エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
漫画家Nのイラストと文章で綴る映画な日々

にしかわたく (漫画家)

マンガ家・イラストレーター。生まれて初めて劇場で見た映画は『グリズリー』と『テンタクルズ』の二本立て。
現実逃避のスピードを極限まで加速すればいつか現実を追い越せると信じ、今日もロスト・ハイウェイをひた走る36歳、デブ専。
supported by Happinet
トップ | ログイン
『かもめ食堂』(2005年・メディアスーツ)
『かもめ食堂』(2005年・メディアスーツ)_e0000251_1883498.jpg

私、昔から

人が料理してるところを見るのが好き

なんです・・・

実家にいた頃は、学校から帰ってくると
ほとんど毎日、台所のそばの椅子に座って
母が料理しているのを眺めていました。
(マザコンと言いたければ言いなさい あー言いなさい)

一人で外食するときは
カウンターのある店なら必ずそこに座ります。
手際のいいコックさんの手元を見ていると
何だかそれだけで落ち着くような
でも同時にわくわくするような
不思議な気分になります。

もし榊原郁恵がうちのアパートにやってきて
裸エプロンで台所に立ってくれたとしても
私の興味は7対3で

おっぱいよりも料理に向かうと思います。

(井森美雪でシュミレーションを行おうとしたら
脳血栓を起こしそうになったので止めました・・・)

『バベットの晩餐会』『リストランテの夜』『ディナーラッシュ』『タンポポ』
そんなこんなで私の好きな映画ランキングには
料理がらみの映画がずらりと並ぶ羽目になるわけです。

で、肝心の『かもめ食堂』の感想。

私はこの監督のデビュー作『バーバー吉野』がまったくダメだったんですが
『かもめ食堂』の世間での評判の良さを耳にするに及んで
「あ、今回は演出の感じが変わったのかな」と思っておったのです。
が・・・

ぜーんぶそのまんまでした。

ギャグセンスは相変わらず中の上といったところ。
テンポもゆったりして気持いいというよりも
ぬるい、たるい、ゆるい。
唯一特筆すべきは小林聡美の一世一代の演技。
代表作『やっぱり猫が好き』よりさらに一皮むけたような感じで
主役としてのオーラをギンギンに振りまいてました。
あとはもう平凡としか言いようがない。

でも・・・でもね、この映画

妙な空気を持ってるんですよ。

私の席の後ろに中年夫婦が座ってました。
この夫婦がもう、上映中にしゃべるしゃべる。
「あれがもたいまさこなのか?」
「フィンランドじゃザリガニ食べるのね〜」
「なんで味噌汁は出さないんだ?」

いつもの私なら

「ここはお茶の間かぁぁあ!!??」

・・・とブチきれるところなんですが
なぜかこの映画、そういう観客を許すような雰囲気を持っているんです。

映画が終わってエンドロールが流れているとき
ダンナさんの方がこう言いました。

「全然期待してなかったけど、意外と面白かったな・・・」

何だかこの言葉が、この映画の醸し出す不思議な幸せ感を
すべて体現しているような気がしました。
去年の『三丁目の夕日』のときもそうだったのですが
観客席にいる人たちが
すごくリラックスして、心を開いている感じがしたんです。
こういう映画って
ありそうでなかなかないものです。

はっきり言って、この映画の良さは
監督が計算したものではないと思います。
フィンランドの空気と俳優とスタッフが
日本映画と不思議な化学変化を起こして生まれた

言ってしまえば、偶然。

これは非難ではありません。
傑作というのは、人間の力だけじゃ作れないものなんです。
どんな名匠にも駄作があるのは、そういう訳なんです。

こんなだから
映画っていくら見ても飽きないんだと思います・・・
(長文御免)


ブログランキング〜
↓現在6位。よろしければクリックして投票して下さいまし。


『かもめ食堂』(2005年・メディアスーツ)_e0000251_043446.gif
by taku-nishikawa | 2006-05-01 18:11 | 和み地獄 | Comments(10)
Commented by colin at 2006-05-02 16:53 x
この映画、わたしにとってはたぶん今年のべスト1であると同時に
「おいしそうなものがでてくる映画」のベストです。
いままでは『刑務所の中』でした。冗談ではなく。
Commented by taku-nishikawa at 2006-05-02 23:36
ムーミンネタも繰り返し出てましたもんね〜
僕はシナモンロールが一番食べたかったです。
生まれつきシナモンに弱い体質なもので。

アルフォートおいしかったです。ごちそうさん。
Commented by ノラネコ at 2006-05-03 21:46 x
こんばんは。
確かに独特の空気感をもってましたね~。
私はちょっと小津映画の現代版みたいな雰囲気を感じたんですが、なんだかわからないけど、リラックスして良い気持ちに浸れる映画でした。
Commented by taku-nishikawa at 2006-05-09 17:49
ノラネコさま
フィンランドと言えばカウリスマキ。
「過去のない男」マルック・ペルトラの出演で、小津マニアのカウリスマキ汁が間接的に注入された感じです。
舞台が外国、スタッフも外国人なのに、いかにも日本的な感じを受けるというのは不思議ですね。
Commented by deco at 2006-05-09 21:18 x
フィンランドって名前もアキとかミカとか日本的じゃない?
Commented by taku-nishikawa at 2006-05-10 14:32
>フィンランドって名前もアキとかミカとか日本的じゃない?
確かに。
「カウリスマキ」ってのも「マチコ巻き」の一種に聞こえなくもない(無理がある)
「アホネン」「ハッキネン」もフィンランドかな?
Commented by EroEroKamen at 2006-06-10 14:38 x
私の経験した銀幕と会場が地続き①「月はどっちに出ている」
②「Shall We ダンス?」両方とも2回見て確かめましたが地域差なしでした。
(私のPCハードの名は「たまこ先生」)
Commented by taku-nishikawa at 2006-06-12 23:56
邦画ならではの現象なのかもしれませんね・・・
Commented by ブリ at 2006-10-11 18:08 x
まざこん・・(ぼそ)。

『キッチン』も美味しそう。
『催眠』も料理が出てくるのですが美味しそうなんだけど目玉焼きにべちゃっ!とケチャップがかかると不味そうでした。
Commented by taku-nishikawa at 2006-10-11 18:38
ブリさま
どーせマザコンですよ!今月も家族旅行の予定ですよ!
・・・はともかく
『キッチン』、映画の方は見てませんが、原作に出てきたカツ丼の描写がやたらとおいしそうで、読みながらめちゃめちゃお腹がすいたのを覚えています。
過去記事が映画のタイトル順に並んでます
にしかわたく公式HP
毎号表紙マンガを担当
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
パーカー ボールペン...
by パーカー ボールペン at 13:28
It’s hard to..
by David at 08:24
by http://bon at 01:11
高いひずみ以来、それは慢..
by エンポリオアルマーニ 時計 at 09:58
I am genuine..
by クロムハーツ ピアス at 23:47
http://dior_..
by シーバイクロエ ip at 08:05
http://gucci..
by gucciコピー商品 at 09:03
http://gucci..
by ヴィトン ストール コピー at 15:36
柔らかいほんのり塩味の
by パーカー ボールペン 店舗 at 09:11
http://www5...
by ルイヴィトン 長財布コピー at 05:41
最新のトラックバック
2014 Garth B..
from 2014 Garth Bro..
seo services
from seo services
daily fantas..
from daily fantasy ..
CPA Firm Sou..
from CPA Firm South..
kangen
from kangen
Steven Seagal
from Steven Seagal
mrr
from mrr
hunting decals
from hunting decals
custom greek..
from custom greek l..
marijuana re..
from marijuana reci..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧