たりがあるように思います。

日本と中国、そしてアジア全体でもっともっと幅広い分野で
たくさんの交流がもてればいいのになぁと。

というわけで書ききれていないことがまだまだたくさんありますが、
こちそうになった料理とか、またの機会!!
もし機会があれば、実際に行かれることがいちばんよいのね!

それでは!中国レポートでしたっ!!
by tentenpine | 2011-10-05 06:12
PROFILE

谷本 貴義
   ■ 歌手・作詞・作曲・編曲
   ■ 4月14日生まれ
   ■ 広島県出身
MUSIC
炎神戦隊ゴーオンジャー主題歌
2008/03/19 Release
COCC-16071 ¥1,260(税込)
 
獣拳戦隊ゲキレンジャー主題歌
2007/03/07 Release
COCC-15958 ¥1,260(税込)
LINK
ブログの記事もツイッターへ

     
 
ブログジャンル
以前の記事
ファン
 

copyright © 2008-2015 谷本貴義 all rights reserved.
Copyright © 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム