タグ:ライフスタイル ( 68 ) タグの人気記事

喉に効きそう♪ハーブ茶ベンガルスパイス(成城石井で買えるみたい)

d0339885_23000471.jpg

友達にいただきました。
シナモン、チコリ、イナゴ豆、生姜、
カルダモン、コショウ、クローブ、
ナツメグ入りの
カフェインフリーのハーブティー。

喉に良さそう。
なによりすごく好みの味。

成城石井に売ってるんだって。

夫とのトークイベント満員御礼:12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」(東京 谷中の韋駄天)

d0339885_22121229.jpg
(みんな、すごくいい笑顔なんだけど許可もらってないからぼやかしてます♪)

満員御礼♪

夕方からは夫、佐々木俊尚とのトークイベントでした。
こういうことに不慣れな私は夕方の準備からあたふた。
おまけにお客様が続々と来られているのに
夫から「渋滞で10分遅れる」メッセージ。

わーん、すみません。

ワインをいっぱい飲んで待っててくださいー。
今日はこんな話をしますー。

って前説したりして。
d0339885_22021738.jpg
椅子がなくてほぼ立ち見状態でしたが
夫はやはりトーク慣れしているんでしゃべりはさすが!
後半は私も頑張りましたが。

行き届かない点がいっぱいあったと思いますが
ご容赦ください。

懲りずにまた来てくださいね!
次はトークの技などもっと磨きます。

さて残り1日、明日(13日日曜日)もがんばります。

12/11〜13 松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い

予約はお早めにお願いします♪12/12(土)17:30〜松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント「千年陶画ってどういうもの?」

d0339885_10182918.jpg
(千年陶画プロジェクトのパンフレットも当日お渡ししますね♪)

個展会期中の
12/12(土)夫である佐々木俊尚とトークイベントを開催します。

松尾たいこ×佐々木俊尚 千年陶画ってどういうもの?

日時:12/12(土)17:30〜19:00
場所:韋駄天
〒110-0001 東京都台東区谷中5-2-24
TEL:03-3828-1939
JR日暮里駅より5分 東京メトロ千代田線千駄木駅より9分

予約はこちら(Peatix)からお願いします。

ジャーナリストの夫とイラストレーターの私、仕事の接点はいままでありませんでした。
でも今回の「千年陶画プロジェクト」では、夫が総合プロデューサーとなり
一緒にこのプロジェクトを進めています。

私は形を作るのは得意です。
でも、それを言葉にして伝えていくには、プロの力が必要。
ということで、身近でいつも作品を見て理解してくれている夫が参加することになりました。

当日は、おいしいワインや泡を用意。
まったりお酒を飲みながら、実際に作品を見ながらみなさんにお話を聞いてもらおうと思っています。

ぜひご参加くださいね。
近くには、谷中霊園や朝倉彫塑館、薬膳カレーじねんじょなどありますので
早めに来て散策もおすすめ。

場所の詳細

1)日暮里駅からの行き方
日暮里駅西口出口〜谷中銀座方面にすすみます。
d0339885_08482674.png
2)千駄木駅からの行き方
千駄木駅1番出口〜団子坂下の信号を渡ります。
d0339885_08462167.png


この帽子掛けスッキリして収納しやすい:ジョイントハンガー リングス

d0339885_10380102.jpg
個展の情報
12/11(金)〜13(日)「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」(東京・谷中 韋駄天ギャラリーにて)

トークイベントの情報(予約が必要です)
12/12(土)17:30〜「松尾たいこ×佐々木俊尚 千年陶画ってどういうもの?」

個展ももうすぐです。がんばりますので、来てくださいね♪

ところで・・・
この帽子掛け使いやすいです。

ジョイントハンガー リングス


めずらしくこの秋は、ちょっとエレガントな中折れフェルトハットを買ったんだけど

収納にこまってて。


探して買ったのが、これ。

d0339885_10412605.jpg

クローゼットの中に吊り下げられるので

扉を閉めればスッキリ。

扉にかけられるフックも付いてます。


帽子もしっかり固定されるし、バッグやストールをかけることもできそう。


おすすめです。

12/12のイベントでお渡しするパンフレット♪12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」


d0339885_10182918.jpg

個展の詳細
12/11(金)〜13(日)「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」(東京 谷中の韋駄天にて)

トークイベントの詳細(予約が必要です)
12/12(土)17:30〜松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント「千年陶画ってどういうもの?」

トークイベントへさっそく申し込んでいただいているみなさま、ありがとうございます♪

イベントでは、総合プロデューサーでもある夫、佐々木俊尚ともに
実際に会場の作品を見てもらいながら、作り方や作品に込めた思いなど解説します。

それに合わせて
なぜ福井でこのプロジェクトをスタートしたのか
夫と一緒に仕事をするのは初めてなのですが、なぜふたりでやっているのか
などもお話ししたいと思います。

そしてちょうどいいパンフレットがあるので
それも合わせてその場でお配りしますね。

これはプレス向けに作ったパンフレットなのですが
「千年陶画」とは何なのか&「福井」の魅力やこれからの思いなどまとめています。

裏には、作品もたくさん載っていてかわいいです♪
お楽しみに〜。

トークイベントは予約が必要ですので、こちら(Peatix)からお申し込みお願いします。

前回、個展にきてくださった方々へは昨日あたりDMが届いていると思います。
ギリギリになってごめんなさい。

素直な気持ちです♪ハフィントンポスト取材記事1)「32歳のスタートは全然遅すぎなかった」イラストレーター松尾たいこさんが夢を叶えるまで

d0339885_13153423.jpg
掲載から一週間もしないのに
気がつけばfacebook「いいね」が3000超え。

ありがとうございます。

ハフィントンポスト LIFESTYLE JAPANに取材記事掲載されています。

「32歳のスタートは全然遅すぎなかった」
イラストレーター松尾たいこさんが夢を叶えるまで


やはりみなさん、自分はもうなにもできないのでは?とか
遅すぎるのでは?って不安に思っている人って多いんですね。

もちろん私のやり方だけが正解ではないけれど
遅いと思っても後で考えたら
全然遅くなかったじゃん!ってこともあるので
いま考えているならスタートしたほうがいいです。

その時は、がむしゃらなだけではなく
戦略も大事だけど。

今考えれば、32歳なんてまだまだ若いんですよ。
そこから始めて3年かけて失敗したって、35歳で方向転換すればいい。
私は32歳で会社を辞めたことを、1回も1秒も1ミリも後悔したことありません。

絵を描くことを一生嫌いにならないように生きていきたいんです。
だから絵を描く以外のストレスは出来る限り減らしたい。
みんな目先のことだけを見て
「でもそうするとお金が全部自分に入らないでしょ?」ってよく言われるんですけど、
お金で解決できることはなるべくそうしたい。

「私はここにいますよ」っていうのを常に発信して活動していかないと、
忘れられるだろうなという危機感はあります。
今はいろんなSNSがあるから、使えるものはとにかく何でも試してみるし、
いかに忘れられないでもっとファンを増やすかということは常に考えています。



クレアWEB連載エッセイ:「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」軽井沢は、じっくり考える仕事をするのにもってこいの場所

d0339885_22321777.jpg
(軽井沢に住むことになったおかげで、ペーパードライバーも卒業)

CREA WEB の連載エッセイ

松尾たいこの三拠点ミニマルライフ

第4回目は軽井沢での暮らし。

軽井沢は、じっくり考える仕事をするのにもってこいの場所

具体的に軽井沢ではどういう生活を送っているのかを
書いています。

仕事の合間にドライブに行ったりバーベキューをしたりと
東京にいる時よりも時間にも気持ちにも余裕があります。

ぜひ読んでくださいね。


クレアWEB連載エッセイ:「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」東京での暮らしは もっとシンプルに便利な場所へ

d0339885_11442371.jpg
クレアWEBの連載エッセイ「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」

第三回目は「東京での暮らしはもっとシンプルに便利な場所へ」

拠点を増やしたことと、健康になったことで
東京の住まいに求めることが変わってきました。

そして引越しを決めたのです。

広さは半分、駅から近い。

そして私の行動パターンもかなり変化しました。

ぜひ読んでくださいね。


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.