2014年 03月 18日 ( 3 )

春一番

春一番_d0339885_13015453.jpg

春一番が吹く中、
日向ぼっこ。

私のアトリエにて。

iPhoneから送信

夫が作ったブランチ:タイ風レッドカレー

夫が作ったブランチ:タイ風レッドカレー_d0339885_13015436.jpg

ルーは市販のものだけど
鳥の出汁で少し薄めてある。

打ち豆と鳥肉と人参、
そして大根。

iPhoneから送信

嘘がない生き方がかっこいい!「純情ババァになりました」(加賀まりこ)

嘘がない生き方がかっこいい!「純情ババァになりました」(加賀まりこ)_d0339885_13015421.jpg

最近、自分より年上の人たちの生き方とか暮らし方とかが気になる。

自分が生まれる前の時代の空気感とか知りたいし
かっこいい人たちが何を考え道を進んで来たのかって
これからの自分の生き方にも参考になるかなと思って。

加賀まりこさんは、好きな女優の1人。
というか存在がかっこいいなあと。

そして初めてエッセイを読んだ。

「純情ババァになりました」(加賀まりこ)講談社文庫

自由な空気に包まれたハイカラな家庭での幼少期から
ライブハウスやキャンティに入り浸っていたティーンエイジャー時代
17歳から始めた女優業を休んでのパリ留学
安井かずみとの友情
いくつかの恋

いやー、男前だわ。
現在70代になる加賀まりこさんが10年ほど前に出したエッセイ。

一般的な家庭とは全然違う環境だけど
常に好奇心たっぷりで
かっこいいことやおもしろいことに飛びつくけれど
自分に恥ずかしいことはしないし
自分に責任を持ち、人にせいにしない。

いつも前を向いていて「過ぎたことは気にしない」。

最後のエピローグに
年をとると、新しいものを受け入れられなかったり、
なかなか変われないと言われるけれど。
私は、人は幾つになっても変われると思っている。


って書いてあって、ああ、やっぱり!って嬉しくなった。
読みながら、全然私とは違う人生だけど
いっぱい共感するところがあって、この最後の言葉で
「同じだ!」って思えたから。

4章「人生の”風”は自分で起こす」
もう、タイトルからしてかっこいいわ!

このエッセイ、とっても元気になるんでおすすめ。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.