タグ:ライフスタイル ( 68 ) タグの人気記事

ちふれの口紅、いいかもしれない:綾花グレースフルモイスチャーリップスティック

d0339885_22062223.jpg
どこかで「ちふれの口紅いいよ」って記事を見かけていて
そしたら偶然通りがかりにお店があったので寄ってみました。

スタッフの方がつけている色がキレイだったので
真似したのが、

1500円。
無香料なのも安心です。

スムーズに塗れて
バッチリ色がつく感じじゃなくて
リップとグロスの中間ぐらいで
あまり濃くなくて気に入ってます。


生ハムとカマンベールのサンドイッチ、すごく好みの味♪朝8時〜やってるカフェ:PATH@代々木八幡

d0339885_17295444.jpg
(いま、自分の中ではナンバーワンぐらい好きな味だっ)

代々木八幡駅(代々木公園駅)からほど近い場所に年末にできたお店。


一度、クロワッサンを買いに来たことがあるけど
ランチに初めて行ってきました。

そして私はこのサンドイッチに感激!

ちょっと酸っぱ苦い黒パン系に
生ハムとカマンベールチーズが挟まっています。

カリッと硬めのパンと中身のバランスがとっても好き。
少食の私にはちょうどぴったりのサイズ感。

夫が食べてたサルシッチャのクリーム煮も美味しそう。
d0339885_17305985.jpg
d0339885_17311557.jpg
(サルシッチャにはビスケットがつく)

ここ、朝8時からやってるので
夫がいない時のひとりブランチにもいいかも♪

次は夜に来てみたいなー。

お風呂上がりはヒポポタマスのフェイスタオル♪吸水性がよくてオーガニックコットンなのにカラフル

d0339885_12390029.jpg
昨年、Twitterのフォロワーさんに教えていただいてから
すっかりファンになりました。


今治で作られているMADE IN JAPAN

ちょっと値段が高いのですがそれだけの価値はあります。

<お気に入りポイント>

●オーガニックコットン使用なのにカラフル
(人体に安全で環境負荷の少ない染色方法らしいです)
オーガニック製品というと、生成りだったりぼんやりした色が多い中
本当にパキッときれいな色で使うたびに楽しい気持ちになります。

●日本製
なるべくなら日本にあるいいモノを使いたいと思っているので。
今治で丁寧に作られているところにも共感。

●吸水性がいい
体をひと撫でぐらいな感じであっという間に水分を吸ってくれます。
我が家はバスタオルの代わりに、
このヒポポタマスのフェイスタオルを使っています。
吸水性がいいので、これで十分。

●軽くて扱いやすい
本当は丁寧に扱うといいのだろうけれど
面倒なので毎日、洗濯&乾燥させてしまっていますが
色落ちも少なくて丈夫。

夫と二人、ひとり一枚づつ使うので3セット、
6枚を一年間ヘビロテしました。

まだまだ使えそうだけど、今まで使っていた6枚は
軽井沢の家にお下がりとして持って行くことにして
新しいフェイスタオルを6枚買いました。

今回はオレンジやカリビアンブルーも購入。
きれいな色が棚に並んでいると目が喜ぶ感じ♪


肌にやさしくてシルエットがきれいなMADE IN JAPAN:SOUPLE LUZブラカップキャミ

d0339885_12505834.jpg
(写真はサイトからお借りしています)

最近、なんでもなるべく日本製を買うようにしています。

だってせっかく日本にすばらしい製品があるなら
それを応援したいから。

で、この1年ぐらい気に入っているのがこちらのキャミソール。
カップ付きなのでブラも必要なし。


無農薬有機栽培された綿花を使って作られたオーガニックコットン製。
d0339885_12523050.jpg
すごく細身で、長さが長めのシルエットもきれい。
胸の開きも深めなので、ワンピースなどから見えにくい。

肩ひも部分は調整可能。
肩ひもが細くて光沢があり
もしもセーターなどからはみ出て見えても下着っぽくないです。

脇に縫い目がないので、肌に当たっても痒くなったりしません。

夏も冬もこのキャミソールは大活躍しています。

私が持っているのは、ココアを1枚とブラックを2枚。

昔ながらの織り機で丁寧に仕上げ:福島県三和織物の刺し子織の風呂敷

d0339885_21512824.jpg
一枚、風呂敷が欲しいなあと思ってたのですが
ようやくお気に入りに出会えました。

福島県三和織物の刺し子織の風呂敷。

東北地方に古くから伝わる刺し子。

サイトより
この「刺し子」を日本で唯一機械織りにしたのが”三和織物”です。
昔ながらの織り機で、織りと刺し縫いを同時に仕上げていくのが刺し子織。
一時間に1mずつしか織ることのできない貴重な布なのです。
丁寧にすこしずつ織られるこの布は心地よくやさしい手触りを持っています。
d0339885_21515063.jpg
最近、ファブリックがとても気になるんですよねえ。
時間をかけて丁寧に作られた風呂敷、
包む前から触ってるだけで嬉しくなってきます。




この冬ヘビロテのアンダーウェアは、Burnishのカシミア混シャツ

d0339885_21310223.jpg
Burnishの薄手シャツ気に入ってます。

綿70%
カシミア30%

やわらかくて軽くて着心地いいです。
薄手なので、セーターやシャツの下にアンダーウェアとして着る感じ。

セーターなどから見えても下着っぽくならないのでいいです。
d0339885_21315042.jpg
袖の長さと袖の長さも絶妙。

一枚をヘビロテしてたけど
もう一枚買いました。


クレアWEB連載エッセイ「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」:本棚、自転車、ファンヒーターも処分 「いつか使うかも」で残すのはやめました

d0339885_21195476.jpg
昨年一年で自分の生活環境が激変。
三拠点生活のスタート、そして東京の自宅の引っ越し。

そしてその一年間の間に、結構大きなものを処分していました。
自分が元気になったのでいらなくなったもの、
環境が変わっていらなくなったもの、
暮らし方が変わっていらなくなったもの、
自分の価値観が変わっていらなくなったもの。

そういうものについて書いています。


クレアWEBの連載9回目です。

イラスト&フォトエッセイ 第11回 収穫いっぱいだった2回目の「陶画展」:「月刊fu」2月号 福井おとな日和

d0339885_10014478.jpg
月刊fuで連載中の
イラスト&フォトエッセイ「福井おとな日和」

2月号は、
第11回 収穫いっぱいだった2回目の「陶画展」。

昨年12月に三日間だけ行った二回目の陶画展
「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」について書きました。

WEB販売もスタートしたし
実際に作品をみなさんに手に取ってもらい
感想もお聞きしたいなと3日間だけ開催。

その間、ずっと会場にいました。

会場ではアンケートも用意して
どんなものに人気があるのか、
どういうものがみたいのかなども記入していただきました。

生の声を聞くっていいですね♪


クレアWEB連載エッセイ「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」:「幸せの国 ブータン」を訪れて考えた 自分が幸せと思えるミニマルな暮らし

d0339885_11462571.jpg
クレアWEBでの連載「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」

おかげさまでたくさんの方に読んでいただいているみたいで
嬉しいです!

第9回目は、
「幸せの国 ブータン」を訪れて考えた
自分が幸せと思えるミニマルな暮らし


昨年12月に仕事でブータンに行った時に考えたことを書きました。
彼らの、
「誰とも比べない」
「今、幸せかどうか。それは自分の心が決めること」
という考え方にとても共感を覚えました。

また、自分で考えて行動する彼らを見て
 私も「今まではこうやってきた」なんていう思い込みを捨て、
他人との比較をせず、自分が幸せと思えるミニマルな暮らしを目指していきたいです。

ぜひ読んでくださいね。

ああ、またブータン行きたくなってきた・・・。


軽くて暖かい室内履き:Est. RONDINAUD/ロンディーノ ウールニットケーブル編ボアシューズ

d0339885_11472594.jpg
室内履きに買いました。
(本来は外履き用なのかな?)

ロンディーノ ウールニットケーブル編ボアシューズ

フランスのロンディーノは、100年以上フェルトシューズを手がける老舗。

友達が履いてたファー付きのが欲しかったけどネットショップはどこも売り切れ。
でもケーブル編みもかわいいです。

7344円がセールでなんと1999円だし。

ウールを使った圧縮フェルト素材に、ケーブルア編みのニット素材が乗ってるので軽い!

軽いし中にボアが付いてて暖かいのでソックス履かなくてもいいぐらい。
サイズはジャストな感じです。
厚手のソックスを履いてたらちょっとつま先がきついかも。

ソックス嫌いだから嬉しい♪


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.