2019年 11月 25日 ( 2 )

「来てくれて、ありがとう」

更新を通知する
「来てくれて、ありがとう」_d0339894_04323228.jpg

2回目の6週間のTermが終わりました。

いつも最終日には、校長先生との

「Parent Coffee」という、懇談の機会があるのですが、

留学生の親は、なかなか参加はできません。

でも、TermとTermの間の休暇と、Thanksgivingの休暇がつながり、

10日間のお休みになったので、

(この間、寮を出ないといけないということもあり)、

今回は私が日本から飛んできたことから、この懇談の機会にもせっかくなので参加してきました。
「来てくれて、ありがとう」_d0339894_04325778.jpg
「来てくれて、ありがとう」_d0339894_04331297.jpg
「Parent Coffe」というだけあって、

コーヒーはもちろん、おいしそうなマフィンなどのお菓子も並んで、

とてもカジュアル。

寮生、通学生、関係なく、普段心配になっていることを

ざっくばらんに話し合う機会、という感じでした。

ここの学校は、生徒と先生がファーストネームで呼び合うように、

先生と生徒の距離がとても近いのです。

さらに、私のことも、「Hi,Tamao!!」と呼んでくださるところが、

日本の学校では一切経験したことがないことで、

息子の学校に保護者として来たというより、

私の友人・知人が、一緒に息子を育ててくれているような感覚です。



この二日間、学校でお話した先生のほとんどから

「うちの学校に来てくれてありがとう」

と言われたことに、この12週間の息子の頑張りがよく表れていたように思います。

それを、親である私に、そんな風に表現してくださることに、

胸がいっぱいです。


2か月半ぶりの再会

2か月半ぶりの息子との再会。

息子と離れて暮らす私たち夫婦も、

怒涛の忙しさの中で、自分のことで精いっぱいであったものの、

この日をどれだけ待っていたか・・・というのが本音。
2か月半ぶりの再会_d0339894_04302556.jpg
顔を隠したらどんな表情なのかわからないけれど、

いい顔をしていました。

World Music Ensembleのコンサートに出るということで、

2か月半ぶりの再会_d0339894_04300317.jpg
予定を一日早めて渡米。

一番後ろでピアノを弾いているのが息子です。

音楽の先生とも、息子の音楽のこれからについて、

色々お話することができました。

(音楽家は目指していませんが)。

異国の地での高校生活。

孤軍奮闘の中で、今となればあっという間の12週間でしたが、

たくさんの人に大事にされ、ここまでこれたことを本当にうれしく思い、

そして感謝しています。

さて、恒例の、日本食のリクエストは、

まずはご飯!

2か月半ぶりの再会_d0339894_04312674.jpg
私にとっても、実は初めてのお鍋炊きで、

出来上がるまで蓋を開けてはいけないっていうし、

もうドキドキでしたが、何とか出来ました(意外に簡単?!)。

出汁巻きたまごとごはん、ふりかけ、お海苔・・

2か月半ぶりの再会_d0339894_04315518.jpg
こんなシンプルな朝食だけど、

「おいしい~」って。

しばらく、ご飯食の朝ご飯が続きそうです。





細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.