タグ:アート ( 53 ) タグの人気記事

アンケートに答えてくださった方にステッカープレゼント♪12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」

アンケートに答えてくださった方にステッカープレゼント♪12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」_d0339885_08574899.png
(フクロウちゃんのステッカー。ただいま製作中)

個展の詳細
12/11(金)〜13(日)「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」(東京 谷中の韋駄天ギャラリーにて)

トークイベントの詳細(予約が必要です)
12/12(土)17:30〜松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント「千年陶画ってどういうもの?」
アンケートに答えてくださった方にステッカープレゼント♪12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」_d0339885_09104210.jpg
今回、三日間だけの個展ですが、新作をたっぷりみてもらう予定。

そして、会場にはアンケート用紙を用意しますので、
来てくださったみなさま、アンケートにぜひお答えくださいね。

アンケートに答えてくださった方には、フクロウちゃんが描かれているステッカーをプレゼント。

今後の作品作りの参考にさせていただきたいなと思っています。

もちろん会場には、私もいますので
直接感想も聞かせてください♪

作品紹介2(テラコッタ陶画スクエア):12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」

作品紹介2(テラコッタ陶画スクエア):12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」_d0339885_16231824.jpg
個展の詳細
12/11(金)〜13(日)「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」
(東京 谷中の韋駄天にて)


トークイベントの詳細(予約が必要です)
12/12(土)17:30〜松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント
「千年陶画ってどういうもの?」


こちらも新作です。
作品紹介2(テラコッタ陶画スクエア):12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」_d0339885_16263314.jpg
越前焼の土をたたら台で平らにして、四角にカット。
それを乾かしたのち、素焼きします。
素焼きした上に、盛り絵の具という釉薬で絵を描き焼上げたものです。

これも軽くて後ろにフックを付けたので壁にかけられます。
作品紹介2(テラコッタ陶画スクエア):12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」_d0339885_16264411.jpg
タータンチェックやアーガイル模様といった大好きなポップな柄
と動物を組み合わせています。

ぜひ実物を見に来てくださいね。



作品紹介1(壁にかけられる羽ばたく鳥):12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」

作品紹介1(壁にかけられる羽ばたく鳥):12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」_d0339885_18520582.jpg
個展の詳細

12/11(金)〜13(日)「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」

(東京 谷中の韋駄天にて)


トークイベントの詳細(予約が必要です)

12/12(土)17:30〜松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント

「千年陶画ってどういうもの?」


12/11〜の個展では、新作をたっぷりみていただく予定。


この「越前焼オーナメントシリーズ」は、現在3種類。

「鹿」と「鳥」と「馬」。


壁にかけると、さりげなくてかわいいです。


すでにWEBサイトで販売中ですが

「鳥」(みはてぬ夢が空へ)を買ってくださった方は、詩人の茨木のり子のファン。


彼女の住んでいた家が紹介されている「茨木のり子の家」で

家の壁に鳥の陶器が飾ってあったのを見て

イメージにぴったりだと購入してくださいました。

千年陶画販売サイト

作品紹介1(壁にかけられる羽ばたく鳥):12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」_d0339885_19024590.jpg

この本、私も大好きで持っているのですが、今まで気がつきませんでした。

よーく見ると、リビングの壁の上のほうに鳥がいます。

作品紹介1(壁にかけられる羽ばたく鳥):12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」_d0339885_19052625.jpg
作品紹介1(壁にかけられる羽ばたく鳥):12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」_d0339885_19054796.jpg

この越前焼オーナメント、フックが付いてて軽いので扱いやすいです。

個展会場では、リースと一緒に飾ったりと

飾り方の提案もしたいなと思っています。


ぜひお越しくださいませ。


12/12(土)17:30〜松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント「千年陶画ってどういうもの?」

12/12(土)17:30〜松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント「千年陶画ってどういうもの?」_d0339885_07220272.png
個展会期中に会場でトークイベントを開催します。

松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント
「千年陶画ってどういうもの?」


日時:12/12(土)17:30〜19:00
場所:韋駄天
〒110-0001 東京都台東区谷中5-2-24
TEL:03-3828-1939
JR日暮里駅より5分 東京メトロ千代田線千駄木駅より9分→地図

こちらは予約が必要です。
会場が小さいので定員30名。

予約はこちら(Peatix)から。
12/12(土)17:30〜松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント「千年陶画ってどういうもの?」_d0339885_07343134.jpg
●千年陶画ってどういうものなのか
●なぜ2人でやっているのか
●これからなにを目指しているのか

総合プロデューサーでもある夫、佐々木俊尚と共に
会場に展示された作品の解説を交えながらお話ししたいと思います。

当日は、1ドリンク付き。
お酒を飲みながら、リラックスした雰囲気で参加してください。
トークは30〜45分間を予定。
その後は、自由に作品を見てもらいながら質問などにもお答えします。
12/12(土)17:30〜松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント「千年陶画ってどういうもの?」_d0339885_07351084.jpg
私は会期中の三日間、ずっと会場にいますが、夫はこの時にしかいません。

他拠点生活についてや福井のことなどについてもご興味があれば
どんどん質問してくださいね。
夫が毎日作ってくれるお料理についてでもいいですよ。

12/11(金)〜13(日)の個展の詳細はこちら

個展の詳細です→12/11(金)〜13(日)「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」(東京 谷中の韋駄天にて)


個展の詳細です→12/11(金)〜13(日)「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」(東京 谷中の韋駄天にて)_d0339885_12425507.png
個展の詳細です→12/11(金)〜13(日)「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」(東京 谷中の韋駄天にて)_d0339885_13062092.png
個展のDM、ただいま印刷中で、数日内に発送予定。

日時:12/11(金)〜13(日) 11:00〜18:00
場所:韋駄天
〒110-0001 東京都台東区谷中5-2-24
TEL:03-3828-1939
JR日暮里駅より5分 東京メトロ千代田線千駄木駅より9分
地図はこちら

谷中霊園の近くです。
周りには朝倉彫塑館もあって散策に楽しい場所。
韋駄天は、和の器のセレクトショップで、我が家の食器の1/3はこちらのものです。

期間中は、ずっと会場に入る予定です。
ぜひ遊びに来てくださいね。

また、期間中にトークイベントも予定。
12/12(土)17:30〜19:00
「松尾たいこ×佐々木俊尚 千年陶画ってどんなもの?」

こちらは予約が必要です。
会場が小さいので定員30名。

1ドリンク付き、まったり楽しくお話しをしたいと思っています。

お申し込みはこちらからお願いします。

ハフィントンポスト取材記事2)東京、軽井沢、福井に暮らしながら。 イラストレーター松尾たいこさんに聞く、新たな創作と挑戦

ハフィントンポスト取材記事2)東京、軽井沢、福井に暮らしながら。 イラストレーター松尾たいこさんに聞く、新たな創作と挑戦_d0339885_20180104.jpg
ハフィントンポスト、二回に渡って取材を受けた記事掲載。

後編は

東京、軽井沢、福井に暮らしながら。

イラストレーター松尾たいこさんに聞く、新たな創作と挑戦


目標を立てるのが好きなんです。

「いつかいいものを作ろう」じゃなくて、目標を決めてまずはそこに向かって動く。

そのへんはちゃんとしたアーティストとは違うのかもしれない。

もちろん100点満点はいつも目指しますけど、目標の期間内に、

自分でOKと定めたラインにたどり着ければいいかな、って。


技術的にはまだ下手だし、陶芸家から見たら邪道なやり方をしてるかもしれない。

先月まではそのことに悩んでたのですけど、ふっと気付いたんです。

私、別に陶芸家になりたいわけじゃないんだって。

私は陶芸で自分の表現をしたいだけ。

だから「これ可愛いな。私だったら欲しいな」「ずっと触っていたいな」

と自分で感じられる作品ができたらOKなんですよ。


ぜひ読んでくださいね。



イラスト&フォトエッセイ 第9回 もうすぐ実現!2つの目標。:「月刊fu」福井おとな日和

イラスト&フォトエッセイ 第9回 もうすぐ実現!2つの目標。:「月刊fu」福井おとな日和_d0339885_10014329.jpg
ふくいのまちと人とをつなぐローカル・ライフマガジン

月刊fu

毎月第4火曜日発行。
福井新聞に折り込まれて配布されています。

勝木書店、藤田書店(鯖江市)、福井新聞支社支局、販売店でも購入できます。
定価110円(税込)

そこで連載中の「福井おとな日和」

第9回目(早いな〜)は、
「もうすぐ実現!2つの目標。」

「新しい作品を今年中にWEBサイトで販売する」
「年内に小さな展示会を開催する」
という目標をかかげて
5月から福井にアトリエを借りて制作に励んでいました。

その様子や試行錯誤の日々を綴っています。

2つの目標は
周りのフォローのおかげもあって達成できました!(個展はまだ開催前だけど)

11/11〜WEBサイトで販売開始。

松尾たいこ×千年陶画 販売WEBサイト

12/11〜13 東京・谷中で展示会。

12/11(金)〜13(日)千年陶画の個展やります♪

(東京 谷中の韋駄天にて)


福井でのこれまでの成果、ぜひWEBサイトや個展でみてくださいね。



表紙カバーイラスト描きました:愛より優しい旅の空(著:柴田よしき)角川文庫

表紙カバーイラスト描きました:愛より優しい旅の空(著:柴田よしき)角川文庫_d0339885_12564431.jpg
鉄道旅ミステリ、シリーズ2冊並べてみました。

愛より優しい旅の空

著:柴田よしき
出版社:株式会社KADOKAWA 角川文庫
カバーデザイン:鈴木久美

夢より短い旅の果て


に続く、鉄道旅ミステリー2。

鉄道の旅を愛し、突然姿を消した叔父のゆくえを探すため
大学入学と同時に「鉄道旅同好会」に入った香澄。
彼女と一緒に、叔父がたどった路線の旅をしていると
旅に出たくなりますよ!

表紙カバーイラスト描きました:オールクリア上・下(著:コニーウィリス 訳:大森望)ハヤカワ文庫

表紙カバーイラスト描きました:オールクリア上・下(著:コニーウィリス 訳:大森望)ハヤカワ文庫_d0339885_12474159.jpg
上下を並べると一枚の絵になります。

ずっと担当させていただいた、コニーウィリス「オックスフォード大学史学部シリーズ」。

いよいよ激動と感動の完結編の文庫です。

オール・クリア 上

オール・クリア 下

著:コニー・ウィリス
訳:大森 望
出版社:早川書房 ハヤカワ文庫
カバーデザイン:早川書房デザイン室


ラストはドドーンと明るい感じにしました。
表紙カバーイラスト描きました:オールクリア上・下(著:コニーウィリス 訳:大森望)ハヤカワ文庫_d0339885_12542345.jpg
コニーウィリスはファンが多いので
いつも次はどうしよう〜とドキドキなのですが
早川の担当の方のアイデアのおかげで毎回楽しんで描けました。

単行本とはまた違った感じのイラスト、楽しんでくださいませ。

表紙カバーイラスト描きました:戦場で書く 火野葦平と従軍作家たち(著:渡辺考)NHK出版

表紙カバーイラスト描きました:戦場で書く 火野葦平と従軍作家たち(著:渡辺考)NHK出版_d0339885_12221385.jpg
この表紙すごく気に入っています。

戦場で書く 火野葦平と従軍作家たち

著:渡辺考
出版社:NHK出版
装幀:仁川範子

第二次大戦後、「戦争協力者」として激しい批判にさらされながら
自らの戦争責任と向き合い、
最終的に自死を遂げた火野葦平の内面を探った力作。

NHKスペシャル
「従軍作家たちの戦争」「ETV特集 戦場で書く〜作家 火野葦平の戦争〜」
を製作したディレクターの渡辺さんが取材記をまとめたものです。
表紙カバーイラスト描きました:戦場で書く 火野葦平と従軍作家たち(著:渡辺考)NHK出版_d0339885_12442550.jpg
戦場で芥川賞を受賞した火野葦平は一躍時の人となり
「麦と兵隊」など大ヒット。
軍のメディア戦略や従軍作家たちの戦中戦後の軌跡を描いたこの作品からは
その時代の空気感が伝わってきます。
簡単に善悪を決められないけれど、時代がそうさせた部分もあり
難しいけれど、知ることは大切だと思いました。

表紙には、戦場のフィリピンのジャングルで合間にメモをとる火野葦平をシルエットで描きました。
表紙カバーイラスト描きました:戦場で書く 火野葦平と従軍作家たち(著:渡辺考)NHK出版_d0339885_12444171.jpg
辛い時でも疲れている時でも
夕焼けはきっと美しかっただろうと、そう考えながら描きました。

渡辺さんの本を担当するのはこれが二冊目です。
私のイラストのファンだということで依頼されてとても嬉しいです。

1冊目は
プロパガンダ・ラジオ: 日米電波戦争 幻の録音テープ




Copyright © bizki Inc. All rights reserved.