タグ:明智光秀 ( 12 ) タグの人気記事

これから、ますます

d0339894_13073572.jpg

私の著書「私の先祖 明智光秀」(宝島社)、

発売から5か月以上たちますが、

この陳列を見ていると、

まだまだこれから、

ますますこれから、

という雰囲気。

ありがたいです。

今年秋以降も、光秀をテーマとした講演依頼が多く、

光秀(大河ドラマ)への注目度の高さを実感します。

私も、次回作のために、

鋭意取材&勉強中です。





「上に立つ者の心得」

先祖の明智光秀のことを、フジサンケイビジネスアイのコラム

「高論卓説」に書きました。

光秀ブームが始まっていますが、光秀から何を学ぶか、ということです。




「ときはいま」の焼酎

d0339894_10280741.jpg

光秀が、本能寺の変を起こす決意の歌と言われている

「ときはいま 天がしたしる 五月かな」

の「ときはいま」を商品名にした

京丹波産の紫芋を使った焼酎は亀岡で製造・販売しています。

普段、焼酎はほとんど飲まない(飲めない)私ですが、

これ、焼酎というより、ウィスキーのような香りと味。

美味しいです!

東海ラジオ出演


d0339894_12081942.jpg
明日の東海ラジオ「TOKYO UPSIDE STATION」にゲスト出演いたします。

番組自体は9時から始まりますが、私の出演は9時45分頃からとのこと。

著書「私の先祖 明智光秀」を取り上げていただきました。


東海地方以外の方も、ラジコで視聴可能です!

光秀まつり@亀岡

5月3日は、京都・亀岡市で「第47回亀岡光秀まつり」が開催されます。
d0339894_14510344.jpg
その中で、京都かめおか観光PR大使として、
明智光秀の子孫として、

「光秀公像除幕式」と「明智光秀公武者行列」に出演いたします。

前日の2日(つまり、明日!)は、「亀岡市歴史文化フォーラム」にて、

d0339894_14514598.jpg
「京都かめおか観光PR大使就任セレモニー」と
私の講演会、

桂川孝裕亀岡市長がコーディネーターを務める

パネルディスカッション「明智光秀の末裔と語る、異文化の受容のかたち」に

パネリストとして出演します。

私の本の販売会もありますよ。



産経新聞・書評欄掲載





今日、4月7日の産経新聞の書評欄に、

千葉工業大学 惑星探査研究センター所長・松井孝典先生が書いてくださった、

拙著「私の先祖 明智光秀」の書評が掲載されています。

科学者が歴史をどう「斬られる」のか不安でしたが、

色々有難く書いて下さいました。

ありがとうございます!




リベラルタイムでも!

d0339894_19542467.jpg
「リベラルタイム」5月号で、

私も本「私の先祖 明智光秀」を紹介いただきました!

ありがとうございます。

「リベラルタイム」の読者層(主にサラリーマン、ビジネスマン、経営者等・・)にも、

ぜひぜひ読んでいただきたいと思っています!!

Hanakoでも!

d0339894_19502414.jpg
「Hanako」5月号でも、

『Information』のページで、

私の本を紹介いただきました!

誠にありがとうございます。

「Hanako」の読者層にも、ぜひ読んでいただきたいと思います!



私のラジオでも



私のラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」でも、

3月9日に、「私の先祖 明智光秀を語る」というテーマで、

拙著、取り上げました。

いつも番組の放送後、記事にしてくださっている

Japan-indepth編集長・安倍宏行さんが聞き手に回って私が話すという

珍しい回です。

本のポイントをきっちり聞いて下さっているので、

この記事を読んで益々読みたくなって頂けたらと期待しています!

       

戦国武将末裔の対談

d0339894_18052290.jpg
今日、3月8日発売の「FRIDAYダイナマイト」(増刊号)で

「戦国特別座談会 明智光秀×小早川秀秋

『裏切り者と呼ばれて』~末裔が語る夢の跡~」


という座談会が掲載されています。
d0339894_10033391.jpg
写真前列左が、関ヶ原の戦いで、最終版に西軍(石田三成方)から東軍(徳川家康方)に

寝返り、結果、西軍は敗北するという結果につながった「裏切り者」と言われた

小早川秀秋のご子孫にあたる 小早川隆治さん。

私は、ご存知の通り、主君・織田信長を討った明智光秀の子孫ということで、

「裏切者の子孫同士」という組み合わせの座談会になりました。

歴史学者の山村竜也先生にも解説いただきながら、

歴史上、「二大裏切り行為」とも呼ばれている武将の末裔として、

そのことをどう思うか、また二人の真意は何かなどを

探る座談会になっています。
d0339894_18055623.jpg
私の新刊「私の先祖 明智光秀」の出版とは全く別に成立した

「FRIDAY」での企画。

「いまこそ、汚名挽回のとき」=「ときは今」

という光秀の声が聞こえてくるような気がします。


細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.