2015年 09月 14日 ( 2 )

入りにくいのは「入る前からお店の人と目が合うお店」

入りにくいのは「入る前からお店の人と目が合うお店」_d0339885_12550845.jpg
(内容と全く関係ありません♪)

すごく気になって何度もそのお店の前を通っているのに
入れないお店がいくつかある。

レストランだったり
バーだったり
セレクトショップだったり
雑貨屋さんだったりするんだけれど。

そういうお店の共通点は「お店の人と目が合うことが多い」。

ガラス貼りのバーのカウンターの中のマスターや
ディスプレイがすてきなセレクトショップのスタッフが
手持ち無沙汰な感じでお客さんがいない時にずっと外を見ていると
とっても入りにくい・・・。

なんか空気が止まってるようで。

前に洋服屋さんで働いてた知人が
「お客さまが入りやすいように、
常にちょっと洋服の位置をずらしたり商品を整えたり、動くようにしてるの」
って言ってたけれど、
考えてみたら私が何度も行きたくなるお店って
常に中の人が動いていて
その場の空気をやわらかくして受け入れてくれてる気がするなあ。

たまにお店の前で仁王立ちして通りを眺めてる人とかいるけど
それじゃあ誰も入れない、怖いよーって思う。

そんなつもりないのかもしれないけれど、なんかもったいない・・・。

そういうこと気にしないで入れる人も多いだろうけれど
私は気が小さいのでーす。

すてきな時間を提供します♪というプロの接客と自信:コートドールはやはり一流すぎる

すてきな時間を提供します♪というプロの接客と自信:コートドールはやはり一流すぎる_d0339885_12550804.jpg

お祝い事の日には、
初めてのお店にはなるべく行かないようにしています。

以前、結婚記念日に
前からすごく行きたかったミシュラン二つだか三ツ星のお店に行ったのですが、
失礼ではないけれど、とっても慇懃無礼な態度をされたことがあって。

で、今回の私のお誕生日も前から気になってたお店があって
夫にリクエストしていたのですが、
夫がネットや知人からの口コミなどいろいろ調べた結果、
「そこはあんまり評判が良くないから、コートドールを予約したよ」って言われたのです。

コートドールは、二人とも大好きなお店。

やはり大正解でした。

一年に一度ぐらいしか行かないし、
たぶん私たちのこと覚えてくださっていないだろうけれど
ドアに近づいただけで
ようこそいらっしゃいました!っていうような温かい笑顔とともにドアが開き、
テーブルへ案内されました。

待っていましたよ、お二人のためにこれからすてきな時間を提供させていただきますね♪
そんな空気感が漂っているんですよね。
なにも言わなくても。

いつもは、前菜を二つぐらい。
そしてサラダをシェア。
メインもシェアぐらいで分量的にちょうどいいなって感じだったけど
おまかせコースがあると知ってそれをお願いしました。

最初のパプリカのムースがもう絶品。
写真だと地味ですが、80年代にこれを考えられたシェフ、すごいです。
まるでデザートのようだけれど、口に入れるとふんわりとやわらかくおいしくて。

そのあとも、とにかく全部おいしすぎる。

見た目で驚くのももちろん好きだけれど
「あれ?地味でシンプルだなー」ぐらいなのに
一口食べると
「ああ、ちゃんと美味しいものを食べているんだなあ、幸せ」って思えるお料理の数々。

ソムリエの方のワインの知識そして説明を聞いてると
それだけで口の中に唾がたんまりたまってきちゃって
お願いしたワインももちろん大正解で堪能しちゃった。

いいお誕生日でした。

コートドールのスタッフの方々、本当にありがとうございました。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.