2019年 10月 14日 ( 2 )

イメージアップ

更新を通知する

少し前になりますが、

日本初上陸のパワーイメージングメソッドのカウンセリングを受けました。
d0339894_20563004.jpeg
主宰する田嶋洋子さんは、

ファッションビジネスと心理学を学び、現在はLA在住。

パワーイメージングは、

内面にある魅力を最大限引き出すために、

自分らしいスタイルを生かす、

というもの。

本来の自分に似合った服を着ることによって、

自分に自信が持てる・・・

そんな説明を聞いて、私も「喜び勇んで」診断を受けてきました。

というのも、シーン別に、洋服選びにはかなり気を遣っている私は、

「その場に合うこと」を最優先にしているため、

時として、「本当はこういう服、好みじゃないけど・・」と思いながら

身にまとっていることがあるのです。

そんな日は、「早く一日が終わらないかな」とさえ、思うこともあり、

自分が何を着たいか、

自分は何が似合うのか、

という思考も、もはや停止しているような状態でした。

本当は、好きな服を毎日着たい!

でも、

好きな服と似合う服は違うっていうし、一体私はどうしたらいいの・・・

と思っていたところへ、田嶋先生が見てくださるというのですから、

こんなにありがたいことはありません。
d0339894_20564957.jpeg
診断の結果、私は4つのタイプがあるうちの、

「Water」というタイプで、

色目は、どちらかという柔らかいタイプ。
d0339894_20560379.jpeg
先生とも同じタイプで、

こんな色目でよいみたいなのです。

うれしい!

私はもともと、ピンクが好きなので、

毎日持ち歩いている「道具」は、ほぼすべてピンク。
d0339894_21081338.jpg
ピンクだけが私のカラーではないけれど、

「着てもいいんだ!」というのは、本当にうれしいこと。

50も過ぎて、ピンクなんて・・・と躊躇う気持ちを、

自信をもって(?)払拭できたせいか、

実は上の写真はほとんどすっぴんに近く、

アイメイクを少し足しただけなんです。

「安堵」と「自信」かな。

買い物に行くときは、

カラーファンの色目を頭に叩き込んで、

洋服だけでなく、小物なども、務めて、

その色の中から選ぶようにしています。

アメリカ西海岸の女性起業家は、

こういうメソッドをどんどん取り入れることで、

成功につながっているとのこと。

私も、自分のキャリアをきちんと築いて、

ちょっとだけでも自信を持てる私が、

周囲を明るくしたり、幸せにしたりできるように、

自分のイメージに合うスタイルを、これからはきちんと貫いていきたいと思っています!

田嶋洋子先生のサイト
http://yokotajima.com/







リモート子育て

d0339894_23054660.jpg

「あ、こんなに・・・」ー

息子から頼まれれば、「はい、はい」といって、

頼まれた荷物を送り、

「Sign upするメール、見てくれた?」と言われれば、

「はい、はい」といって

Sign upして、

「リモート子育て」に精を出す母親としての毎日。
d0339894_23061557.jpg

ある時、送った小包に書かれた郵便代を見たのか、

「こんなにかかって、ごめんなさい」と・・・。

「何言っているのよ。

大丈夫、それくらい。

必要なものは何でもいいなさい。できるだけ早く発送するから」

と答えたものの、

こんなことまで気にして、

異国に一人でいるのに・・

私はどうしようもない気持ちになりました。

もちろん、金銭感覚を持つことは大事です。

無駄遣いだって、してはいけない(して欲しくない)。

でも、15歳、単身の異国への旅たちは、そんなに甘いものではなく、

とにかく無我夢中で頑張ることが何より大事なんだから、

そのために必要なことならと、

どうしても私自身が、そんな「甘い」気持ちになってしまいます。

授業にはちゃんとついていかれているのかな、

英語もわかるようになったのかな、

気の合うお友達ができたかな、

母が案じることは、限りないのです。


そんな時、

私の心配の大きな幕を打ち破るように、

息子と同じ寮の先輩が

学校のホールでピアノやダンスを披露している息子の姿の動画をおくってくれたことは

どれだけ私の励みになったか。

本人が猛烈に努力し、

たくさんの人に支えられて過ごした6週間。

アメリカの高校に入学して最初のTermが無事に終わりました。

すでに日本を離れてもうすぐ4か月。

これから、まだまだ大変なことが、

悩むことが、

いっぱいあるでしょう。

でも、大丈夫。

きっと、大丈夫。

離れている母ができることは、

やっぱり「リモート」だけだけど、

それは母の大きな喜びです。

これからも、「送って」と言われれば、

「はい、はい」って送るから、

安心して。

そして、また今週から始まる新しいTermの6週間、

楽しみながら、頑張れることを祈っています。



細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.