タグ:インフルエンザ ( 4 ) タグの人気記事

緊急事態?!

更新を通知する


渡米して7か月。

初めての体調不良。

朝、起きたら、

「風邪、引いた」

「これからNurseと病院に行く」

と、息子からのLINEが入り、

すぐに電話すると、

声は意外に元気そうで、でも、熱が38度あるとのこと。

新型肺炎で、米国もかなり厳しい措置を取っているだけに、

どうなるのかなと思ったけど、

インフルエンザは陰性だったと。

でも予防接種をしているから、陰性と出てしまうかもということで、

ひとまず、様子見となったようでした。

やっぱり、離れているので、心配で・・・

一応、持たせていたマスクやカイロで、

「いつも、家でやっていたような措置をしてね」、
緊急事態?!_d0339894_10460177.jpg

「宿題や勉強のことは、この週末は忘れてゆっくり休みなさい」

といって、電話を切りました。

早く元気になりますように。

かくいう私も、若干、疲れがたまっています。

でもこの週末は原稿を頑張らないといけなので、

ひと踏ん張りのための「リポビタン」ドリンクを飲んで

乗り切ります!

遅れているワクチン事情

更新を通知する

遅れているワクチン事情_d0339894_14244999.jpg
明日、11月29日のラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」、

ゲストは、元厚生労働大臣政務官で、医師でもある 三ツ林裕巳衆議院議員です。

子供が生まれてから予防接種のスケジュール立てに大変な思いをした人も多いと思うのですが、

日本の予防接種は、先進国の中では最下位レベルに遅れています。

「予防」という考え方が、諸外国と違う、

費用をどこからかカバーするのか

など、そもそもの仕組みが違うとはいえ、

麻疹など、先進国ではすでに「過去の病」になりつつあるというのに

日本ではいまだ、流行するときがあります。

ワクチンの安全性、効果への理解を周知する努力も足りていませんが、

一番懸念されるのは、来年のオリンピック。

世界から人が集まるときこそ、感染症への厳重な対策を取る必要があります。

具体的に、ワクチンの制度をどうするのか、

当面、東京オリンピックに向けて早急に対策すべきことはなにか、

この問題に取り組んでこられた三ツ林議員のお話をお聞きました。

ぜひ、番組を聴いてみてください。

明日、7時5分から、放送です。

大学で行う高校の補習

大学で行う高校の補習_d0339894_07520364.jpg

本日の産経新聞「解答乱麻」に

『高校までの教育も大丈夫か』という原稿を書きました。

http://www.sankei.com/life/news/180214/lif1802140016-n1.html

高等教育、つまり大学の無償化以前に、

高等教育に進学するのにふさわしくない学生たちが増えているのです。

高校は、塾頼みではなく、自校の学習指導で大学受験ができるように

してほしいと思っています。


要・仕事のやりくり


要・仕事のやりくり_d0339894_07434837.jpg
     (4年前の東京の大雪。自宅からの景色!)


首都圏で大雪の予報が出ています。

さて、働く母は、これからいろいろなケースを想定しなければなりません。

・部活も含め、息子の学校の下校が早まるかも。

・電車が止まるかも。

・駅からの道が雪道になるかも

・明日、休校になるかも、

・もしくは登校が遅れるかも

以上の可能性の中で、場合によっては仕事の調整が必要になります。

雪だと首都圏の公共交通機関は大打撃を受け、

子供の状況に関わらず、

通勤・帰宅も難儀を極めます。

仕事の調整が必要な状況は誰にでも起こり得ますが、

特に子供がいると、子供の安全の確保が第一と思っています。


インフルエンザによる学級閉鎖や

子供自身が罹患する恐れ、など、

この時期、母親は綱渡りのような気持ちで

過ごしています。

どうか、職場の皆様の間で、そして社会全体で、

こうした状況に、ご理解を頂けると嬉しいです。

ひとまずは、今日、

本当に大雪になったら、

どの方にとっても安全第一ではありますが、

特に、子供がいる家庭のお母さん(お父さん)には、仕事を早く切り上げ、

帰らせてあげて欲しいです。

よろしくお願いいたします。

そして状況次第では、

明日も無理のない出勤にご理解を頂ければと思います。


細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.