カテゴリ:千年陶画プロジェクト( 77 )

作品紹介2(テラコッタ陶画スクエア):12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」

d0339885_16231824.jpg
個展の詳細
12/11(金)〜13(日)「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」
(東京 谷中の韋駄天にて)


トークイベントの詳細(予約が必要です)
12/12(土)17:30〜松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント
「千年陶画ってどういうもの?」


こちらも新作です。
d0339885_16263314.jpg
越前焼の土をたたら台で平らにして、四角にカット。
それを乾かしたのち、素焼きします。
素焼きした上に、盛り絵の具という釉薬で絵を描き焼上げたものです。

これも軽くて後ろにフックを付けたので壁にかけられます。
d0339885_16264411.jpg
タータンチェックやアーガイル模様といった大好きなポップな柄
と動物を組み合わせています。

ぜひ実物を見に来てくださいね。



作品紹介1(壁にかけられる羽ばたく鳥):12/11(金)〜13(日)個展「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」

d0339885_18520582.jpg
個展の詳細

12/11(金)〜13(日)「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」

(東京 谷中の韋駄天にて)


トークイベントの詳細(予約が必要です)

12/12(土)17:30〜松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント

「千年陶画ってどういうもの?」


12/11〜の個展では、新作をたっぷりみていただく予定。


この「越前焼オーナメントシリーズ」は、現在3種類。

「鹿」と「鳥」と「馬」。


壁にかけると、さりげなくてかわいいです。


すでにWEBサイトで販売中ですが

「鳥」(みはてぬ夢が空へ)を買ってくださった方は、詩人の茨木のり子のファン。


彼女の住んでいた家が紹介されている「茨木のり子の家」で

家の壁に鳥の陶器が飾ってあったのを見て

イメージにぴったりだと購入してくださいました。

千年陶画販売サイト

d0339885_19024590.jpg

この本、私も大好きで持っているのですが、今まで気がつきませんでした。

よーく見ると、リビングの壁の上のほうに鳥がいます。

d0339885_19052625.jpg
d0339885_19054796.jpg

この越前焼オーナメント、フックが付いてて軽いので扱いやすいです。

個展会場では、リースと一緒に飾ったりと

飾り方の提案もしたいなと思っています。


ぜひお越しくださいませ。


12/12(土)17:30〜松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント「千年陶画ってどういうもの?」

d0339885_07220272.png
個展会期中に会場でトークイベントを開催します。

松尾たいこ×佐々木俊尚トークイベント
「千年陶画ってどういうもの?」


日時:12/12(土)17:30〜19:00
場所:韋駄天
〒110-0001 東京都台東区谷中5-2-24
TEL:03-3828-1939
JR日暮里駅より5分 東京メトロ千代田線千駄木駅より9分→地図

こちらは予約が必要です。
会場が小さいので定員30名。

予約はこちら(Peatix)から。
d0339885_07343134.jpg
●千年陶画ってどういうものなのか
●なぜ2人でやっているのか
●これからなにを目指しているのか

総合プロデューサーでもある夫、佐々木俊尚と共に
会場に展示された作品の解説を交えながらお話ししたいと思います。

当日は、1ドリンク付き。
お酒を飲みながら、リラックスした雰囲気で参加してください。
トークは30〜45分間を予定。
その後は、自由に作品を見てもらいながら質問などにもお答えします。
d0339885_07351084.jpg
私は会期中の三日間、ずっと会場にいますが、夫はこの時にしかいません。

他拠点生活についてや福井のことなどについてもご興味があれば
どんどん質問してくださいね。
夫が毎日作ってくれるお料理についてでもいいですよ。

12/11(金)〜13(日)の個展の詳細はこちら

個展の詳細です→12/11(金)〜13(日)「松尾たいこ×千年陶画 ふたつの出会い」(東京 谷中の韋駄天にて)


d0339885_12425507.png
d0339885_13062092.png
個展のDM、ただいま印刷中で、数日内に発送予定。

日時:12/11(金)〜13(日) 11:00〜18:00
場所:韋駄天
〒110-0001 東京都台東区谷中5-2-24
TEL:03-3828-1939
JR日暮里駅より5分 東京メトロ千代田線千駄木駅より9分
地図はこちら

谷中霊園の近くです。
周りには朝倉彫塑館もあって散策に楽しい場所。
韋駄天は、和の器のセレクトショップで、我が家の食器の1/3はこちらのものです。

期間中は、ずっと会場に入る予定です。
ぜひ遊びに来てくださいね。

また、期間中にトークイベントも予定。
12/12(土)17:30〜19:00
「松尾たいこ×佐々木俊尚 千年陶画ってどんなもの?」

こちらは予約が必要です。
会場が小さいので定員30名。

1ドリンク付き、まったり楽しくお話しをしたいと思っています。

お申し込みはこちらからお願いします。

千年陶画WEB販売サイトオープンしました♪

d0339885_10372173.png
今日、11/11〜
千年陶画販売サイトがオープンしました。

松尾たいこ×千年陶画


今年になってずっと新しい作品を制作してきましたが
ようやく完成し、いくつか販売できることになりました。

越前焼のオーナメントが新作です。
招き猫、狛犬、
そして、馬・鳥・鹿の5種類あります。
d0339885_10380402.png
すべて裏にフックをつけたので
壁に掛けられます。

まだ、たくさん作れなくてモノによっては2個とかしかないモノもあります・・・。

ぜひサイトでチェックしてくださいませ。

また、12/11〜は
実際にこれらの実物が見られる個展も予定しています。

今年作った一点モノについてもその時に展示します。

2014年にスタートした千年陶画プロジェクト、
ようやく念願だったWEB販売サイトがオープンできてとっても嬉しいです。
d0339885_10373168.png
これからも少しづつ作品を増やしていきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。


12/11(金)〜13(日)千年陶画の個展やります♪(東京 谷中の韋駄天にて)

d0339885_18154485.jpg
(新作の馬。後ろにフックが付いているので、壁に掛けられます♪)

12/11(金)〜13(日)の三日間、千年陶画の個展を開催します。

場所は、谷中にある韋駄天
夫婦共々、大好きな和食器屋さんで、そこにある地下ギャラリーをお借りします。

新作も十数点展示予定。

この三日間は、ずっと会場にいる予定です。

陶画ってなんだろう?見たことないっていう方、多いと思います。
この機会にぜひ実物を見てほしいです。

陶器は、触れるのと質感があるのが魅力。
また、立体などは見る角度によって雰囲気が変わったりもします。

ぜひ作品についても、いろいろ質問してほしいです。
作り方とか、アイデアの出し方とかなんでもお答えします。

そして、お越しいただいた方にはなにか特典も検討中。
夫(佐々木俊尚)との、トークイベントもやりたいなあとも思ったり。

また詳細は後日お知らせしますね!

千年陶画facebookページ
もぜひ応援してください♪

クレアWEBで連載スタート:「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」マルチハビテーションの楽しみ方

d0339885_18484582.jpg
10月〜クレアWEB(文藝春秋クレア局が運営する女性ポータルサイト)にて
新連載がスタートしました。

タイトルは
「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」


私は現在、東京・福井・軽井沢の三ヶ所に拠点を持ち
一ヶ月に三ヶ所を移動、旅するように暮らしています。
そんなマルチハビテーション(多拠点生活)の様子と楽しみ、
そしてどんどんとミニマル化していく暮らしについてつづっていきます。

たくさんの写真と、今までに描いたイラスト作品も掲載。

第一回目:
フリーランス夫婦の多拠点生活 決断したきっかけは東日本大震災でした


最初のきっかけは、東日本大震災。
夫婦共々、近くに身内がいない中、
東京の自宅兼仕事場を失った場合のリスクヘッジのために
セカンドオフィスとして選んだのは軽井沢でした。

第二回目:
三拠点目となった福井は新たな作品への挑戦の場所にしました


福井にアトリエを構えたのは、偶然からのスタートでした。
新しい表現方法を模索している中、出会った陶芸。
もっとやってみたい!と思っている時に、
福井の友人が工房を開き窯を作ったばかりだったのです。

隔週の土曜日に連載アップ予定

ぜひ、読んでくださいね!

かわいくてずっと眺めていたくなるモノを作りたい

d0339885_12550251.jpg

前々回、制作→素焼き
前回、色付け→本焼き
そうして3度目の滞在でようやく完成品を見ることができました。
私にとっては、「かわいくてずっと眺めていたい」が
成功の基準なので、これは成功です♪

そう、何度か工房に通って
たくさんの作品、あるいは試作品、その陰で膨大な失敗作を作りながら
私は何が作りたいのかな~って
わからなくなっていた時期がありました。

わからないことや試行錯誤が多すぎて。
私のやってることって、
陶芸家たちから見たら、邪道なのかしら?と不安になったり・・・。
技術不足にも悩んでて。

でも、私は陶芸家になりたいわけではなくて
自分が満足できる作品を作りたいんだ!って思ったら
なんかスッキリしました。

目指すべき道(作品)は、
●かわいくてずっと眺めていたいモノ
●自分が欲しいと思うモノ

自分が「好き」「欲しい」って思わないモノなんて、
人にも勧められないですよね。

そのためにはもちろん陶芸のこともまだまだ学びつつ
自分の感性を磨き、そして自信を持って作品を作り出すことが必要。

ちょっと悩んでた私の背中を押してくれたのが
千年陶画「いつかきっと空を飛んで、水平線の向こうへ」を買ってくださった
Felix清香さんのブログ 千年陶画「大きな波と白い馬」

少し前に、メッセージもいただきました。

毎朝、毎日眺めて、 大きなパワーをもらっています。
陶画を受け取ったときにあまりにうれしくて、 SNSにもつぶやけなかったほどです。
とてもうれしいこと、すてきなことが起こると、 体にその喜びが満たされて、
完全すぎてリアクションがとれなくなるな、と 最近思うんです。
本当は、すぐにリアクションができたほうが いいとはわかっているのですが、
すばらしい本を読んだ時に何も言えなくなるのに似て、
おいしい食べ物をもらったときにも似て、
掌の上で転がして心ゆくまで眺め、匂いを嗅ぎ、 甘噛みし、
最後にゆっくり咀嚼して飲み込み、 余韻を楽しみたいと 思ってしまいます。
たいこさんの陶画もそんな喜びでした。 本当に宝物です!


毎日眺めてくださっているなんて本当に感激。

さてこれからまた1日、アトリエで制作します。

もっともっとたくさんの人に私の作品を見てもらいたい!
そして届けたいです。



千年陶画ページ福井のアトリエでの作品作りや暮らしなど紹介

松尾たいこファンページ毎日、夫が作ってくれるごはんの紹介

Pinterest Instagram Twitter 公式サイト

福井のアトリエ2日目~フル稼働

d0339885_12550343.jpg

8日の夕方、福井のアトリエに到着。
さっそく次の日からフル稼働です。

到着してみたら前回作った作品、ほぼ全滅・・・。
ガックシ。

9:00
気を取り直して、
前日アポを入れていた、陶業指導センターの日向先生のところへ。
失敗作を見てもらって
何がいけなかったのかとか
他にどういう方法があるのかなどアドバイスをたっぷりいただきました。

9:30
工房の蛍光灯が新しくしてもつかなかったので
電気屋さんに来てもらってチェック!

10:00
工房スタッフが助っ人で来てくれました。
私が苦手なタタラ台を使った作業を一手に引き受けてくれ
二人三脚でひたすら作り続けます。

11:30
疲れ切った私と工房スタッフは、だいこん舎さんでランチ。
(私はブランチ)
いつものように定食。
お蕎麦は、ちょっと寒かったので初めての温かいおろし蕎麦。
ぬくおろしだったかな?
工房スタッフ、鯖江に住んでいるのにここ来たの二度目だって。
おいしさに感動。
もっと来なくちゃだめですよ。

13:30
電気屋さん再訪。
工房の蛍光灯直りました。

14:30
越前町役場の中村さん、アトリエに。
来月、東京での越前町のイベントでトークすることになり
その打ち合わせなど。

17:30
予想以上の作業量。
さすがにヘトヘトで終了。

18:30
福井でモノ作りをしている人たちを応援している方と会食。
福井県内の人脈を広げること&コラボレーションの可能性など探ってます。

20:00
工房スタッフと打ち合わせ。

福井に来るのは一ヶ月に一度。
なので滞在の前半は、ギュギュっといろいろつまってしまいます。

次の日の朝8時に、昨日製作したものを工房スタッフが取りに来てくれて
その後、窯入れ。

滞在中に焼き上がりが見られる予定です。

そんなリアル福井制作の様子は
千年陶画ページで。

お誕生日なんでお願いがあります♪「千年陶画」応援してくださいね

d0339885_12550969.jpg

今日、お誕生日を迎えました。
もうすぐ13歳になる愛犬共々、また一年元気に楽しく過ごしたいと思っています。

それで、みなさまにお願いがあります。

去年からスタートした「千年陶画プロジェクト」
さわって楽しめるアート作品を作りたい!と、
この春からは福井にアトリエもお借りして制作に励んでいます。

その千年陶画facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

それぞれの記事にもたくさん「いいね!」いただいていますが
ページに「いいね!」をいただけると
記事を更新したら、すぐにリアルタイムでみなさまにお知らせがいきます。

こちらでは
福井での制作の日々のことや
新作などもいち早くお知らせしていますし
福井のすてきな場所やおいしいものもご紹介しています。

今年中にまた実際の作品を見ていただける機会も作ろうと思っています。

お誕生日を迎え、さらに意欲満々になっていますので
ぜひ暖かく見守っていただけるとうれしいです。

今日は8月にアトリエで焼き上げたテラコッタ陶画の最新作を紹介。

リスとうさぎ、そして木の実などをあしらったとても秋らしいお気に入り作品です。
(facebookページでは全体が見られます)
d0339885_12550901.jpg

まだまだ成功よりも失敗のほうが多いけれど
みなさまの応援がとても励みになりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.