<   2012年 05月 ( 48 )   > この月の画像一覧

サントリーの山の絵が気持ちいいよ♪作品紹介:MdNイラストレーターズファイル2012

d0339885_13480049.jpg

MdNイラストレーターズファイル2012

以下、表紙の宣伝文から抜粋↓
広告、ウェブ、書籍、パッケージ、テレビCM。
デザインの最先端で活躍するイラストレーター、
117人の仕事と作品を一望する贅沢なポートフォリオ。

というわけで蒼々たるメンバーの中に加えていただき
見開き2ページに私の最近の作品が掲載。

昨年春のサントリーの広告作品、かなり大きく載っていて
気持ちいいページにして下さってます。

あいうえお順で
P202-203

あとは
書籍のお仕事など紹介。

私の箱子(講談社:一青妙 著)
ハニーズと八つの秘めごと(小学館:井上荒野 著)
天国と地獄(新潮社:赤川次郎 著)など。

作品づくりは楽しんでインプット♪取材記事:イラストノートNo.22

d0339885_13480028.jpg
イラストノート No.22

特集イラストレーター50人の描き方


の中の一人として取り上げていただきました。

P70-71 File No.14

昨年夏のサントリー 天然水の仕事、
大阪梅田,阪急の動く歩道壁面いっぱいに展開された広告が
見開きで紹介されてます。

あとは、なくしたものたちの国
ソフランアロマリッチなど。

インタビュー記事も載ってます。
「作品づくりの秘訣は楽しんでインプットすること」
タイトルに付けていただいたのですが
私の絵を描くときの思いや工夫などを
とても的確にまとめて下さっています。

おおっ、私いい事言ってるなあと自分で思っちゃった。

ぜひ読んで欲しいなあ。

魯肉飯(ルーローハン)ははずせない 金峰魯肉飯@台湾

d0339885_13480131.jpg
(あまりに店内がボロいので周囲をぼかしてみました。)

毎日食い意地がはってるメンバーは朝ご飯はだいたい二軒はしご。

魯肉飯も大好き♪って事で、さとなおさんオススメの金峰魯肉飯

道路沿いの外から丸見えの店内。
うーむ、こういうお店って台湾にとてもたくさんあるけど
外から見た感じだとどこのお店が美味しいのか区別がつかないなあ。
d0339885_13480124.jpg

魯肉飯の上に乗った豚ミンチ(醤油味)はちょっと大きめで油がたっぷりあって
じわっとジューシー。
別に頼んだ煮玉子を乗っけて崩しながら食べた♪

ふたつ頼んだスープもどちらも美味しかったな。

アサリのスープは、鳥とアサリ入り。
骨付きあばらのスープは、軟骨入りの豚肉がやわらかくってコリコリ。

どちらも器やお店の様子からは想像できない上品なお味。
東京の高級店で出してもいいぐらい。

台湾ごはん紹介、これで終わりまーす。

北陸で、笑顔しか出ない旅をしてきた

d0339885_13480172.jpg
友達が、ちょっと最近疲れ気味の私を
北陸の気持ちのいい場所に連れて行ってくれました。

超お任せコースだったので
場所の名前とかほぼ失念。

というか元々覚える気ゼロ。
ぼんやりとゆったりとその場を楽しみたかったから。
d0339885_13480188.jpg

だけど大きな石のある古い神社や
かわいい狛犬のある場所や
おいしい水の湧き出る山に連れて行ってくれて
なんてすてきな友達を持ってるんだろう、私。
d0339885_13480108.jpg

ありがとう!

見方を変えると違った形や色が見えてくる:iPhoneアプリMonotoriCamera使って思う事

d0339885_13480128.jpg

MonotoriCameraは、私がよく使っている写真加工のiPhoneアプリ。

お寺で出会ったカエルを撮ってみた。
MonotoriCameraで強調することで気づかなかったものが見えてくる。

カエルってこんなにぷっくりとかわいらしかったんだなあ。
グリーンだと思っていた葉っぱには、きれいなブルーが混じっている。

ちょっと見方(方法)を変えると
同じものが違った形や意味を持つ。

自分の見ているその世界や出来事、そして人。
目で見たそのままが本当の事実なのだろうか。

そういうものも見方を変えれば
きっと楽しいことは倍増され
辛いことは距離を持って眺められる。

私も心の中のMonotoriCameraを使って
自分だけの作品を作っていきたいな。

昨日、思ったこと。

Sent from my iPhone

うっかり買っちゃった@初サマンサタバサ

d0339885_13480100.jpg

羽田空港第一ターミナル、
早めに着いてのんびり。

一ヶ月ほど前にオープンした
伊勢丹メンズの中にある
SOLAでお土産用に
限定クッキーを買い
カフェでアイスティーを飲み
通りかかったサマンサタバサ。

私には無縁のショップだと思ってたのだけど
手前に飾ってあった財布に目が釘付け。
サマンサタバサプチチョイスっていうシリーズみたい。
ベルトモチーフが好きだー。

背の部分にはパスモが入れられる。
ずっと探してたタイプの財布だあ!

本当は長財布じゃないタイプが好きだけど
このデザインは長財布だからこそかわいい。

というわけで、トータル5分のお買い物で
無事に搭乗出来ました。

いやあ、ずっとこういうの探してたのに
こんなところで出会うなんてねえ。

スタッフの制服がレトロフューチャー。
キャビンアテンダントっぽくてキュートだよ。


Sent from my iPhone

20年ぶりに運転@千里浜

d0339885_13480129.jpg

石川県にある千里浜ドライブウェイ。

日本ではここだけの車で砂浜を走れるドライブウェイ。

友達の車でドライブ。
「ちょっと運転してみる?」
「…ええっ?!」と思ったんだけど
なんかやってみたくなって、運転席に。

実は私は20年ぐらいペーパードライバー(^-^)/
そしてマニュアル車しか運転した事がない(^-^)/

ブレーキとアクセルの順番も怪しい(~_~;)

エンジンのかけ方から教えてもらった。

でも動き出すと「あら、簡単。ゴーカートみたい。」

全長8㎞ほどの砂浜、半分ぐらい運転しちゃった。
楽しかったなー。

ずっとペーパードライバーのままかなと思ってたけど
ちょっと気持ちが揺らいできたかも。


Sent from my iPhone

グリンピース嫌いな人も好きになると思うスープ 人和園雲南菜@台湾

d0339885_13480235.jpg
(ああ、本当に美味しいんだけど写真だとそれが伝わらないもどかしさ。)
まだもう少し続くよー台湾ご飯。

雲南料理の人和園雲南菜

ここは台湾在住の三井三奈子さんからもすすめられたし
さとなおさんも行った事のあるお店。

ということで期待ー。

でもイチオシのオススメがグリンピーススープって・・・。
なんか地味だし。
マネージャーの大西なんて、唯一嫌いなのがグリンピースだし。

ちょっとテンション微妙。

しかし!
これは驚きの美味さ。
この旅の間の料理の中でも一二を争うぐらいの衝撃。

まずグリンピースが日本と違って小さくてちょっと平たい。
それが限りなく透明感のあるスープにビッシリ浮いてるの。
ああ、書いててもまた飲みたいなーというぐらい好き。
d0339885_13480240.jpg

雲南キノコの炒め物は、カリッとしてて香りもいい。

過橋麺っていうのは、テーブルに透明のスープを持って来て
そこに麺とハムと野菜とユバを入れてしゃぶしゃぶして出してくれるの。
d0339885_13480241.jpg

見てると楽しい。
そして食べると体に染み渡るウマさー。

いずれも日本からすると塩味薄いかなって感じだけど
私にはちょうどよかったなー。

スリーピーヘッドジェイミーの結婚パーティー♪

d0339885_13480253.jpg
(左から家入あきこさん,すわだいすけさん,伊澤ゆくさん)

スリーピーヘッドジェイミー(Sleepyhead Jaimie)
すわだいすけ&伊澤ゆく、2人で2010年に結成。

昨年3.11の地震の5日後に応援歌「Still Together」をリリース。
それを夫がTwitterで紹介。
それがきっかけで彼らのライブに出かけ
我が家の夫ごはんパーティにも来てもらったり。

というわけで普通だと繋がらなかったはずの彼らと出会い
このたび私たち夫婦もパーティに参加させていただいたのだ。

私がおつき合いしている人たちの中では
一番年下ぐらいかもしれないなあ。

そしてパーティは、やはりミュージシャンらしい音楽が溢れるものだった!

白いミニドレスとすこしレトロな雰囲気もあるスーツ姿の2人は
いきなりギターを抱えて歌い出したの。
d0339885_13480294.jpg

普通はなんだかシズシズと始まるんじゃないのかな?

数曲終わったところで、今回の唯一の真面目なシーン。
夫の乾杯の挨拶。
「受けを狙ってわざと夫婦の3つの袋の話しようかな」なんて言ってたのですが
親戚一同ご列席の中、そういうわけにもいかなくなり「うーむ」と悩んでたけど
結局少しだけ3つの袋の話から始めてました。受けてた、アハハ。
d0339885_13480293.jpg

その後、ごはん食べながら、ヨースケ@HOMEさん&縄田寿志さんのライブ。
最後の曲がすごくよくってジーンとしちゃった。

ハンバーガー大好きなお二人、ミニハンバーガーも出たよ。
d0339885_13480248.jpg

その後はまたスリーピーヘッドジェイミーのライブ。
ご両親に捧げる曲とか妻(ゆくちゃん)に捧げる曲とか
べたっとしてなくて明るくて、でも泣いちゃったけど。
d0339885_13480258.jpg

最後はデッカいハンバーガーへの入刀もあり
本当に心から楽しくてすばらしいパーティだった!
d0339885_13480243.jpg



昨年3月、地震の直後の恵比寿でのライブにも呼んでいただき
夫と出かけたのだけど(まだそういうのが不謹慎って言われてた時期)
とても気持ちが沈んでる私は
すでに前に進んでいるスリーピーヘッドジェイミーを観て
何も出来ない自分を顧みて素直にライブを楽しめなくて
こっそり悲しみの涙を流してた。

だけど昨日は、幸せな人たちの笑顔が嬉しくて
その幸せな場所にいる自分が嬉しくて涙が出た。

同じ2人を見ながら流す涙だけど
その意味は全然違った。

ハッピーだ。

最後に、Still Together。

ハンバーガーが好きだから描いたの@食いろいろ展(たばこと塩の博物館)

d0339885_13480219.jpg
(絵の一部をチラ見せ。色もセピアに変えてるけど実際はカラフル。)

TIS(東京イラストレーターズ・ソサエティ)メンバーによる展覧会
わたしの句読点2<食いろいろ>展始まりました。

会期:5/19(土)~7/1(日)10:00 ~ 18:00(入館は17:30まで)
(休館日:毎週月曜日 )
入場料:一般・大学生100円,小・中・高校生50円

場所:たばこと塩の博物館 4階特別展示室
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-16-8

TISサイトより抜粋↓
東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)とたばこと塩の博物館のコラボレーション企画第2弾。
前回は「たばこ」をはじめ、酒、コーヒーなどの嗜好品がテーマでした。
今回、たばこと塩の博物館のもう一つの柱である「塩」に着目して、
「食」をテーマにしました。題して「わたしの句読点2〈食いろいろ〉」。
このテーマに171人のTISメンバーが出品いたします。
「食」というお題をどう料理するかはイラストレーターの腕次第!どうぞお楽しみに。

私は大好きなハンバーガーを描きました。

171人それぞれの食。
観てね。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.