<   2011年 09月 ( 57 )   > この月の画像一覧

環境にやさしいFAMSペーパークリップ

針金製のゼムクリップって好きじゃないんですよね。
ゴミ分別もしなくちゃいけないし。

で、私が愛用しているのがFAMSペーパークリップ
環境にやさしいFAMSペーパークリップ_d0339885_13492774.jpg
ファイバー紙を使った、いたってシンプルな形。
軽いけど丈夫。

色も白と黒という潔さ。

普通に紙ゴミとして捨てられるし手触りもとてもいい。
大きさは親指の爪ぐらいでかなりの厚みの書類でも挟めますよ。

★以前のブログはこちら

テクニックいらずのメイクブラシ:白鳳堂 化粧筆

ふんわりした使い心地にびっくり。

白鳳堂の化粧筆買った。

広島県の熊野町が筆の産地っていうのは前から知ってた。
私も広島出身で、熊野町からほど近い矢野というところに住んでいたことがあるから。
国内だけでなく海外でも高い評価を受けている町がすぐそこにあるのは嬉しかった。
テクニックいらずのメイクブラシ:白鳳堂 化粧筆_d0339885_13492719.jpg

でもメークにあまり興味がなかったので今までは適当に買った化粧筆を使ってたんだけど
アイシャドウなどを一新したのをきっかけに購入。
この記事(アイシャドウ購入編)とかこの記事(アイブロウ購入編)読んでね)

初心者なのでベーシックシリーズのスタンダードな黒軸からセレクト。
旅行にも持って行けるように長さが短めのコンパクトサイズから4本。

アイシャドウ丸平(灰リス)
アイシャドウ丸平(松リス, ノースアメリカンリス)
アイシャドウ丸平(イタチ)
アイブロウ斜め(水ムジナ)
使い方などによって毛質も違ってくるのね。

このシリーズはお値段も手頃。

名前を入れてもらったら黒&シルバーでかっこいい。
なんか愛着がわいてきた。
そしてメークが楽しい!

絵を描くときの筆にはこだわっていたが、やはりメークも道具が大事なのだなあ。
徐々に買い換えていこうっと。

★以前のブログはこちら

南三陸のかもめの玉子:岩手県大船渡市 さいとう製菓

津波で大きな被害を被った岩手県大船渡市のさいとう製菓

この映像はショックです。(結構こわいです。私も最近まで見られなかった。)
なので無理して見ないでね。
「かもめの玉子」の社長さんが撮影した津波の動画

すばやい対応で従業員は全員無事だったけど本社は全壊。
でも郊外にあった製造工場は無事で4月には再稼働!

私もネットショップでかもめの玉子買ってみました。

ミニかもめの玉子
かもめのショコらん
りんごかもめの玉子
南三陸のかもめの玉子:岩手県大船渡市 さいとう製菓_d0339885_13492870.jpg
こうやって並べるとかわいい。
中も玉子の黄身みたいになってるんだよ。

★以前のブログはこちら

ゴールデンブラウンのハンバーガーはやっぱり美味しい

本当は毎日食べたいぐらい、私はハンバーガーが大好き。

でもカロリー的な事を考えて、一か月に多くても数回にとどめている。

なのにこの間、初めて行ったハンバーガー屋さんが大ハズレ。
いつもならハンバーガーブログなどを参考にして出かけるのだけど
その時は調査不足のまま前から気になってたお店にふらり。
バンズにべっちゃりと野菜の水気とドレッシングがしみ込んでて
食べる前からガックシだったのだ。

で、リベンジのため大好きなゴールデンブラウンに行ってきたよ。
ゴールデンブラウンのハンバーガーはやっぱり美味しい_d0339885_13492819.jpg

やっぱり美味しいわあ。
もう食べる前から見た目がツヤツヤとすてき。

バンズの香りとふんわり感と噛み応えって大事ー。
そして焼き加減。
野菜のしゃっきり度合いも。
お肉のジューシーさも。

ポテトも細切りのが好きなので全部食べた。

今回はエッグバーガーにしたけど、ゴールデンブラウンバーガーもオススメ。
マッシュルームとスモークゴーダーチーズ、オニオンなどが入ってて
絶対他では食べられない味。


★以前のブログはこちら

編集長水島ヒロ:グローバルワークで

のんびりした青ガニを描きました。
編集長水島ヒロ:グローバルワークで_d0339885_13492818.jpg

グローバルワークVOL.2秋冬

大宮エリーの絵本と物語のあいだ「青ガニのサワッチ」
の挿絵をいくつか(5点かな?)描きました。

気弱な青ガニのサワッチが手に入れたもののお話。
のんびりした雰囲気を出してみました。

この雑誌、サイズ感とさわり心地がとてもよくって
私の絵も映えます、嬉しい。

★以前のブログはこちら

必要なものだけを描くフィリップワイズベッカー

フィリップ・ワイズベッカー展がよすぎて今頭がくらくらしてます。

今日からクラスカ ギャラリー&ショップドー本店で開催されている
PHILIPPE WEISBECKER 「Line Work」
必要なものだけを描くフィリップワイズベッカー_d0339885_13492875.jpg

なんだろう。

あまり彼がどういう人なのかとか背景を知らないけれど
静かにまっすぐなラインを引き
ゆっくりとその中をぬりつぶしていく姿が目に浮かぶよう。

ラインってその人の性格や思いが自然と出るんだなあ。

どの絵もなんか少し不思議なズレ。
でも見えるままを描いた正しい形。
必要なものだけを描くフィリップワイズベッカー_d0339885_13492859.jpg

二カ所に分かれた展示。

一部屋目は、本当にラインだけのシンプルな作品たち。
シンとしててゆっくりと空間を漂ってるようなフォルム。
ブラシやタライや器・・・時には強く時には弱くシンプルなラインで描かれてる。

二部屋目は、車や建物がずらり。
一見無機質な空間をぐるりと囲む、色鉛筆でグリグリと色づけされた作品に
「守られてる」みたい。
天井からつり下げられたランプや机も含めて彼の作品のように見えてくる。

今日から始まった展示。
まだ誰もいない空間でかすかなピアノの音の中で思いっきり堪能。

ああ、なんて贅沢な時間。

こう描こう描きたいじゃなくて自然に描けちゃった彼だけの必要なライン。

私も自己模倣はしたくない。
毎日新しいことに出会っているのだから
今日描いたモノと同じモノはもう明日は描けないのだ。
そして世界をどう見てどう描こうと自由なのだ。


彼の作品に囲まれていると自然とそう思えて、涙が出てきた。

常に前を向いて描いていきたい。
そして私もいつかこんな空間で展覧会したいなあ。

展示は10/23(日)まで

アワビ,イクラがたっぷり三陸海宝漬

岩手県釜石市の中村家の人気商品。

三陸海宝漬(私が買ったのは食べきりサイズ
アワビ,イクラがたっぷり三陸海宝漬_d0339885_13492934.jpg

ふとTwitterで友達が「おいしかったのに食べられなくなったのかな」ってツイートしてて
気になって検索したら販売を再開してたのだ。

三陸の水産復興までは、一部の原材料は北海道産を用いるそう。
以前のものを食べてないので比べることはできないけれど
とっても美味しかったよ。

アワビ,イクラ,メカブ。
なんて贅沢なハーモニー。

銀座のいわて銀河プラザでも買えるよ。


★以前のブログはこちら

秋物ショッピングwith井上荒野さん

とっても楽しみにしてたの。

久しぶりの井上荒野さんとのお買い物。
半年ぶり?いやもっとだナー。
秋物ショッピングwith井上荒野さん_d0339885_13492915.jpg

荒野さんと私はファッションの好みが似てて
でもそれぞれ似合うモノは違っていたりするので
同じ洋服を取り合うことなく
お互いアドバイスしながら楽しくショッピングができるのだ。

しかし、問題点も。
試着して似合ってると、ぜひ着てほしい!と思って
「えーっ。せっかく似合ってるんだから買っちゃえば?」と
しばしば予算オーバー。

もちろんこの日も・・・。
秋物ショッピングwith井上荒野さん_d0339885_13492990.jpg
そして久々のショッピングで気づいたこと。

いつの間にか、似合わなくなってしまったブランドやシルエットがある。
素材や色も。
それを着ることで老けたり疲れて見えたり。
体全体がゆるんで見えたり。

やっぱりセルフチェックは厳しさ三割増しでだなあ。
ちゃんと今似合うモノを探すこと&試着は大切
あとは厳しい目で見てくれる友達もね。

二軒のショップをはしごして最後はお鮨ーで
大人のショッピングDayは終了。

・・・と猛烈暴風雨の中、お家にこもって昨日のお出かけについて書いたよ。
(現在16時過ぎ。みんな早めの帰宅ラッシュ中のようだ。)


★以前のブログはこちら

三陸から届いた「かもめふきん」:大槌復興刺し子プロジェクト

手触りのいいガーゼにやわらかい色と糸で綴られたかもめさん。

大槌復興かもめふきんを買いました。
三陸から届いた「かもめふきん」:大槌復興刺し子プロジェクト_d0339885_13492992.jpg

大槌復興刺し子プロジェクトは一歩を踏み出した女性たちによるプロジェクト。
被災した方々に「魚(物資)ではなく、釣り竿(お金を得る手段)を届けよう」というのが目標。
限られたスペースと道具を使って腕を生かせる「刺し子」でのスタートです。

大槌町は、岩手県の沿岸南部の小さな三陸の町。
ここでもたくさんの方の命が奪われ仕事も無くなってしまいました。

そこに住む方々の「今日を生きる」という強い気持ちと「何かしたい」思い。
それが形になったふきん。

送られてきたふきんに添えられていた手書きのカード。
不ぞろいの縫い目でごめんなさい。
一針一針に感謝の気持ちと生命あることへの喜びを込めました。
あなた様もお体大切になさって下さい。            大槌町 ○○

こちらこそ、すてきなふきんありがとうございます。
ボロボロになるまでたっぷり毎日使います。
三陸から届いた「かもめふきん」:大槌復興刺し子プロジェクト_d0339885_13492925.jpg

私はAmazonで購入。
コースターもあるんですね。

★以前のブログはこちら

復興支援のスチームクリームLOVE FOR JAPAN

東日本大震災復興支援のためのチャリティ缶LOVE FOR JAPAN
復興支援のスチームクリームLOVE FOR JAPAN_d0339885_13492979.jpg

SC.Cosmetics Co.,Ltd.が
震災に対する世間の関心が薄れないように継続的な支援活動を行いたいとの思いから
LOVE FOR JAPAN PROJECTを立ち上げたそうです。

その、はじめの一歩が彼らの作っている
「スチームクリーム」でチャリティを行うということ。

消費税をのぞく売上金額のすべてが、
被災者および復興支援活動に役立てられます

売上金額は、直接的な災害支援をしている団体に寄付し、
寄付先や支援内容はサイトでお知らせしていくとか。

スチームクリームは前から気になっていたけど
肌が弱いので新しいモノに手を出すのを躊躇してたんだけど。
実際届いたクリームは泡のようにふんわり軽くて気持ちいい。
今はマッサージクリームとして使っています。

自分が欲しいなと思っているものを買って、それで少し誰かの役に立つなんて
私にとっても嬉しいプロジェクトです。

2011年9月11日~発売中。

★以前のブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.