カテゴリ:思ったこと( 150 )

楽しくごはんを作る人

えええって思った記事。

【赤木智弘の眼光紙背】手料理って、楽しいもののはずだよね?

全国農業協同組合中央会(JA全中)の意識調査
(1年以内に結婚を予定している25~35歳の男女各300人を対象に
インターネットのアンケート方式)
の内容が、
料理を作るのが女性,食べるのが男性という前提での質問ばかりだったんだって。

それはびっくりだあ。

私は夫と、一緒に暮らそうという話になった時
「ごはん作るのキライ」っていったら
「えっ?僕が作るよ。」と当然のように言い
それからずっとそうです。
楽しくごはんを作る人_d0339885_13490218.jpg

彼にとっては、
あれこれなにを作ろうと考えるのと
美味しくするために工夫をするのが
頭の中から仕事を切り離し、気晴らしになる楽しい時間だとか。

彼は1人暮らしの時から、自炊して
野菜たっぷりスープなど作ってたみたい。

私は作るのはすごーく嫌いだけど
美味しいものを食べるのは大好き。
好き嫌いも一切ないし。

だからいいバランス。

もちろん買い物も夫が行く。
(私もついて行く事もあるけど)
買い物かごを持つ事やスーパーの袋を持つ事にも
なんの抵抗もないみたい。

っていうか、そもそもそんな事を考えた事もないようだ。

いつもこのでっかいエコバッグを持って行ってる。
楽しくごはんを作る人_d0339885_13490200.jpg

いろんな家庭があっていいよね。


★そしてそんな夫の作るごはんはfacebookで紹介中。

おしゃれを磨く必需品はこの3つ

先日、洋服を買いに行ったときに
年齢と共に似合うファッションも変わってくるなあとつくづく思ったのだけど。
おしゃれを磨く必需品はこの3つ_d0339885_13491002.jpg

私が一番大切にしてるのは、清潔感かな。
イヤなのは、若作りと不潔な印象。

チープな生地や肌の露出が多いモノはそうなる可能性が高いと思うので
気をつけているのだよ。
あと、古着も前は好きだったけど
今着ると「くたびれた服を着た疲れた人」になるから着ない。

そういうのは若さ溢れてないと、いくら頑張っても無理なのだー。
(着こなせる人もいると思うけど、現時点の私の持ってるノウハウでは無理だあ)

私のファッションのモットー

1)清潔感
2)若作りをしない

好きなファッションのテイスト

1)クール
2)シンプル

でもってオシャレを磨いたり常に自分を客観視するための必需品はこの3つ

1)全身が写る鏡
2)おしゃれでかっこいい友達
3)ファッション(流行)への好奇心

まあそれでもまだまだ失敗することも多いんですけどね。

アハハ。


★以前のブログはこちら

17歳の私へのメール

過去の自分に一通だけメールを送れるとしたらを読んだ。

なので、私も「17歳の私に」書いてみたよ。

--------------------------------------------------------

誰からも必要とされず理解されてないと思ってるみたいだけど
それは違うよ。

これから自分が大切にしたいと思える人や
自分の事をわかってくれる人にも出会えるし。

子供の頃からの夢だったイラストレーターにだってなれる。
嘘みたいだけど、ホント。

自分の絵が駅にポスターとして貼られたりCMで流れたりするの。
有名な作家さん達の本の表紙だって描いてるし。

そして、今よりずっといい笑顔ができてるはず。

知らない事をまだまだたくさん知ることが出来る。
自分が思ったときにいろんな場所にいけるし会いたい人に会える。
大好きなファッションだって雑誌で眺めてるだけじゃなくって
ちゃんと自分のお金で買うことが出来るよ。
責任も伴うけれど、考えることも行動することも自由なんだから。

今いる狭い世界が全てだと思わないで。

大人になるって楽しいよ。

--------------------------------------------------------
17歳の私へのメール_d0339885_13491989.jpg

★以前のブログはこちら

セルフメディアで気をつけている3つのこと

私がインターネットを使って発信している中で一番楽しいのは、ブログ。
セルフメディアで気をつけている3つのこと_d0339885_13492006.jpg

ある程度、文章を組み立てて自分の撮った写真や絵を配置して、
どうやったら興味を持ってもらえるのかなあとか考えながら書く。

ブログだと、数日経ってから新たに見に来てくれる人も結構多い。
流れていってしまうTwitterの140文字だけで全部を表現するのは無理。

ブログは、私のセルフブランディングの中心的な存在。

何が好きで
何に興味を持ち
何に感動して
何を考えているのか
そして現在何を行っているのか。

私は、インターネット上で一度もペンネームを使ったことがない。
アイコンも顔写真。

そこにメリットがとてもあると思ったから。

それはそれぞれの考え方だと思う。
仕事によっては顔を出せないっていう人もいるだろうし
ペンネームだからこそ自由だって思う人もいるんだろうと思う。

私の場合、根っこは「自分の絵をたくさんの人に知ってもらいたい」
そのためには名前も顔も出して、印象づけたほうが目的にかなっているからそうしただけ。

そして「絵を知ってもらうため」にブログをどうやって使えばいいのかなって考えた。

私が描く絵は、
観た映画や美味しい食べ物や感動した本や気持ちのいい場所や出会った人たち・・・
そういう日常の中から出来上がっている。
だから、なるべくそういうものを出したほうがいいと思った。

友達の梅津有希子さんが誰もが編集長になれる! ~セルフメディアの時代
に書いてるようにみんな自分のブログの責任者。

自分で決めていることは3つ。

1)他人に迷惑をかけない(ブログに書かれたくない友達やお店の事は書かないとか)
2)誹謗中傷や悪口になることは書かない
3)知らない分野に口出しをしない

たったこれだけ。
それ以外は、自由に書いてる。

以前は、自分の思いなどを全面に出した記事を書くのって反論が怖かったりしたけど
その気持ちもなくなってきたかな。

意見が違うのは仕方ないことだから。

100人いて100人に好かれようなんてとうてい無理。
それよりも同じ感覚を持ったり共感してくれる人とつながれるほうが楽しい。

私が興味を持ったことや思ったことを「おもしろい」と感じてくれて
そこから私の絵への入口になるならとても嬉しいことなのだ。

『個人のコンテンツ化』がすさまじい勢いで加速するにも超納得。

記事から抜粋。
しかしこうしたソーシャルメディアによって、
そのコンテンツを個人が広めることが出来るようになった。
さらに、そのコンテンツが広まってくれるおかげで、
今度はコンテンツを作った人はどんな人かなという興味に代わり、
ソーシャルメディアの自分のブランドが注目されるようになる。

まさに私は同じ気持ち。
常に、「自分の絵をみんなに知ってもらうための入口」を意識してるのだ。

以前の記事、フリーランスなのにアピールベタにはSNSだよね!
にもちょっとそのあたり書いてますよ。


写真は私のアトリエ。大半の作品はここで描いてます。

★以前のブログはこちら

セルフチェックは厳しさ3割増しで:クロワッサン内澤旬子さんのルポ

ちょっとやり過ぎ40代女子って・・・。
セルフチェックは厳しさ3割増しで:クロワッサン内澤旬子さんのルポ_d0339885_13493033.jpg

クロワッサン9/25号の内澤旬子さんのファッションルポ
年齢にとらわれなさ過ぎなひと。

小見出しだけでもすごいです。
顔と身体の手入れを怠らず、
年齢にとらわれないファッションを謳歌する「40代女子」たち。
とはいえ街を歩くと、「ちょっとやり過ぎ」と感じる例も・・・。

いやーこの記事も本当に耳が痛いっす。

実例は6つ。

1.若い子の流行を追いつづける
ギャル気分でいてもイケてると思ってるのは自分だけだそうです。
セルフチェックは厳しさ三割増しで。厳しー!

2.体型に自信がありすぎる
スタイルがいいからと露出の多い服を着てもふとした拍子に漂う加齢の気配
・・・厳しー!

3.信仰するブランドを着続ける
人生も立場も変わりゆくから、ちゃんと今似合うものを探す努力を怠るなって。はいっ!

4.娘と同じ服を着る
周囲は冷静に若作りの母を見てるそうです。

5.ガーリーにすがる
リボンやレース、花柄&色気と贅肉を隠蔽する服は着るなってことらしい。
スモック型のチュニックとか。
あれは楽なんだけどなー。厳しー!

6.一番イケてた時空を凍結保存
あの頃から何年経ってるかわかってますか?って書いてある。
・・・厳しー!

タイトル的には特に6がキツいなあ。
時空を凍結保存って!

なんか最近こういう記事をピンポイントで見つけちゃうなあ。
警告かしら・・・。


★以前のブログはこちら

仕事を続けるために決めてる4つのこと

私はこの仕事は自分の天職だと思っていて一生プロとして絵を描いていきたい。
仕事を続けるために決めてる4つのこと_d0339885_13493257.jpg
そのために決めていることは4つ

1)〆切を守る(これは鉄則でしょう)

体調悪化で伸ばしてもらった事は何度かあるけど、落とした事はないよ。
だいたい〆切の一日前を仮〆切として前倒しが基本。

2)心身の健康を保つ

<体調管理>
元々が虚弱体質ぎみなので、とにかく睡眠と食事はちゃんと取る。
睡眠8時間。
食事は一日二回で野菜中心の薄味を心がけてる。
年に二回は断食施設で、自然食&断酒。
体調の悪いときは仕事をしない。
(そのために常に少しだけ余裕があるようにスケジューリングしてある)

<スケジュール管理>
オーバーフローにならないようGoogleカレンダーにその日にやる事など全て記入。
(〆切・仕事内容・プライベートな予定など)
remenber the milkも備忘録として使ってる。
(今日やることや買うものなども細かく書いてチェック)

基本的に忘れっぽいので、几帳面に記入してるのだ。

といっても時々抜けもあって、先日もGoogleカレンダーに入れ忘れた
リンパマッサージの予約をすっかり忘れちゃってたんですけどねー。

<ストレスをためない>
マネージャーさんと税理士さんが強い味方。
苦手な交渉ごとや経理などは外部にお願いして、絵を描くことに専念。
いろいろ理不尽な目に合う事も多いけど、
マネージャーさんに相談して自分一人で抱え込まないようにしてる。

3)絵を描く事が嫌にならないようにする

<常にインプットする>
絵を描くことが作業にならないよう、アウトプットだけでなくインプットが大事。
旅や映画や本から受け取るものたちで自分の絵は出来ていると思っているので
旅行やイベントなどは積極的に早めに予定に入れてる。

<安請け合いしない>
その仕事をすることで自分が得るものがあるかどうか考える。
もちろん新人の頃は全て受けてたよ。
でも続けていくためにはクオリティの維持も大事。

4)常に新しい自分を見せる努力をする

視野が狭くならないようマネージャーさんと相談して展開を考えたり。
私ができる部分ではSNSを利用したり。
詳しくは前に書いたフリーランスなのにアピールベタにはSNSだよね!を読んでね。


★以前のブログはこちら

石井ゆかりさんの占い:タフでパワフルな女になれるらしい

石井ゆかりさんの12星座占いはやさしくて温かくて好き。

で、石井ゆかりさんの占いによるとですね
今年後半~来年初夏までの乙女座のタフさ&パワー感はかなりなものらしいですよ!

石井ゆかりさんの年間占い(乙女座)
←詳しくはこちらで
石井ゆかりさんの占い:タフでパワフルな女になれるらしい_d0339885_13493330.jpg
figaro japon(7月号だったかな?)に載ってたものもちょっとだけ抜粋。
11月11日から2012年7月3日という期間は、乙女座にとって際立って「重要な期間」となるでしょう。(略)
様子を見ながら状況に合わせるのではなく、自分の手で状況を作り、そこに人々を引き込んで行くような、とてもパワフルな「冒険期」にあたっているのです。

あとね9月下旬から静かな「戦い」も始まるのだとか。

以下、石井ゆかり占い(月間占い・乙女座)から抜粋。
9月下旬から11月上旬くらいまでのあいだに、そうした目に見えない壁を打ち壊すチャンスが巡ってきます。
(略)この壁に挑み、おそらく思ったよりもずっと簡単に、壁を壊すことができるのだろうと思います。
壁が壊れると、周囲の状況が驚くほど変わります。

今日からの乙女座もいい感じ!
あっ、私も今日が誕生日の乙女座です。アハハ。
挑戦は無謀ではなくって、守りに入る方が危ういらしいんで、思いっきりチャレンジしよう!
乙女座友達ものすごく多いので、みんなも!

石井ゆかりさんの占い読むと
励まされてる感じがして元気が出てくるので乙女座以外のみなさんにもオススメ。

筋トレ週報

もちろん占い関係なく、パワフルな一年にしたい!
石井ゆかりさんの占い:タフでパワフルな女になれるらしい_d0339885_13493356.jpg

追記:村上さなえさんより→今年の乙女座のキーワードは「飛翔」!

★以前のブログはこちら

捨てられなかった服が捨てられる10ヶ条

私は基本的には、モノを捨てるほうだし整理整頓もする。

だけど、洋服と本は大好き~なので、あんまり思い切れない。
そんなときに見つけたのが、捨てられない服を捨てる方法

自分への戒めのためにも転載させていただきます。

これ高かったんだ→次はもっとしっかり考えて買おうと反省して捨てる

・○○に貰った→○○に感謝して捨てる

まだ綺麗だから→綺麗なのは着ていないからと悟って捨てる

・痩せたらまた着られる→痩せたらご褒美に新しい服を買おうと思って捨てる

・太った時に着る服に困る→太らない戒めに捨てる

・ボロくなって来たけれどお気に入り→次のお気に入りに出会う為に捨てる

・デザインが好きで買ったけれど着心地が悪い→試着の大切さを学び捨てる

・買ってからかなり経つけれどまだ一度も着ていないし→今後も着ないから捨てる

・これは好きなのだけれど合う服が無くて着ていない→買う時に何とどう合わせるかまで考えるようにして捨てる

好きな服だけれど似合わない→好きな服と似合う服の違いに気付けて良かったので捨てる

・明日はこれを着て行こうと思った服→取っておく

最後の「取っておく」もいいねえ。
個人的にツボだったところに、マーカー引きました。

そのほかに私が実践してることはこの二つ。
捨てられなかった服が捨てられる10ヶ条_d0339885_13493473.jpg

1)持っている洋服を全て見える形で収納
(箱などに入れてしまうと、すっかり忘れてしまってたりするから)
2)収納スペースを決めておき、そこに入らなくなったら処分する
(収納スペースを無限に増やすと、とりあえず取っておいてしまうから)

身体はひとつしかないんだよーというのも、時々自分に言い聞かせてます。

★★以前のブログはこちら

フリーランスなのにアピールベタにはSNSだよね!

だって、無料だし好きな時間に好きな場所から発信出来るんだよ。

今すぐできる「SNSを使ったセルフブランディング講座」に出演してきました
を読んで超納得。

ちょっと私の活用法も書いちゃおっと。

イラストレーターになるのは私の子供の頃からの夢。
まさか叶うなんてー!幸せーと思ってます。
だからたくさんの人に私の絵を知ってもらいたい&見てもらいたい!のです。

しかし、私は基本的に人前で自分をアピールするのはキンチョーするし苦手。

そこで活用しているのがインターネット。

誰にも会わず、無料で好きな時間に好きな場所で
自分の絵を宣伝出来るなんてすごいではないですか。

公式サイト・・・私の仕事ファイル的な役割

ブログ・・・自分の考えた事や興味のあるものを紹介

そして以下の3つのSNS。

Twitter・・・ブログよりゆるく、おもしろいものを紹介したり日常をツイート

facebook・・・夫の料理が好評なので、毎日の夫が作っているごはんを紹介

Google+・・・いままで描いた絵を解説入りで紹介
フリーランスなのにアピールベタにはSNSだよね!_d0339885_13493681.jpg

絵がうまい人なんてどんどん出てくるから、あっという間に忘れ去られてしまう。
だから私はSNSを使って、いろんな入口から私に興味を持ってもらい
描いてる絵を知ってもらえたらいいな
と思っているのです。

これが私の根っこ。
誰でも根っこがあれば、おのずと方向性も見えてくると思うのです。

もちろん継続する事も大事。
公式サイト以外は、ほぼ毎日更新。
(でも旅に出たり病気の時はお休み。無理はしないというのも継続の秘訣かなー。)

発信し続けるためには、やはり常に世の中の動きやトレンドに興味を持つことが必要。
それがまた、新たな絵を描く原動力になるしね。
書いた事に反応もらうと嬉しいし、そこからまた新しい事を教えてもらえたりもするし。
そうやってモチベーションもあがり、よいループが生まれる気がしてるのだけど。

実はfacebookやGoogle+の使い方としてはまだまだ試行錯誤中ではあるのだけれど
悩むよりは始めちゃえ!早めに始めたほうが目立つし!ってことです。

結構これでもいろいろ考えてるのですよっ。

★以前のブログはこちら

私の防災グッズはこんな感じ

私の防災グッズはこんな感じ_d0339885_13493962.jpg
お家用(リュック)と外出用(ポーチ)、ふたつ揃えてますよ。
私は本当に心配性でビビリですぐに動揺しちゃうので。

“地震多発時代”はまだ始まったばかり! 首都圏が最も警戒すべき「巨大地震」発生の可能性
はとても興味深い記事だった。

でもそれよりも驚いたのが、最後のアンケートの「防災非常袋をまだ用意してない」人が
45.8%もいること。(2011.8.14朝の時点で)

自分の住んでる地域に大地震が来たり避難が必要になるとは限らない。
一生使わない確率のほうが高い。

「めんどくさいな」とか「もったいないな」という気持ちも正直ちょっぴりあるけれど、
これで安心して暮らせればいいのだ。

私の非常用持ち出し袋の中身は以下のとおり。
私の防災グッズはこんな感じ_d0339885_13493982.jpg
1)ヘルメット
2)防災ブーツ(安いけど鋼鉄製先芯で靴底には踏み抜き防止鋼板入り。)
3)寝袋
4)雨具
5)食べ物類(水,カロリーメイト,紙皿,紙コップ,割り箸)
6)レジャーシート(毛布代わりにもなるかなと)
7)タオル
8)靴下
9)ホッカイロ
10)衛生用品(歯ブラシ,防塵マスク,ビニール袋,ティッシュなど)
11)犬のエサとリード(2匹の犬がいるので)

じつは3.11以降、災害のための備えを読んで、見直し&充実させたのだ。

普段の外出時には必ずミニ防災セットを持ってお出かけ。
重いと絶対持ち歩かなくなるので、ミニサイズでなるべくかわいいデザインというセレクト。

くらしの備え。いつものもしも。参考になるなあ。

実際に災害に遭わないと、使いやすさや必要なものってわからないし各々でも違うと思う。
だから私もパーフェクトとは言えないけれど、
悩むよりもまずは値段の安いものなどを寄せ集めてでもセットしておくと安心。

使わなかったらラッキーなのだ。

★以前のブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.