2014年 03月 28日 ( 6 )

私、料理してますよー

私、料理してますよー_d0339885_13014439.jpg

ちょっと今日は頑張ってますよ。

ふふふ、何が出来るかな(^-^)/

iPhoneから送信

集英社文庫「なくしたものたちの国」(文:角田光代 絵:松尾たいこ)40%OFFでKindle化

集英社文庫「なくしたものたちの国」(文:角田光代 絵:松尾たいこ)40%OFFでKindle化_d0339885_13014482.jpg

角田光代さんとのコラボ第二弾「なくしたものたちの国」
文庫化に続いて
このたびKindle版もできました。

文庫よりも40%安い。

さっそくどんな感じに見えるのかなーと
私も買ってみました。

iPad miniとKindle。
どちらも色合いが結構再現出来てます♪

この本は、私も大好きで
1月の「原宿ブックカフェ」ビブリオバトルでも
紹介させていただきました。

まだ読んでいらっしゃらない方ぜひ。

もちろん書籍を持っていてもいつも持ち歩きたいなって
思って下さる方もぜひ。

今日のファッション:マウリツィオペコラーロのストール

今日のファッション:マウリツィオペコラーロのストール_d0339885_13014491.jpg

もうずいぶん前のだけど。

これ巻くと
春が来たーって気分になる(^-^)/

iPhoneから送信

夫が作ったブランチ:パラパラチャーハン

夫が作ったブランチ:パラパラチャーハン_d0339885_13014402.jpg

いつも通りパラパラの仕上がり。

具は、青梗菜と鳥肉とたくあん。

たくあんがいいアクセントに
なってます。
鳥肉が入ると少しコクが出るかんじ。

iPhoneから送信

くつろぎのポーズ

くつろぎのポーズ_d0339885_13014576.jpg

いくらちゃんは、
角が好き。

iPhoneから送信

ストレスのない牛さんのお肉!うまいっ!駒谷牧場×IL GiOTTO 完全放牧野生アンガス牛の会

ストレスのない牛さんのお肉!うまいっ!駒谷牧場×IL GiOTTO 完全放牧野生アンガス牛の会_d0339885_13014529.jpg

(右側はヒレの炭火焼き&左側は野生の蝦夷鹿をドライエージングしたもの。
添えられたプルーンジャムがまたお肉に合うの♪)


去年、友達からすごくおいしいお肉が届いた。
血統証まで付いた「蘭丸」くん。

それは、流通経路がはっきりしてて安全&安心で
もちろんしっかり美味しいお肉を販売している
和牛・牛肉通販 近江牛.comのもの。

普段、あまり肉を食べないのだけれど
おいしいお肉ってもたれないのね~と肉に開眼した夜。

そして縁あって
そこの社長さんである新保 吉伸さんからお誘いいただいて
「肉 MEETS 駒谷牧場×IL GiOTTO 完全放牧野生アンガス牛の会」
に参加して来た。

いただくのは、
北海道の駒谷農場(様似牧場)で育った牛たち。

その牧場をご夫婦で経営されている西川奈緒子さんもいらっしゃっていて
乾杯の時の、お話にすっかりひきこまれてしまった。

純粋アンガス牛たちを自由に放牧し
子牛たちは好きな時にお乳を飲み
草だけを食べさせ「国産の野生の牛」を作っていらっしゃる西川さん。

実家の牧場を継ぐために、獣医師の資格も取り
ハードな牧場経営を、それでも採算が取れるからやってきていたけれど
口蹄疫問題やBSEなどで国内の消費量が下がり
サシが入ったお肉が人気の中
赤身たっぷりのアンガス牛は売れず・・・。

でも長男が「愛農学園農業高校」という
全寮制・肉も野菜も自給自足の学校を選んだことで、
15歳ぐらいで志をもって将来を考えている子供たちを見て
「国産野生の牛」にトライしたそう。

紆余曲折の大変なストーリーはぜひこちらで
完全放牧野生牛がやってきた

場所は駒沢のイルジョット
知らなかったなー、このお店。
西川さんの試みに感銘を受けた高橋シェフが腕をふるう♪

もう、食べる前から期待に胸が膨らむっ。

参加前は、肉ざんまいか・・・食べられるかしら・・・、
なんて不安だったけれど、なんと完食!

草をふんだんに食べて自由に放牧された牛たちは
全く臭みがなくて
肉なのに木の実みたいな味というか香りが草みたいな不思議なことが。
うまく説明出来ないわ・・・。

とにかく噛むたびにじんわりうまい。
赤身の牛肉、最高~。

もちろん肉を知り尽くしたシェフの腕前のおかげ。

この日のメニューは、
●サーロイン ローストビーフ
ストレスのない牛さんのお肉!うまいっ!駒谷牧場×IL GiOTTO 完全放牧野生アンガス牛の会_d0339885_13014589.jpg

●サルシッチャ
ストレスのない牛さんのお肉!うまいっ!駒谷牧場×IL GiOTTO 完全放牧野生アンガス牛の会_d0339885_13014535.jpg

●タリオリーニ イチボ ふきのとう
ストレスのない牛さんのお肉!うまいっ!駒谷牧場×IL GiOTTO 完全放牧野生アンガス牛の会_d0339885_13014501.jpg

●ランプ サーロイン ヒレ 炭火焼き
ストレスのない牛さんのお肉!うまいっ!駒谷牧場×IL GiOTTO 完全放牧野生アンガス牛の会_d0339885_13014517.jpg

ストレスのない牛さんのお肉!うまいっ!駒谷牧場×IL GiOTTO 完全放牧野生アンガス牛の会_d0339885_13014571.jpg

三皿目のヒレは、一番上の写真ね。
蝦夷鹿は西川さんのおとうさんがハンターで、仕留められたもの。

●ラビオリ 黒トリュフ
ストレスのない牛さんのお肉!うまいっ!駒谷牧場×IL GiOTTO 完全放牧野生アンガス牛の会_d0339885_13014564.jpg


ああああ、堪能。
牛さん、本当に美味しく育ってくれてありがとう

追記
新保さんがブログで当日のことを書かれてます。
お肉のことなど知り尽くした熱い思いがあふれてるっ。
肉Meets in 完全放牧野生牛 × イルジョット
牛肉は「サシ VS 赤身」で好みが分かれるところですが、
完全放牧野生牛は別次元のまったく新しい牛肉です。
先にも書いたようにジビエのようであり、
現代の畜産における、とろけるような和牛に価値を見いだせない人たちに
喜んでいただける牛肉なのです。

おいしさの決め手は、人(human)です。
料理人は産地を訪ね、生産者と会話し、仕事ぶりを見る。
そこにはただ話すだけではなく、
生産者の言葉を理解できるだけの知識が必要であり、
質問する能力が必要なのです。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.