2015年 09月 15日 ( 1 )

とても重いけどすばらしい:ベトナム人アーティスト、ディン・Q・レ展 明日への記憶@森美術館

とても重いけどすばらしい:ベトナム人アーティスト、ディン・Q・レ展 明日への記憶@森美術館_d0339885_12550813.jpg

10歳のときに、ポルポト派から逃れるために、家族とともに渡米したディン・Q・レ。

ベトナム人である彼自身や周りの人々の実体験&記憶を作品にしています。

ディン・Q・レ展 明日への記憶

会場は撮影OK。

でもあまりに重いテーマなので
写真を撮る気持ちにならないコーナーも。
(あっ、残虐とかではなくて気持ち的にです)

とても重いけどすばらしい:ベトナム人アーティスト、ディン・Q・レ展 明日への記憶@森美術館_d0339885_12550882.jpg

これは従軍画家が描いた作品たち。

映像作品では、
ベトナム戦争をテーマにした「地獄の黙示録」と「プラトーン」の中の
出演者、マーティン・シーンとチャーリー・シーン。
とても重いけどすばらしい:ベトナム人アーティスト、ディン・Q・レ展 明日への記憶@森美術館_d0339885_12550874.jpg

彼らの出ている同じようなシーンを並べた作品が印象的でした。

彼らは、実の親子。
それが映画の中ではあるけれど
父親が体験したベトナム戦争を息子が追体験することが
すごくリアリティを感じて、こんなことで父親の気持ちや記憶を理解することが
もし本当にあったらとても嫌なことだ・・・と感じました。

それからたくさんの写真が裏返されて並べてある会場。
とても重いけどすばらしい:ベトナム人アーティスト、ディン・Q・レ展 明日への記憶@森美術館_d0339885_12550892.jpg

そこから一枚選んで、テーブルの上の箱に入れます。

私が手に取った写真、ドキドキしながらめくってみると
若いカップルが海辺で寄り添う写真。

この人たち、どうなったのかな・・・。

私がこの写真を選んだのは偶然で無作為だったけれど
こんな風に、無作為に命を奪われた人たちがいることを考えさせられました。

この日は、約束の時間までに一時間ほどあったので
展示会に行ったのですが、
どの作品も見応えがありすぎて後半の半分ぐらいは
あまり観れませんでした。

なのでまたゆっくり訪れたいと思います。

とても重いテーマだけれど
本当に行ってよかったです。

ひとりで行くのもいいし
大切な人と一緒に行くのもいいなあと思います。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.