2015年 01月 04日 ( 4 )

夫が作った晩御飯:明太子餅

夫が作った晩御飯:明太子餅_d0339885_12574020.jpg

明太子、バター、醤油。

海苔で巻いていただきまーす。

iPhoneから送信

一日だけママやります♪夫が作るお通しや手作りおみくじも:1/10(土)ゆる神社バー@湯島

一日だけママやります♪夫が作るお通しや手作りおみくじも:1/10(土)ゆる神社バー@湯島_d0339885_12574161.jpg
(当日、インテリアとして天井から吊るす神様イラスト。
サイン入りで、くじ引き先着順で差し上げます♪)

次の土曜日、湯島のミュージックバー「道」にて
一日限りの「ゆる神社バー」開催します。

詳細は私のブログ記事道のイベント情報で。


日時:1/10(土)18:00~21:30(普段は19時~のようですがこの日は早めに)

場所:MUSIC BAR 道
東京都文京区湯島3−35−6 3F
(地下鉄千代田線湯島駅4番出口隣接ビル、徒歩0分)

チャージ:1,000円(お通し三品+特製おみくじ付き)


たいこママのお仕事は、お客様とのおしゃべり。

で、お通しですが
担当編集、かざひの文庫のロックさん(当日のマスター)が
伊勢や出雲の名物などから考え中。

伊勢たくあんは、決定してます。
こちらは、おかげ横丁で手に入るものでお酒がグングンすすんじゃいます♪
一日だけママやります♪夫が作るお通しや手作りおみくじも:1/10(土)ゆる神社バー@湯島_d0339885_12574160.jpg

そして、夫(佐々木俊尚)がお通し(のおまけ)を作ってくれる事になりました。

といっても、何十人分もの凝ったお料理は無理(その前々日に引っ越し予定だし)なので
黒豆と紅白なますなら作ってもいいよという話に。
(夫が作ったものを私が持参しますので、夫は来ません)

お節で食べちゃってるかもですが、
せっかくの正月イベントなのでめでたい雰囲気にぴったり。

夫はジャーナリストですが、お料理本もすでに二冊出しています。
黒豆も紅白なますも素材の味を生かした薄味。

ちょっぴりづつ、お楽しみいただけると嬉しいです。
一日だけママやります♪夫が作るお通しや手作りおみくじも:1/10(土)ゆる神社バー@湯島_d0339885_12574152.jpg

おみくじも制作中。
こんな感じ↓
一日だけママやります♪夫が作るお通しや手作りおみくじも:1/10(土)ゆる神社バー@湯島_d0339885_12574126.jpg
(まだ文字のところは考え中)

当日は特に予約はいりません。
ぜひふらりと遊びにきて下さいませ。

夫が作ったブランチ:七草粥

夫が作ったブランチ:七草粥_d0339885_12574188.jpg

早めだけどー。

土鍋で炊いて
味付けは、ほんのり塩だけ。

iPhoneから送信

取材記事: 今、「田舎暮らし」がホットでクール//福井でのプロジェクトがスタイリッシュ

取材記事: 今、「田舎暮らし」がホットでクール//福井でのプロジェクトがスタイリッシュ_d0339885_12574145.jpg

新年早々、またこのプロジェクトが紹介されました。
 
Pouch
今、「田舎暮らし」がホットでクール。
第一線で活躍するイラストレーターの福井でのプロジェクトがスタイリッシュ!

 
「陶板に絵を描くつどい」はもちろん、
福井の工房&アトリエにも取材に来て下さったFelix清香さんの記事。
 

今、アメリカの人たちが憧れの眼差しを送るのはオレゴン州のポートランドという場所。

・ 無理がなく自然体であること
・ 自分やその土地の良さ、持ちものを生かすこと
・ ずっと続く確かなこと、品質の良いものを尊重すること
・ 人とのつながりを大切にすること
・ 自然環境を守り、楽しむこと
・ 個人で、でも世界に向けた発信をしていること
・ 都会的な洗練さやアーティスティックなものとローカルの融合

自然を身近に感じる「田舎」で、きれいな水や伝統、おいしい野菜など、
その地域にあるものを使って、スタイリッシュに丁寧に暮らす人が増えているのです。

人の縁を大切にし、「田舎暮らし」を楽しみつつ作られていくアート作品は、
もともとの松尾さんのポップでクールな作風に加え、
福井ののびやかな自然の風を感じてとっても気持ちがいいのです。


ありがとうございます♪
はい、今年ものびのびと楽しい作品を作っていきたいです。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.