2013年 07月 06日 ( 5 )

KAGUWAスペシャルエディション

d0339885_13054976.jpg

限定4000本だって。

iPhoneから送信

銚子の岩牡蠣

d0339885_13054983.jpg

美味い(^-^)/
牡蠣、大好き。

iPhoneから送信

取材記事:MISSplus 8月号「今、私たちが読むべき本」

d0339885_13054928.jpg
世界文化社のファッション誌 MISSplus。
読者層は、
既婚、未婚を問わず流行も追い、仕事も頑張っている30代女性だそう。

そのMISSplus8月号の「Book 今、私たちが読むべき本」というページで
取材を受けました。

私がおすすめ3冊に選んだのは

1)犬が星見た — ロシア日記(武田百合子)中公文庫

同じ景色でも好奇心を持っていればこんなに楽しいんだ!って気づかせてくれた本。

2)Advanced Style ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ
(アリ・セス・コーエン 訳:岡野ひろか)大和書房


何歳になってもファッションって楽しいんだなあと思える本。

3)終電ごはん(文:梅津有希子 料理:高谷亜由)幻冬舎

私の失敗した経験から。体って本当に大切だよね。
自炊って大変だけど、シンプル簡単ヘルシーで楽しんで作れる本。

ぜひ記事も読んで下さいね。



初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。

夫が作ったブランチ:蒸しトウモロコシ

d0339885_13054908.jpg

ダッジオーブンで
作ったのだ。

iPhoneから送信

噛むたびに美味しさが広がる♪兵庫 西脇の小さなパン屋さん:クープバゲット

d0339885_13054959.jpg
夫の実家は兵庫県西脇。
とてものどかできれいな田舎、でもかなり交通の便の悪い場所。

そこにWebシステムプログラマの伊藤淳一さんが暮らしている。
彼の勤務先は東京の会社だけれど、ここで在宅勤務をしているのだ。

そして夫(佐々木俊尚)が帰省がてら取材するということで
くっついていったのだ。

その様子は、伊藤さんのブログでどうぞ。

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんのメルマガに
僕たち夫婦の取材記事が載りました


そこには、奥様の香代子さんが週末だけ開いている
小さな手作りパン工房 クープバゲットが。

最初はパンを焼くのが大好きなだけだったのに
こだわるあまり、どんどん高機能のオーブンが欲しくなり
「それなら店を開いたら」とご主人の助言があり
お店を開いたそう。

ほぼ予約であっという間に売れきれてしまうパンたち。

小麦の香りがしっかりとしていて
噛むたびに美味しさが口に広がりとても美味しい。

オレンジピールが入ってるのかな?フルーティな食パン。
チーズ入りのカンパーニュは香ばしい。

遠くからも買いにくる人が多いというパン屋さん、
1人で焼ける量には限界があるそうだけれど
無理せず楽しく続けてほしいなあと思った。

初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.