エネルギーの真実

d0339894_21202843.jpg


「リベラルタイム」9月号に原稿を書きました。

『望まれるエネルギー政策の冷静な議論』

というタイトルです。

今週12日には伊方原発が再稼働しました。

東日本大震災以降、全原発が止まりましたが、この5年の間に再稼働したのは、川内、高浜(現在は停止中)、そして今回の伊方だけです。

都知事選でも「原発が止まったって、なんとかなってる」などと豪語する候補者かいましたが、とても何とかなっている状況ではありません。

これまで、8か所の原子力発電所、3か所の火力発電所、2水系の水力発電所、1か所の太陽光発電所に取材にいって、

いま、電力供給の現場がどうなっているのか、

このまま、ほとんどの原発が止まったままで、その期間も長くなっていくとどんな問題が生じてくるか

など、まとめています。
ぜひ読んでください。
<< 終戦の日に子供たちに何を伝えるか 小池都政のこれから >>

細川珠生 ブログ


by tamao-hosokawa

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.