2013年 08月 18日 ( 6 )

気が早いいくらちゃん

d0339885_13051333.jpeg

帰るのは明日だよ。

iPhoneから送信

夫が作った晩ご飯:ハラペーニョのクリームチーズ揚げ

d0339885_13051461.jpeg

ハラペーニョに
クリームチーズを入れて
揚げたもの。

辛美味い(^-^)/

iPhoneから送信

犬たちと一緒にテラスで仕事

d0339885_13051468.jpeg

家の中からジッと見てるので
テラスに出してやりました。

ただ、まったりしてるだけだけど
気持ち良さそう。

iPhoneから送信

夫が作ったブランチ:トマトと卵の炒め物

d0339885_13051419.jpeg

卵は炒めすぎないこと。

甘い味付けに
トマトの酸味がいいねー。


iPhoneから送信

銅像発見

d0339885_13051476.jpeg

千光稲荷神社の中に
堤康次郎さんの銅像発見。

iPhoneから送信

表紙に脳波と患者と医師を描きました:航路(上・下)コニーウィリス&大森望

d0339885_13051436.jpg

またまたコニーウィリス&大森望さんの
本の表紙のイラストを担当させていただきました。

2002年ローカス賞受賞作「SFが読みたい!2003年版」ベストSF第1位

航路(上)(下)
著:コニー・ウィリス
訳:大森 望
早川文庫

これは現代のアメリカの病院が舞台。

こんな内容↓
トンネル、光、天使、亡くなった家族など、
心停止から蘇生までの間に見る不可思議な世界。
認知心理学者のジョアンナは、
これらの臨死体験を科学的に検証するため聞き取り調査を行なっている。
そんな彼女の元に、
化学物質を投与して擬似臨死状態を作り出す実験を試みる
神経内科医のリチャードが現われた。
彼の研究に参加することになったジョアンナは、
被験者不足のため自らも実験台に上ることに。
擬似臨死状態で彼女が見たものとは何なのか?
臨死体験とは脳が作る幻想か、あるいは「あの世」からのメッセージなのか? 


表紙には(上)は、患者の1人、少女メイジー。
(下)は、医師のリチャード。
背景は、それぞれ脳波のイメージ。
並べるとぐにゃぐにゃしてておもしろいです。
d0339885_13051437.jpg

それにしても文庫にしては驚きの分厚さ!
もちろん読み応えも十分!

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.