タグ:ライフスタイル ( 68 ) タグの人気記事

石鹸置きのヌルヌルから解放されたー。いつも石鹸が乾いて清潔♪マグネットで吊り下げる石鹸ホルダー

d0339885_18165483.jpg
ようやく、石鹸のぬるぬるから解放されましたー。


マグネットで吊り下げる石鹸ホルダー『Newセミシルバー【ROY】』


吸盤でなくて両面テープで固定するタイプ。

吸盤のほうが手軽だけど、ずれちゃうんですよね・・・。


そして石鹸にマグネットの片側を埋め込んでピタッとくっつけるのです。

見た目もすっきりしてるので、まあまあいいかなあ。


石鹸置きはずっといいものを探して放浪していました。

スポンジタイプにしたり、石のタイプにしたり紆余曲折。


ここのお風呂は水はけが悪くってじめじめしてるんで

カビやヌルヌルが心配。


でも、これなら濡れたままの石鹸をピタッと貼り付けておけば

次に使う時には乾いてるので気持ちがいいです。


ちなみに私のお風呂セットは、

写真に写っているこの石鹸二つ(夜用と昼用)とブラシだけです♪


代々木上原駅近くの人気ビストロ:メゾンサンカントサンク

d0339885_18110636.jpg
代々木上原駅すぐにある人気店。

メゾンサンカントサンク

ビストロです。
細長い階段上がって二階がカウンター、三階がテーブル席。
なんか誰かのお家に遊びに来たみたいな雰囲気。

ここの盛り合わせは、いろんなハムや前菜が楽しめるから好き。

ワインはグラスだと盛りが少なめなので
ボトルで頼んでワイワイ飲むのがオススメでーす。
d0339885_18112590.jpg

ミニマリストへの道はまだまだかな♪具合が悪い時に部屋を片付けたくなるんです・・:下駄箱整理しました♪

d0339885_22475207.jpg
(ああ、すっきりしてるし好きな靴しか並んでないのが嬉しい)

喉の痛みから咳が止まらず夜眠れません。
そして今日も咳がずっと出るので、仕事できず読書してます。

で、こういう外に出れないけど時間がたっぷりある、でも仕事する気力ないって時に
なぜか「部屋を片付けたい!」って思ってしまうのです。

今日は下駄箱。
朝からずっと気になって気になって
ようやくさっき整理。

この秋冬に新しく買った靴は三足。
d0339885_22490572.jpg
(スニーカーは、夜うっかりネットで買ってしまって、ちょっと後悔している・・・)

それまでもギチギチだった下駄箱は崩壊寸前。
開けるたびにモヤモヤしてたのですが
忙しさにかまけてなにもしていませんでした。

思い切って1/3の靴を処分。
といってもそれまでもかなりの靴を処分してきたので
どれも好きな靴ばかり。

ただ、一年履いてない靴もいっぱい。
そんな靴たちを、下駄箱から追放しました。

でも、履いてないけど見るとテンションがあがる靴ばかりなので
とりあえず「履かないけど置いておくコーナー」へ。

今後、数ヶ月で気持ちも変わるかもしれませんが
まずはこのぐらいの感じから、無理をしないでミニマルライフ目指してます。

セーターの毛玉とり、これいいです〜:かなや刷子の毛玉取りブラシ

d0339885_17274807.jpg
まだまだ続いております、私の
100日間洋服を買わないチャレンジ

そして買わないことで
持っている洋服を大切にするようになりました。

毛玉を丁寧に取る・・・
こんなこと、今までやっていませんでした。
毛玉がひどくなったら着なくなるだけでした。

でも、新しいものが買えないので
毛玉とりを購入。

かなや刷毛の毛玉取りブラシ(ブラシクリーナー付)


これいいですー。

まず見た目が好き。
国産を応援したいので、浅草のお店なのがよい。
ブラシクリーナーがついているので掃除がしやすい。

オススメでーす。

クレアWEB連載エッセイ:「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」軽井沢で過ごす年末年始のお楽しみは 元旦のレストラン、登山電車で絶景温泉

d0339885_13171908.jpg
クレアWEBで連載中の
「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」

第7回目は
「軽井沢で過ごす年末年始のお楽しみは 元旦のレストラン、
登山電車で絶景温泉」


この年末年始のことを書きました。

仕事を持って行きつつも、ゆったりとした時間が流れる軽井沢。
そして、お正月休みは元旦から開いてる大好きなレストランで食事したり
ドライブに行ったり。
今回は、また魅力的な温泉も見つけました。

家にいながらにして旅気分が味わえる軽井沢を2拠点目に選んで
よかったなーと思います。

記事「輝いている女性たち」掲載:オルビス情報誌「hinami」1月号

d0339885_11164273.jpg
オルビスの情報誌 hinami 1月号
巻頭特集「輝いている女性たち」に掲載されました。

愛犬いくらちゃんと一緒に写っています。

32歳で会社員から転身してイラストレーターへの道を歩んだこと、
今取り組んでいること、
これからのことなどお話しました。

本文より

スタートは遅かったけれど、だからこそ逆にがんばれたのかもしれない。
あのタイミングがベストだったのかなと、今は思います。

私が知る素敵な年上の女性たちは、好奇心が旺盛。
自分もこうありたいと、願望を抱かずにはいられません。
そんな女性に少しでも近づけるように、
私もずっと好奇心を失わずにいたいと思っています。
物事を始めるタイミングは人それぞれ。
松尾さんにとっては、32歳での始動が正解だったのです。




虚弱体質だった私が劇的に元気になった骨盤トレーニングです♪ご興味がある方はまず無料メールセミナーをオススメ

d0339885_23395642.jpg
私は数年前まで、超虚弱体質でした。

●季節ごとに風邪を引く
●頭痛薬は手放せない(二日に一度は飲んでいた)
●ちょっと歩くとすぐに疲れる
●疲れるとすぐに全身に湿疹が出る(ステロイド歴10年以上)
●夜の会食は隔日にしか入れられない
●昼間に出かけたら夜は出かけられない
●お出かけは行きも帰りもタクシー
●夫との海外旅行も最初の数日は疲れて寝込む

そんな感じでした。

でも今では嘘みたいにとっても元気。
タクシーなんてほとんど使わないし、ちょっとぐらい遠くてもどんどん歩いてしまう。
友達からの楽しいお誘いはほぼ断らず
昼間出かけて一旦戻ってから、また夜お出かけ。

これって「あたりまえじゃん」って言われそうだけれど
10代からずっと虚弱体質だった私にとっては夢のような日々。

「ああ、元気でいるってこんなに楽しいことなのね♪」

そのスタートは友人の理恵さんがやっている
骨盤トレーニング(リュクスボディレッスン)

私の虚弱体質を知ってる彼女が
「たいちゃん、とにかくやってみて!」って強く勧めるので
「ホントかなー?面倒くさいなー」って思いながらも始めたのでした。

硬くて細い枕みたいなものを腰の下に入れて膝を30分振り、首の下に入れて首を30分振る。

これで癖が付いていた体の歪みを直し
背骨がまっすぐになり、筋肉が均等についていくのだそうです。

えっ、こんなことでいいの?

もちろんシンプルだからこそきちんとした体制で行わなければいけないけれど
これなら続くかもってことで始めたのでした。

それから数ヶ月で私の体は劇的に変化。
まず肩こりがなくなりウエストがくびれたっ。
気がつくと半年でステロイドも止められました。
もちろん変化は人それぞれ。

でも生まれてからずっと弱いものだと諦めていた私の体が
それからもメキメキと変わっていったのです。

時々サボりながらもほぼ毎日一時間の体操と
月に3回の理恵さんのレッスンのおかげで、
3年過ぎて私にもようやく卒業の兆しが見えてきました。
(体が整ってきたら卒業で、その後は自分でレッスンを続けるのです)

「たいちゃん、よく頑張ったね。最後の仕上げ段階だよ!」

14歳の時に「脊柱側彎症」と診断され、2年間ギブスをつけていた
ゆがんだ私の背骨もほぼまっすぐになりました。

ハードな海外出張も全く体調を崩さず、
みなさんに迷惑をかけることなく楽しく過ごせるようになりました。

生まれつき虚弱だから・・・・
なんとなくずっと不調だけど年だから・・・
と諦めている人って多いと思うけれど、きっとまだ今からでも大丈夫。

もちろんお金も時間もかかるレッスンなのでぜひやって!って強くは勧めないけれど
どういうものなのかは知ってほしいです。

理恵さんの骨盤トレーニング(リュクスボディレッスン)では
無料メールセミナーやってます。
実際に体験した方々の体験談をまとめたものだそう。
(私は読んでないのですが)


気になる方は、まず読んでみてください〜。
『骨盤を整えて体が変わった9つのサクセスストーリー』

実際にやってみたい方は、1DAYレッスンもありますよ。

イラスト&フォトエッセイ 第10回 自分が満足できる作品を作りたい。:「月刊fu」1月号 福井おとな日和

d0339885_22192394.jpg
ふくいのまちと人とをつなぐローカル・ライフマガジン

月刊fu

毎月第4火曜日発行。
福井新聞に折り込まれて配布されています。

勝木書店、藤田書店(鯖江市)、福井新聞支社支局、販売店でも購入できます。
定価110円(税込)

2015年4月から連載中の「福井おとな日和」

第10回目は、
「自分が満足できる作品を作りたい。」

昨年は福井にアトリエを構えて本格的に陶画に取り組んだ年。
途中で
「自分がやってることって邪道なのかな?」なんて悩んだことがあったけど
目指す道がやっとクリアになって
学びながらもっともっと好きな作品をいっぱい作りたい!という気持ちを綴っています。


私はこれでシャンプーをやめました:「シャンプーをやめると、髪が増える」(著:宇津木 龍一)&レピーク ディープクレンジングコーム

d0339885_23202608.jpg

えっと・・・

これを公言すると、「ええー!汚いかも」って引かれそうな気がして

言えなかったのですが、

もう2年ぐらい(ちゃんと調べてないので曖昧ですが1年半は経ってます)

シャンプー使ってません。


この本を読んだのがきっかけです。


シャンプーをやめると、髪が増える(宇津木 龍一)


私は肌が弱いのでシャンプーも厳選していたのですが

旅行のたびにマイシャンプーを持っていくのとか

面倒だなあと思っていたので

これはいい!と試すことにしました。


そのちょっと前からブラッシングの必要性は感じていて


レピーク ディープクレンジングコーム

↑これは激しくオススメです!


こちら(Amazon)でも購入可能。


は愛用していて

そのおかげでシャンプーも二日に一度ぐらいの頻度になっていました。


でも、この本を読んで、ブラッシングさえちゃんとすれば

髪の毛の汚れはほぼ取れるんだ!と確信。


それから一切シャンプーをしない生活に。


夫には「もし頭が臭かったら、遠慮なく言ってね!」と宣言。


しかし、まったく問題なく日々は過ぎていき

いまにいたる感じです。


その代わり、ブラッシングはものすごくします。

朝、150回。

夜、150回。


その方法は、

頭の右側を前から後ろに毛の流れに逆らって50回。

頭の左側を前から後ろに毛の流れに逆らって50回。

普通に全体に50回。


あっこれは私のやり方なんで人それぞれかも。

友達はやりすぎて頭皮から血を流してたんで無理しないでね。


ブラッシング後のコームはびっくりするぐらい汚れている時があります。(特に東京では)

わあっ!こんなに一日で髪の毛って汚れるんだーって感じです。


そういえば、ちょっと前にある講習を受けた時に講師の方が

「髪の毛を洗わないのに挑戦したけど、日に日にべたついて獣臭がして挫折した」

っておっしゃってたけど、

ブラッシングさえちゃんとすれば大丈夫なのになあーと思いました・・。


ただ、ヘアワックスやオイルなどを使ったりしてべとつく気がする時は

シャワーでお湯洗い。


あとは、

一日中出かけてて心も体も疲れたなーという時のリフレッシュのためとか

明日は気合入れるぞ!って時にもシャワーでお湯洗いします。


頻度としては一週間に一度ぐらいかな。


でも私としてはシャンプーやめて本当に良かったと思っています。


理由


●旅行などにシャンプーを持っていかなくてよくなった

●時間が短縮できる

●ドライヤーしなくていい

●カラーリングが取れにくくなった

●髪の毛が増えた


白髪が減ったのかとかはよくわかりません。

なぜならもう10年以上カラーリングしているので

自分に白髪が多いのか増えたのかがあんまりわからないからです。


あっ!でも、一ヶ月に一度行く美容院ではシャンプーしてもらっています。

本当はしなくていいのになーと思うけど

断ると変な人みたいだし、そこで使っているシャンプー類はオーガニック系のものだから。


それから、本では「カラーリングはとっても髪に悪い」と書かれていますが

私はおしゃれ重視なのでカラーリングはしています。


でもこの

レピーク ディープクレンジングコーム

は本当によくて、かなり周りの友達に勧めてて

みんなもすごくいい!って言ってくれているんでぜひ試してほしいですー。


歯の部分が回転するので髪に引っ掛からなくって気持ちいいんです。


このコームについては以前にもブログで紹介。

ブラッシング後のコームの汚れが気になる人へオススメ♪

レピークディープクレンジングコーム


シャンプーはやめれなくても

ブラッシングが楽しみになりますよ♪


というご報告でした。


Amazonページ↓



クレアWEB連載エッセイ:「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」 東京の拠点、代々木上原はひとりで入れる店が多い「やさしい町」

d0339885_19070165.jpg
クレアWEBで連載中の
松尾たいこの三拠点ミニマルライフ、更新してました。

東京の拠点、代々木上原は
ひとりで入れる店が多い「やさしい町」


東京の拠点を目黒区の碑文谷から渋谷区の代々木上原に移して1年。
広さが1/2ぐらいになり
引っ越してからもたくさんのモノを処分しました。

また、近所にはたくさんの一人で行けるお店があるので
外食が苦手だった私にもいくつかの大切なお店ができました。

そんなことを書いています。

読んでくださいね。


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.